「宮動画」の検索結果

今すぐ視聴する

涼宮ハルヒの消失
涼宮ハルヒの消失 涼宮ハルヒの消失 クリスマスが間近に迫ったある冬の日。学校に向かったキョンはいつもの日常と違うことに気づく。後ろの席にいるはずのハルヒがいない……。さらに驚くべき事に、その席に座っていたのは、(『憂鬱』にて)キョンを殺そうとして長門に消滅させられたはずの朝倉だった!
グリザイアの迷宮
グリザイアの迷宮 グリザイアの迷宮 坂下が起こした騒動から1年が経とうとしていたある夏の日。雄二は昇進のための考課調査で、市ヶ谷のJBの元に出頭していた。彼女との面談の中で、自らの生い立ちを語ることを求められた雄二は、記憶を辿る旅に出る。 不慮の事故のため、この世を去った最愛の姉。彼女を追うように旅立った両親。天涯孤独となった彼を引き取り、育てた最悪な男。そして──。 幼少期から現在に至るまで、自分が出会い、共に過ごした人物たちの記憶を、雄二は淡々と語る。「風見雄二」という人格を形作るものは果たして何なのか。その謎の答えが今紐解かれる。
第一話 「年越しそば」
無料
衛宮さんちの今日のごはん 第一話 「年越しそば」 今日は大晦日。大掃除を終えた士郎とセイバーは、夕飯の買い出しに出かける。家で留守番中の大河とイリヤは、こたつの中でのんびりと士郎が作ってくれるごはんを待っていた。 今夜の衛宮家のごはんは…?
第ニ話 「鮭ときのこのバターホイル焼き」
衛宮さんちの今日のごはん 第ニ話 「鮭ときのこのバターホイル焼き」 夕飯の買い出しに来た士郎。献立を考えながら商店街を歩いていると、魚屋で店番をしているランサーに出会う。士郎は鮭を使った料理を作ることを決めたが、何故かランサーが衛宮家に夕飯を食べにくることになり…
第三話 「春のちらし寿司」
衛宮さんちの今日のごはん 第三話 「春のちらし寿司」 3月3日はひなまつり。イリヤを衛宮家に招待し、日本の文化を体験してもらうことに。凛と桜の手を借り、士郎がイリヤのためにふるまう"ひなまつりの料理"は…?
第四話 「春野菜とベーコンのサンドイッチ」
衛宮さんちの今日のごはん 第四話 「春野菜とベーコンのサンドイッチ」 バイト先の酒屋・コペンハーゲンで配達の手伝いを頼まれた士郎。最後の配達先であった柳洞寺で僧侶の零観から頼まれ、山菜を使ったサンドイッチを作ることになるのだが、山門で見かけたアサシンのことが気になり…。
第五話 「たけのこグラタン」
衛宮さんちの今日のごはん 第五話 「たけのこグラタン」 士郎が作った朝食を完食し笑顔になるセイバー達を見て、ため息をつく桜。その姿はどこか思い悩んでいるようだった。士郎は一成からサンドイッチのお礼にたけのこを貰う。夕食にグラタンを作ろうとする桜に士郎はたけのこを入れようと提案する。
第六話 「はじめてのハンバーグ」
衛宮さんちの今日のごはん 第六話 「はじめてのハンバーグ」 今日は雨。士郎は幼き日の記憶をふと思い出す。雨が降っていたある日、士郎は料理番組で作っていたハンバーグを作ることを決めた。それはハンバーグが好物なある人のためで…。
第七話 「さらりと頂く冷やし茶漬け」
衛宮さんちの今日のごはん 第七話 「さらりと頂く冷やし茶漬け」 大河のはからいで、士郎とセイバーと凛はウォーターレジャーランド・わくわくざぶーんに行くことに。そこで遭遇したランサーとアーチャーに勝負を挑まれ、ビーチバレー対決が始まる。その後遊び疲れた彼女たちに、士郎が作る今日のごはんは…?
第八話 「遠坂さんの五目炒飯」
衛宮さんちの今日のごはん 第八話 「遠坂さんの五目炒飯」 士郎と桜は凛に家の片づけの手伝いを頼まれる。遠坂邸には、魔導装置や魔導書などがたくさん。三人で片づけをしているとちょうどお昼の時間に。今日のごはんは凛と桜が作ることになり―。
第九話 「秋の味覚-キャスター和食修行編-」
衛宮さんちの今日のごはん 第九話 「秋の味覚-キャスター和食修行編-」 士郎が商店街を歩いていると、突然後ろから腕を引っ張られる。振り返ると、そこにはキャスターがいた。 料理修行中のキャスターは、士郎にある料理の作り方を教えてほしいようで―。
第十話 「冷めても美味しいからあげ」
衛宮さんちの今日のごはん 第十話 「冷めても美味しいからあげ」 文化祭まであと一週間。一成達生徒会メンバーは、毎日遅くまで続く準備に疲れ果てていた。そんな彼らを見かねた士郎は、差し入れを持っていくことにする。
第十一話 「特製ふわとろオムライス」
衛宮さんちの今日のごはん 第十一話 「特製ふわとろオムライス」 凛に買い物の荷物持ちを頼まれたアーチャー。待ち合わせ場所で凛を待っていると、通りかかったランサーにカフェのアルバイトを手伝ってほしいと頼まれる。
第十二話 「フライパンだけで作るローストビーフ」
衛宮さんちの今日のごはん 第十二話 「フライパンだけで作るローストビーフ」 今日はクリスマス。イリヤは士郎たちをアインツベルン城に招待し、クリスマスパーティーを開く。みんなでパーティー料理を堪能していると、士郎の前にとある来訪者が現れ―。
第十三話 「あったか寄せ鍋」
衛宮さんちの今日のごはん 第十三話 「あったか寄せ鍋」 大雪の降る、とても寒いある日。今日も、衛宮家には自然とみんなが集まり、同じものを囲み、同じ場所で食事をとる。士郎が作る、今日のごはんは―。
第1話
無料
宮廷女官チャングムの誓い 第1話 1482年、悪行が原因で宮廷を追われ廃妃となっていたユンに王より毒殺命令が下る。12年後、母の死の真相を知らぬままユン元子(ウォンジャ)は燕山君(ヨンサングン)として即位。廃妃の毒殺に関わったチョンスは武官をやめ山中で暮らしていた。一方、女官のミョンイはある陰謀に巻き込まれ...。
第2話
宮廷女官チャングムの誓い 第2話 ミョンイとチョンスは下層民である白丁(ペクチョン)として娘チャングムと共にひっそりと暮らしていた。暴政を行う燕山君は母の死の真相を知り、毒殺に関わった全ての者の処刑を始め、父チョンスも連行されてしまう。その後を追って漢陽(ハンヤン:現在のソウル)へ向かったミョンイとチャングムは...。
第3話
宮廷女官チャングムの誓い 第3話 偶然知りあったカン・トックの家で暮らすことになったチャングム。宮中では燕山君の暴政に耐えかねた武官の朴元宗(パク・ウォンジョン)らがクーデターを決意する。燕山君の失脚後、晋城大君(チンソンデグン)は即位し中宗(チュンジョン)となる。チャングムは女官見習いとして宮中生活を始め...。
第4話
宮廷女官チャングムの誓い 第4話 退膳間(テソンカン)にこっそり入り、王の夜食を台無しにしてしまった事で罰を受けるチャングムとヨンセン。蔵に閉じ込められ、ケガをしたヨンセンにチャングムは薬草で手当てをする。難解な試験にもなんなく答えるチャングムに尚宮たちは感心する。そして国中を激しい黄砂が襲い...。
第5話
宮廷女官チャングムの誓い 第5話 見習いの子供たちが料理の技を競う日。チャングムは以前何度か会った女の子がクムヨンだと知る。一方、チェ尚宮の叔母である最高尚宮(チェゴサングン)の容態が悪く、地位を追われるのを恐れたチェ一族は、密かに外部から医者を招き入れるが、ばれてしまう。そして、チョン尚宮が新しく最高尚宮になり...。
第6話
宮廷女官チャングムの誓い 第6話 チャングムは18歳になっても好奇心旺盛。ある日、中宗王の生誕を祝う宴が行なわれることになり、祝いの品の貴重な金鶏が届けられる。しかし、クムヨンの不注意により金鶏がいなくなってしまう。そのためクムヨンはチャングムと一緒に金鶏を探しに夜中に宮中を抜け出す。そしてチャングムは林の中で負傷した男性を助け...。
第7話
宮廷女官チャングムの誓い 第7話 宮中を抜けだした罪で捕らえられたチャングムは宮中からの追放処分を受ける。自責の念にとらわれるクムヨンだったが、チェ尚宮に忘れるよう言われる。チョン最高尚宮とハン尚宮のはからいで、なんとか宮中からの追放は免れたチャングムだったが、水刺間ではなく新たな配属先を命じられ...。
第8話
宮廷女官チャングムの誓い 第8話 やっと水刺間に戻れることになったチャングム。そしてチョン・ウンベクの使いで寄った書庫で、偶然ミン・ジョンホと出会う。正式に女官になるための試験を前に、遅れを取り戻そうと一生懸命に勉強するチャングム。しかし、試験で使う食材がひとつ足りないことに気づいたチャングムは...。
第9話
宮廷女官チャングムの誓い 第9話 試験の結果、落第を言い渡されたチャングム。しかし、チャングムの料理を味見した大妃(皇太后)はチャングムの料理の腕にいたく感心し...。一方、ミン・ジョンホは自分を助けてくれた人の手がかりをつかみ、探そうとする。王の狩りに同行し料理を準備していた尚宮たちは次々と倒れ...。
第10話
宮廷女官チャングムの誓い 第10話 中宗王らはチャングムとクムヨンの作った冷めんにいたく感心する。クムヨンは、チャングムがミン・ジョンホと知り合いだと知る。退膳間(テソンカン)で手伝いをすることになったチャングムは、母の料理集を探すため何かと退膳間に出入りをする。一方、チェ一族は王妃のお腹の子を女の子に変えるという呪いの札を...。
第11話
宮廷女官チャングムの誓い 第11話 チョン最高尚宮はチャングムとクムヨンを義禁府(ウィグムブ)へ引き渡そうとするが、提調尚宮にこの件は伏せろと命じられる。近頃 体が弱っている元子(ウォンジャ)を気遣った王は、蟲草全鴨湯(チュンチョジョンアプタン)を用意させるが、逆に元子の手足に麻痺が起こる。料理を作ったトックは毒をもったと疑われ...。
第12話
宮廷女官チャングムの誓い 第12話 元子(ウォンジャ)の麻痺の原因を身をもって証明したためか、チャングムは味覚を失ってしまう。提調尚宮の誕生祝いの席で、チョン最高尚宮が作る料理を手伝うことになったチャングムだが...。そして、最近体調が優れないチョン最高尚宮は後任を決めるため、王にハン尚宮とチェ尚宮に競合させてはどうかと申し出る。
第13話
宮廷女官チャングムの誓い 第13話 助手としてチェ尚宮はクムヨンを、ハン尚宮はチャングムを指名することに。味覚を失ったチャングムは足手まといになるからと一度は断ってしまうのだが、ハン尚宮に“ある能力”に長けていると言われ、応じることに。一方、宮中ではミソの味が変わってしまい大騒ぎに。そしてチョン最高尚宮は最初の課題を決める。
第14話
宮廷女官チャングムの誓い 第14話 味覚が戻らないチャングムはウンベクのところへ相談しに行く。そこに偶然いたミン・ジョンホにチャングムは慰められる。一方、ヨンロは逐一チャングムの様子をクムヨンとチェ尚宮に報告。そして、今年も新味祭(シンミジェ)が行われることになり、その審査をハン尚宮とチェ尚宮が担うのだが...。
第15話
宮廷女官チャングムの誓い 第15話 チャングムが作ったクジラの料理に王はいたく満足する。チェ尚宮は女官たちの前でチャングムが味覚を失っているとばらしてしまい、全員の前で味覚の試験が行われることに。チャングムは世話になったウンベクとジョンホにお礼をする。一方、最高尚宮の座をかけた競合の評価を、王ではなく大妃が行うことになり...。