「将棋、藤井」の検索結果

今すぐ視聴する

第30期 竜王戦 決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 1/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 1/2 藤井四段連勝記録を伸ばすのか?30連勝目の1戦!第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年7月2日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 2/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 2/2 藤井四段連勝記録を伸ばすのか?30連勝目の1戦!第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年7月2日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです
第77期 順位戦 C級1組 第9回戦 富岡英作八段 対 藤井聡太七段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第9回戦 富岡英作八段 対 藤井聡太七段 1/2 藤井聡太七段、リーグ昇級へ向けて順位戦無敗の怒涛の17連勝中!今期の順位戦は本局含めあと3つ、二期連続全勝昇級へ向けて注目が高まる!対する富岡英作八段は角換わり腰掛け銀で「富岡流」の定石を確立した居飛車党。藤井聡太七段との角換わり対決になるのか!? 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年1月8日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第9回戦 富岡英作八段 対 藤井聡太七段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第9回戦 富岡英作八段 対 藤井聡太七段 2/2 藤井聡太七段、リーグ昇級へ向けて順位戦無敗の怒涛の17連勝中!今期の順位戦は本局含めあと3つ、二期連続全勝昇級へ向けて注目が高まる!対する富岡英作八段は角換わり腰掛け銀で「富岡流」の定石を確立した居飛車党。藤井聡太七段との角換わり対決になるのか!? 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年1月8日に放送されたものです
決勝三番勝負 第一局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 1/2
新人王戦 決勝三番勝負 第一局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 1/2 藤井聡太七段が新人王戦決勝へ!参加条件規定のため本局が生涯最後の出場となる。トーナメント戦では1回戦から古森悠太四段を破り、続く八代弥六段、近藤誠也五段、青嶋未来五段、を倒しここまで弱点なしの圧倒的優勝候補!対戦相手はまさかの奨励会員の出口若武三段!奨励会員が優勝したのは都成竜馬五段(当時奨励会三段)のみ!未来の藤井聡太が誕生するのか!?リアルタイムでの視聴を見逃せない! 参加条件は、参加者定員40人として平成29年10月1日現在の四、五、六段全員(ただし年齢26歳以下でタイトル挑戦経験者を除く)及び、女流棋士4人、赤旗名人、さらには前期三段リーグ成績上位者でトーナメント方式で争う。持ち時間は3時間。 ※この番組は2018年10月10日に放送されたものです
決勝三番勝負 第一局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 2/2
新人王戦 決勝三番勝負 第一局 藤井聡太七段 対 出口若武三段 2/2 藤井聡太七段が新人王戦決勝へ!参加条件規定のため本局が生涯最後の出場となる。トーナメント戦では1回戦から古森悠太四段を破り、続く八代弥六段、近藤誠也五段、青嶋未来五段、を倒しここまで弱点なしの圧倒的優勝候補!対戦相手はまさかの奨励会員の出口若武三段!奨励会員が優勝したのは都成竜馬五段(当時奨励会三段)のみ!未来の藤井聡太が誕生するのか!?リアルタイムでの視聴を見逃せない! 参加条件は、参加者定員40人として平成29年10月1日現在の四、五、六段全員(ただし年齢26歳以下でタイトル挑戦経験者を除く)及び、女流棋士4人、赤旗名人、さらには前期三段リーグ成績上位者でトーナメント方式で争う。持ち時間は3時間。 ※この番組は2018年10月10日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第10回戦 藤井聡太七段 対 近藤誠也五段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第10回戦 藤井聡太七段 対 近藤誠也五段 1/2 藤井聡太七段登場!C級1組順位戦を残り2戦とし、現在全勝でトップタイ!順位戦は無敗の18連勝中で本局に勝利すれば史上初歴代単独トップの19連勝の達成となる。C級1組トップタイのもう一人はまさかの師匠の杉本昌隆七段!仮に両者が本日共に勝利すれば師弟そろってB級2組昇級となるドラマが隠されている!結果がどうなるか最後まで見届け歴史的瞬間の証人となろう。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年2月5日に放送された番組です。
第77期 順位戦 C級1組 第10回戦 藤井聡太七段 対 近藤誠也五段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第10回戦 藤井聡太七段 対 近藤誠也五段 2/2 藤井聡太七段登場!C級1組順位戦を残り2戦とし、現在全勝でトップタイ!順位戦は無敗の18連勝中で本局に勝利すれば史上初歴代単独トップの19連勝の達成となる。C級1組トップタイのもう一人はまさかの師匠の杉本昌隆七段!仮に両者が本日共に勝利すれば師弟そろってB級2組昇級となるドラマが隠されている!結果がどうなるか最後まで見届け歴史的瞬間の証人となろう。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年2月5日に放送された番組です。
第77期 順位戦 C級1組 第7回戦 藤井聡太七段 対 増田康宏六段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第7回戦 藤井聡太七段 対 増田康宏六段 1/2 藤井聡太七段、現在順位戦全勝でトップ!2期連続、無敗の全勝昇級へ向けて順位戦C級1組の全10戦のうち6戦目の後半戦スタート!対するは増田康宏六段!この二人の宿命の戦いはあの日本中が熱狂した歴代最多勝記録を29連勝の対局から始まった。そして2018年6月、竜王戦決勝トーナメントで最年少タイトル挑戦をかけていた藤井七段を増田六段が破り、意趣返しを果たした。その後第1回AbemaTVトーナメントの決勝トーナメント1回戦では藤井七段が増田六段に2連勝をした。元最年少棋士の増田康宏六段と現在の最年少棋士である藤井聡太七段の不思議な関係性。公式戦では1勝1敗の互角の結果!本局は両者ともに気合がみなぎっていることだろう。終局間近まで一切気が抜けないこの戦いを絶対に見よう! 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年11月20日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第7回戦 藤井聡太七段 対 増田康宏六段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第7回戦 藤井聡太七段 対 増田康宏六段 2/2 藤井聡太七段、現在順位戦全勝でトップ!2期連続、無敗の全勝昇級へ向けて順位戦C級1組の全10戦のうち6戦目の後半戦スタート!対するは増田康宏六段!この二人の宿命の戦いはあの日本中が熱狂した歴代最多勝記録を29連勝の対局から始まった。そして2018年6月、竜王戦決勝トーナメントで最年少タイトル挑戦をかけていた藤井七段を増田六段が破り、意趣返しを果たした。その後第1回AbemaTVトーナメントの決勝トーナメント1回戦では藤井七段が増田六段に2連勝をした。元最年少棋士の増田康宏六段と現在の最年少棋士である藤井聡太七段の不思議な関係性。公式戦では1勝1敗の互角の結果!本局は両者ともに気合がみなぎっていることだろう。終局間近まで一切気が抜けないこの戦いを絶対に見よう! 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年11月20日に放送されたものです