「小泉さん コンビニ」の検索結果

「小泉さん コンビニ」に関する情報は見つかりませんでした。
「小泉さん」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第232話 こちらコンビニ派出所
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第232話 こちらコンビニ派出所 コンビニ強盗が多発。コンビニ好きな両津はここぞと、警察官のコンビニ出張所計画を提案。各店舗に両津、大原、麗子、中川、寺井が派遣される。だがやはり大原は若者客に説教を始める。
車から煙…路肩に寄せようとしてコンビニ突っ込む
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 車から煙…路肩に寄せようとしてコンビニ突っ込む  車から煙が出て路肩に寄せようとしたところ、コンビニ店に突っ込みました。  乗用車が歩道に乗り上げ、コンビニ店の入り口付近で止まっています。警察などによりますと、15日午前10時すぎ、長野駅前のコンビニ店に車が衝突しました。運転していたのは82歳の女性で、女性によりますと、車から煙が出たので路肩に寄せようとしたということです。事故当時は店内に客はおらず、従業員2人にもけがはありませんでした。警察が事故の原因を調べています。
コンビニ売上高10%減少 在宅勤務や時短営業が影響
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 コンビニ売上高10%減少 在宅勤務や時短営業が影響  外出自粛の影響でコンビニ店の売上高が落ち込んでいます。  日本フランチャイズチェーン協会は4月のコンビニ店の売上高が既存店ベースで前の年の同じ月に比べて10.6%減少したと発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、在宅勤務や外出自粛で来店客数が大幅に減少したことや、一部の店舗での休業や営業時間の短縮が要因です。日持ちのする冷凍食品やレトルト食品のまとめ買いが増えていることから、1回の買い物でいくら支払ったかを示す平均客単価は9.5%増加しました。
第15話
無料
BLACKPINK HOUSE 第15話 BLACKPINKがついに日本へ!公演を終えたメンバーたちはコンビニへ。韓国とは少し違った日本のコンビニに大興奮。次から次へとカゴの中に商品を入れていき、あっという間にカゴが一杯に!コンビニでエナジーをチャージしたBLACKPINKは次の日も大きな舞台に臨みます。楽屋では日本のファンに日本語であいさつをする練習!長いセリフをすらすらとこなすリサ。負けじとジスとジェニーも日本語で挨拶を試みるが...?
第12話 女子かう生と帰り道
女子かう生 第12話 女子かう生と帰り道 放課後、もも子、しぶ美、まゆみの三人がいつものように帰り道を歩いてく。 途中でコンビニに寄ったり、電車に一緒に乗ったり、コンビニで買ったおにぎりやお菓子を仲良く一緒に食べる三人。 そして、夕日が沈む中を、笑いながら三人が歩いて行く。 その後、まゆみと手を振って別れる、もも子としぶ美。 そして、もも子は家から出る匂いを嗅ぎながら家に入ってく。 今日も、いつもと変わらない“女子高生”の日常がそこにはある。
scene04 川は流れて 榀子帰郷
イエスタデイをうたって scene04 川は流れて 榀子帰郷 美術大学合格を目指し美術予備校に通う浪は、周囲との技術や知識の差に焦りを感じていた。 亡き兄へのコンプレックスから、いつまでも自分を子供扱いする榀子に浪は思いの丈を伝えるが、榀子の気持ちは動かない。 予備校の帰りに陸生が働くコンビニに立ち寄った浪は晴と陸生の関係を知り、自分の心の葛藤を晴に話すことで思いを新たにする。
scene01 社会のはみ出し者は自己変革を目指す
無料
イエスタデイをうたって scene01 社会のはみ出し者は自己変革を目指す 大学卒業後、定職には就かずにコンビニでアルバイトをしている魚住陸生。 特に目標もないまま、将来に対する焦燥感を抱えながら生きる陸生の前に、ある日カラスを連れたミステリアスな少女ハルが現れる。 ハルの破天荒な振る舞いに戸惑う陸生。 更に、かつて憧れていた大学の同期生森ノ目榀子が東京に戻ってきたことを知らされる。
scene06 ユズハラという女
イエスタデイをうたって scene06 ユズハラという女 突然バイト先に現れた高校時代の彼女、柚原チカを家に泊めることになった陸生。 バイト先のギャラリーの専務から写真スタジオの仕事を勧められ、自分は本当にカメラマンになりたいのかを考え始めていた。 一方、陸生の優しさに甘え、都合のいいように利用しているのではないかと思い悩む榀子。 同僚たちとの飲み会の帰り道にコンビニで偶然晴と出会い、陸生が風邪で寝込んでいることを知った二人は家まで見舞いに行くが、出てきたのは柚原だった…。
scene08 イノセント・ブルー
無料
イエスタデイをうたって scene08 イノセント・ブルー 陸生への気持ちの変化を意識していたが、一歩踏み込めないでいる榀子。 同僚の杜田に悩みを打ち明け、背中を押される。 榀子と進展し始めたにも関わらず、心から喜べない陸生は写真スタジオの仕事に没頭していた。 二人の関係を知らない晴は、多忙な陸生に何とか会いに行こうとする。 そして陸生は写真スタジオの正社員に昇格、コンビニを辞め晴や榀子に会う機会が少なくなっていた。
#6 ビニコンと求人情報誌と…
だがしかし2 #6 ビニコンと求人情報誌と… コンビニに視察に行くココノツ・サヤ・豆。出迎えたのはやたらテンションの高い店長、紅豊だった。コンビニには似つかわしくない高級洋菓子をならべ自慢する紅豊。それを聞いたココノツは、つい「駄菓子のような安いものの方が、客が喜びます」と言ってしまう。