「宮 13話 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

第13話
宮廷女官チャングムの誓い 第13話 助手としてチェ尚宮はクムヨンを、ハン尚宮はチャングムを指名することに。味覚を失ったチャングムは足手まといになるからと一度は断ってしまうのだが、ハン尚宮に“ある能力”に長けていると言われ、応じることに。一方、宮中ではミソの味が変わってしまい大騒ぎに。そしてチョン最高尚宮は最初の課題を決める。
13話 エンドレスエイトII
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 13話 エンドレスエイトII どうやら、世界がループしているらしい。9月1日以降の世界がごっそりとなくなっていて、ひたすら8月17日から8月31日までをグルグルと周遊しているということが朝比奈みくるの言動からはっきりする。そうした状況に納得のいく古泉、未来に帰れず泣きじゃくるみくる、無言で俯く長門、そして納得のいかないキョン。なぜこうなってしまったのか!?
第13話 初夜は突然に!?
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第13話 初夜は突然に!? 済州島を訪れていたチェギョンは、太皇太后(※)の提案で付き人に内緒でこっそり外出し、シンと太皇太后と3人で楽しい時間を過ごす。しかし、宮廷に戻ると入宮したファヨンから皇太子妃としての自覚が足りないと叱責され、勉強の内容まで細かく注意されてしまう。それを知った皇后は、チェギョンにまで干渉するファヨンと対立。一方、ネットで皇太子夫婦の不仲説が流れてしまい、それを鎮めるために王室はふたりの床入り(初夜の儀式)を早めることに。何も知らないチェギョンとシンは、離れの楼閣・義愛合に連れて来られ、一晩閉じ込められてしまう。しかも、シンは事前にコン内官から謎の漢方薬を飲まされていて......。※追尊により、皇太后は太皇太后へ
第13話 微熱
咲-Saki- 第13話 微熱 副将戦は小さな和了と流局が交差する、静かな戦いとなっていた。緊張感あふれる対局が続く中、和の身体に「異変」が起こる。こらえきれず徐々にこみ上げてくる高揚感。頬を赤らめ、柔らかくなってゆく表情。艶やかになってゆく和を見た龍門渕透華は、念願の宿敵に出会えた喜びを感じるのだった。
第13話友達ならわかるよね
H2 第13話友達ならわかるよね 比呂と敦は、明和第一野球部の練習に潜入し敵情を探った。戦力に木根を加えなければ・・・
第13話
華政[ファジョン] 第13話 王を脅かす者の手がかりだけでなく、硫黄まで手に入れた光海君は、ホ・ギュンを朝廷に呼び寄せて、ある計画を実行しようとしていた。その頃、ジュウォンが王宮に行った隙に漢陽の町に出たファイは、町人たちに仁穆大妃の消息を聞いて回っていたが、王宮を追い出されてわびしく過ごす大妃の現状を知り胸を痛める。沈んだ顔でジュウォンの屋敷に戻ったファイだが、ジュウォンの友イヌによって女であることを知られてしまう。イヌは、ジュウォンの家に忍び込んだ男を捕らえるが、それが父ジュソンの部下だと知り、驚く。
第13話 まさか両津と麗子が…
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第13話 まさか両津と麗子が… 最新式の手錠で遊んでいた両津は、麗子と繋がれたまま鍵をなくす。翌日の麗子のお見合いに一緒に行くことになり
Episode.13 無能の無双
ありふれた職業で世界最強 Episode.13 無能の無双 女魔人族・カトレアに苦戦する香織たちの前に姿を現した白髪眼帯の少年。それはかつて迷宮の奈落に落ちて死んだと思われていたクラスメイト・南雲ハジメだった。それぞれのクラスメイトがさまざまな感情を抱くなか、かつて無能の烙印を押されたハジメが圧倒的な力で魔物たちを蹂躙していく――。
第13話 「一軍復帰」
グラゼニ 第13話 「一軍復帰」 9月、神宮スパイダースの凡田夏之介は4ヵ月ぶりにやっと一軍に復帰した。交流戦直前のこと、先発投手がカゼを引き、中継ぎ投手の夏之介が急遽名古屋で先発した。ところが、打者走者と2塁上で交錯して右手首を骨折してしまったのだ。だが、チームは幸運にも優勝争いをしていた。中継ぎ投手として頑張って優勝に貢献すれば、棒に振った4ヵ月分を挽回できる。しかし、出番がなく、夏之介は焦るばかりだった。
第13話 湘北vs陵南 燃える主将!
スラムダンク 第13話 湘北vs陵南 燃える主将! 気合いを入れて乗り込んだ陵南。赤木と魚住の間で早くも火花が散るなど、対決はすでに始まっていた。そんな中、発表されるスタメン。しかし一年生から選抜されたのは流川だけで、当然のことながら花道の名前はない。花道はだだをこねたが、安西が「キミは秘密兵器だから」となだめたことでようやく納得するのだった。
第13話 そして、もう一度 Place
「東京喰種トーキョーグール:re」(第2期) 第13話 そして、もう一度 Place “ヒト”と変わらぬ姿をしながら“ヒト”の肉を喰らうことでしか生きられない存在、“喰種(グール)”――。 喰種から人々を守るために組織された〔CCG〕(喰種対策局)で喰種捜査官として働く佐々木琲世(ささき はいせ)は、もとは“ヒト”でありながら、喰種が持つ特殊な内臓器官“赫包(かくほう)”を移植されたことで“半喰種(はんグール)”となった青年・金木研(カネキ ケン)であった。 〔CCG〕が、喰種の一大組織“アオギリの樹”の本拠地が“流島(るしま)”にあることを突き止め、殲滅に乗り出す。激戦が繰り広げられる中、作家の高槻泉(たかつき せん)こと芳村(よしむら)エトは、記者会見を開き、自ら“喰種”であることを公表。以前からエトを追っていたカネキは捜査官として彼女を喰種収容施設“コクリア”へと連行するが、そこでエトから、あることを託される。
第13話「眷族の物語(ファミリア・ミィス)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第13話「眷族の物語(ファミリア・ミィス)」 ヘスティアの力により、冒険者たちとのトラブルは収束したものの、安全地帯(セーフティ・ポイント)であるはずの階層に突如姿を現した階層王(モンスター・レックス)・ゴライアス。その風体、そして強さは、多くの冒険者が知る常識をはるかに凌駕していた。 剣を抜き、弓を引き、魔法の詠唱がこだまする――つい先刻までいがみ合っていた冒険者たちもベルに続くように、死力を尽くして階層王に立ち向かう。 だが、階層王の力は、彼らの団結をも嘲笑うかのごとく強大であった――。少年が歩み、女神が記す【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】――少年は今、英雄への道を歩み始める。
第13話 家庭崩壊?ゴクラク大作戦!!
絶対可憐チルドレン 第13話 家庭崩壊?ゴクラク大作戦!! チルドレン3人のクラスで作文の宿題が出された。作文のテーマは『家族』。順調に書き上げる葵、紫穂とは違い、なかなか筆の進まない薫。嘘も方便と、妄想全開で『禁断の兄(=皆本)妹(=薫)愛』を書き上げるが、皆本に怒られ、家族に会うため、久しぶりに実家へ帰ることに。薫は母と姉との三人家族。母は人気女優の明石秋江、姉の好美は人気急上昇中のグラビアアイドル、とどちらも芸能人だ。一見華やかなこの家族、実はなかなか複雑なようで・・・。
第13話 夜明けのブギーポップ 4
ブギーポップは笑わない 第13話 夜明けのブギーポップ 4 来生真紀子と戦うために準備を整える凪。 もう人間ではなくなってしまった来生真紀子と凪が戦えば、恐らく凪は殺されてしまう。 まさしく無謀な戦いを挑もうとしている凪を見ているうちに、これまでの自分では 決して選択し得ないような行動を取ってしまうモ・マーダー。 一方、来生真紀子と対峙した凪は、病院を戦いの場にしないように、全力で自転車を走らせるが、 来生真紀子の圧倒的な身体能力によって追いつかれ、組み敷かれてしまう。 来生真紀子は、凪を殴打しながら、恐怖を感じろと叫ぶのだが……。
第13話 夏を制する者は受験を制するらしいっすよ
ハヤテのごとく! 第13話 夏を制する者は受験を制するらしいっすよ 執事の仕事をしながら、西沢さんのことを思うハヤテ。いくら今の自分が女の子と付き合う資格がないとは言え、変な断り方をした自分を反省していた。そんなことを考えつつ、ナギに届いた郵便物を届けに行く。その書類は、ハヤテの白皇学院編入手続きの書類だった。自分が退学になっていたことも先日知ったばかりなのに、学費だって払えない!と驚きを隠せないハヤテ。そんなハヤテを一喝するナギだが、当のハヤテはうれしくて泣き出してしまった。
第13話 「大橋高校文化祭【後編】」
とらドラ! 第13話 「大橋高校文化祭【後編】」 大盛況のうちに終わったプロレスショーに続き、ついにミスコンが開会した。続々と出場者が登場する中、かわいらしいドレスを身にまとった大河が登場! ミスコンの司会を務める亜美は、会場に来ているか定かではない陸郎に向けて大河の応援を呼びかけるが、会場は静まりかえったままだった……。一方、会場で大河のことを見守っていた竜児は、陸郎からの携帯メールを読み、愕然としていた……。そんな中、いよいよ亜美の口からミスコンの優勝者が発表された。だがその直後、生徒会長のすみれが突然現れ、ミスターコンテストの開会を宣言! ちょうどその時、舞台にいる大河のもとへ駆けつけようとしていた竜児はそのコンテストに参加することに。
第13話 祟殺し編 其の伍 謝罪
ひぐらしのなく頃に 第13話 祟殺し編 其の伍 謝罪 沙都子の叔父をこの手で殺したのは幻だったのか? 圭一は真実を確かめるため、北条家へ向かう。そこには一晩中浴槽に浸かって意識朦朧とした沙都子の姿があった。慌てて助け出し、入江診療所へ連れて行く圭一。ところが診療所はパトカーに囲まれていて…。
第13話 うまかーっ!父ちゃんはヒミツ料理人!
クッキングパパ 第13話 うまかーっ!父ちゃんはヒミツ料理人! 絶品手造りギョーザ。父ちゃんにまかせな。
第13話
朱蒙 第13話 ハンダン一味を見事な腕前で撃退したチュモンは、その様子を見ていたクムワから病床の母を看病しろと諭され宮殿へ戻る。それを知った王妃たちは心穏やかではなく、さらにクムワは「兄弟3人に手柄を競わせ最も優れた者を世継ぎに選ぶ」と宣言したため、ますます緊張が高まる。その決定について相談を受けなかったヨミウルは、クムワへの敵対心を深める。 チュモンの腕前に感心したクムワは、チュモンの師匠が生前のヘモスだったことを知り、運命の絆を感じる。一方、炒鋼(チョガン)法に悪戦苦闘を続けるモパルモは、ヨンポと宮廷使者ポルゲの武器持ち出しをチュモンに相談し、チュモンはモパルモの身を案じて誰にも話すなと忠告する。ヨンポはトチを通じて武器の横流しを続けていたが、ついに密売が漢に知られてしまう。そして、ヒョント城の太守ヤンジョンからクムワのもとに、プヨが約束を破って鉄器生産を続けていた以上、プヨへの塩の輸出を一切停止するという通告が届く。テソは父の前で点数を稼ぐため、自らヒョント城に赴いてヤンジョンに釈明すると志願し、ヒョントへ出発する。 その頃、ユファの回復を見届けたチュモンは、自分をさらに鍛え直すため、クムワの許可を得て再び民に混じって町で暮らそうと決心し、ヨンタバル商団へ向かう。宮殿に出入りできると喜ぶマリたちの期待をよそに、チュモンは商団で雇ってほしいとヨンタバルに申し出る。
第13話 会いたい!そして、マカオへ
花より男子~Boys Over Flowers 第13話 会いたい!そして、マカオへ 【第13話 会いたい!そして、マカオへ】神話グループの後継者としてジュンピョがマカオに旅立って半年。ジュンピョから何の連絡もなく、ジャンディは落ち込む。さらにジュンピョをかばった傷で肩を痛めたジャンディは、水泳は無理と診断されてしまう。夢を失い絶望するジャンディを、ジフは支えようとする。そんな中、ジャンディはマカオに行くことを決意。
episode13 破壊の使徒
七つの大罪 episode13 破壊の使徒 ヘンドリクセンがベロニカに渡した女神の琥珀に封印されたメリオダスだったが、エリザベスたちの危機に封印を破って現れる。圧倒的な力を見せつけるメリオダス。しかし、その様子は普段の彼ではなく、敵はおろか味方にまで攻撃を始め!?
第113話 みゆきと豆の木
クッキングパパ 第113話 みゆきと豆の木 みゆきが母ちゃんからジャックと豆の木の話を聞いて、枝豆を育て始めたんだ。でも田中兄ちゃんが…
第13話 レイディ・リンクス
巨神ゴーグ 第13話 レイディ・リンクス 悠宇の身柄をネタにかつての恋人ロッドの鼻を明かそうと、GAILタウンに潜入したレイディ。だが交渉は、女と男の感情のぶつけ合いに終始し、あまつさえロッドはゴーグ発見の報を聞くと、レイディを部屋に残し飛び出してしまう…。二人の過去が明らかになる。
第13話
仮面の王 イ・ソン 第13話 王の妃選びの審査でお茶に毒が盛られ、大妃(テビ)やカウンたち候補者が倒れた。「王」イソンは、護衛役として同席していた世子(セジャ)イ・ソンに対し、カウンたちを守れなかったことを責めどなりつける。この事件の黒幕は...。世子は、ファグンが辺首(ピョンス)会の跡継ぎだと知って避けるように。ファグンは、顔を合わせても無言で立ち去ろうとする世子を呼び止める。だが、世子からもう会わないほうがいいと告げられ...。
第13話 出生の秘密
コーヒープリンス1号店 第13話 出生の秘密 ハンギョルのアメリカ出発まで1か月を切り、ハンギョルから一緒にアメリカに行こうと誘われ、一度は乗り気になるウンチャンだが、家の事情を理由に断る。また、ハンギョルは、自分の実の両親について真実を知らされ戸惑うが、実の父親が韓国を発つ姿を見送りに空港に向かう。
第13話 『定められた運命』
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第13話 『定められた運命』 一旦龍蔵寺のもとを離れたたくやと絵里子であったが、龍蔵寺の企みにより拘束されてしまう。 リフレクターデバイスを使い、なんとか危機を免れたたくやであったが、大きな代償を払うこととなる… そして明かされる龍蔵寺の正体とは…!
第13話 コスプレするなら心まで飾れ
銀魂 第13話 コスプレするなら心まで飾れ 万事屋に人捜しの依頼が舞い込んだ。幕府に仕える由緒正しい家の娘が、家に帰らず行方不明だという。この件を穏便に解決したい依頼人の頼みを、しぶしぶ引き受け捜索を始めた銀時たちは、娘がよく遊びに来てたというクラブに聞き込みに行く。手がかりを得られず、人捜しに飽きた神楽は、娘に容姿が似ている男を連れて帰ろうとするが、その男の様子が急変する。駆けつけたウェイターの話では、最近この界隈に怪しげな薬が出回っているらしい。一方、一人席を外し、二日酔いでトイレに籠もる銀時は、扉の外から声をかけられた…。
第13話 皆殺し編 其の八 終末
ひぐらしのなく頃に解 第13話 皆殺し編 其の八 終末 護衛を約束してくれた大石刑事の到着を待つ梨花たち。しかし、そこに現れたのは大石ではなく、秘密部隊「山狗」の暗殺者たちだった。沙都子のトラップで間一髪奇襲を避け、裏山へ逃げ込んだ梨花たち。そんな彼女たちを助けにきた圭一たちと山狗部隊の大立ち回りが始まる。なんとか活路を開こうとする圭一たちだったが…。
第13話 俺も、一生、忘れない
多田くんは恋をしない 第13話 俺も、一生、忘れない テレサから打ち明けられた真実に、多田は打ちのめされる。全ては生まれてきた時から決まっていたことと言われると、伝えたいことを口にすることもできなかった。伊集院はそれでいいのかと詰め寄るが、多田は何を伝えればいいのかもわからなくなったと告げる。そして、ただ伝えたとしても迷惑なだけではないかと。そんな多田に、伊集院はこれまで胸のうちに秘めていた思いをぶつける。
第13話 白熱!三船戦
メジャー 第3シリーズ 第13話 白熱!三船戦 三船戦、4回裏。三船高校は積極的に攻撃に出て、セーフティバントにヒットエンドラン、小森の犠牲フライで手堅く1点を先取する。さらに山根の一打を浴び、大河はまた集中力が切れてしまう。5回表の聖秀の攻撃。先頭バッターの宮崎が粘った末、フォアボールで出塁。ツーアウト1、2塁になったところで打席には大河が…。