「山口県 周防」の検索結果

「山口県 周防」に関する情報は見つかりませんでした。
「山口県」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

キレキレダートで聖地を攻略 山口県柳井のアジング(2019年11月16日放送)
無料
ルアーパラダイス九州 キレキレダートで聖地を攻略 山口県柳井のアジング(2019年11月16日放送) 山口県柳井市周辺はアジングの聖地とも呼ばれ、大小の島々と半島が多くの海峡を作りだし、瀬戸内の速い潮の流れに磨かれた肉厚のアジが釣れると評判です。どこかに風裏があるのも強みで、萩原さんがこの地を訪れた理由も風対策であり、近づく台風の影響を避けられる釣り場として白羽の矢を立てたのでした。強風とウネリというアジングの大敵に見舞われながらも最後は自身も「100点満点!」と自画自賛するパターンを発見します!
2019年12月2日放送
無料
【山口朝日】はいだしょうこと巡るやまぐち百景の旅 2019年12月2日放送 はいだしょうこさんと山口朝日放送の八谷英樹アナウンサーが、 山口県内の「自然」「歴史」「匠の技」「食」と、 それに関わる方々を美しい映像で紹介する 山口朝日放送のレギュラー番組「やまぐち百景」で これまで番組で紹介したスポットや、 番組未登場の新たなスポットを二人で楽しく巡ります。
視界不良 ~揺れる商業捕鯨再開~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 視界不良 ~揺れる商業捕鯨再開~ 去年12月、日本は国際捕鯨委員会からの脱退を表明し、今年7月からの商業捕鯨再開を決めた。 南極海捕鯨の基地として発展してきた山口県下関市。悲願の再開に歓迎の声が上がる一方、戸惑いが広がった。漁場が日本の領海と排他的経済水域内に限定されたのだ。 南極海にはもう行けない。新たな漁場でクジラは捕れるのか。鯨肉消費が低迷する中、商業捕鯨は成立するのか。視界不良の中、捕鯨船団は下関を出港した。
#8 【釣りをしない】
無料
マスオぶらり #8 【釣りをしない】 RISE JAPAN植田益生が気の向くまま、赴くままに釣りを楽しむ番組。第8話は山口県周南市のグリッターの船で出船!!ここ、周南市には伝説がある。「釣れない」その中でブリトップが絶好調という船長。ブリトップを映像におさめたいマスオ。今回も頑張ります!!
マスオぶらり#14 【MVPはスイカ】
無料
マスオぶらり マスオぶらり#14 【MVPはスイカ】 RISE JAPAN植田益生が気の向くまま、赴くままに釣りを楽しむ番組。第 14話は山口県周南市グリッターの船にて出船!!前回グリッターでの出船では全然釣れず、水中映像満載の回だった。今回こそはとタイラバに挑戦。グリッター船長の腕の見せ所!!まさかマスオ爆釣か!?
伊方原発3号機運転差し止め 四電は不服申し立てへ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 伊方原発3号機運転差し止め 四電は不服申し立てへ  愛媛県の四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分の即時抗告審で、広島高裁は住民側の請求を認めて、運転を差し止める決定をしました。  四国電力の伊方原発3号機について、山口県の住民3人は「巨大地震などへの安全確保が不十分」として、運転差し止めの仮処分を申し立てていました。去年、山口地裁は住民側の請求を却下していましたが、16日午後、広島高裁は住民側の請求を認めて3号機の運転を差し止める決定をしました。3号機は定期検査中のため、先月から運転を停止していますが、今回の決定で検査が終了しても稼働できません。四国電力は「到底承服できるものではありません。速やかに不服申し立ての手続きを行います」としています。
伊方原発3号機の運転差し止め決定 広島高裁
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 伊方原発3号機の運転差し止め決定 広島高裁  愛媛県の伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分の抗告審で、広島高裁は住民側の請求を認めて運転差し止めを命じました。  広島高裁の森一岳裁判長は17日午後2時すぎ、運転差し止めの決定文を交付しました。この裁判は四国電力の伊方原発3号機について「巨大地震などへの安全確保が不十分」として、山口県の住民3人が運転差し止めの仮処分を申し立てたものです。去年3月、山口地裁は住民側の請求を却下し、住民側が即時抗告していました。伊方原発を巡っては3年前に広島高裁が期限付きで運転停止を命令しましたが、その後に仮処分が取り消され、おととしに再稼働しています。3号機は定期検査中で先月から運転を停止していて、今回の決定で検査が終了しても稼働できません。高裁による運転差し止めの仮処分決定は全国で2例目です。
関東で大雪も…低気圧発達で暴風被害も次々
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関東で大雪も…低気圧発達で暴風被害も次々  関東ではこの後、28日にかけて大雪になる恐れがあります。発達した低気圧の影響で各地では暴風による被害も出るなど、日本列島は大荒れになっています。  25日からの積雪に加え、すでに一面、雪景色の神奈川県箱根町。箱根ではこの後、凍結や積雪があると見込まれていることから道路沿いの掲示板には通行注意を促す掲示がされています。  雪の範囲はこの後、関東全域に広がり、27日の朝にかけて降り続く見込みです。東京23区でも積もる恐れがあり、通勤時間帯の交通機関の乱れに注意が必要です。さらに、西日本では発達しながら接近した低気圧による暴風で被害が出ています。  いち早く着いたカメラが驚きの映像を捉えました。現場は愛媛県宇和島市の中心部です。6階建ての建物の塗装工事の足場が崩れました。幸い、けが人はいませんでしたが、原因となったのは強風です。宇和島市では今年一番の29.7メートルの強風を観測。  九州は、まるで台風のような風が吹き荒れました。長崎県佐世保市では瞬間的に20メートルを超える風が吹き、山口県では街路樹が根元から折れました。  鹿児島では26日夜9時半ごろ、工事中の足場が倒壊。周辺一帯が停電するなど一時、騒然としました。27日、風はさらに強まって最大瞬間風速は22メートルを超えました。この大荒れの原因となったのは西日本に近付く低気圧です。発達しながら接近し、九州を中心に暴風の原因となりました。  一方、関東では雪が降り始めました。関東は前線や低気圧の影響で27日夜から28日にかけて山…

おすすめの作品

第15話 ピッチャーの条件
メジャー 第2シリーズ 第15話 ピッチャーの条件 夢島に来て3か月。吾郎をはじめ、選手たちはみなたくましく成長していた。そんな彼らに、今後のポジションを決める適性テストを行うと告げる周防監督と乾コーチ。最初はピッチャーの試験だ。投手志望者が、バッターの乾に簡単に打たれる中、三振を取った吾郎。だが周防は、吾郎に「ピッチャー失格」を告げる。
#13:見城徹が周防正行と草刈民代とトーク
徹の部屋 #13:見城徹が周防正行と草刈民代とトーク 出版業界の革命児・見城徹がホストを務める、2時間生放送のトーク番組! 毎回、見城徹が「今、一番会いたい」ゲストを招き、内臓と内臓をこすり合わせる様な熱狂トークを披露する。 若手タレントから超大物ゲストまで、見城徹の幅広い人脈だからこそ呼べる、珠玉のゲストたちが登場します。 テレビでは中々話すことが出来ないゲストたちの本音にも迫りながら、 AbemaTVだから出来る、そして生放送だから出来るギリギリなトーク内容も展開! 加減の利かない魂100%のコメントで、ズバッスバッと切り込んでいきます。 さらには視聴者たちからも、リアルタイムで質問を大募集! 視聴者との間で、ド直球で偽りのないやり取りを展開します。 そんなトークを彩るのは、見城徹ならではの上質で大人な空間。 業界怖いもの無しの見城徹が、とにかく話しまくるスリリングな対談ショー!
第14話 夢を見る島
メジャー 第2シリーズ 第14話 夢を見る島 海堂高校に合格し、晴れて野球部員となった吾郎と寿也。新入部員たちはみな、小さな島にある野球部の養成所へ行くことに。島で待っていたのは、監督・周防とコーチ・乾の2人だった。彼らは吾郎たちに、この島が「なぜ“夢島”と呼ばれるのか」、その理由を語る。そして、厳しいトレーニングが始まる…。
4話「カプリスの繭Ⅳ」
グリザイアの楽園 4話「カプリスの繭Ⅳ」 「大事な女」──麻子を護るために進んだ、戦士としての道。しかし、雄二の成長を待たずして、麻子は彼の許を去ろうとしていた。再び無力感にさいなまれる雄二だったが、別れ際、麻子に託された言葉に救われ、再び自分自身の足で歩き始められるようになる。そして、その言葉は彼を美浜学園へ導くことにもなるのだった。過去をたどる長い旅を終え、天音たちが待つ三嶋崎へと帰還する雄二。しかし、彼が再び学園に姿を見せることはなかった。
6話「ブランエールの種Ⅱ」
グリザイアの楽園 6話「ブランエールの種Ⅱ」 「情報屋」ジミーとの接触で、今の状況が予想以上に悪いことを知った由美子と美浜学園の少女たち。雄二を失い、学園をも追われた5人だったが、新たな活動拠点を確保し、雄二奪還作戦を画策する。そんな少女たちのもとに、謎の協力者から支援の手が差し伸べられる。一方、テロ事件発生直後より「市ヶ谷」に拘束されていた雄二は、その地下深くである存在と邂逅していた。「彼女」の口から語られたのは、姉・一姫の死の真相、そして今この国が直面している危機についてだった。
7話「ブランエールの種Ⅲ」
グリザイアの楽園 7話「ブランエールの種Ⅲ」 突如、天音たちに寄り添う姿なき支援者「タナトス」──。「彼女」の目的もまた、風見雄二の解放と奪還だった。利害が一致した美浜の少女たちとタナトスは、作戦を実行するため準備を整えていく。携帯電話越しに繰り広げられる、一見意味不明なタナトスの指示に戸惑う彼女たちだったが、それらは目的を結実させるため、予想以上の成果を少女たちへもたらしてくれるのだった。そして雄二の身柄が赤坂へと移送される当日。可能な限りの準備を整えた彼女たちは、かけがえない存在を取り戻すための戦いへと赴くのだった。
9話「ブランエールの種V」
グリザイアの楽園 9話「ブランエールの種V」 雄二を奪還し、激しい逃亡劇を繰り広げた美浜の少女たち。そのゴールで待っていたのは、タナトスのコアとして生きながらえていた風見一姫だった。思いがけない邂逅に驚きを隠しきれない雄二と天音だったが、事態は再会の感慨に浸る暇さえも許してはくれないのだった。自分の運命を狂わせ、世界に死と災いを振りまく忌むべき男──ヒース・オスロ。彼との因縁を断ち切るため、風見雄二は最後の戦場へと向かう。そしてかつて雄二に救われた少女たちは、彼にとっての帰るべき場所を守るため、ともに戦う意思を固めるのだった。
第16話 天然野球小僧
メジャー 第2シリーズ 第16話 天然野球小僧 外野手の練習をしながら、寿也の協力で密かにピッチャーの訓練も続けてきた吾郎。ついに、夢島を出て二軍に合流できるかを決める修了検定の日が訪れた。検定は紅白戦。相変わらず自由奔放にプレーする吾郎。マニュアル通りの野球を求める周防監督の評価は、当然低い。そこへ突然、海堂を辞めたはずの大貫が現れ…。
第17話 つかの間の夏休み
メジャー 第2シリーズ 第17話 つかの間の夏休み 修了検定に合格するため、周防監督から「相手チームの9人をパーフェクトに抑える」という条件を課された吾郎。しかし、この数ヵ月の吾郎の成長は周囲の想像を超えていた。140kmを超える速球を、バッターは誰も打つことができない。最後のバッター・寿也も三振に取り、吾郎は見事に結果を出し、夢島を出るが…。
グリザイアの迷宮
グリザイアの迷宮 グリザイアの迷宮 坂下が起こした騒動から1年が経とうとしていたある夏の日。雄二は昇進のための考課調査で、市ヶ谷のJBの元に出頭していた。彼女との面談の中で、自らの生い立ちを語ることを求められた雄二は、記憶を辿る旅に出る。 不慮の事故のため、この世を去った最愛の姉。彼女を追うように旅立った両親。天涯孤独となった彼を引き取り、育てた最悪な男。そして──。 幼少期から現在に至るまで、自分が出会い、共に過ごした人物たちの記憶を、雄二は淡々と語る。「風見雄二」という人格を形作るものは果たして何なのか。その謎の答えが今紐解かれる。