「就職」の検索結果

今すぐ視聴する

第十三章 『巫女見習いという選択肢』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十三章 『巫女見習いという選択肢』 神殿の巫女見習いになりたいと言うマインに、激怒するギュンター。神官や巫女見習いは孤児がなるもの。しかも神殿に住み込みで、きつい仕事をしなければならないらしい。マインは、巫女見習いになるのを諦めることにする。そして再び神殿へやって来たマインは、神殿長と神官長のフェルディナンドに、巫女見習いの話を断ろうとするが……。そこで思わぬことが起こってしまう。
第22話 「君のいる景色」
無料
とらドラ! 第22話 「君のいる景色」 修学旅行が終わり、登校した竜児だが、教室に大河の姿はなかった。旅行先のスキー場で迷子になった大河は救助隊に助けられた後、迎えに来てくれた実の母親と一緒に過ごしていたのだった。竜児は大河が迷子になった時、意識もうろうとする彼女の口から飛び出したあの言葉が忘れられない。そんな中、2年C組では進路調査票の提出日が迫っていた。お金のかかる進学をせずに就職を希望する竜児だが、竜児の幸せを第一に考える母・泰子から進学を勧められる。そして後日、進路面談を終えて帰宅した竜児は、泰子が本気で竜児を進学させようとしていることを知る。それがきっかけでどこか吹っ切れた様子の竜児の前に、大河が現れた!!
第3話
野獣の美女コンシム 第3話 スターグループでの面接に向かったシムは会場を間違え、社長秘書の面接を受けてしまう。社長であるデファンの妻テヒは、デファンの浮気を防ぐため容姿の劣るシムを採用することを決める。大企業への就職が決まり舞い上がるシムだったが、出社するや否や先輩社員たちからの風当たりは強く...。
第10話
野獣の美女コンシム 第10話 園芸会社に就職が決まったシムは2年後まで済州島の支社から帰ってこられないことをダンテに伝える。一度はシムを止めたダンテだったが、スヨンがジュンピョを誘拐し殺害した可能性に思い至り、結局はシムの背中を押す。急に態度を変えたダンテのことを理解できないシムは怒ってしまい...。
「寄生はしない」これがリアルな“半地下暮らし”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「寄生はしない」これがリアルな“半地下暮らし”  10日にアカデミー賞の作品賞を受賞した「パラサイト半地下の家族」。実際の半地下とは、どんな所なのでしょうか。韓国・ソウルで取材しました。  タイトルにもあるように、主人公一家が暮らすのは半地下の部屋。洗濯物は部屋干しで、食卓にも便所コオロギが現れる環境。印象的なのは、トイレです。便器が不自然に高い場所に置かれているのは下水の逆流を防ぐため。つまり、彼らの生活空間は下水道よりも下にあるということです。  しかし、これは映画的な誇張ではないのです。主人公に転機が訪れる場面。このシーンが撮影された坂の下にあるスーパー。その周辺には、韓国では決して珍しくない半地下の住居があります。住人は就職活動中の29歳の青年です。  半地下住居の住人、ソン・ミョンジンさん:「半地下暮らしがつらいという面では映画に共感します。でも、金持ちに寄生(パラサイト)したりしませんよ」  こうした半地下住居は、元々は北朝鮮の攻撃を想定したシェルターとして作られましたが、その後の住宅不足から規制が緩和され、住まいとしても使われるようになりました。韓国政府の統計によりますと、全世帯の2%、36万世帯が半地下住居で暮らしています。  映画のなかで半地下の家族と対比するように描かれる高台に住む一家。乗り越え難い格差の拡大は、決して韓国社会だけの問題ではないはずです。
第44話 就職率120パーセントの謎(仮)
ハヤテのごとく! 第44話 就職率120パーセントの謎(仮) ナギの漫画原稿「マジカル☆デストロイ」を見るハヤテとマリア。だが、その内容は、相変わらず理解できない難易殿の高いもの。どうして理解できないのか怒るナギと困惑している2人。と、そこにいつの間にか現れたのは伊澄。原稿が面白かったという伊澄は、原稿の続きを書いたのだ。タイトルは、「子猫の一生」。だが、それを読んでみたハヤテとマリアは、理解不能。だが、ナギは大興奮。そこになぜか咲夜も現れた。ハヤテは、漫画賞を何度か受賞しているということで、オリジナルの漫画を描かされることになった。タイトル「魔法少女ブリトニー」。正統派で手堅過ぎたため、なんだか不評なリアクションだったのだ。
第58話
本当に良い時代 第58話 ヨンチュンは住まいを探し、就職して新しい生活を始める。一方、やっとソシムの部屋に入れると期待していたテソプにソシムは離婚届を突き出す。突然の離婚宣告に驚くテソプだったが、驚きが怒りにかわり離婚届を破ってしまう。ソシムは離婚届を作り直すために再び弁護士をたずねるが、そこに弁護士から連絡を受けたドンソクが駆けつける。
最終話
本当に良い時代 最終話 ドンソクは、旅行先でヘウォンにソウル支庁への出向が決まったと話す。慶州を発つヘウォンとドンソクのためにドンジュとドンウォンはビデオレターを作成する。映像を見た二人は家族の温かいメッセージに涙を流すのだった。その後、ドンタクはスターになる夢を叶え、ドンヒは警察を目指して勉強、テソプも豚足屋に就職し、家族はそれぞれの道を歩み始めた...。