「安室ちゃん」の検索結果

「安室ちゃん」に関する情報は見つかりませんでした。
「安室」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第26話 試合終了! 君がいなければ…
タッチ 第26話 試合終了! 君がいなければ… 病院に着いた南は看護婦から和也の事故死を知らされた。霊安室に立ちすくむ南。「キレイな顔してるだろう。ウソみたいだろう…。死んでるんだぜ、それで…」と達也はつぶやいた。
#03 四凶の符(ナンバーズ)
とある科学の一方通行 #03 四凶の符(ナンバーズ) アクセラレータのもとを訪れた少女の名はエステル=ローゼンタール。『警備員(アンチスキル)』の闇に巣食う組織『DA』の企みの一端を知るという彼女は、自分の教えた技術によって事件が起きたこと、ラストオーダーが彼らの標的にされていること、自分一人では彼らに対抗できないことを告げると、アクセラレータに助力を請う。彼女とともに『DA』のアジトへと向かったアクセラレータは、前夜に交戦した機動兵器『棺桶』の完成形である『窮奇』と、それを操る菱形と対峙するが、ベクトル操作の弱点を突かれ、逃亡を許してしまう。手がかりを失ってしまったふたり。だが人皮の検視をしていたカエル顔の医者から、とあるものが届けられたことで、エステルは霊安室へと向かう――。
#04 擬似魂魄・禍斗(サードナンバー)
とある科学の一方通行 #04 擬似魂魄・禍斗(サードナンバー) 死霊術を施された人皮の遺体を正しい状態に戻すべく処置するエステル。しかし、その途中で遺体を処分すべく霊安室にやってきた『DA』隊員と鉢合わせてしまう。その上、エステルの処置により疑似魂魄・禍斗が宿った遺体が動き出してしまったことで現場は混乱。アクセラレータの傷が開いた隙をついて、『DA』隊員のひとりが偶然通りがかったミサカ一〇〇四六号を人質に逃亡してしまう。倒れたアクセラレータは手術室へと逆戻りし、エステルは禍斗とともに『DA』の行方を追うことに。しかし一方で、暴走気味の『DA』の行動に懸念を抱いたスポンサーのひとり――統括理事会の亡本は、彼らの抹殺に動き出す。そして菱形もまた自らの研究に投入すべく、『DA』のさらった人質を確保しようと動き出す。
第47話 そりゃ安室には帰れる場所があったでしょうけど…
無料
ハヤテのごとく! 第47話 そりゃ安室には帰れる場所があったでしょうけど… ハヤテの学年末試験の心配をしたナギは、試験終了まで執事の仕事を休んで勉強してくれとハヤテに告げる。だがナギに気を使わせたくないハヤテは、勉強と両立できると言うのだが、成績が悪かったらクビにするぞと言われ、さらにマリアの説得もあり、しぶしぶ勉強に専念することになった。ハヤテを説得したものの、一抹の不安を感じているマリア。だがそこに、クラウスが現れ、臨時の新しい執事を手配しておいたと言うのだ。一方、勉強部屋のハヤテは、せっかく咲夜がハヤテの為に一肌脱いで勉強を教えているのに、いまひとつ集中できていない。しかも、咲夜から新しい執事がハヤテの代わりに来ていると聞き、動揺を隠し切れない。ハヤテはこんな状態で勉強に集中できるのだろうか?

おすすめの作品

第13話 会いたい!そして、マカオへ
花より男子~Boys Over Flowers 第13話 会いたい!そして、マカオへ 【第13話 会いたい!そして、マカオへ】神話グループの後継者としてジュンピョがマカオに旅立って半年。ジュンピョから何の連絡もなく、ジャンディは落ち込む。さらにジュンピョをかばった傷で肩を痛めたジャンディは、水泳は無理と診断されてしまう。夢を失い絶望するジャンディを、ジフは支えようとする。そんな中、ジャンディはマカオに行くことを決意。
第11話 F4から2度目の赤札!
花より男子~Boys Over Flowers 第11話 F4から2度目の赤札! 【第11話 F4から2度目の赤札!】ジャンディは、モデルのバイトと騙されて訊ねた先で見知らぬ男に助けられる。ジャンディはイ・ジェハという新入生だった彼と学園で再会。ひょんなことからジェハと共に雑誌モデルを務めることに。だが2人の写真が表紙となった雑誌を目にしたジュンピョは憤慨。そんな中、ジャンディにはF4からの赤札が。
第12話 雪山に消えたネックレス
花より男子~Boys Over Flowers 第12話 雪山に消えたネックレス 【第12話 雪山に消えたネックレス】拉致されたのは、全てカン会長の企みだったと知り、ジャンディを助けるために現れたジュンピョだが、暴行を受けてしまう。カン会長の妨害に負けまいと誓ったジャンディはF4と共にスキー場に。そこでジュンピョはジャンディにネックレスを贈る。だが、女子生徒達に騙されたジャンディは雪山で遭難しかけ...。
第14話 変わってしまったアイツ
花より男子~Boys Over Flowers 第14話 変わってしまったアイツ 【第14話 変わってしまったアイツ】マカオでジフらと合流したジャンディ。ジュンピョに会うが、すっかり変わってしまった姿に驚く。ジフは何とか2人を会わせるが、ジュンピョはジャンディを冷たく突き放すのだった。そして傷付いたジャンディを元気づけようとするジフ。実は、ジュンピョも大財閥を背負う重責とジャンディへの愛の間で、苦しんでいた。
#6 君が選んだこの世界
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #6 君が選んだこの世界 朋絵と恋人のふりをするという約束の1学期も最終日となった。 七里ヶ浜での最後のデートを終え、「麻衣に未練がある咲太に愛想を尽かせて朋絵が振った」という設定で別れたことにしようと決めた咲太と朋絵。すべてがようやく解決したかのように思われたのだが……
#1 先輩はバニーガール
無料
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #1 先輩はバニーガール 峰ヶ原高校の2年生・梓川咲太は、ある日、図書館でバニーガールと出会う。その正体は、咲太と同じ高校の3年生で活動休止中の国民的女優、桜島麻衣だった。周囲からひと際目立つ麻衣だが、何故か彼女の姿は周囲の人間には見えていなかった。 麻衣から金輪際、私に関わるなと言われるも気になった咲太は翌日、駅のホームで見かけた彼女に話しかける。そして咲太は、麻衣の身に起こっている不思議な現象について聞かされる。
#2 初デートに波乱は付き物
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #2 初デートに波乱は付き物 麻衣の思春期症候群の原因を探るなかで、咲太は麻衣とデートをすることに。 約束の日、藤沢駅に向かう道中で迷子の女の子を助けようとした咲太は、一人の少女に変質者だと勘違いされ、それが原因で麻衣との待ち合わせに遅刻してしまう。 なんとか麻衣の許しを得て、デートをすることになるが、麻衣は行き先を変更して咲太を七里ヶ浜に連れていき……
#3 君だけがいない世界
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #3 君だけがいない世界 藤沢を離れ、大垣まで行っても桜島麻衣のことを覚えている人は一人もいなかった。 咲太は麻衣と共に学校に戻るが、そこでも友人の双葉理央から学校内で自分以外に麻衣のことを覚えている人間はいないということを聞かされる。 麻衣を忘れていくのは、ある行為に起因するものだという仮説を聞いた咲太は、麻衣の記憶を失わないように奮闘する。 そして、そんな咲太の姿を見て、麻衣も一つの決断を下すのだが……
#4 ブタ野郎には明日がない
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #4 ブタ野郎には明日がない 麻衣の思春期症候群が解決したのも束の間、咲太はまたしても新たな不思議現象に遭遇する。 同じ日が何度も繰り返され、明日がやってこないのだ。 この現象について理央に相談したところ、同じ日を繰り返し、やり直しをしている人物――“ラプラスの悪魔”の存在が原因になっているのではないかという仮説を聞かされる。
#5 ありったけの嘘を君に
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #5 ありったけの嘘を君に 咲太と付き合っていると勘違いされたことで、友達の好きな人から告白されるという悩ましい事態を解決できた朋絵は、このまま恋人のふりを続けてほしいと咲太に頼み込む。 麻衣に負い目を感じつつも、クラスでの自分の居場所を失うことを恐れる朋絵を放っておけず、渋々了承した咲太はしばらくの間、朋絵の嘘の恋人を演じることになり……