「宮 8話」の検索結果

今すぐ視聴する

第48話
宮廷女官チャングムの誓い 第48話 内医正(ネウィジョン)が生きて姿を現し、思いもよらない展開にうろたえるオ・ギョムホとチェ提調尚宮(チェジョサングン)たち。これまでの悪行の全貌が明らかになり、一同は捕らえられる。逃げ出したチェ提調尚宮は、宮中の尚宮たちに助けを求めるのだが...。そして、チャングムは王にある3つの願いを申し出る。
第28話
宮廷女官チャングムの誓い 第28話 済州島(チェジュド)へ流され、官婢の身分に落とされたチャングム。ジョンホは以前自分の命を救った人物がチャングムであることを知り、後を追う。チャングムは宮中に帰らなければと何度も脱走を試みる。そしてある日、罰で閉じ込められた蔵の中で、同じ官婢であるチャンドクと出会うのだが・・・。
第38話
宮廷女官チャングムの誓い 第38話 治療を受けない間に、大妃の体は薬も鍼も受けつけないほどに衰弱。献立を調べたチャングムは、好き嫌いの多い大妃のために特別に丸薬を作ることに。なかなか食が進まない大妃も丸薬は気に入り、好んで口にするようになる。しかし、ヨルイがその丸薬の材料に気付き、王妃に報告。これに怒った王妃は...。
第8話
無料
宮廷女官チャングムの誓い 第8話 やっと水刺間に戻れることになったチャングム。そしてチョン・ウンベクの使いで寄った書庫で、偶然ミン・ジョンホと出会う。正式に女官になるための試験を前に、遅れを取り戻そうと一生懸命に勉強するチャングム。しかし、試験で使う食材がひとつ足りないことに気づいたチャングムは...。
第18話
無料
宮廷女官チャングムの誓い 第18話 宮中で疫病患者が増えたため感染の疑いがある女官たちと一緒に、持病が悪化していたチョン最高尚宮も宮中の外へ出されてしまう。この機に乗じ、提調尚宮が最高尚宮の交代を持ちかけ、チェ尚宮が代行を務めることに。ハン尚宮とチャングムは、明(ミン)国の使臣を接待する太平館(テピョングァン)に派遣され...。
8話 笹の葉ラプソディ
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 8話 笹の葉ラプソディ 七夕の季節。涼宮ハルヒ率いる「SOS団」が何もしない訳がない。案の定、ハルヒ団長は、どこからか笹の葉を持ってきて早速飾り付けをすることに。ハルヒが下校し、他のメンバーも帰るかと思いきや、朝比奈みくるが、キョンを呼び止めた。どうやら一緒に行って欲しいところがあるらしい。
18話 エンドレスエイトVII
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 18話 エンドレスエイトVII 「キョンくんでんわー」。キョンの妹がキョンに呼びかける。怠惰な表情で電話に出るキョン。電話に出る前からハルヒからだとすでに理解しているキョン。話の内容もすでに分かっている、気がした・・・。「デジャヴュ」の続く毎日。古泉の「我々は同じ夏休みを永遠と繰り返しているのです」という発言に驚きつつも、何もできない自分に溜息をつくキョンだった。
28話 サムデイ イン ザ レイン
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 28話 サムデイ イン ザ レイン 秋のごたごたがようやく納まったかと思えば、季節はすでに12月。「今年ってもう終わりなのか!」と人並みに驚きたいところだが、しかしまぁ、半年以上アイツと付き合わせられれば、非日常的な出来事も、普通に受け入れられるようになっていた…。慣れとは恐ろしいものだ…。で、今回の団長命令とやらは、ハルヒによって自主制作映画のスポンサーに仕立て上げられた商店街の電気屋から、ストーブを譲り受けて来るというものだ。ハルヒにしてはまともな用件なのが気にはなるが、部室にいても寒いので、俺は行くことにした。…にしても、…オレがいない間、アイツはいったい何をしているんだ?
第8話 2人の王子の間で...
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第8話 2人の王子の間で... 里帰りを終え、宮廷に帰って来たシンとチェギョンの距離は縮まり、お互い気になる存在に。特にチェギョンの家で温かい家族の関係を知ったシンは、自分の親子関係を比べて心を痛めるが、チェギョンの存在に救われる。そんななか、ヒョリンの勧誘によりチェギョンとユルは乗馬クラブに入会。ヒョリンの本心が読めないシンの友人たちは、チェギョンの入会に反対するが、ヒョリンは自分が世話をするからと強引に話を進めてしまう。そんなある日、宮中遊技である騎馬打球中にシンとユルが落馬。大勢がシンに駆け寄り、ユルは二の次になっている状況を見て、チェギョンはユルを助けるが、それを見たシンは快く思わず......。
第18話 それぞれのバースデーパーティ
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第18話 それぞれのバースデーパーティ 別荘でシンと同じ部屋になったチェギョンは、クローゼットから出るに出られない状況に陥ったりしながらも、ふたりで楽しく過ごしていた。そのころ、皇帝は国民の間でユルの人気が高まっていることを知り、皇帝もシンよりユルのほうが皇帝にふさわしいと考えはじめる。夜に開かれたユルの誕生日パーティーで、ヒョリンからシンに食べ物のアレルギーがあることを知らされたチェギョンは、自分よりもシンのことを知っていると落ち込む。さらに、シンとヒョリンが一緒に留学しようと約束していた話を耳にし、チェギョンは今でもシンが彼女と一緒に留学したがっていると誤解してしまう。
第18話 握りつぶされた王命
イ・サン 第18話 握りつぶされた王命 サンと敵対する老論(ノロン)派は、サンが宮中で権力を掌握することを恐れ、英祖(ヨンジョ)を都に戻す。 病気の身で宮殿に戻った英祖を見たサンは、医官を追及する。しかし王妃は、国王が都に戻ったことを喜びもしないのかとサンを問い詰める。
第8話 前夜
咲-Saki- 第8話 前夜 順調に勝ち進み、県予選・決勝まで駒を進めた清澄高校麻雀部。みんなと一緒に全国へ行く…!その気持ちを改めて確かめ合う咲と和。しかし、龍門渕、風越、鶴賀のメンバーもまた、負けられない想いを強く抱いていた。
第18話 繋がり
咲-Saki- 第18話 繋がり 槍槓を和了り、窮地を脱した池田。しかし最下位という状況は変わらず、挽回できるとは思えない点差が開いていた。そんな絶望的な状況でも戦う心を失なわず、池田は果敢に攻め続ける。一方、自分の対局スタイルを思い出した咲は、徐々に本来の調子を取り戻しつつあった…。
第58話 王妃の苦悩と愛
イ・サン 第58話 王妃の苦悩と愛 恵慶宮(ヘギョングン)の元を訪ねた元嬪(ウォンビン)は、流産の原因は王妃が送った薬ではないと告げる。実家から送られた薬を何も知らずに飲み続けたと元嬪は弁明するが、恵慶宮は叱責をする。 ホン・グギョンのことを信じ切れないサンは、民情視察に出かけた際にホン・グギョンが決めた予定とは異なる道を行くのだが...
第18話
仮面の王 イ・ソン 第18話 王妃に選ばれたカウンは、一体どういうことかと「王」イソンに抗議する。イソンの答えは...。世子(セジャ)イ・ソンは、王座を取り戻して辺首(ピョンス)会を倒すことを決意。まずは王宮の中へ入る作戦を立てる。さらに、ある人物に協力を求める。王宮ではカウンが世子の身分を証明する文書が入った壺(つぼ)を捜していたが...。一方、「仮面の王」イソンは自分が本物の王となるべく、公の場で仮面を外す計画を進める。
第8話 ガラスのヒジだってさ
H2 第8話 ガラスのヒジだってさ 春華は比呂に野球愛好会のコーチを頼んだが、比呂はわがままな自分より敦の方を推薦する。
第18話 熱戦九回裏!バッターは国見・・・
H2 第18話 熱戦九回裏!バッターは国見・・・ 2点差を追って九回裏、千川の攻撃。打順は足の痛みをこらえる比呂にまわってきた。
第38話
華政[ファジョン] 第38話 綾陽君たちは反乱を起こす。イヌの手引きで王宮の正門を突破し便殿に攻め入るも、玉座に光海君の姿はなかった。片や無事に救出された貞明公主は、光海君が王位をかけて自分と火器都監の者たちを守ったと知り助けに行こうとするが、イヌに行く手を阻まれる。王座を譲ることを決意した光海君は、密かに王宮を抜け出して貞明に会い、「お前たちは生き残り、自分の意志を継いで朝鮮を守ってほしい」と告げる。一方、王宮を占拠した反乱勢力が光海君の捜索を始めていたところにイヌが光海君を王宮に連行する。光海君は廃位され、ゲシとイチョムら大北派の重臣たちも捕らわれる。そして、仁穆大妃が綾陽君を新たな王に任命する。
第28話
華政[ファジョン] 第28話 貞明公主は光海君を訪ね、硫黄職人として火器都監に残って国に尽くすと告げる。間もなくして後金が明を攻撃し、ついに戦争が始まる。光海君の甥、綾陽君は王宮の前に座り込み、明への派兵を要求。明への出兵だけは断固阻止したい光海君は、ジュソンに西人派を説得させようとするが、明との繋がりを絶ちたくないジュソンは、イチョムを丸め込み、大北派が出兵に反対するよう仕向ける。次の王座を狙う綾陽君は慶運宮を訪れ貞明公主を味方に引き入れようとする。そんな中、王宮を追われたゲシは片思いに苦しむイヌを見かけ、貞明公主を手に入れる方法があるとほのめかす。
#4 (第7話) ザクロちゃんだよ!ドクロちゃん!/(第8話) さようならだよ!ドクロちゃん!
撲殺天使ドクロちゃん #4 (第7話) ザクロちゃんだよ!ドクロちゃん!/(第8話) さようならだよ!ドクロちゃん! 第7話 ドクロちゃんの仕業で5時間目の体育は自習になりました。そこでおもむろに始まったのは、呪われた遊戯“ポックリさん”。嫌がる桜くんを尻目に、次々と暴かれる桜くんの深層心理!? そこに突然ドクロちゃんの妹・撲殺天使ザクロちゃんが現われて・・・・・・。 ──「未来に帰りましょう、おねえさま。」 第8話 ザクロちゃんの持つ魔法のアイテム・殺人濡れタオル『エッケルザクス』により、拘束されたドクロちゃん(と、ついでに桜くん)は、未来の世界へ無理矢理連れ戻されそうになってしまいます。桜くんは、そこでようやく、撲殺娘に対する自分の気持ちに気付くのでした。 桜くんが出した答えとはいったい!?
Episode.08 過去との再会
ありふれた職業で世界最強 Episode.08 過去との再会 ライセン大峡谷の迷宮を攻略したハジメたちは、商業都市フューレンを訪れる。街の冒険者ギルドから、北の山脈地帯で行方不明となった冒険者の捜索を依頼されたハジメ。一行は捜索に向かう途中、湖畔の町・ウルに立ち寄る。そこでハジメはオルクス大迷宮で離ればなれとなったクラスメイトたちと予期せぬ再会を果たす。
第28話 記念試合!危ない奴らがやって来た
H2 第28話 記念試合!危ない奴らがやって来た 千川高校野球部のグラウンドが完成!記念試合の相手は、暴力チームと呼ばれる飛竜西。
第8章 「汚された純真」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第8章 「汚された純真」 んっ!!待って!自主的に夏期講習に参加する生徒がたくさんいるってことは…。夏休み中も美少女たちに囲まれてウハウハのハーレムは続くってこと!?しかもなんだか秘密の香りがする特別講習…。イケナイ国語教師とのヒトヨヒトヨニ…ヒ、ト、ミ、ゴ、ロ…♡ さらには禁断の課外授業っっ!!
第28話 ダイヤはダイヤでしか
文豪ストレイドッグス 第28話 ダイヤはダイヤでしか 「どちらが先に犯人を糾弾できるか、勝負しよう」。太宰が持ちかけた推理勝負を受け入れる、中也。「羊」の仲間たちから「ポートマフィアの犬に成り下がったのか」と罵られようとも「これは俺の問題だ」と、その期待の眼差しを振り切って突き進むのだった。やがて彼らは、黒幕の告発に至るが……。明かされる、蘭堂の正体。そして、中也が「アラハバキ」を追っていた真の理由とは――? 「先代ボス」の凶刃が、太宰に振り下ろされる!
第8話 501夜間勤務します?
ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ! 第8話 501夜間勤務します? 夜にネウロイの襲来が予測されたため、夜間任務に就くことになった宮藤たち。いつも夜間哨戒しているサーニャとエイラにアドバイスをもらったり、みんなで風呂に入ったりして夜を過ごすが、結局、ネウロイは襲ってこなかった。実は広報活動のため、501基地に向かっていたマルセイユが途中でネウロイを見つけて、倒していたのだった…。
第38話 初デート!これからもよろしく
H2 第38話 初デート!これからもよろしく フォークダンスの約束をすっぽかしたお詫びに、比呂は春華と遊園地で初デート。
第58話
華政[ファジョン] 第58話 貞明公主は苦境に立たされた昭顕世子を救うため、ジュソンから賄賂を受け取っていた重臣らの名簿を街に張り、世論を動かそうと試みる。その頃ジャジョムとヨジョンは、医官を東宮殿に送り込み、昭顕世子の暗殺をもくろむ。事情を察した貞明公主とジュウォンは急いで駆けつけるが、昭顕世子は謎の死を遂げる。ジュウォンは、医官に世子の診察を命じたのは仁祖だと聞かされ衝撃を受ける。一方、ヨジョンは自分たちを断罪すれば王も責任を問われることになると仁祖を脅迫する。突然の昭顕世子の死に宮中も悲しみにくれ、死の真相を究明するよう官吏たちが立ち上がり、都中の民も真相究明を訴える抗議行動に出る。
第8話 最後の伝言
エガオノダイカ 第8話 最後の伝言 季節は秋。ユウキは王国南部へと拠点を移し、帝国軍への抗戦を指揮していた。 一方、ハリアントの王宮に囚われているイザナは、帝国軍の機密情報を探り当てる。今は滅亡したベルデ皇国が、その機密情報には深く関わっていた。王宮からの脱出を試みるイザナ。決死ではない、必ず生きて妻子の元に戻る覚悟である。 折しも帝国軍参謀長アイネは自ら前線に立ち、ユウキと対峙していた
【ウェンディ(Red Velvet)ほか出演!】みんなのキッチン 第8話
みんなのキッチン 【ウェンディ(Red Velvet)ほか出演!】みんなのキッチン 第8話 ウェンディ(Red Velvet)ほか出演! やっと、さくらの願い成就?!Red Velvetのウェンディの登場でホドンは眼中にない!
第8話 給食当番をした
のんのんびより りぴーと 第8話 給食当番をした 二学期が始まり、授業で木の板を使って工作をすることになった旭丘分校の生徒たち。宮内れんげと越谷夏海はペアを組んで何を作ろうかと悩むのだが、なかなか思いつかない。焦り始める夏海に対し、余裕のれんげが独特の感性を発揮して作り始めた物は……!そして給食の時間になり、カレーの匂いが漂ってきた。給食当番のれんげとカレーの組み合わせを見て、越谷姉妹は過去に起きた凄惨な出来事を思い出すのだった…。