「宮本侑芽」の検索結果

今すぐ視聴する

scene03 愛とはなんぞや
イエスタデイをうたって scene03 愛とはなんぞや 陸生への想いの強さとは逆に心のどこかに逃げ場を作る晴。 晴のアプローチに戸惑う陸生に対し、自ら一線を引いてしまう。 映画のチケットをもらったことを口実に陸生を誘うが、いつまで待っても待ち合わせ場所に現れない陸生。 陸生の身に何かあったと心配する晴であったが、その時陸生は…。
scene04 川は流れて 榀子帰郷
イエスタデイをうたって scene04 川は流れて 榀子帰郷 美術大学合格を目指し美術予備校に通う浪は、周囲との技術や知識の差に焦りを感じていた。 亡き兄へのコンプレックスから、いつまでも自分を子供扱いする榀子に浪は思いの丈を伝えるが、榀子の気持ちは動かない。 予備校の帰りに陸生が働くコンビニに立ち寄った浪は晴と陸生の関係を知り、自分の心の葛藤を晴に話すことで思いを新たにする。
scene05 ミナトという男
イエスタデイをうたって scene05 ミナトという男 カメラが趣味だった陸生は福田から紹介されたギャラリーでのバイトを始め、大学生の湊航一と出会う。 高校時代の同級生だった晴が想いを寄せる陸生に対し冷たく当たる湊。 年下ながら経験に勝る湊の態度に苛つく陸生。 そんなある日、湊が晴をバイト先から家に送る途中に、大学時代の友人達との飲み会から帰る陸生と榀子に遭遇する。
scene07 恋人たちの予感
イエスタデイをうたって scene07 恋人たちの予感 晴との食事の場で陸生は写真スタジオでのバイトに挑戦することを打ち明ける。 陸生が前向きになって行くことを喜ぶ晴。 一方、将来が見えず不安を抱える浪は、焦りから榀子に辛く当たってしまう。 浪との距離感を図れずにいた榀子は陸生に相談するが、思いがけない陸生の言葉に励まされ改めて浪と向き合おうとするのだった。
scene01 社会のはみ出し者は自己変革を目指す
無料
イエスタデイをうたって scene01 社会のはみ出し者は自己変革を目指す 大学卒業後、定職には就かずにコンビニでアルバイトをしている魚住陸生。 特に目標もないまま、将来に対する焦燥感を抱えながら生きる陸生の前に、ある日カラスを連れたミステリアスな少女ハルが現れる。 ハルの破天荒な振る舞いに戸惑う陸生。 更に、かつて憧れていた大学の同期生森ノ目榀子が東京に戻ってきたことを知らされる。
scene02 袋小路
イエスタデイをうたって scene02 袋小路 桜の季節、赴任した高校の卒業式を控え髪を短く切った榀子。 幼馴染みの高校生 早川浪が転校してくることになり、金沢での過去の記憶が蘇る。 夜の公園で偶然榀子を見かけた陸生は、気まずいながらも声をかける。 陸生の告白を断った榀子であったが、陸生に以前と変わらずに友達でいてほしいと言う。 陸生に対して煮え切らない態度の榀子が気に入らない野中晴は榀子に会いに行く。
scene08 イノセント・ブルー
イエスタデイをうたって scene08 イノセント・ブルー 陸生への気持ちの変化を意識していたが、一歩踏み込めないでいる榀子。 同僚の杜田に悩みを打ち明け、背中を押される。 榀子と進展し始めたにも関わらず、心から喜べない陸生は写真スタジオの仕事に没頭していた。 二人の関係を知らない晴は、多忙な陸生に何とか会いに行こうとする。 そして陸生は写真スタジオの正社員に昇格、コンビニを辞め晴や榀子に会う機会が少なくなっていた。
scene06 ユズハラという女
イエスタデイをうたって scene06 ユズハラという女 突然バイト先に現れた高校時代の彼女、柚原チカを家に泊めることになった陸生。 バイト先のギャラリーの専務から写真スタジオの仕事を勧められ、自分は本当にカメラマンになりたいのかを考え始めていた。 一方、陸生の優しさに甘え、都合のいいように利用しているのではないかと思い悩む榀子。 同僚たちとの飲み会の帰り道にコンビニで偶然晴と出会い、陸生が風邪で寝込んでいることを知った二人は家まで見舞いに行くが、出てきたのは柚原だった…。
scene09 クリスマス・キャロル
無料
イエスタデイをうたって scene09 クリスマス・キャロル 久しぶりに浪の家に食事を作りに行く榀子。 強引に迫ったことを反省し想いを語る浪に対し、榀子もこれまでの関係は壊したくないと告げる。 関係が修復し気を良くした浪は、榀子にクリスマスパーティーをしないかと提案する。 晴は、自分が会いに行くことが陸生の負担になると考え自ら引いたものの、気持ちが抑えきれず悩む。 杏子に相談するが、晴自身はどうしたいのかと問われてしまう。
第9回 夢・想
SSSS.GRIDMAN 第9回 夢・想 街に現れた怪獣は何もしないまま、ただ浮いていた。アカネは自身が思い描く世界を取り戻すために裕太たちの時間に干渉する。グリッドマンと断絶した裕太たちは最大の危機を迎える。
第11回 決・戦
SSSS.GRIDMAN 第11回 決・戦 街は天井に覆われ、いつもと違う朝を迎えていた。 グリッドマンを失ったまま、街には大量の怪獣が発生し始める。アカネは静かに街を見下ろしていた。
第8回 対・立
SSSS.GRIDMAN 第8回 対・立 ツツジ台高校では数年ぶりに学園祭が催されることになり、各所で準備が進められていた。アレクシスに利用されていると考えた裕太たちはアカネに対して説得を試みる。しかし、アカネは最強の怪獣を見せつけ裕太たちに対して宣戦布告をする。
第10回 崩・壊
SSSS.GRIDMAN 第10回 崩・壊 アカネが学校を休んだまま怪獣の現れない平穏な日々が続いていた。アカネが作った最後の怪獣はあっけなくグリッドマンに倒され、不気味に立ち尽くす。行き場を失い街を彷徨うアカネ。同じ頃、アンチも自分の行き場を失っていた。
第2球 「一緒に野球やりましょう」
球詠 第2球 「一緒に野球やりましょう」 野球部へ入部届けを提出した詠深たち。同じ1年生の川﨑 稜と藤田 菫もチームに加わるが、不祥事で停部していたため部員がほとんどいないことが発覚。残っていた2年生の岡田 怜と藤原理沙も復帰せず、外部のクラブチームに参加するつもりだという。詠深は強打者の怜に「私の球、打ってみませんか?」と勝負を持ちかける。
第3話 愛するものたちと脱ぐもの -ミキとキングとシホの話-
群れなせ!シートン学園 第3話 愛するものたちと脱ぐもの -ミキとキングとシホの話- 間様人です。シートン学園の1年生です。 大好きな瞳ちゃんとの料理部は順風満帆! 活動内容や諸々の噂も広まってきた! これでまた部員が増えるかな?  なんて思っていた矢先、意外な目的で訪れた2人の生徒! ラブラブな僕と瞳ちゃんのドキドキハプニング! が、起こるはずだった。 ――訪れたのが、クソライオンとクソハダカデバネズミでなければ。
第5話 誰が勇敢であったか? -体育祭の話-
群れなせ!シートン学園 第5話 誰が勇敢であったか? -体育祭の話- 間様人です。シートン学園にも少しずつ慣れてきました。 体育祭。僕は走ります。僕たち二人の輝かしい未来に向かって。 僕にとって、ただ一つのゴール、瞳ちゃんに向かって。 ええ、ただ走るだけじゃ意味ないんじゃないかって思うことは当然あります。 僕もバカじゃない。でもやめられないんです。じゃなきゃやってられないんです。 ――これは、ケダモノどもの体育祭だから。
第6話 女熊猫の伝記 -メイメイの話-
群れなせ!シートン学園 第6話 女熊猫の伝記 -メイメイの話- 間様人です。シートン学園に入学して、数か月が経ちました。 人気者。それはどこにでも存在する。 時に鼻に付くこともあるけれど、人気者にはそれなりの理由があるのです。 ひがまずねたまず、見習うところは見習って、盗めるところは盗もう。 そして僕は、瞳ちゃんの為に成長するんだ。……なんて、思えたのかもしれない。 ――やってきたのが、あのクソパンダでなければ。
第7話 悩みし獣の野性的習慣 -イエナとテルの話-
群れなせ!シートン学園 第7話 悩みし獣の野性的習慣 -イエナとテルの話- 間様人です。シートン学園に馴染んでいくのが怖いです。 男らしさ、女らしさ、って何でしょうか。 そんなものに振り回されず、僕はありのまま瞳ちゃんにぶつかっていきたい! 強い想いと折れない心があれば、どんな壁でも乗り越えられるのだから! とか言いたいけれど、なんか癪です。 ――乗り越えようとしているのが、クソハイエナとクソラーテルだから。
第8話 海の吟遊詩人 -カナとルカの話-
群れなせ!シートン学園 第8話 海の吟遊詩人 -カナとルカの話- 間様人です。シートン学園にも臨海学校があります。 想像してみてください。青い海と白い雲。そして隣には大切な人。 僕の場合はもちろん瞳ちゃん。瞳ちゃんの場合は僕。たぶん。 見てごらん! 海の生き物たちも、美しき共演で二人を祝福してくれてるよ! そんな気分に、浸れたのかもしれない。 ――共演するのが、クソシロイルカとクソバンドウイルカじゃなければ。
第10話 一人の穏和な野蛮人 -アンと瞳の話-
群れなせ!シートン学園 第10話 一人の穏和な野蛮人 -アンと瞳の話- 間様人です。シートン学園の寮生活にも順応してきています。 発情期ってどんなものでしょう。いつでも発情できるヒトにはわかりません。 もしもヒトに発情期があったら、僕はその間、毎日瞳ちゃんに迫られてしまうかな? ボヤボヤしてたら、誰かに僕をとられちゃうぞ!  なんて心配が、現実のものとなるかもしれない。 ――あの謎めいた女子生徒によって。
第11話 絶滅種と原始的謀略 -EX団の話-
群れなせ!シートン学園 第11話 絶滅種と原始的謀略 -EX団の話- 間様人です。シートン学園の料理部で副部長をしています。 少子化と言われる昨今ですが、絶滅とまで言われるとなかなか想像できません。 もしもヒトが絶滅寸前になったら、どうなるのでしょう? 答えは簡単。僕と瞳ちゃんがアダムとイブみたいになってムフフのフ! なんて思いを馳せる楽しい時間を邪魔された。 ――文化祭にやってきた、クソ絶滅種どもに。
第2回 修・復
SSSS.GRIDMAN 第2回 修・復 怪獣に壊された街や昨夜の出来事はニュースにもなっておらず、裕太たち以外はまるでリセットされたような状況になっていた。放課後、謎を探るため再びグリッドマンの元へ訪れる裕太たち。使命を果たせと語りかけるグリッドマンの言葉を聞き、裕太たちは昨夜の出来事で何が変わったのかを調べ始めた。
第3回 敗・北
SSSS.GRIDMAN 第3回 敗・北 憂鬱な雨の日、1時間目をサボった六花は公園で1人の少年と出会う。いくつか言葉を交わすが少年は何処かへ消えてしまう。その頃、裕太に怪獣の正体について話す内海は1つの恐れを指摘する。そこへ突然怪獣が現れる。グリッドマンに変身した裕太は、言葉を話すその怪獣を前にして動きを止めてしまう。
第4回 疑・心
SSSS.GRIDMAN 第4回 疑・心 なみことはっすの軽はずみな行動がきっかけで、何故か男子大学生たちと遊ぶ約束を交わしてしまった六花とアカネ。それを知った裕太と内海は焦燥に駆り立てられ、六花たちを尾行する。年上の男たちに向けられる六花の笑顔に言い表せない想いを抱く裕太。一方で、グリッドマンにも感知出来ない怪獣が暗躍を始めていた。
第5回 挑・発
SSSS.GRIDMAN 第5回 挑・発 校外学習で街の外へ向かう裕太たち。記憶喪失の裕太は初めてのことばかりで浮かれていた。山間の河原でクラスメイトたちとラフティングを楽しむ裕太に近づくアカネ。始めてアカネの意外な面を知る裕太。そして山に現れる最大級の怪獣。しかしジャンクショップまで戻らなければ、裕太はグリッドマンに合体出来ない。初の変身不能の事態となる。
第6回 接・触
SSSS.GRIDMAN 第6回 接・触 アカネの質問に違和感を覚えた裕太は、六花や内海に相談しようとするがタイミングが合わずに1人で抱え込んでしまった。そんな裕太の前に怪しげな少女が現れる。その少女と初めて出会った気がしない裕太は、自分の記憶に関わる人物ではないかと言葉を交わす。少女に連れ回される中で乗り込んだ電車で、裕太はこの街の真実に近づいていく。
第7回 策・略
SSSS.GRIDMAN 第7回 策・略 この街の真実を知った裕太は、内海や六花に話をするが2人とも相手にされなかった。そこでアカネにも話しかけようとするが裕太は戸惑ってしまう。何とかアカネと会話をしていくうちに裕太の疑問は確信に変わっていく。そしてアカネは裕太に驚きの提案をする。その最中、街では巨大なUFOが浮かんでいた。
第3球 「私を連れていってよ」
球詠 第3球 「私を連れていってよ」 活気の戻ってきた新越谷野球部に、2人の1年生が体験入部してくる。1人は福岡の強豪チームでプレイしていた中村 希。もう1人は野球初心者だが剣道で全国優勝経験のある大村白菊。どちらもその日のうちに野球部の一員となり、ついにチームに必要な人数が揃った。「全国を目指そう!」と詠深が声を上げる一方、珠姫はどことなく複雑な表情を見せる。
第4球 「約束のあの球」
球詠 第4球 「約束のあの球」 野球部の顧問として藤井杏夏が就任し、さっそく練習試合が組まれることになった。迎える相手は今夏大会の注目チーム・柳川大附属川越だが、先発は2番手投手の大野彩優美。新越谷は3点を先制すると、詠深・珠姫のバッテリーも先頭打者を三振に仕留めてみせる。2回表、新越谷が三者凡退に抑えられた頃、ようやく学校に着いた柳大川越の2年生エース・朝倉智景の姿があった。
第5球 「ススメ!!泥沼連敗街道」
球詠 第5球 「ススメ!!泥沼連敗街道」 ゴールデンウィークに学校で合宿を行う新越谷ナイン。初日から予想だにしない杏夏のハードなノックに悲鳴が上がる一方、新越谷に控え投手の必要を感じていた芳乃はメンバーの投手適正を見極める。その夜、素振りをしていた理沙に怜が声をかける。停部になった去年のこと、中学時代に出会ったときのことを振り返る2人だったが、理沙が野球を続けてきたのは意外な理由からだった。