「山口真由 弁護士」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#18 結婚ムリな山口真由(後編)&トムブラウンをアルピー改造
しくじり先生 俺みたいになるな!! #18 結婚ムリな山口真由(後編)&トムブラウンをアルピー改造 今回は、山口真由先生の「勉強ばかりしたせいで、結婚できなくなっちゃった先生」の後編! ストイックに勉強に打ち込みすぎたせいで、恋愛偏差値が低くなってしまった山口真由先生は、自身のしくじり経験から、ストイック女子は恋愛でもストイックになってしまう可能性があり、相手に迷惑をかけることがあると分析。今までの悲惨な恋愛経験から、「がんばることは答えじゃない」「何のために努力をしているのか?」を考えることが大事だと涙ながらに訴えます。 AbemaTV限定企画は、お笑い研究部の第3弾。テーマは「子どもウケしないを考える」。 いまいち子どもウケしない芸人が登場しネタを披露。そのネタを見て「どうすれば子どもにウケるネタになるのか?」を若林や吉村らと考え改善していく。
山小屋弁護士~65歳"自分の生き方"を貫く男~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2020【土曜放送】 山小屋弁護士~65歳"自分の生き方"を貫く男~ 大都会での生活をすて、人里離れた山中で、半分手作りの山小屋に暮らし始めた65歳の弁護士とその妻がいる。市川守弘と妻・利美(67)。 市川は、自然保護やアイヌ問題など他の弁護士が投げ出すような難事件ばかりを、ほとんど手弁当で手掛けてきた"弱者の味方"。 その市川が今年、一大決心して、札幌の事務所を閉め、北海道の山中に移り住んだのだ。闘い続ける反骨の弁護士、65歳の再出発を追った。
第14話
君の声が聞こえる 第14話 新任の国選弁護士がひょんなことで辞めてしまったため、面接試験で次点だったグァヌが再び国選弁護士として働くことになる。一方、タルジュンに関してのみ敏感に反応する父親に違和感を覚えたドヨンのもとに、ヘソンが訪ねてくる。ヘソンはタルジュンを無罪にするのに娘のDNA検査が必要なため、単刀直入にドヨンがタルジュンの娘であるという事実を伝える。だがそれを聞いたドヨンはただ一笑するのであった。
第12話 デッド・モデル・ウォーキング
私はラブ・リーガル(字幕) 第12話 デッド・モデル・ウォーキング ジェーンが憧れていた元トップモデルのクリスティ・タルボットが、デパートで店員への暴行で拘束されているという連絡を受け、パーカーとキムが弁護士として向かうことに。だがジェーンは、ステイシーのアドバイスを受けて、先回りをしてデパートへ!そして彼女の信頼を得て、弁護士として雇われるのだが...。
第1話
無料
君の声が聞こえる 第1話 高校生のスハは目を見て人の心を読むことができる能力を持ち、騒々しい世界を生きている。しかし、その裏にはつらい過去があった。一方弁護士のヘソンは仕事がうまくいかず、安定した収入を得るために国選弁護士の試験を受ける。ヘソンは面接で自分を印象づけるため、高校を中退せざるをえなかった理由や法廷での証言歴を語る。そんな彼女こそ10年前にスハの裁判で証言をし、スハが捜し続けている初恋の相手なのだが...
第2話
無料
君の声が聞こえる 第2話 面接会場で出会ったグァヌとともに国選弁護士に採用されたヘソン。ヘソンが最初に担当したのは、スハの同級生のソンビンだった。ソンビンが常日頃からかっていた相手が窓から転落し、その教室にいたソンビンが殺人未遂の容疑で起訴されたのだ。彼女の心を読み、犯人ではないことを知ったスハ。スハはソンビンのために力を尽くそうとするが、そこで過去のイメージとはかけ離れた正義感のかけらもない弁護士ヘソンの姿を目の当たりにし...
第12話 デッド・モデル・ウォーキング
私はラブ・リーガル(吹替) 第12話 デッド・モデル・ウォーキング ジェーンが憧れていた元トップモデルのクリスティ・タルボットが、デパートで店員への暴行で拘束されているという連絡を受け、パーカーとキムが弁護士として向かうことに。だがジェーンは、ステイシーのアドバイスを受けて、先回りをしてデパートへ!そして彼女の信頼を得て、弁護士として雇われるのだが...。
第6話
君の声が聞こえる 第6話 スハから、双子が共謀して罪を犯していたことを聞かされたヘソン。彼女は検事であるドヨンと協力し、双子の双方を有罪にしようと考える。そんなヘソンにサンドクは、事の是非ではなく被告人が犯行に及んだ背景を探るのが弁護士の仕事だと論す。その頃ジュングクは、ヘソンの母チュンシムに接近し、彼女が経営する飲食店で働き始める。彼は人当たりのよい笑顔でチュンシムの懐に入り込み、何かを企みつつ淡々と働くのだが...
第9話
君の声が聞こえる 第9話 放火殺人事件の判決確定後、釈放されたジュングクとスハの間で傷害事件が起き、2人とも姿を消してしまう。1年後、釣堀でジュングクの左手が見つかり、スハが殺人を犯し逃亡したものと疑われる。そんな時1本の通報からスハの居所が特定され、彼の身柄が拘束される。ヘソンが駆けつけると、そこには変わり果てたスハの姿が。一方ジュングクの裁判後に弁護士を辞め、実家の仕事を手伝っていたグァヌは、スハのニュースを見て動き出すのだが...
第10話
君の声が聞こえる 第10話 殺人容疑で逮捕されたスハのために、ヘソンは国選弁護士を引き受けることを決める。担当検事のドヨンは量刑を減らすことと引き換えに有罪を認めるようスハに迫る。これに対しヘソンとグァヌは、無罪を勝ち取れる可能性がより高い国民参与裁判を選択する。裁判が進む傍ら、事務員のユチャンはスハの居所の通報者を訪れるが、その人物の不自然な態度に気付く。それを聞いたヘソンとグァヌは、ジュングクの生存を確信するのだった。