「安野希世乃」の検索結果

今すぐ視聴する

Case.2 初めての食事
ソウナンですか? Case.2 初めての食事 水を確保すべく彼女たちは、それぞれ島を探検することに。 ほまれと明日香が見つけたのは枯れてしまった川底。湿った土から水を取り出すには!? 一方、残った紫音と睦も水分不足で意識が朦朧とする中、ある“約束”を交わすのだった…。
Case.3 島のヌシ
ソウナンですか? Case.3 島のヌシ 食材を探すために森に入ったほまれと明日香。 サトイモに似た植物を見つけた明日香は大喜びするが、ほまれは危険性を指摘する。 食べたいと駄々をこねる明日香に呆れたほまれは、食べられるかどうかを確かめるために、突然明日香のスカートをめくる!?
Case.4 トラップ
ソウナンですか? Case.4 トラップ ある日、リスやウサギの形跡を発見したほまれたちは、早速、罠を仕掛てみることに。 生き延びるために島にあるものを利用して、苦戦しつつも本格的なトラップが完成! 軽い気持ちで、罠にかかってみた明日香だったが…。
Case.6 ウサギ実食
ソウナンですか? Case.6 ウサギ実食 仕掛けたトラップの様子を見に来た明日香と睦。 そのトラップには、狙い通りウサギが掛かっていたが、頼りのほまれを呼びに行こうにも、時間がない! 放っておくと逃げられてしまうかもしれない…!生きる為に2人がとる選択とは!?
Case.8 オアシス発見!?
無料
ソウナンですか? Case.8 オアシス発見!? 探索を続ける4人は遠くに立ち上る煙を見つけ、急いで海岸の岩場に向かう! もしかして、人が…?しかしそこにあったのは、温泉?! 探索で疲れた心と身体を温泉で癒す一同だった!
Case.9 ほまれのパパ
無料
ソウナンですか? Case.9 ほまれのパパ 夏場の強い紫外線から逃れるため、日焼け止めを求める一同。 そこで、ほまれが獲ってきたのはイカと海藻だった…。 虫刺されや汗臭さへの対処法など、サバイバルでの様々な問題に直面する中、ほまれは父の教えを思い出す。
Case.1 漂流
無料
ソウナンですか? Case.1 漂流 砂浜に横たわる4人の女子高生たち。 修学旅行中の事故に巻き込まれた彼女たちが流れ着いたのは、無人島だった。 自己紹介を進めていく4人であったが、やけに落ち着いた様子の“鬼島ほまれ”が言い放ったのは、「私が遭難したのは、これが初めてではない。」という衝撃の言葉だった!
Case.7 島を探索
ソウナンですか? Case.7 島を探索 遭難生活の長期化に備えて島の探索を行うことにした、ほまれたちは、まさかの民家を発見! これで助かる!期待は膨らみ走り出す一同!だがそこは、朽ち果てた廃墟だった…。 残念がる3人を横目に、ほまれは、サバイバルを生き抜く為の重要なアイテムを見つける!
Case.10 HONEY BEE
ソウナンですか? Case.10 HONEY BEE シェルターの周りにいたハチを追いかけて、巣を見つけたほまれ達は、ハチミツを獲ることに。 ハチに刺されて死ぬことも珍しくない中、ほまれ達はどうやってハチに立ち向かう?! そして、イカダを使った漁に挑戦する紫音であったが、ある事件に巻き込まれてしまう…。
Case.11 絶対助ける
ソウナンですか? Case.11 絶対助ける 紫音が離岸流にさらわれたことに動揺する3人。そんな中ほまれは新しいイカダを作って追いかける! 「自分の命が最優先」という父の掟を破り、命を懸けて救出に向かうほまれだったが、広大な海の中では、紫音を発見できなかった…。 万策尽きたかに思えた中ほまれは、不意に父の教えを思い出す…!
Case.12 水の補給方法
ソウナンですか? Case.12 水の補給方法 ほまれは、小さな孤島に漂着していた紫音を見つけ再会する。 だが、喜ぶのも束の間、食べ物も水も無く、脱水症状になってしまうのは時間の問題だった…。 目の前にあるのは、洞窟の中の汚水だけ…。非常事態の二人は、秘密の方法で水分を補給?! そして、ほまれと紫音は、島へ帰ることが出来るのか?
Case.5 奇妙なサザエ
ソウナンですか? Case.5 奇妙なサザエ 海に潜って獲物を探すほまれ達。水中での人間の視界はボンヤリとしてしまうが、 ある裏ワザで即席の水中メガネをつくりサザエや牡蠣を探すが…。 過酷な環境下で体力的にも精神的にも追い込まれていく彼女たち。 ほまれが思い出したのは、かつて父から教わった「辛いとき、悲しいときはバーベキューだ」という教えであった。
第1話 「かくしごと」/「ねがいごと」
無料
かくしごと 第1話 「かくしごと」/「ねがいごと」 ちょっと下品な漫画を連載中の後藤可久士は、娘の後藤姫にバレるのを恐れ、「漫画家であること」を隠し続けていた。ある日、連載する「週刊少年マンガジン」の新しい担当編集者・十丸院五月から打ち合わせの連絡が入る。しかし、一向に十丸院は仕事場にあらわれない。なんと十丸院は間違えて自宅へ訪問していたのだった!?「姫が留守番している家に編集者が来たら、漫画家だとバレてしまう!」と、可久士は自宅めがけて飛び出していく。
第2話 「ビーサンとB4」/「おかない かかない しあげない」
かくしごと 第2話 「ビーサンとB4」/「おかない かかない しあげない」 姫は小学校の臨海学校へ出かける。砂浜で遊ぶ姫の姿を、遠くのバルコニーから眺める男がいた……姫が海でのトラブルに巻き込まれるのではと心配しすぎた可久士が、知り合いの漫画家に別荘を借り、アシスタントを引き連れてやってきていたのだった。可久士は姫が臨海学校で良い思い出を作れるように、カブトムシを仕掛けたり、カレーの味付けを変えたりと、裏で手を回し始める。大型の台風が自分たちを襲い来るとも知らずに……。
第3話 「やりくりサーカス」/「漫画の実情と筋肉」
かくしごと 第3話 「やりくりサーカス」/「漫画の実情と筋肉」 ゴトープロのアシスタントたちがケガをしてしまい、可久士の原稿が危うい。十丸院は新アシスタント・阿藤勇馬を紹介してくるが、可久士は「あの十丸院がマトモな新人を紹介するとは思えない」といぶかしがる。一方、姫は小学校のクラスメイトであるシルビア、ひな、莉子を自宅に招き入れる。姫はみんなの反応から、とあることに気づく。「お父さん、うち……貧乏なんでしょ?」否定する可久士をよそに、姫は節約を始めようとする。
第4話 「ノルマエ・ナマエ」/「コマ割りスケッチ」
かくしごと 第4話 「ノルマエ・ナマエ」/「コマ割りスケッチ」 ある日、仕事場に落ちていた美容室の会員カードを拾い上げた芥子駆は、書かれた「後藤和士」の文字に「へぇ、可久士はペンネームだったんですね」と尋ねる。すると、可久士は「世間では後藤和士で通っており、本名が可久士だ」と告げる。はてなマークが頭に浮かぶ駆に、可久士は「本名で漫画家デビューしてしまった者」の苦労を語り出す。さらに自宅では姫が『こども姓名判断』を開きながら、自分の名前を調べていて……?
第5話 「それでも鉢は廻ってくる」/「泊めたねっ!」
かくしごと 第5話 「それでも鉢は廻ってくる」/「泊めたねっ!」 十丸院から「他の先生も持ち回りでやっているので」と漫画新人賞の審査員を頼まれた可久士。「絶対に引き受けない」と断るが、自宅で姫から「嫌な当番も誰かがやらないと、社会が回っていかない」と先生に教わったことを説かれ、態度を一変させる。後日、可久士の自宅に運び込まれたのは大量のダンボール箱。表面には「新人賞応募原稿」の文字……そのせいで姫に仕事がバレたらどうすると、可久士はついにクレームを入れるのだが……。
第6話「スクールランドセル」
無料
かくしごと 第6話「スクールランドセル」 後藤家の玄関に『だてなおとより』というメモが添えられた新品のランドセルが置かれている。姫は2つのランドセルを背負い、可久士は写真を撮る。そして、『だてなおとより』のランドセルを押入れの中にしまったが、そこにはたくさんのランドセルが並んでいた……そんな、毎年のように新型のランドセルを贈ってくる『だてなおと』の話を、ゴトープロのアシスタントたちにつつかれるも、可久士の答えは歯切れが悪い。
第7話 「いぬほしき」/「母子を継ぐ者」
かくしごと 第7話 「いぬほしき」/「母子を継ぐ者」 ある日の後藤家。机のうえには一枚のチラシ。姫が「子犬の飼い主募集」のチラシを持ってきて、可久士にお願いをしているのだった。姫のお願いに悩む可久士は、公園で犬を連れた一子先生に出会う。「家で一人でいることが多かったから、この子には救われました」と目を細める一子先生は、老いた愛犬をやさしく撫でる。その夜、可久士は姫に犬を飼うことを許す。姫は大いに喜び、後藤家に新しい家族がやってくる。
第8話 「おれたちの下描き」/「残念記念組」
かくしごと 第8話 「おれたちの下描き」/「残念記念組」 後藤家の子犬の名前がまだ決まらない。ひとまず姫は「ゴル(仮)」とするが、いよいよ区役所で本名をつけることに。迷い続ける姫だったが、窓口係のある一言で子犬の名前を決める。笑顔で「最初から名前はついてた!」という姫に、可久士は首をかしげる。数日後、トラブルメーカーの十丸院が仕事場に飛び込んでくるなり、「週刊少年マンガジンの創刊38周年祝い」と声を張り上げるが、もっと大事な記念日を忘れていたことが発覚する。
第9話 「師走は君の嘘」
かくしごと 第9話 「師走は君の嘘」 時は12月、漫画家にとって試練の「年末進行」がやってきた。編集部が年末年始を休むために締切が前倒しになる厳しい期間だ。ところが、ゴトープロの面々はやる気十分。豪華な出版社の年末パーティを思い切り楽しみたいからだった。後日、打ち合わせ中に可久士は、十丸院から衝撃の一言を告げられる。「経費削減で、今年はパーティが無くなりました」……浮足立つアシスタントたちを前に、可久士はその事実を伝えられないままで……。
第10話 「I"S(伊豆)」
かくしごと 第10話 「I"S(伊豆)」 年末進行に立ち向かうゴトープロ。年内に年明け分まで描いておけば正月休みが取れると、さらに先の締切にまで進行しようと試みる。ところが、可久士は「描きだめが出来ない」と筆が揮わない。「そもそも漫画家に、長期旅行の申込みなんてできるわけないだろ!」と開き直る可久士だったが、そう宣言するのには最大の理由があった。なぜなら、漫画家は休みに必ず風邪を引くからだ。寝込む可久士のために、姫は「願掛け」をして回復を祈るのだった。
第11話 「最終回平気彼女」
かくしごと 第11話 「最終回平気彼女」 ある夜、姫から「家族会議したい」と告げられ、可久士はうろたえる。「うちには会議室がないから、会議室を作ってからにしよう」と可久士は返す。二人では「会議ではなくて会話にしかならない」と伝えれば、姫は落ち込むだろうと可久士は返答を悩む。明くる日、姫は学校で「会議室がなくても会議はできる」と聞き、莉子に井戸端会議を勧められる。かくして「めぐろ川たんていじむしょ」の面々は、井戸端会議をするための井戸を探し始める。
第12話 「ひめごと」
かくしごと 第12話 「ひめごと」 「三人きりの誕生日会、毎年やっていこうな」と可久士は言った。11歳の姫はそれを「ずっと続く」と信じていた──時は流れ、姫は18歳になった。何者かから「鍵と地図」を手に入れた姫は、江ノ電に乗って鎌倉にある家を目指していた。父と、母と、姫が住むはずだったその家で、姫は可久士が漫画家であったことを知る。「……なんでお父さんは、かくしごとをやめちゃったのかな……」ひとりつぶやく姫を、見知らぬ少年が見つめていた。
ページ8 ゴーゴー初任務
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ8 ゴーゴー初任務 魔法騎士団―― それは国中の人々が尊敬し憧れる、国を護る英雄たちである―― はずだが、新人のアスタはいまだに任務といえる仕事もなく雑用をこなす毎日。一方、黒の暴牛団の先輩たちも相変わらずのマイペースさで、“英雄”とはかけ離れた日々を過ごしていた。 そんなある日、新人のアスタとノエルに初任務が与えられる。それは、ヤミとマグナが気合十分で街に出かけたことから始まった――。
ページ9 獣(けもの)
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ9 獣(けもの) ヤミの命令で、アスタとノエルが、マグナとともに初任務のイノシシ狩りに行くことになった。無事任務を済ませ、依頼主である“ソッシ村”の村長・セイヒのところに向かう三人。ところがなぜか、村を覆う魔法の霧に行く手を阻まれることになる。戸惑いつつ魔法を斬ることができるアスタの剣で霧を斬り裂きながら先へと進んだ三人は、やっとのことでたどり着いた村の広場で目にした光景に、思わず絶句する。
ページ29 道
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ29 道 魔法帝を目指すアスタとユノが、その第一歩として念願の魔法騎士団員となってから月日がたち、ふたりの活躍を耳にするたびうれしくなる神父やシスター・リリー。一方、魔法騎士団の中にもふたりの活躍をうれしく思う人物がいた。それはアスタを「マブダチ」と呼び、その幼なじみで親友のユノを「マブダチのマブダチ」と呼んで密かにその活躍を見守り続けている(?)黒の暴牛団の一員、ゴードン・アグリッパだった!?
ページ39 三つ葉の敬礼
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ39 三つ葉の敬礼 アスタの協力によって記憶にかけられていた“保護魔法(プロテクトまほう)”が解けた白夜の魔眼のメンバーから、「裏切り者の団長がいる」との情報が引き出された。ついに、全団長の前で裏切り者の団長の名が明かされる!! この前代未聞の大失態といえる状況にショックを受けた魔法帝は、各団長に団員の身辺調査を徹底するよう指示。そして、ほかの団には内密に、“黒の暴牛”団にある任務を言い渡す。
ページ5 魔法帝への道
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ5 魔法帝への道 すべての試験が終わった――。 魔法騎士団に入れるかどうかは各団長たちがその受験生を自分の団に入れたいかどうかで決まる。全課題で天才的なセンスを見せたユノは、すべての団長から入団を希望されるが、次期魔法帝の第一候補との呼び声も高いウィリアム・ヴァンジャンス率いる“金色の夜明け団(こんじき の よあけ だん)”を選ぶ。ユノに遅れをとるわけにはいかないと考えるアスタだが、魔力を持たないアスタの入団を希望する団長はひとりもおらず…… そして、呆然と立ち尽くすアスタの前に、突然、黒の暴牛団のヤミが立ちふさがり……!?
ページ6 黒の暴牛
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ6 黒の暴牛 団長であるヤミ自ら「最低最悪の魔法騎士団」と言ってのける黒の暴牛団のアジトへとやってきたアスタ。そこにいたのはアスタが呆気に取られるほどの個性を持った団員たち。さらには黒の暴牛団のローブを手に入れるため、炎魔法を使うマグナ・スウィングと “洗礼の儀”と称した勝負をするハメになる。魔法を斬り裂く力を持つ大剣を使って、マグナの炎魔法を斬ろうとするアスタ。だが、思った以上のスピードと威力で迫る魔法に焦るアスタは!?