「将棋 ABEMATV」の検索結果

今すぐ視聴する

AbemaTV初級講座 将棋とは?編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 将棋とは?編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。駒の動かし方から初形の並べ方、自陣・敵陣の考え方など、基本的なルールを知って駒を動かしてみましょう!
AbemaTV初級講座 駒を使おう編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 駒を使おう編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。攻めの駒、守りの駒など駒の役割や価値をお金に例えたりしながら楽しく解説。攻撃と守備の考え方や、駒の特性を活かした手筋も学べます。
AbemaTV初級講座 王将を詰まそう編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 王将を詰まそう編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。将棋で一番大事な“詰み”をわかりやすく解説します。 頭金・腹金・尻金のほか、特殊な詰み方も。 最後は一手詰みの例題にチャレンジ!
AbemaTV初級講座 囲いを作ろう編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 囲いを作ろう編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。囲いとは王様を守る為のお城。守備駒をヘルメットや屋根にたとえてわかりやすく解説。美濃囲い、船囲い、カニ囲いなども紹介します。
AbemaTV初級講座 居飛車とは?編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 居飛車とは?編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。居飛車とは「飛車」を動かさず縦に使う戦法。トップ棋士の多くが居飛車党です。ポイントは飛車先。2筋突破の成功例やノーガードの殴り合いなどを紹介。
AbemaTV初級講座 相掛かり&横歩取り編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 相掛かり&横歩取り編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。居飛車の人気戦法「相掛かり」と「横歩取り」を紹介。じっくりした戦いが苦手という人にオススメ。短期決戦で攻め倒そう!
AbemaTV初級講座 矢倉編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 矢倉編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。居飛車戦法の王道「矢倉」。歴代名人のほとんどが得意戦法にしてきました。矢倉の手順を楽しく覚えたら、その後の攻め方や相手の対策も学べます。
AbemaTV初級講座 角換わり編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 角換わり編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。「角換わり」とは、序盤早々に「角」を交換しお互いに角を持ち合って戦う戦法。早い段階で角を持駒にすることで、好きなところに使えて攻撃の幅が格段に広がります。でも角交換をする時にはコツが。丁寧に手順を説明します。
AbemaTV初級講座 振り飛車とは?編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 振り飛車とは?編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。前回までの「居飛車」に対して今回は「振り飛車」。飛車を左に動かす戦法です。向かい飛車・三間飛車・四間飛車・中飛車と種類があり、それぞれ特徴や魅力があります。
AbemaTV初級講座 四間飛車編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 四間飛車編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。振り飛車でも特に人気の四間飛車。初形から駒組み完成までの手順を丁寧に解説。大事なポイントがいくつも出てきます。相手の攻めをかわして戦うテクニックは必見です。
AbemaTV初級講座 三間飛車編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 三間飛車編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。今回は身軽で楽しい戦法「三間飛車」。長所と短所を知ったら、手順を覚えていきます。同じ三間飛車でも石田流と言われる美しい陣形も解説します。
AbemaTV初級講座 中飛車編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 中飛車編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。プロにもアマにも人気の「中飛車」。自分の飛車が相手玉に近く、とにかく攻めが好きな人にオススメの戦法。左右でバランスを取りながら、駒組みを覚えていきます。話題の「ゴキゲン中飛車」戦法も紹介します。
詰将棋とは
無料
詰将棋道場~AbemaTV将棋チャンネルからの挑戦状~ 詰将棋とは AbemaTV将棋チャンネルより、詰将棋の挑戦状が届いた!藤井聡太七段の圧倒的な強さは、詰将棋解答選手権チャンピオン戦で新記録となる五連覇を達成していることからも、詰将棋に源流の一途があるのは間違いない。本道場では本当の初心者向けの詰将棋とは何なのかから始まり、実践的な詰将棋を解くことでより将棋番組をを楽しめるようにお送りいたします。詰将棋の出題:解説は、野月浩貴八段。
第一期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 第一局「3手詰」
無料
詰将棋道場~AbemaTV将棋チャンネルからの挑戦状~ 第一期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 第一局「3手詰」 AbemaTV将棋チャンネルより、詰将棋の挑戦状が届いた!藤井聡太七段の圧倒的な強さは、詰将棋解答選手権チャンピオン戦で新記録となる五連覇を達成していることからも、詰将棋に源流の一途があるのは間違いない。本道場では本当の初心者向けの詰将棋とは何なのかから始まり、実践的な詰将棋を解くことでより将棋番組をを楽しめるようにお送りいたします。詰将棋の出題:解説は、野月浩貴八段。
第一期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 第ニ局「7手詰」
無料
詰将棋道場~AbemaTV将棋チャンネルからの挑戦状~ 第一期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 第ニ局「7手詰」 AbemaTV将棋チャンネルより、詰将棋の挑戦状が届いた!藤井聡太七段の圧倒的な強さは、詰将棋解答選手権チャンピオン戦で新記録となる五連覇を達成していることからも、詰将棋に源流の一途があるのは間違いない。本道場では本当の初心者向けの詰将棋とは何なのかから始まり、実践的な詰将棋を解くことでより将棋番組をを楽しめるようにお送りいたします。詰将棋の出題:解説は、野月浩貴八段。
第一期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 最終局「11手詰」
無料
詰将棋道場~AbemaTV将棋チャンネルからの挑戦状~ 第一期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 最終局「11手詰」 AbemaTV将棋チャンネルより、詰将棋の挑戦状が届いた!藤井聡太七段の圧倒的な強さは、詰将棋解答選手権チャンピオン戦で新記録となる五連覇を達成していることからも、詰将棋に源流の一途があるのは間違いない。本道場では本当の初心者向けの詰将棋とは何なのかから始まり、実践的な詰将棋を解くことでより将棋番組をを楽しめるようにお送りいたします。詰将棋の出題:解説は、野月浩貴八段。
第ニ期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 第一局「5手詰」
無料
詰将棋道場~AbemaTV将棋チャンネルからの挑戦状~ 第ニ期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 第一局「5手詰」 AbemaTV将棋チャンネルより、詰将棋の挑戦状が届いた!藤井聡太七段の圧倒的な強さは、詰将棋解答選手権チャンピオン戦で新記録となる五連覇を達成していることからも、詰将棋に源流の一途があるのは間違いない。本道場では本当の初心者向けの詰将棋とは何なのかから始まり、実践的な詰将棋を解くことでより将棋番組をを楽しめるようにお送りいたします。詰将棋の出題:解説は、野月浩貴八段。
第ニ期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 第ニ局「7手詰」
無料
詰将棋道場~AbemaTV将棋チャンネルからの挑戦状~ 第ニ期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 第ニ局「7手詰」 AbemaTV将棋チャンネルより、詰将棋の挑戦状が届いた!藤井聡太七段の圧倒的な強さは、詰将棋解答選手権チャンピオン戦で新記録となる五連覇を達成していることからも、詰将棋に源流の一途があるのは間違いない。本道場では本当の初心者向けの詰将棋とは何なのかから始まり、実践的な詰将棋を解くことでより将棋番組をを楽しめるようにお送りいたします。詰将棋の出題:解説は、野月浩貴八段。
第ニ期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 最終局「15手詰」
無料
詰将棋道場~AbemaTV将棋チャンネルからの挑戦状~ 第ニ期 AbemaTV 詰将棋三番勝負 最終局「15手詰」 AbemaTV将棋チャンネルより、詰将棋の挑戦状が届いた!藤井聡太七段の圧倒的な強さは、詰将棋解答選手権チャンピオン戦で新記録となる五連覇を達成していることからも、詰将棋に源流の一途があるのは間違いない。本道場では本当の初心者向けの詰将棋とは何なのかから始まり、実践的な詰将棋を解くことでより将棋番組をを楽しめるようにお送りいたします。詰将棋の出題:解説は、野月浩貴八段。
「第3回AbemaTVトーナメント」始動!将棋界初のドラフト会議による団体戦!優勝賞金1,000万!
無料
第3回AbemaTVトーナメント 「第3回AbemaTVトーナメント」始動!将棋界初のドラフト会議による団体戦!優勝賞金1,000万! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
11名のレジェンド棋士、ドラフトへの意気込みは!?
無料
第3回AbemaTVトーナメント 11名のレジェンド棋士、ドラフトへの意気込みは!? 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
戸辺誠七段にドラフト会議についてインタビュー!
無料
第3回AbemaTVトーナメント 戸辺誠七段にドラフト会議についてインタビュー! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
貞升南女流初段にドラフト会議についてインタビュー!
無料
第3回AbemaTVトーナメント 貞升南女流初段にドラフト会議についてインタビュー! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
フリーライター相崎修司氏にドラフト会議についてインタビュー!
無料
第3回AbemaTVトーナメント フリーライター相崎修司氏にドラフト会議についてインタビュー! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
ルールを紹介!「ドラフト会議」「団体戦」とは?
無料
第3回AbemaTVトーナメント ルールを紹介!「ドラフト会議」「団体戦」とは? 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
オープニングついに公開!
無料
第3回AbemaTVトーナメント オープニングついに公開! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
チームリーダー入場!「ドラフト会議」
無料
第3回AbemaTVトーナメント チームリーダー入場!「ドラフト会議」 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
1巡目発表!「ドラフト会議」
無料
第3回AbemaTVトーナメント 1巡目発表!「ドラフト会議」 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
2巡目発表!「ドラフト会議」
無料
第3回AbemaTVトーナメント 2巡目発表!「ドラフト会議」 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
予選Aブロック<前編>
第2回AbemaTVトーナメント 予選Aブロック<前編> 将棋界の早指し王を決めるAbemaTVトーナメント、第二弾ついに開幕!第1回では圧倒的な強さで藤井聡太七段が優勝し初代早指し王となり大きな話題を呼んだ。総勢14名の棋士・女流棋士が登場!12名で予選を戦い勝ち抜いた6名と、シード2名で行われる本戦トーナメントで優勝者を決める。前回準優勝した佐々木勇気七段が満を持して登場、雪辱に燃える。第1回女流AbemaTVトーナメントで優勝し初代早指し女王となった伊藤沙恵女流二段が登場、大注目だ。ほか10名の棋士が予選で集う。本戦トーナメントから登場するシード棋士は初代早指し王となった藤井聡太七段が2連覇をかけて登場!もう1名のシード棋士は初出場の渡辺明二冠!超早指しでどのような対局を見せるか大注目だ。この番組は、あの羽生永世七冠から着想を得て作られた「AbemaTVルール」で対局が行われる。 AbemaTVルールとは、チェスでよく知られるフィッシャールール(持ち時間5分切れ負け/1手ごとに5秒追加)を採用した新ルール。 三番勝負で行われ、二勝した棋士が勝ち上がる。 ※段位は収録当時のものになります