「学園 アニメ」の検索結果

今すぐ視聴する

#16 「統括理事会」
とある魔術の禁書目録Ⅲ #16 「統括理事会」 『迎電部隊(スパークシグナル)』の残党を追い、彼らの逃げ込んだ第三学区へと向かった『グループ』。個室サロンを占拠していたテロリストを一掃したアクセラレータは、退院祝いの会場が占拠されたと知り、ヘリをジャックして滝壺救出のために突入してきた浜面を鉢合わせる。かつて『武装無能力者集団(スキルアウト)』を一蹴した『超能力者(レベル5)』を目の前にし、滝壺の危機を感じた浜面は、迷わずアクセラレータと対峙する。一方、再編された残存混成部隊の顔ぶれに辟易し、単独行動に出た絹旗は、砂皿の弟子、ステファニーの襲撃を受ける。そして『グループ』は、やっとつかんだ『ドラゴン』にかかわる情報を手にすべく、統括理事会の潮岸を交渉のテーブルにつかせるため、とある秘策を巡らせる――。
#17 「怪物(ドラゴン)」
とある魔術の禁書目録Ⅲ #17 「怪物(ドラゴン)」 統括理事会・親船最中の協力を得て、彼女と共に潮岸のシェルターへと突入した『グループ』。『駆動鎧』に身を包んだ潮岸のもとにたどり着いた海原が目にしたのは、シェルターの警備担当の身を借りて潜入していたかつての仲間、テクパトルとトチトリの姿だった。海原――エツァリを殺すために魔道書の『原典』を持ち出し、トチトリを犠牲にして閃光の砲撃を繰り出すテクパトル。互いに『原典』を使った激しい戦いが繰り広げられる。一方、ステファニーの追撃を退けた絹旗は、浜面たちと合流。『六枚羽』が投入された違和感から、攻撃の狙いが浜面であることを察知し、彼らを逃がすが……。そして『グループ』は、ついに潮岸から『ドラゴン』について聞き、『それ』と対面する――!
#19 番外個体(ミサカワースト)
とある魔術の禁書目録Ⅲ #19 番外個体(ミサカワースト) 魔術師たちを相手取った能力戦で、その力の挙動に違和感を覚えていたアクセラレータ。エイワスの言う『まったく別の法則』に思いをはせる彼の前に、空から少女が降ってくる。自らを『サードシーズン』と名乗る彼女の目的は、アクセラレータの抹殺で――。エリザリーナ独立国同盟で激突する右方のフィアンマを前方のヴェント。『神の右席』同士の戦いは、ヴェントの大規模魔術をフィアンマがこともなげに跳ね返し、意外なほどあっけなく決着する。そしてフィアンマの放った一言が、上条の弱点に深々と突き刺さり、サーシャは連れ去られてしまう。一方、燃料と交換で滝壺の具合を見てもらっていた浜面のもとには、滞在している集落にプライベーティアが迫っているという凶報が舞い込む。
#23 ヒューズ=カザキリ
とある魔術の禁書目録Ⅲ #23 ヒューズ=カザキリ ミーシャ=クロイツェフとヒューズ=カザキリ。激突するふたりの天使の間に、ラストオーダーを救うカギを手にするべく、アクセラレータが割って入る。そして『一掃』によってすべてを薙ぎ払うミーシャの前には『神の力』を司る神の右席、かの傭兵が立ちはだかる。上条はミーシャを支えるなにかを探し、ベツレヘムの星を走る。しかしフィアンマは儀式の準備を終え、最後のピースである『右腕』を手にすべく、上条に迫り――。『クレムリン・レポート』に従って細菌兵器が使用されることを知った浜面は、先だって世話になった集落へと戻り事情を説明。滝壺とふたり、計画の阻止に向かう。一方、ロシアでミサカ10777号と合流していた美琴は、ベツレヘムの星に迫る恐るべき攻撃を知り――。
#24 禁書目録(インデックス)
とある魔術の禁書目録Ⅲ #24 禁書目録(インデックス) 9月30日の出来事を知るヒューズ=カザキリ。彼女からラストオーダーを救うヒントがもたらされたことで、すべてのピースがかみ合い、アクセラレータは動き出す。浜面への復讐に焦がれる麦野は『体晶』を摂取して能力を暴走させる。雪の大地すら溶かしつくすその力の前にひるむ浜面だったが、もう一度『アイテム』としてやり直す道を模索する。『ベツレヘムの星』では、すべての準備を整えた右方のフィアンマが、最後のキーとなる上条の右手を手にすべく、彼と対峙していた。第三の腕を振るい、遠隔制御霊装でインデックスの知識と術式を駆使し、ついには上条の右腕を巨大な剣が捕える。しかし上条は、フィアンマの力の核心にたどり着き、『世界』を救った力を手に反撃を開始する――!
#26 神世の
とある魔術の禁書目録Ⅲ #26 神世の 黄金の腕を排除すべく、各地で各勢力が手を取り合って共闘する。ローマ正教、ロシア教会、イギリス清教のトップが『ベツレヘムの星』の結合を解くべく解析を始める。無事ラストオーダーを救ったアクセラレータが、白い翼をはためかせ、黄金の光を集める空へと飛び立つ。そして上条が、遠隔制御霊装で最後の抵抗を試みる右方のフィアンマの頬に右拳を突き立てる――! 上条の脱出を助けるべく、VTOL機で降下を始める『ベツレヘムの星』のギリギリまで近づく美琴。その手は届かず、しかし上条は最後にやるべきことを成し遂げるために、インデックスたちの力を借りて、ひとり要塞の中を走る。そのとき、再びミーシャ=クロイツェフが極寒の北極海を目指して動き出す――。
#01 くっつけて、謡舞踊部
無料
Re:ステージ! ドリームデイズ♪ #01 くっつけて、謡舞踊部 遅咲きの桜がまだ残る頃、稀星学園高尾校に転校してきた舞菜は生徒会副会長の実に部活棟を案内されると、謡舞踊部という部に迷い込む。そこにいた瑞葉にサインを求められる舞菜だったが、よく見るとそれは入部届の紙で。瑞葉はもう一人の部員の紗由とともに部の存続のために部員を集めているのだった。しかし謡舞踊部の部活内容は、舞菜がやらないと決めたアイドルを目指す部活動で……
第88話 ボウリングの王子様
テニスの王子様 第88話 ボウリングの王子様 ベスト4に進出を決めた青春学園。謎の地図によって一同が導かれたところは、なんとボウリング場だった。試合の労をねぎらう目的でスミレと大石がボウリング大会を開いたのだが、そこには恐るべき罠が仕掛けられているのだった。
4話「カプリスの繭Ⅳ」
無料
グリザイアの楽園 4話「カプリスの繭Ⅳ」 「大事な女」──麻子を護るために進んだ、戦士としての道。しかし、雄二の成長を待たずして、麻子は彼の許を去ろうとしていた。再び無力感にさいなまれる雄二だったが、別れ際、麻子に託された言葉に救われ、再び自分自身の足で歩き始められるようになる。そして、その言葉は彼を美浜学園へ導くことにもなるのだった。過去をたどる長い旅を終え、天音たちが待つ三嶋崎へと帰還する雄二。しかし、彼が再び学園に姿を見せることはなかった。
6話「ブランエールの種Ⅱ」
無料
グリザイアの楽園 6話「ブランエールの種Ⅱ」 「情報屋」ジミーとの接触で、今の状況が予想以上に悪いことを知った由美子と美浜学園の少女たち。雄二を失い、学園をも追われた5人だったが、新たな活動拠点を確保し、雄二奪還作戦を画策する。そんな少女たちのもとに、謎の協力者から支援の手が差し伸べられる。一方、テロ事件発生直後より「市ヶ谷」に拘束されていた雄二は、その地下深くである存在と邂逅していた。「彼女」の口から語られたのは、姉・一姫の死の真相、そして今この国が直面している危機についてだった。
第2話 私とあなたと生徒会
無料
ゆるゆり 第2話 私とあなたと生徒会 ちぇすとー! おいどんがごらく部部長、歳納京子でごわす! てへっ、なんちって★(パチンッ←ウインク) いやあ、せっかくのアニメ化なんだし、ここはバッチリとキャラを作っておかないとね!(よけいなことせんでいい。 by結衣) さあ、2話からは急展開だぞ。学園を影から支配する生徒会がついに動き出しちゃったからね。よーし、学園アニメらしく生徒会と戦うぞ! 結衣とあかりは私についてこい! そしてちなつちゃんは、私の胸に飛び込んでこーい!
第7話 上手いこと いってやったぜ/君を照らす大きな存在/見たまんま たれ流し
生徒会役員共* 第7話 上手いこと いってやったぜ/君を照らす大きな存在/見たまんま たれ流し 早朝、飼い犬のボアと散歩をしていたスズは、出島さんを始めとした知り合い何人かに会うも、うんざりしてしまう。一方、シノは今までクラブ活動をしたことが無いといい、体験入部をしたいと言い出した。自由研究で星の観測をする為に望遠鏡を出したコトミ。そこにシノが遊びに来たが、さらにアリア、スズもやって来て…貸切状態の校内プールにやって来た生徒会メンバーと出島さん。それぞれ泳ぎを堪能しお昼休みになり、出島さんが作ってきたお弁当を食べることに…
第7話 だんだん大きくなってくわ/津田君はボーイズラブ
生徒会役員共 第7話 だんだん大きくなってくわ/津田君はボーイズラブ 親睦を深める恒例の日帰り海水浴に出かけた生徒会一同は、赤いビキニに大きなイルカ型の浮き袋と気合の入ったシノを中心に、それぞれの方法で海を満喫していた。ところが、引率でドライバーの横島先生が、誘惑に負けてビールを飲んで眠り込んでしまう。横島先生の失態で、一泊するハメになった生徒会一同。姉弟という設定で宿を取り、家族への連絡でも偽装工作に余念のないシノたちであったが、なんと新聞部の合宿で宿泊中の畑ランコと遭遇。真夏のスキャンダル暴露の予感に、生徒会一同に緊張が走る。
第1話 迷い猫、駆けた
無料
迷い猫オーバーラン! 第1話 迷い猫、駆けた 梅ノ森学園に通う高校一年生の都築巧は、 洋菓子店「ストレイキャッツ」で、オーナーである姉の乙女と二人暮らし。 幼なじみでクラスメイトの芹沢文乃、梅ノ森学園理事長の孫娘である梅ノ森千世、親友でオタクの菊池家康、 柔術道場の跡取り息子である幸谷大吾郎などに囲まれ、賑やかながらも平穏な日常を過ごしていた。
第70話 テニスvsピンポン
テニスの王子様 第70話 テニスvsピンポン 今日は青春学園中等部恒例の球技大会。大石&菊丸はバレーボール、河村・乾は野球、桃城はバスケットボール、海堂はバドミントンとレギュラーの面々は思い思いの競技に出場し、活躍していく。一方、ピンポンに出場するリョーマの前には思いがけない強敵が立ちはだかるのだった――。
第2話 「会いたくて」
SHUFFLE! 第2話 「会いたくて」 突如、稟のクラスに、二人の美少女が転校してきた。一人は、神界のプリンセス「リシアンサス」、もう一人は、魔界のプリンセス「ネリネ」。しかも、二人とも、稟と楓の暮らす自宅の両隣に引っ越してきたから、さあ、大変!二人とも、過去の稟との思い出を大切に胸に秘め、今ここに、稟への想いを遂げるべくやってきたのだった!
第3話 「憶えてますか?」
SHUFFLE! 第3話 「憶えてますか?」 朝から神王と魔王の暑苦しい挨拶を受けて、通学してく稟と楓、そして、リシアンサスとネリネ。プリムラは、お留守番。一人お見送り。季節は、ちょうど、梅雨時。ずっと降り続く雨。みんな陰鬱な気分になるも、リシアンサス一人だけは、ウキウキ気分。どうやら、彼女には雨にまつわる、とても楽しい想い出があるようだった・・・。
第4話 「幸せのタマゴ焼き」
SHUFFLE! 第4話 「幸せのタマゴ焼き」 ネリネと一緒に教室の掃除をしている稟。ちょうど、二人でゴミを運びに校庭に出て行く。そのとき、生徒の何人かが、ネリネと親しくしている稟に対して、侮辱するような会話を投げかけてくる。気にしないよう振舞う稟だったが、ネリネは、許せなかった!彼女の魔法が炸裂する!その瞬間、辺りは白光に包まれた・・・。
第7話 「恋愛スクランブル」
SHUFFLE! 第7話 「恋愛スクランブル」 小鳥のさえずりが聞こえるさわやかな朝。いつものように、元気よく飛び起きる時雨亜沙、かと思いきや、少し表情が曇っている。実は、ある男子生徒から告白されてしまったのだ・・・。しかも、その男子生徒は、スポーツ万能なハンサムボーイ。噂は学校中にも広まって、稟の耳にも届く。
第8話 「パンツでデート!」
SHUFFLE! 第8話 「パンツでデート!」 朝、いつものように、楓の声で目覚める稟、のはずだった・・・、が、起こしたのは何と、シア。しかも、これからデートをしようというのだ。恋愛占いを信じたシアは、思い切って、稟にデートを申し込んだのだった。シアに気押されてデートをすることになった稟だが、そのデートは、予想通り、波乱へと巻き込まれていく・・・。
第9話 「海水浴でサバイバル」
SHUFFLE! 第9話 「海水浴でサバイバル」 学校でのテストも終わり、稟たちは海水浴に出かけることに。色とりどりの水着を披露する楓、亜沙たち。プリムラとネリネの水着は特に、ドキドキなものだった。美女に囲まれながら海水浴に興じる稟たち。昼食も済ませ、おなか一杯になった稟とシアは、浜辺で思わず、転寝してしまう・・・が・・・。
第10話 「月夜の告白」
SHUFFLE! 第10話 「月夜の告白」 海水浴に行ってから、ますます、仲がいい稟とシア。急接近する二人に、「結婚だー」と早合点する神王。早速、プリムラ相手に、結婚式の予行練習に励む。二人の周囲の雰囲気もちょっと、妙な感じだ。大騒ぎする麻弓に、あたふたする楓や亜沙たち。何となく不安になってくる稟とシアだった・・・。
第11話 「夏のお嬢さんたち」
SHUFFLE! 第11話 「夏のお嬢さんたち」 夏の補習授業を終えて、一目散に教室を飛び出した麻弓は、いきなり、廊下で稟と衝突してしまう。ぶつかった際、下着を見られてしまう麻弓だったが、何の反応も示さない稟に、苛立つ。帰路、カレハのバイト先「喫茶フローラ」で愚痴りまくる麻弓。そろそろ、帰ろうとしたその時、ちょっとした事件が起きる!?
第12話 「凍てついた夏」
SHUFFLE! 第12話 「凍てついた夏」 夏休みも今日で最後。にもかかわらず、宿題山積みの稟とシア。二人に宿題を教えるネリネと三人でいい雰囲気。先に宿題を終わらせた稟は、次の美術の課題に取り組むべく外出することに。出かけていく稟にお弁当を用意する楓。プリムラもお手伝い。そのプリムラに、ちょっとした異変が起こる!?
第13話 「斜陽の家」
SHUFFLE! 第13話 「斜陽の家」 魔界に帰ったプリムラ。寂しい芙蓉家。稟と楓はいつものように振舞うが・・・。どうもギクシャクしている稟と楓。プリムラのことが心配な二人。そんな中、心配な稟は、プリムラの容態を聞きに魔王家を訪れる。連絡が入れば教えるという魔王。その頃、魔界研究所では、最後の手段とされる治癒方法について語られていた・・・。
第14話 「リコリス」
SHUFFLE! 第14話 「リコリス」 ブランコに揺られながら歌を口ずさむネリネ。稟がネリネと再会したときにも聴いた歌。ところが、ネリネは、この歌を自分の歌ではないと言う・・・。この歌は「リコリス」のものだと・・・。「リコリス」。彼女は、プリムラの姉ともいうべき存在であり、もう一人のネリネだった!
第16話 「キキョウ」
SHUFFLE! 第16話 「キキョウ」 プリムラも無事戻り、いつもの生活に戻った稟たち。ただ、少しだけ変化があったようだ。ネリネがより、社交的になっていたのだ。不思議がる一向。明るくなったことに安心する稟、復帰した亜沙の所に事件の報告に行く。亜沙の全快祝いをする稟たち。そんな中でシアは、性格が少し変わったネリネに、疑問を抱いていた。
第18話 「稟の好きなヒト」
SHUFFLE! 第18話 「稟の好きなヒト」 昼休み。亜沙の手作りクッキーを試食する稟。その様子を見ていたシアとネリネは、二人をデートさせることに!稟に対して気持ちをハッキリさせようと迫る。稟も渋々同意。果たしてデート作戦開始!樹や麻弓たちも巻き込んでの大事に・・・。そして、いよいよ、そのデートの日がやって来た!
第19話 「忘れ得ぬ想い」
SHUFFLE! 第19話 「忘れ得ぬ想い」 休日の朝、いつもの芙蓉家の食卓。どことなく、ぎくしゃくする稟と楓。出かけていった稟の部屋を掃除している楓、机のフォトスタンドを手に取る。8年前の、あの事件に思いを馳せる楓・・・。その事件は、楓と稟の二人にとって、最も、つらく悲しい事件だった・・・。
第20話 「忘れられぬ罪」
SHUFFLE! 第20話 「忘れられぬ罪」 病室の亜沙を見舞う稟。心配そうな稟に、母親の亜麻は「話があると」誘い出す。その頃芙蓉家では、楓が、自分の取った行動を後悔していた。病院の中庭で話し出す亜麻。それは、亜麻と亜沙、母親と娘の壮絶な闘いであった・・・。亜麻との話の後、楓に電話を入れた稟は、再び亜沙の病室に戻って行った・・・。