「小林ひろみ 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#12 「トールと小林、感動の出会い!(自分でハードル上げてますね)」
小林さんちのメイドラゴン #12 「トールと小林、感動の出会い!(自分でハードル上げてますね)」 今や家事を完璧にこなせるようになったトール。小林さんの希望もあって、今夜は最高のオムライスを作ろうと思い立つ。 しかし高い食材を揃えるには予算オーバー。どうしても小林さんの笑顔を見たいトールは、つい禁じ手に手を出してしまう……。 一方の小林さんは、仕事疲れで電車の中でうとうと。夢で見えてきたのは、小林さんが初めてトールと出会った夜だった。小林さんとトールの出会いが、ついに明らかに――!?
本場フランスで快挙! 日本人初のミシュラン三つ星
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 本場フランスで快挙! 日本人初のミシュラン三つ星  日本人シェフの小林圭さん(42)が本場フランスの「ミシュランガイド」で三つ星を獲得しました。日本人として初の快挙を果たした天才シェフのルーツは実家の総菜店にありました。  本場フランスのミシュランガイドで三つ星を獲得したのは、小林さんがオーナーシェフを務めるレストラン「KEI」です。  小林圭シェフ:「フランスの人々は日本人のことを受け入れてくれました。フランスに感謝しています」  三つ星シェフのルーツは「ダイシメ惣菜店」にありました。長野県で総菜店を営む両親が急な取材依頼に答えてくれました。  小林圭シェフの母・小林範子さん:「化粧も何もしていない。こんな状態になると思ってないから」  小さな商店街の昭和さながらの店から三つ星シェフは生まれました。魚の煮付けがイチ押しです。小林さんは幼いころから料理を作る父の姿を見て育ちました。  小林圭シェフの母・小林範子さん:「お父さんは和(食)の方だから」「(Q.なぜ和食に行かなかった?)フレンチの方がかっこいいから」  「フレンチの帝王」と呼ばれるアラン・デュカス氏のもとで修業。9年前、自分の店をオープンさせました。帰省した時も肉料理への異常なこだわりを見せていました。  小林圭シェフの母・小林範子さん:「(小林シェフは)焼き肉にうるさい。(焼く順番が違うと)肉と肉との味が合体すると。もう(焼くのは)僕がやるからいいですよと」  フランス料理界の先駆者といわれる上柿元勝シェフ。小林さんの料理の盛り付けにこだわりを感じたといいます。…
#3 「新生活、はじまる!(もちろんうまくいきません)」
小林さんちのメイドラゴン #3 「新生活、はじまる!(もちろんうまくいきません)」 トールに加えカンナも住むようになった小林さんち。賑やかになったのはいいが、いかんせん狭いマンションに三人暮らしは窮屈。そこで引っ越しを決意する小林さん。 引っ越した先で滝谷を呼んでパーティーを開くことになったのだが、そこにトールの知り合いである洞窟住まいのファフニールや、太古からこちらの世界に住まうルコアなど、新しいドラゴンたちが小林さんちを訪ねてくる……。
#4 「カンナ、学校に行く! (その必要はないんですが)」
小林さんちのメイドラゴン #4 「カンナ、学校に行く! (その必要はないんですが)」 登校する小学生を羨ましそうに見下ろすカンナ。小林さんはカンナを小学校に行かせてあげることを決める。 小学校に通うために必要なものを買いに商店街へ出かける小林さん、トール、カンナの三人だったが、最近できたという今時の文房具店に、小林さんはたじたじ。一方トールとカンナは初めて見る文房具の数々に興味津々で……。 そして必要なものを揃えたカンナは、いよいよ小学校に乗り込む――!!
#5 「トールの社会勉強!(本人は出来てるつもりです)」
小林さんちのメイドラゴン #5 「トールの社会勉強!(本人は出来てるつもりです)」 ようやく板についてきたメイドのお仕事。トールはふと小林さんの仕事場が気になり、会社見学に赴いた。そこでは皆に頼られる立派な小林さんがいて、改めて小林さんに惚れる。だがそこには嫌がらせをする上司もいて、トールは激しい怒りを覚える……。 街ではあちらの世界にいるはずのファフニールと偶然出会う。自分もこちらの世界に住むと言うファフニールのために、トールは一緒に住まいを探すことに――!?
#9 「運動会!(ひねりも何もないですね)」
小林さんちのメイドラゴン #9 「運動会!(ひねりも何もないですね)」 カンナの運動会。しかし小林さんは仕事が忙しく行けそうにないと知ると、カンナは拗ねてしまう。 親でもない自分にどうしてそこまで来てほしいのかわからない小林さんだったが、カンナにとって小林さんは既に親も同然。滝谷からも「行けるかどうかより、行きたいかどうかで決めた方がいい」と言われてしまう……。 そうしていよいよ始まった運動会。ドラゴンであるカンナの身体能力は圧倒的のはずだったが――!?
#10 「劇団ドラゴン、オンステージ! (劇団名あったんですね)」
小林さんちのメイドラゴン #10 「劇団ドラゴン、オンステージ! (劇団名あったんですね)」 クリスマスも近づいてきたある冬の日。トールは老人ホームで行われるクリスマスパーティーの出し物を頼まれる。 忙しい小林さんに迷惑はかけないようにとトールたちだけで劇をすることになったのだが、小林さんという制御を失ったドラゴンたちが考える劇はやはりハチャメチャな方向に……。 そうしてついに始まるトールたちの劇。小林さんは心配そうな表情でステージを見つめるが――。
#13 「終焉帝、来る!(気がつけば最終回です)」
小林さんちのメイドラゴン #13 「終焉帝、来る!(気がつけば最終回です)」 穏やかな休日。小林さんちでは、いつものように緩やかな時間が流れていた。 しかし買い物に出たトールは、道中ふと考えてしまう。小林さんは人間で、もし小林さんの寿命が来て、死んでしまったら――? 永遠には一緒にいられない。いつか別れは来る。わかっていたのに。覚悟しているのに。それでもトールの心は乱される。 そんなトールに追い打ちをかけるように、彼女の目の前に現れたのは終焉帝――トールの父だった。
#2 「第二のドラゴン、カンナ!(ネタバレ全開ですね)」
小林さんちのメイドラゴン #2 「第二のドラゴン、カンナ!(ネタバレ全開ですね)」 小林さんとトールの共同生活が馴染んできたころ。 トールと一緒にお買い物へと出かける小林さん。トールが商店街の人たちと仲良くしているのを目の当たりにし、そのコミュ力の高さに驚く。でも当の本人は「なんか適当に愛想よくしただけ」とブラック発言。未だ人間の感情は理解していないご様子。 そんなある休日、小林さんが一人家にいると尋ね人が。扉を開けるとそこにいたのは、角と尻尾を携えた幼女だった――!?
#1 「史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #1 「史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)」 朝、会社に出ようとしたらドラゴンがいた。 茫然とする小林さんの目の前で、そのドラゴンは角あり尻尾ありのメイド服を着た美少女へと変身した。トールと名乗るそのドラゴン娘は「今日からメイドとして働かせてください!」と申し出る。どういうことか分からず尋ねると、昨夜酔った勢いで小林さんが家に誘っていたようだった。「人を雇う余裕はない」と断る小林さんだったが、会社に遅刻してしまいそうな時間だと気づき――。