「安室ちゃん おすすめ」の検索結果

「安室ちゃん おすすめ」に関する情報は見つかりませんでした。
「安室」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第26話 試合終了! 君がいなければ…
タッチ 第26話 試合終了! 君がいなければ… 病院に着いた南は看護婦から和也の事故死を知らされた。霊安室に立ちすくむ南。「キレイな顔してるだろう。ウソみたいだろう…。死んでるんだぜ、それで…」と達也はつぶやいた。
#03 四凶の符(ナンバーズ)
とある科学の一方通行 #03 四凶の符(ナンバーズ) アクセラレータのもとを訪れた少女の名はエステル=ローゼンタール。『警備員(アンチスキル)』の闇に巣食う組織『DA』の企みの一端を知るという彼女は、自分の教えた技術によって事件が起きたこと、ラストオーダーが彼らの標的にされていること、自分一人では彼らに対抗できないことを告げると、アクセラレータに助力を請う。彼女とともに『DA』のアジトへと向かったアクセラレータは、前夜に交戦した機動兵器『棺桶』の完成形である『窮奇』と、それを操る菱形と対峙するが、ベクトル操作の弱点を突かれ、逃亡を許してしまう。手がかりを失ってしまったふたり。だが人皮の検視をしていたカエル顔の医者から、とあるものが届けられたことで、エステルは霊安室へと向かう――。
#04 擬似魂魄・禍斗(サードナンバー)
とある科学の一方通行 #04 擬似魂魄・禍斗(サードナンバー) 死霊術を施された人皮の遺体を正しい状態に戻すべく処置するエステル。しかし、その途中で遺体を処分すべく霊安室にやってきた『DA』隊員と鉢合わせてしまう。その上、エステルの処置により疑似魂魄・禍斗が宿った遺体が動き出してしまったことで現場は混乱。アクセラレータの傷が開いた隙をついて、『DA』隊員のひとりが偶然通りがかったミサカ一〇〇四六号を人質に逃亡してしまう。倒れたアクセラレータは手術室へと逆戻りし、エステルは禍斗とともに『DA』の行方を追うことに。しかし一方で、暴走気味の『DA』の行動に懸念を抱いたスポンサーのひとり――統括理事会の亡本は、彼らの抹殺に動き出す。そして菱形もまた自らの研究に投入すべく、『DA』のさらった人質を確保しようと動き出す。
第47話 そりゃ安室には帰れる場所があったでしょうけど…
ハヤテのごとく! 第47話 そりゃ安室には帰れる場所があったでしょうけど… ハヤテの学年末試験の心配をしたナギは、試験終了まで執事の仕事を休んで勉強してくれとハヤテに告げる。だがナギに気を使わせたくないハヤテは、勉強と両立できると言うのだが、成績が悪かったらクビにするぞと言われ、さらにマリアの説得もあり、しぶしぶ勉強に専念することになった。ハヤテを説得したものの、一抹の不安を感じているマリア。だがそこに、クラウスが現れ、臨時の新しい執事を手配しておいたと言うのだ。一方、勉強部屋のハヤテは、せっかく咲夜がハヤテの為に一肌脱いで勉強を教えているのに、いまひとつ集中できていない。しかも、咲夜から新しい執事がハヤテの代わりに来ていると聞き、動揺を隠し切れない。ハヤテはこんな状態で勉強に集中できるのだろうか?

おすすめの作品

第7話 今度は誰にも壊させない
奪い愛、夏 第7話 今度は誰にも壊させない 桜(水野美紀)の脳に腫瘍があり、余命いくばくもないことを知った椿(小池徹平)と杏(松本まりか)。杏は椿よりも桜のことが好きだったことに気づく。 杏は、目を覚ました桜に自分の気持ちを伝える。「壊れるほどに愛してくれて、ありがとうございます」。桜と杏は気持ちが通じ合うが椿は納得ができず、こみあがる怒りを二人にぶつける。 傷心の椿の前に井川(田中みな実)が現れ、「杏さんの大切なものを奪えば、椿さんの気持ちに気づくかも」と、桜の殺害を提案する。椿は井川と共謀し、桜が入院する病室に忍び込む。 杏は以前屋形船で会った医者の大和に、桜の病気を直して欲しいと懇願、だが紹介された凄腕の脳外科医に、手術の成功率は1%だと告げられる。手術に踏み切るか、残り1ヶ月を大切に生きるか、杏は桜にその未来を委ねる。桜が出した回答は……。
第8話 あなたとは縁が切れないわね
奪い愛、夏 第8話 あなたとは縁が切れないわね 手術から3週間後、桜(水野美紀)がようやく目を覚ました。だが杏(松本まりか)が自分のために大和に抱かれたことを知った桜は怒りに震える。病み上がりで思うように体を動かせない桜は、同じく大和を許せないと言う椿と手を組み、復讐を企てる。 土筆(小手伸也)が大和を呼び出し、井川(田中みな実)の色仕掛けでホテルへ。姿を表さない椿に苛立つも、計画を始める桜。だが大和は騙されたふりをしていただけだった。ピンチに陥る桜……。 復讐を遂げた椿と桜は、どちらに杏を愛する資格があるか、命をかけた勝負を始める。病院の屋上の縁に、目隠しをして立つ二人。勝つのは果たして。杏が最後に選ぶのは、桜か、椿か。 そして物語は、衝撃の結末へ……。
【副音声スペシャル】第8話 あなたとは縁が切れないわね
奪い愛、夏 【副音声スペシャル】第8話 あなたとは縁が切れないわね \【副音声スペシャル】水野美紀、小池徹平、そして『奪い愛、夏』生みの親である鈴木おさむの3人が最終回の裏側を暴露!?/ 手術から3週間後、桜(水野美紀)がようやく目を覚ました。だが杏(松本まりか)が自分のために大和に抱かれたことを知った桜は怒りに震える。病み上がりで思うように体を動かせない桜は、同じく大和を許せないと言う椿と手を組み、復讐を企てる。 土筆(小手伸也)が大和を呼び出し、井川(田中みな実)の色仕掛けでホテルへ。姿を表さない椿に苛立つも、計画を始める桜。だが大和は騙されたふりをしていただけだった。ピンチに陥る桜……。 復讐を遂げた椿と桜は、どちらに杏を愛する資格があるか、命をかけた勝負を始める。病院の屋上の縁に、目隠しをして立つ二人。勝つのは果たして。杏が最後に選ぶのは、桜か、椿か。 そして物語は、衝撃の結末へ……。
第5回 父の見合い(5)
無料
連続テレビ小説 純情きらり 第5回 父の見合い(5) 桜子は亡き母・マサのオルガンが欲しいと祖父・徳治郎にせがみますが、追い返されます。マサは源一郎と駆け落ちして結婚し、しかも、岡崎から遠い東京で病死していました。徳治郎と桜子のことを気遣い、有森家ではオルガンの発表会をこっそり企画。桜子のオルガンを弾く姿がマサに重なって見えた徳治郎は感涙し、オルガンを桜子に贈ります。そして...、8年の歳月が流れ、昭和12年、桜子は女学校の5年生に成長していました。
第25回 運命の分かれ道(1)
無料
連続テレビ小説 純情きらり 第25回 運命の分かれ道(1) 桜子と下宿人の教師・斉藤が両思いであることが有森家の皆に知られ、二人の生活はぎくしゃくしたものになります。まわりは結婚を勧めますが、桜子は「音楽学校で勉強する夢を追いたい」と結婚には消極的。そんな気持ちを桜子は正直に斉藤に話します。それに対し斉藤は、東京にある自分の実家に桜子が住み込んで音楽学校に通うことをすすめ、「卒業するまで待つ」と言います。願ってもない申し出に、桜子は夢見心地になります。
第4話 ここからクイズの時間です!
無料
奪い愛、夏 第4話 ここからクイズの時間です! 二人で逢っているのが桜(水野美紀)にバレた椿(小池徹平)と杏(松本まりか)。二人は椅子に手錠で拘束され、桜から突然クイズを出題される。「椿が私と結婚してから、二人はキスをした?」椿と杏の答えが揃わなかったら不正解、罰として杏の爪が削られてしまう。緊迫する空気の中、二人が出した答えは……。 翌日、医者の大和との会食に呼ばれた椿と杏。場所は屋形船、大和から身の毛もよだつ手術の話を聞いた椿はその場にいるのが限界になり外へ。そこで椿は桜に屋形船から突き飛ばされ、海に落ちてしまう。近くのホテルでシャワーを浴びようと、桜・椿・杏の三人でホテルへ。「ここで今日は一緒に泊まりましょう」と桜。 椿がシャワーから出てくると、血だらけの包丁を持った桜が立っていた……。
第2話 裏切ったら...許さないから!!
無料
奪い愛、夏 第2話 裏切ったら...許さないから!! 桜(水野美紀)と結婚した椿(小池徹平)だが、杏(松本まりか)と別れることができず、まだ引き払っていない部屋で逢瀬を重ねていた。椿は同じ広報部の姜(テジュ)にだけ、杏と付き合っていることを打ち明ける。 ある日、椿は桜からブラックカードを手渡され、個人の銀行口座は今週中に解約しなさいと迫られる。住んでいた部屋も解約させられ、途方に暮れる椿。 そんな中、桜が3日間シンガポールに出張することに。ここぞとばかりに椿は杏を旅行に誘う。伊豆の温泉旅館で、愛をたしかめ合う二人。だがそこに桜から突然の電話が。急用で急遽日本に戻り、今、保養所を作るために伊豆に来ているという。急いで逃げようとする二人の前に、桜の姿が……。
第3話 ここにいるよ!!!
無料
奪い愛、夏 第3話 ここにいるよ!!! 桜(水野美紀)と椿(小池徹平)は夫婦で雑誌の取材を受けることに。会社の広報として杏(松本まりか)も立ち会うが、心中穏やかではない。取材中、桜が椿の股間のファスナーを執拗に弄るのを見ていた桜は、耐えきれず席を外してしまう。 椿は杏のためにプラネタリウムの貸切サービスを申し込み、夜から朝まで一緒にいようと誘う。同僚の姜(テジュ)と口裏を合わせ、彼の家に泊まると言うつもりだった。だが椿は桜に捕まってしまい、彼女の目の前で白い1000ピースのパズルを組み立てろと命令されてしまう。一人プラネタリウムで待ちぼうけする杏。 深夜になり、寝入った桜の隙をつきプラネタリウムに向かう椿。だが、そこで待っていたのは……。
第5話 私の愛、奪われちゃった…
奪い愛、夏 第5話 私の愛、奪われちゃった… 1億円を返済し桜(水野美紀)との結婚を解消した椿(小池徹平)。そのことを伝えると、杏は熱を出し倒れてしまう。杏を部屋まで送ると、そこは白いパズルが。さらに奥には扉があり、そこを抜けると桜の部屋と繋がっていた。事態を飲み込めない椿は、桜を問い正す。そこには驚くべき秘密があった……。 杏を連れ桜の元から逃げた椿は、同僚の姜(テジュ)に退職届と離婚届を託す。姜から千葉にある親戚の空き家の鍵を渡され、しばらく見を隠したほうがいいと助言を受ける。 田舎の家に移り住んだ椿と杏は、生活費を節約するために畑を耕し、二人の生活に気持ちを新たにする。だが、桜の執拗な追跡はとどまることを知らず……。
第6回 父の見合い(6)
無料
連続テレビ小説 純情きらり 第6回 父の見合い(6) 桜子は親友の高野薫子から「山長」の御曹子・達彦に恋文を渡すよう頼まれ「山長」に出向きますが、運悪く女将(おかみ)のかねに恋文の破片を奪われ読まれてしまいます。さらに、担任の西野先生にその話が伝わり、桜子は真相を白状するようにと居残りをさせられます。しかし、その日は桜子にとって待ちに待った一流音楽家・西園寺公麿(きみまろ)の演奏会の日でした。桜子は焦ります。