「学校 青春」の検索結果

今すぐ視聴する

第9話 おしゃれ
女子高生の無駄づかい 第9話 おしゃれ ある日、スーパーで買い物を終えたロリは、帰り道で同級生をいじめている小学生たちを見かける。彼らにいじめをやめるように注意をするロリだったが、小学生たちは言うことを聞くようなそぶりもなく、ロリに対してどこの小学校に通っているんだと凄む始末。小学生に間違われたことに憤慨し、自分が高校生であると主張するロリ。しかし、小学生たちはロリの言うことをまるで信じようとしない。高校生ならもっと胸が大きいはずだと言われたロリはショックのあまり、買い物袋を落としてしまい……。
001 ビリビリ ~誰かが見てる~
モブサイコ100 II 001 ビリビリ ~誰かが見てる~ 霊幻新隆が営む「霊とか相談所」にかかってきた、一本の電話。依頼主は畑に現れた不気味な黒い影の正体を突き止めてほしいというのだが……。一方、モブが通う塩中学校では、生徒会長を務める神室がいきなりの辞任。新たな生徒会長を決めるための、選挙が開かれることに。モブを「人の上に立つ人間」に成長させようと、クラスメイトの米里はモブを焚きつけ、生徒会長に立候補させるのだが…
第40話 いつまでも変わらない夢
H2 第40話 いつまでも変わらない夢 小学校の頃から、ひかりはスポーツ記者になりたかった。今でもその夢は変わらない。
第18話 青春の唐揚げ
食戟のソーマ 第18話 青春の唐揚げ 「お食事処ゆきひら」がある「すみれ通り商店街」は、駅ナカに出来た唐揚げの専門店「もず屋」に客を奪われていた。流れてしまったお客さんを取り戻すべく、創真は倉瀬や助っ人の肉魅らと一緒に対抗策を考える。創真たちが辿り着いたキーワードは、「食べ歩きの唐揚げ」!すみれ通り商店街……唐揚げ夏の陣、開戦!!
#4 雅ちゃんは負けたくない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #4 雅ちゃんは負けたくない ある日、堀江家のポストに木嶋が美少女と同衾している写真が投げ込まれた。 木嶋はやっぱりリア充王のクズだったと知って、青ちゃんはやけ食いに走る。 そこに現れたのが、写真の美少女で尚かつ青ちゃんの小学校時代のクラスメイト、高岡雅ちゃんだった。雅は合コンで木嶋にお持ち帰りされたと言う。
#10 お父さんは応援できない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #10 お父さんは応援できない 体育祭の季節がやってきた。青ちゃんは、応援団で学ラン姿の木嶋が見れると内心楽しみで仕方がない。 ところが父も、体育祭を見学したいと言い出した。 中学校の時、体育祭に現れた父は著作を配るわお母さん連中に取り囲まれるわの悪夢を思い出し、許すわけにはいかない。
第4話 分かれ道に立っても
八月のシンデレラナイン 第4話 分かれ道に立っても 一年前の、リトルシニア全国大会・準決勝。藤浦シニア 対 蔵元中央シニアの対戦。当時の試合を、歯噛みして回想する龍――だがそれは翼にとっても、特別な想いの残る試合だった……。翼は、自分がなぜクラブチームに行かず、里高に野球部を作ろうと思ったか、その気持ちをメンバーに話す。一年前、翼の目の前にあったのは、野球を続けるか、やめるかの分かれ道だった。
第5話 はじめての試合!
八月のシンデレラナイン 第5話 はじめての試合! 龍の入部によって、部員はついに9人に。「試合、しない?」翼はメンバーに、他校との練習試合を提案する。里高野球同好会は、始まったばかりの急造チーム……勝てる見込みは薄いが、ようやく試合ができることに、部員たちは嬉しそう。試合に向けてポジション発表、ユニフォームを作ったりと、準備を進める一同。そんな中、練習試合の相手が、隣町の清城高校女子野球部に決定する。
第8話 夏に向かって
八月のシンデレラナイン 第8話 夏に向かって むしむしと暑い日。いつものように練習を終えた一同に、翼と智恵から提案があった。「あのね……大会に出ない?」――夏に控える、高校女子硬式野球の全国大会。公式戦への期待、不安……さまざまな感情が入り交じるが、やっぱり興味が最優先。みんな笑顔で、大会への参加を決める。あとは正式な部にさえなれば、費用についても問題ない。だが、夏への道のりには、まだ関門が待ち受けていた。
第9話 みんなでつないで、楽しんで
八月のシンデレラナイン 第9話 みんなでつないで、楽しんで 「大会前の強化合宿をしましょう」――龍の提案で、一週間、お寺での合宿をすることになった里高野球部。「技術力アップ」そして「みんなでもっと仲良く」という二つの目標を掲げ、はじめての合宿がスタート! 夕姫や茜は、みんなでのお泊まりにワクワク。しかし龍は、地獄の特訓メニューで、部員たちをビシバシ鍛える。そして、辛くも楽しい合宿の日々が過ぎていき……。
第10話 背中に翼
八月のシンデレラナイン 第10話 背中に翼 全国大会まで、あと二週間。里高野球部は、強豪・向月高校の高坂椿から、突然練習試合を持ちかけられる。強豪校が一体なぜ……? 一同は疑問を抱きつつ、前向きに試合を引き受ける。公式戦を直前に控えた試合――今回は、大会に向けたオーダーで臨むことに。それぞれのポジションが発表され、掛橋先生から背番号が渡される。しかし、先発メンバーに智恵と茜の名前はなく……。
第11話 全国大会がはじまる
八月のシンデレラナイン 第11話 全国大会がはじまる いよいよ始まる全国大会。前日、会場近くの合宿所にやって来た里高野球部のもとに、トーナメントの抽選結果が届く。対戦相手はなんと――清城高校。そこに、偶然同じ合宿所に来ていた清城のメンバーも現れ、二校はなりゆきでバーベキューを囲む。それぞれが、それぞれの気持ちを胸に抱いて、大会前夜は更けていき……。ついに当日。里高野球部は、万感の想いでグラウンドに整列する。
第12話 世界で一番あつい夏
八月のシンデレラナイン 第12話 世界で一番あつい夏 夕姫のエラーで、同点に追いつかれてしまった里ヶ浜。しかし、それでもまだ同点――さらに気を引き締め、三回表の攻撃にうつる。一方、清城高校・神宮寺小也香は焦っていた。彼女の異常な気迫の正体は、翼とはまた別の、キャプテンとしての責任感……。その焦燥が解かれたとき、二つのチームは好敵手として並び立つ。青空の下で試合は続く。白球を追い、少女たちは熱くなる――
第5話 布団の下で重なって
無料
洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~ 第5話 布団の下で重なって 学校を休んだ葵をお見舞いする為、初めて結月家を訪れた奏太。葵と2人きりのはずが後から高杉がやってきたせいで慌てて布団に身を潜めることに!一方奏太が隠れてるとも知らず葵にアプローチを始める高杉。布団の下で黙って聞いていた奏太は嫉妬に駆り立てられる。再び2人きりになった途端、奏太は葵のパジャマを脱がせ始め…
第116話 真田と幸村
テニスの王子様 第116話 真田と幸村 合宿も終わり、晴れやかに軽井沢を去る一同。学校に戻るとそこには何故か杏の姿がある。不二と杏が橘の見舞いに行くと知ってついていくリョーマと桃城は、そこで何故か立海大のメンバーに出くわす。
第29話 「泣くなジンゴロ! 愛と青春の発情期」
きまぐれオレンジ★ロード 第29話 「泣くなジンゴロ! 愛と青春の発情期」 言うことを聞かず暴れるジンゴロをパワーで押さえながら、くるみとまなみが帰ってきた。どうも最近ジンゴロの様子がおかしい。もしかしたら発情期?と思った恭介達はジンゴロのお見合い作戦を開始するが・・・。
第27話 カルピンの冒険
テニスの王子様 第27話 カルピンの冒険 飼い猫カルピンの猫じゃらしを持ったまま登校してしまったリョーマ。カルピンはリョーマを追いかけて、学校までやって来る。各教室のテニス部レギュラーメンバーの様子を見つつ、猫じゃらしを探すカルピン。  一方、カルピンがついてきたことを知ったリョーマは、その姿を探し始めるが、なかなか見つからず…。
第2話 できる、できない
八月のシンデレラナイン 第2話 できる、できない 同好会を立ち上げるには、部員5人と顧問が必要……だが、野球になにより必要なのは練習場所! 硬式野球ができる環境は、校内のどこにも存在しない……。頭を抱える翼たちだが、とりあえずできることからやるしかない! と気持ちを切り替える。まずは用具を揃えるために、野球用具店へ。それぞれグローブを選んでいると、そこには、翼や夕姫と同じクラスの鈴木和香がいた。
第130話 手塚に会いたい
テニスの王子様 第130話 手塚に会いたい 強敵の立海大附属中をたおし、関東大会を制した青学テニス部。学校も夏休みとなり、部のレギュラーメンバーたちは、ドイツ・ミュンヘンでケガの療養をつづけている部長の手塚を見舞うことに。  一行は、リハビリ施設を見学した後、手塚の案内でミュンヘンの街へと観光にくり出した。しかし、リョーマ、乾、桃城、海堂の4人ははぐれてしまい…。
第3話 気持ちよく汗をかこう
八月のシンデレラナイン 第3話 気持ちよく汗をかこう グラウンドと顧問、そしてメンバーが5人集まったことで、いよいよ本格始動する女子硬式野球同好会! 和香が考えたメニューをもとに、ついに練習もスタート――と、そこに突然、里高の一人応援団・2年生の岩城良美が現れる。さらに、同じく2年生の阿佐田あおいもやって来て、二人はなりゆきで同好会に参加することに! 個性的な二人のメンバーが増え、喜ぶ一同。そこに、自称新聞部の中野綾香も登場して……?
第14話 つばめ返し!
テニスの王子様 第14話 つばめ返し! 柿ノ木中が負けた──。しかも、相手は昨年大会を出場辞退している不動峰中学校。不動峰の強さの秘密が、部長橘桔平の起こした暴力事件にあると睨んだ井上は取材を開始する。一方、コートでは青学対不動峰の試合が始まった。第1試合は不二・河村ペア対桜井・石田ペア。石田・桜井の2人の粘り強いプレイに次第に押されていく不二・河村。 その試合を尻目に席を立つ橘。彼に声をかけた井上は、橘本人の口から暴力事件の真相を聞くのだった。
第17話 「バレンタインはチョコの日よ」
さくら荘のペットな彼女 第17話 「バレンタインはチョコの日よ」 バレンタインデーで、七海のオーディションの日でもある朝、緊張する七海を見送った空太は、自分1人で外出の準備を済ませ気合の入ったましろを見て驚く。そこに突然リタもやって来て、挨拶も早々に龍之介のもとにチョコを渡しに急ぐ。学校では美咲が手作りチョコを渡そうと仁を待つ。そして空太はましろからメールを貰い、期待を隠せずに放課後の屋上へ向かう。しかし七海からの大ピンチの知らせを受け、助けるために走り出す!
第18話 「宇宙人に初恋」
さくら荘のペットな彼女 第18話 「宇宙人に初恋」 和希とのタイトル審査会へ向けての打ち合わせを終えた空太。その後、七海と優子の合格発表を見に行こうとすると、今後のプランに関わるとましろもついてくることに。2人の仲の良さにむっとするましろをよそに学校に着くと、仁が受験の報告で来ていることを知る。仁と美咲がすれ違ったまま卒業して欲しくないという思いから、2人を引き合わせるべくそれぞれのもとに走る!
第20話 「この先もただいまを言うために」
無料
さくら荘のペットな彼女 第20話 「この先もただいまを言うために」 さくら荘の取り壊しに反対するため、学校側の決定に異議を申し立てる事ができる全校生徒の3分の2の賛同を集めるべく署名活動を開始した空太たち。しかし取り壊しの真の理由を龍之介から聞かされる。更に理論的に署名活動がいかに無駄であるかを突っ込まれ、ついに言葉が無くなる空太。そんな彼らがさくら荘に戻ると、七海のオーディションの結果が届いていた。空太とましろが息を詰め見守る中、通知を読む七海。その結果は…!!
第23話 「卒業式」
無料
さくら荘のペットな彼女 第23話 「卒業式」 空太たちは卒業式に出席するため、急ぎ学校へと向かう。遅刻しながらもこっそりと在校生の最後列に潜り込む一同。新生徒会長の送辞も終わり、卒業生代表の答辞が始まる。しかしなぜか元生徒会長の舘林ではなく、美咲が壇上に現れ会場にどよめきが起こる。美咲はそれを意に介さず、3年間の想いをこめて堂々と答辞を読み始める。
第34話 妖怪ハイスクール
ゴーストスイーパー美神 第34話 妖怪ハイスクール 学校の片隅の古い机が冥界への入口になっていた。引きずり込まれた横島と、後を追った美神。そこには青春に焦がれる幽霊と取り込まれた生徒たちが作り出した異様な学園生活が営まれていた…。
第64話 A 超戦士てにぷり9(ナイン) B 白雪姫ちゃんに気をつけて!? C 飛び出せ!青学
テニスの王子様 第64話 A 超戦士てにぷり9(ナイン) B 白雪姫ちゃんに気をつけて!? C 飛び出せ!青学 ●「超戦士テニプリ9(ナイン)」  学校を荒らしまわる怪獣!その前に現れたスーパーヒーローとは!? ●「白雪姫ちゃんに気をつけて!?」  女王様に美しさをねたまれ、袋に入れられてしまった白雪姫。青学レギュラーたちの目の前になぜかその袋が落ちている。果たして白雪姫とは誰なのか? ●「飛び出せ!青学」  新作の乾汁を飲んでしまったリョーマ。その体に現れた現象とは!? そして、レギュラーも次々にその汁を飲むのだが…。
第34話 目覚め
スウィートコンバット~恋の接近戦~ 第34話 目覚め 明天(ミン・ティエン)の体に異常な反応が現れる。緊急処置を施した医師から、ここ数日が山だと告げ られた方宇(ファン・ユー)は心配でたまらない。 方朔(ファン・シュォ)は、明天を療養所に移し、明珠(ミン・ヂュ)、明朗(ミン・ラン)を寄宿学校に入れることを提案し、方宙(ファン・ジョウ)も 方宇に決断を促す。編み上げたミサンガを明天につけさせた方宇は、デスブローに対す る恨みを忘れ、明天の意識が戻ることを祈る。
最終話 噴水で再会を
スウィートコンバット~恋の接近戦~ 最終話 噴水で再会を 学校の休暇を利用して一時帰国した方宇(ファン・ユー)。方朔(ファン・シュォ)は、早めに留学を切り上げて、方氏集 団で方宙(ファン・ジョウ)を支えてほしいと望むが、方宇の返答ははっきりしない。方宙は、1年経った 今でも、姉が過去を捨てきれずにいること、できることなら思い出に溢れるこの街に二 度と戻りたくないと思っていることに気づく。
第9話 「秋の嵐がやってきた」
さくら荘のペットな彼女 第9話 「秋の嵐がやってきた」 朝、空太が目を覚ますと、ましろと美咲が部屋の壁一面に絵を描いていた。これは幼稚園の頃からあたためていた長編アニメ企画「銀河猫にゃぼろん」だと設定を朗々と語り続ける美咲と、黙々と絵を描き続けるましろ。おかげで2学期初日から遅刻ギリギリで学校についた空太を待っていたのは、七海との関係を噂するクラスメート達だった。その夜、さくら荘のダイニングで皆に日頃の行動を正すように言う七海だが、生返事の一同。と、そこに突然現れたのは金髪の美少女だった。