「山口県」の検索結果

今すぐ視聴する

オカッパリで探るビッグリザーバー 山口県弥栄湖のバス釣り(2019年9月7日放送)
無料
ルアーパラダイス九州 オカッパリで探るビッグリザーバー 山口県弥栄湖のバス釣り(2019年9月7日放送) 琵琶湖ガイドとして活躍中のタク石黒さんが山口県弥栄湖へ。増水と減水を繰り返す不安定な状況のなか、バスの居場所を探して転々と水辺をランガンします。小バスの猛襲に苦戦と思いきや、小バスさえも楽しんでしまうのがタク石黒流のバス釣り!とはいえ、きっちりと良型バスもキャッチします。小バスの中からサイズアップを引き出すルアーセレクトとバスへの様々なアプローチをご覧ください。
キレキレダートで聖地を攻略 山口県柳井のアジング(2019年11月16日放送)
無料
ルアーパラダイス九州 キレキレダートで聖地を攻略 山口県柳井のアジング(2019年11月16日放送) 山口県柳井市周辺はアジングの聖地とも呼ばれ、大小の島々と半島が多くの海峡を作りだし、瀬戸内の速い潮の流れに磨かれた肉厚のアジが釣れると評判です。どこかに風裏があるのも強みで、萩原さんがこの地を訪れた理由も風対策であり、近づく台風の影響を避けられる釣り場として白羽の矢を立てたのでした。強風とウネリというアジングの大敵に見舞われながらも最後は自身も「100点満点!」と自画自賛するパターンを発見します!
2019年12月2日放送
無料
【山口朝日】はいだしょうこと巡るやまぐち百景の旅 2019年12月2日放送 はいだしょうこさんと山口朝日放送の八谷英樹アナウンサーが、 山口県内の「自然」「歴史」「匠の技」「食」と、 それに関わる方々を美しい映像で紹介する 山口朝日放送のレギュラー番組「やまぐち百景」で これまで番組で紹介したスポットや、 番組未登場の新たなスポットを二人で楽しく巡ります。
11月のリザーバー・山口県宇部丸山ダム
無料
Go for it! 11月のリザーバー・山口県宇部丸山ダム 孤高のバスフィッシャーマン、田辺哲男が唯一無二のゲームを展開する『Go for it!』。今回の舞台は国内では数少ない田辺未踏のバスフィールド、山口県宇部丸山ダム。時は2014年11月中旬。ミドルからディープレンジの釣りを想定し、ディープクランク、スピナーベイト3/4oz、ビッグスプーンなど、7タックルをセットした。 (本編内容は2014年12月放送当時のものです)
疑惑の物証を…攻勢強める野党が総理地元で調査へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 疑惑の物証を…攻勢強める野党が総理地元で調査へ  安倍総理大臣主催の「桜を見る会」を巡り、立憲民主党などの野党議員が1日午後から安倍総理の地元の山口県下関市を訪れ、関係者らからヒアリングします。  今回、山口県を訪れるのは、立憲民主党などの野党統一会派や共産党の議員ら「桜を見る会」追及本部のメンバーです。桜を見る会や安倍総理の後援会が主催した「前夜祭」の参加者らから直接、話を聞き、前夜祭の領収書や提供された食事の写真など疑惑を解明するための物証を得たい考えです。2日は下関市の安倍事務所や桜を見る会のツアーを企画した旅行会社から事情を聴きたいとしていて、今後の国会審議を通じて安倍総理への追及を強めたい考えです。
野党追及本部が総理地元の「安倍事務所」に質問状
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 野党追及本部が総理地元の「安倍事務所」に質問状  安倍総理大臣の地元・山口県で視察を続けている野党の追及チームは2日朝、ツアーを企画した旅行会社を訪問しました。安倍総理を追及するための材料は得られたのでしょうか。 「桜を見る会」を巡り、野党の追及本部のメンバーが調査のため安倍総理の地元・山口県下関市を訪れました。  朝に野党議員らが訪れたのは桜を見る会のツアーを企画した「旅行会社」です。手に資料を持った野党議員らは会社の中には入れてもらえず、旅行会社の玄関前で短時間でのやり取りとなりました。  野党側が旅行会社に質問した内容は、まず「2013年から2018年にかけての領収書はこちらの会社が発行したものなのか?」。2つ目が「旅費について、宿泊費などの詳しい内容」。3つ目が「安倍事務所との間で桜を見る会のツアーに合わせて旅費、宿泊費について取引をしたか?」などです。  立憲民主党・黒岩国対委員長:「今、ツアー会社さんに行ってきたんですけど、この桜を見る会に関わった人たちがおびえている状態なんですよね。安倍総理のおひざ元で職員が涙ぐんでいると、私も下関に入ってこれほどね、この街が安倍さんのプレッシャーに押し潰されそうだっていうのがよく分かりました」  さらに、「本来は安倍事務所がきちんと説明をするべきだ」と強調しています。  無所属・柚木道義議員:「旅行会社は誠実な対応で悪くなくて、本来は安倍事務所が説明をするべきですね。公選法違反、政治資金規正法違反など、ツアー会社は一切、関わっていない。実は私も、きのうもその前の日も含めて…
視界不良 ~揺れる商業捕鯨再開~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 視界不良 ~揺れる商業捕鯨再開~ 去年12月、日本は国際捕鯨委員会からの脱退を表明し、今年7月からの商業捕鯨再開を決めた。 南極海捕鯨の基地として発展してきた山口県下関市。悲願の再開に歓迎の声が上がる一方、戸惑いが広がった。漁場が日本の領海と排他的経済水域内に限定されたのだ。 南極海にはもう行けない。新たな漁場でクジラは捕れるのか。鯨肉消費が低迷する中、商業捕鯨は成立するのか。視界不良の中、捕鯨船団は下関を出港した。
#8 【釣りをしない】
無料
マスオぶらり #8 【釣りをしない】 RISE JAPAN植田益生が気の向くまま、赴くままに釣りを楽しむ番組。第8話は山口県周南市のグリッターの船で出船!!ここ、周南市には伝説がある。「釣れない」その中でブリトップが絶好調という船長。ブリトップを映像におさめたいマスオ。今回も頑張ります!!
苦手意識克服!晩秋のワカサギレイク
無料
D-IMPACT 苦手意識克服!晩秋のワカサギレイク 奥村和正が独自のスタイルでデカバスだけを狙い続けるシリアスドキュメンタリー。今回はデカバスが生息するという山口県の小規模リザーバーに再チャレンジする。前回はゲリラ豪雨の影響で撤収を余儀なくされた奥村。今回は新たな武器を持ち込み再び挑戦!そして苦手意識のあるワカサギレイクを克服する!(本編内容は2015年1月放送当時のものです)
消防士自殺 職場への抗議が原因か 遺族が訴え
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 消防士自殺 職場への抗議が原因か 遺族が訴え  今年1月、山口県宇部市の消防士が自殺したことを巡り、「不祥事を隠蔽した職場への抗議が自殺の原因だ」と遺族が会見して明かしました。  遺族:「拓也のような人が二度と出ないように職場の改善、これを進めて頂きたい」  今年1月、宇部中央消防署の消防士・松永拓也さんが自殺しました。遺書には「上の者は都合の悪いことはなかったことにしている。隠蔽して表には出さない」と書かれていました。また、遺族によりますと、自殺の原因を調べていた第三者委員会は、報告書で「先輩職員が松永さんらから金を借り、問題を起こしたのに懲戒処分をせず、松永さんが不信感を抱いていた」と指摘していたとしています。
米軍訓練候補の馬毛島 政府が約160億円で買収合意
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 米軍訓練候補の馬毛島 政府が約160億円で買収合意  日本政府はアメリカ軍の空母艦載機の離着陸訓練をする候補地の鹿児島県馬毛島を約160億円で買収することで所有者と合意したことが分かりました。  空母艦載機の離着陸訓練を巡っては、神奈川県厚木基地で行われていましたが、騒音の被害が激しく東京都の硫黄島で暫定的に実施されていました。アメリカ軍は、空母艦載機の拠点が山口県岩国基地に移ったこともあり、硫黄島よりも近い馬毛島で訓練できるよう日本側に求めていて、日本政府は29日、馬毛島を所有する会社と約160億円で買収することで合意したということです。これにより、沖縄県などで行われているアメリカ軍の訓練についても馬毛島で行う可能性があります。
野党 総理の地元で「桜を見る会」参加者ら聞き取り
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 野党 総理の地元で「桜を見る会」参加者ら聞き取り  「桜を見る会」を巡って野党追及本部のメンバーが安倍総理大臣の地元の山口県下関市を訪れ、桜を見る会に参加した人などからヒアリングを行いました。  無所属・柚木道義議員:「税金の私物化とか選挙利用だと言われても仕方がないと安倍後援会の人ですら言ってる」  桜を見る会の参加者や地方議員らへのヒアリングを終えた追及本部のメンバーは、「国や社会に対して功労功績があった方ではなく、安倍総理の選挙に対して功労功績があった方を招いている」と批判しました。さらに、「問題が重大になったら、箝口令(かんこうれい)が敷かれる雰囲気を赤裸々にお話し頂いた」と感想を語りました。2日には桜を見る会のツアーを企画した旅行会社を訪れ、安倍総理への追及材料を得たい考えです。
SETOUCHI TSUTSUIKA JIGHEAD EGING
無料
RUN&GUN SALT SETOUCHI TSUTSUIKA JIGHEAD EGING 全国津々浦々、旬のルアーゲームを紹介する『ランガンソルト』。今回はじょーじ山本が瀬戸内海に浮かぶ山口県周防大島を舞台にケンサキイカを狙う。デイゲームでもケンサキイカが狙えるという冬の瀬戸内海西部エリア。ジグヘッド型のエギを用いた新たなウルトラライトタックルゲームを展開していく。(本編内容は2015年1月放送当時のものです)
野党 実態解明に向け「桜を見る会」追及本部を設置
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 野党 実態解明に向け「桜を見る会」追及本部を設置  安倍総理大臣主催の「桜を見る会」を巡り、立憲民主党などの野党は追及本部を設置して実態解明に向けた体制を強化しました。  追及本部は野党統一会派のほか、共産党やれいわ新選組など70人余りの議員が参加しました。調査は「ホテルルート」、「昭恵夫人ルート」などに分かれて行います。「名簿調査」の担当は早速、桜を見る会の招待者の名簿を破棄する際に使用したというシュレッダーを公開するよう内閣府に求めました。ただ、内閣府は「破棄しているところを見せるわけにはいかない」として応じませんでした。  立憲民主党・黒岩国対委員長代理:「我々、立法府として本部を立ち上げて要請に行ったにもかかわらず門前払い。痛いところを突かれると、ここまでしてですね、物理的な抵抗を始めるわけですから、内閣府は非常に不誠実だ」  来月1日には「下関ルート」の担当が山口県下関市にある安倍総理の地元事務所などを視察する予定です。