「将棋 賞金」の検索結果

今すぐ視聴する

[将棋情報LIVE]独占!第12回朝日杯 二次予選 畠山鎮八段 対 山崎隆之八段
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]独占!第12回朝日杯 二次予選 畠山鎮八段 対 山崎隆之八段 ついに二次予選スタート!第11回は藤井聡太四段(当時)が最年少優勝で史上最速五段昇段を果たした歴史的な瞬間となった。二次予選28名が8名に絞られる狭き門!早指しで圧倒的実力を誇る、山崎隆之八段登場!同じ早指しのNHK杯でも現在二連覇かけて勝ち進んでいる。対する畠山鎮七段は師弟愛でも有名、弟子の斎藤慎太郎王座が今年初タイトルを取って注目された。先日の師弟対決にも勝利しトップ棋士としても引き続き活躍の幅を広げている。 朝日杯全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。
[将棋情報LIVE]独占!第12回朝日杯 二次予選 山崎隆之八段 対 稲葉陽八段
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]独占!第12回朝日杯 二次予選 山崎隆之八段 対 稲葉陽八段 ついに二次予選スタート!第11回は藤井聡太四段(当時)が最年少優勝で史上最速五段昇段を果たした歴史的な瞬間となった。二次予選28名が8名に絞られる狭き門!早指しで圧倒的実力を誇る、山崎隆之八段登場!同じ早指しのNHK杯でも現在二連覇かけて勝ち進んでいる。対する畠山鎮七段は師弟愛でも有名、弟子の斎藤慎太郎王座が今年初タイトルを取って注目された。先日の師弟対決にも勝利しトップ棋士としても引き続き活躍の幅を広げている。 朝日杯全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 一次予選2局一挙放送! 2/2
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 一次予選2局一挙放送! 2/2 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。 ※この番組は2018年6月30日に放送されたものです
第12回朝日杯 一次予選 谷川九段VS杉本七段 / 大石七段VS斎藤七段 1/2
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 第12回朝日杯 一次予選 谷川九段VS杉本七段 / 大石七段VS斎藤七段 1/2 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。 ※この番組は2018年8月24日に放送されたものです
第12回朝日杯 一次予選 谷川九段VS杉本七段 / 大石七段VS斎藤七段 2/2
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 第12回朝日杯 一次予選 谷川九段VS杉本七段 / 大石七段VS斎藤七段 2/2 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。 ※この番組は2018年8月24日に放送されたものです
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 一次予選3局一挙放送!2/2
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 一次予選3局一挙放送!2/2 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。 ※この番組は2018年6月29日に放送されたものです
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 一次予選2局一挙放送! 1/2
無料
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 一次予選2局一挙放送! 1/2 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。 ※この番組は2018年6月30日に放送されたものです
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 一次予選3局一挙放送!佐々木勇気六段登場! 1/2
無料
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 一次予選3局一挙放送!佐々木勇気六段登場! 1/2 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。 ※この番組は2018年6月29日に放送されたものです
独占!!第12回朝日杯 将棋オープン戦 二局一挙放送!里見香奈女流四冠登場! 2/2
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 独占!!第12回朝日杯 将棋オープン戦 二局一挙放送!里見香奈女流四冠登場! 2/2 里見香奈女流四冠登場!里見女流四冠が本日連勝すると女流棋士としては初めての1次予選突破!本棋戦では、初戦は増田裕司六段に勝利。続いて福崎文吾九段にも勝利し、まさに出雲のイナズマのキャッチフレーズ通りの快進撃!戦型は2局ともにゴキゲン中飛車。振り飛車党の中田功七段とどのような戦型になるかも楽しみだ。 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。 ※この番組は2018年9月28日に放送されたものです
独占!!第12回朝日杯 将棋オープン戦 二局一挙放送!里見香奈女流四冠登場! 1/2
無料
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 独占!!第12回朝日杯 将棋オープン戦 二局一挙放送!里見香奈女流四冠登場! 1/2 里見香奈女流四冠登場!里見女流四冠が本日連勝すると女流棋士としては初めての1次予選突破!本棋戦では、初戦は増田裕司六段に勝利。続いて福崎文吾九段にも勝利し、まさに出雲のイナズマのキャッチフレーズ通りの快進撃!戦型は2局ともにゴキゲン中飛車。振り飛車党の中田功七段とどのような戦型になるかも楽しみだ。 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。 ※この番組は2018年9月28日に放送されたものです
第30期 竜王戦 七番勝負 第五局 渡辺明竜王対羽生善治棋聖 1/2
無料
竜王戦 第30期 竜王戦 七番勝負 第五局 渡辺明竜王対羽生善治棋聖 1/2 第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。 ※この番組は2017年12月4、5日に放送されたものです。
第30期 竜王戦 七番勝負 第五局 渡辺明竜王対羽生善治棋聖 2/2
無料
竜王戦 第30期 竜王戦 七番勝負 第五局 渡辺明竜王対羽生善治棋聖 2/2 第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。 ※この番組は2017年12月4、5日に放送されたものです。
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 1/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 1/2 藤井四段連勝記録を伸ばすのか?30連勝目の1戦!第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年7月2日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 2/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 2/2 藤井四段連勝記録を伸ばすのか?30連勝目の1戦!第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年7月2日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 1/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 1/2 彗星の如く現れた天才棋士、藤井聡太四段登場!史上最年少の14歳2か月でプロデビュー、最年少棋士記録を62年ぶりに更新した!デビュー初勝利で公式戦勝利の最年少記録を更新、14歳5ヶ月!その後連勝を続け、藤井聡太四段が勝つ度に日本中が沸き立ち社会現象を呼び起こす。そして遂に歴代記録と並ぶ28連勝を達成し、本局で前人未到歴代最多勝記録の29連勝をかけて竜王戦の決勝トーナメントの舞台に立つ!勝てばデビューから負けなし29連勝で記録を塗り替えるため、日本中が大注目する一局となる!対するは、元最年少棋士でこちらも天才増田康宏四段!竜王戦5組優勝者として負けるわけにはいかない。本局は将来将棋界を振り返る時の伝説的な対局になることであろう。歴史の証人として、日本が発信する将棋文化の語り部として必見中の必見の対局! 第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。増田康宏四段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年6月27日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 2/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 2/2 彗星の如く現れた天才棋士、藤井聡太四段登場!史上最年少の14歳2か月でプロデビュー、最年少棋士記録を62年ぶりに更新した!デビュー初勝利で公式戦勝利の最年少記録を更新、14歳5ヶ月!その後連勝を続け、藤井聡太四段が勝つ度に日本中が沸き立ち社会現象を呼び起こす。そして遂に歴代記録と並ぶ28連勝を達成し、本局で前人未到歴代最多勝記録の29連勝をかけて竜王戦の決勝トーナメントの舞台に立つ!勝てばデビューから負けなし29連勝で記録を塗り替えるため、日本中が大注目する一局となる!対するは、元最年少棋士でこちらも天才増田康宏四段!竜王戦5組優勝者として負けるわけにはいかない。本局は将来将棋界を振り返る時の伝説的な対局になることであろう。歴史の証人として、日本が発信する将棋文化の語り部として必見中の必見の対局! 第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。増田康宏四段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年6月27日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです