「山口組 幹部」の検索結果

「山口組 幹部」に関する情報は見つかりませんでした。
「山口組」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

新型コロナ治療なく男性自殺 武漢市が幹部ら処分
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナ治療なく男性自殺 武漢市が幹部ら処分  新型コロナウイルスの感染が拡大する中国・武漢市で、治療が受けられなかった男性が自殺し、幹部ら13人が処分されました。  中国メディアによりますと、自殺した男性は感染の疑いがありましたが、行政側の手違いで治療が受けられず、自宅で自殺したということです。これを受けて、武漢市は責任を問う形で幹部ら13人を処分しました。また、幹部らは新型コロナウイルスの濃厚接触者を隔離せず、感染のリスクが増えたことや、部下が勝手に武漢を離れたことに対する管理責任も問われています。湖北省ではトップに習近平国家主席の側近が就任し、幹部らの処分が相次いでいます。
特殊詐欺で幹部ら7人逮捕 住吉会本部を捜索
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 特殊詐欺で幹部ら7人逮捕 住吉会本部を捜索  警察官を装って高齢者から金をだまし取ったとして、指定暴力団住吉会系の幹部ら7人が逮捕されました。警視庁は組織的な関与があるとみて、住吉会の本部事務所に家宅捜索に入りました。  住吉会系の幹部・佐藤雄治容疑者(49)ら7人は2017年、当時66歳の女性に警察官を装って電話を掛け、キャッシュカードなどをだまし取って現金130万円を引き出した疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、佐藤容疑者らの詐欺グループは住吉会系の暴力団組員らで構成されていて、組ごとに受け子や出し子の役割を分担していたということです。警視庁は5日午前11時、住吉会の本部事務所に家宅捜索に入って実態解明を進めています。
SB元部長の情報流出相手か ロシア通商幹部、出国へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 SB元部長の情報流出相手か ロシア通商幹部、出国へ  ソフトバンクの元部長が会社の機密情報を不正に持ち出した疑いで逮捕された事件で、情報が渡ったとされる在日ロシア通商代表部の幹部が10日にも出国する見通しであることが分かりました。  荒木豊容疑者はソフトバンクの部長だった去年2月、会社から機密情報2点を不正に得た疑いが持たれています。この情報が在日ロシア通商代表部の幹部、アントン・カリーニン氏らに渡ったとみられています。その後の公安関係者への取材で、カリーニン氏が10日にも成田空港から出国する見通しであることが分かりました。カリーニン氏はロシアの諜報(ちょうほう)機関「SVR」の職員とされていて、警視庁公安部はカリーニン氏らに出頭を要請していましたが、これまで応じていません。
海自幹部が副業で風俗店営業か 防衛省が更迭
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 海自幹部が副業で風俗店営業か 防衛省が更迭  海上自衛隊の幹部が風俗店営業の疑いで事実上の更迭です。  海上自衛隊の森田哲哉1佐(55)は営利目的の副業が自衛隊法で禁止されているにもかかわらず、女性向けの派遣型風俗店を営業していた疑いが持たれています。防衛省は4日付で森田1佐を護衛艦隊司令付に異動させました。海上自衛隊の調べに、森田1佐は「風俗店を10年程度、手伝ったことがある」と説明しているということです。また、風俗店の客に情報を漏らした可能性もあるため、防衛省は確認を進めています。
警視庁の要請応じず…ロシアの“スパイ”日本出国
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 警視庁の要請応じず…ロシアの“スパイ”日本出国  機密情報が渡ったとされる在日ロシア通商代表部の幹部は、出頭要請に応じず帰国しました。  在日ロシア通商代表部幹部、アントン・カリーニン氏はソフトバンクの機密情報2点を不正に得た疑いで逮捕された荒木豊容疑者から、この機密情報を受け取ったとみられています。警視庁公安部は出頭を求めていましたが、外交特権を持つカリーニン氏はこれに応じず、10日午後1時ごろ、成田空港から出国しました。カリーニン氏はロシアの諜報機関の職員とみられ、公安部はカリーニン氏が荒木容疑者に情報を漏らすようそそのかしたとみて調べています。
第4話 この強敵に爆裂魔法を!
この素晴らしい世界に祝福を! 第4話 この強敵に爆裂魔法を! 「魔王軍の幹部は、それはもうお怒りだった」 街の近くに魔王軍の幹部が住み着いたせいで、弱いモンスターが隠れてしまった。スキルアップを目指すカズマは完全足踏み状態。やることもなく、廃城に爆裂魔法を打ち込むというめぐみんの特訓に付き合うカズマ。晴れの日も、氷雨の日も、毎日続くその特訓。そんなある日、ギルドから緊急クエストの報が響き渡る。街の正門前に現れたのは魔王軍の幹部、首なし騎士のデュラハンだった。その怒りに満ちた声が響く。「……ま……ままま、毎日毎日毎日毎日! おお、俺の城に、毎日欠かさず爆裂魔法撃ち込んでく頭のおかしい大馬鹿者は、誰だあああああああーー!」
ホテルの男性トイレに連れ込み…女性脅し乱暴か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ホテルの男性トイレに連れ込み…女性脅し乱暴か  東京・銀座にあるホテルのトイレで暴力団幹部などを装って女性を脅して乱暴したなどとして、会社員の55歳の男が逮捕されました。  井田一也容疑者は去年4月、銀座のホテルのロビーで30代の女性に声を掛け、男性用トイレに連れ込んで乱暴した疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、井田容疑者は乱暴した後に女性に「20万円払え」と言って現金15万円を脅し取ったうえ、「5万円足りない」などと言って再び女性をトイレに連れ込んで乱暴したということです。井田容疑者は暴力団幹部などを装って女性を脅していて、取り調べに対して容疑を認めています。警視庁は他にも余罪があるとみて調べています。
仮想通貨を自分の口座に不正送金 元幹部を再逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 仮想通貨を自分の口座に不正送金 元幹部を再逮捕  仮想通貨を自らの口座に不正に移した疑いで再逮捕されました。  仮想通貨運用会社の元幹部・鬼塚勇人容疑者(25)はおととし、会社から受け取った仮想通貨360万円相当を不正に自身の口座に移し、会社に損害を与えた疑いが持たれています。警視庁によりますと、不正に移した仮想通貨はホームページ作成などを委託した業者に支払う報酬の一部でした。鬼塚容疑者は「ばれなければ大丈夫という気持ちで自分のものにしてしまった」と容疑を認めています。鬼塚容疑者はすでに会社のビットコイン7800万円分をだまし取った疑いで逮捕・起訴されています。
秋元被告の会見うけ自民幹部「ちゃんと答えた」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 秋元被告の会見うけ自民幹部「ちゃんと答えた」  衆議院議員の秋元司被告が保釈後、公の場に初めて姿を見せて会見で無罪を主張しました。  衆院議員・秋元司被告:「私がいわゆる特定の事業者、そのために何か便宜を働くことは断じてありませんし、今回、贈賄側とされている事業者に対しても非難されるような癒着した関係とか、そして、また当然、賄賂を受け取ったことは一切、ありません」  秋元被告は裁判でIR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件の起訴内容を全面的に否認し、無罪を主張していく考えを強調しました。また、秋元被告は「3月には国会に復帰し、活動を再開したい」と話しました。逮捕前に秋元被告が所属していた自民党では、幹部が「あいまいなところがなく、ちゃんと答えた」「あとはもう裁判だ」などと話しています。
“機密情報”で見返り ロシア通商幹部から数十万円
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “機密情報”で見返り ロシア通商幹部から数十万円  ソフトバンクの元部長から会社の機密情報を受け取ったとされる在日ロシア通商代表部の幹部が、見返りとして元部長に合わせて数十万円を渡していたことが分かりました。  アントン・カリーニン氏は、ソフトバンクの機密情報2点を不正に得た疑いで逮捕された荒木豊容疑者からこの機密情報を受け取ったとみられています。カリーニン氏はロシアの諜報(ちょうほう)機関の職員とみられ、警視庁公安部の出頭要請に応じないまま10日に日本を出国してモスクワに到着しました。その後の捜査関係者への取材で、カリーニン氏は荒木容疑者に対して複数回、情報をもらった見返りとして合わせて数十万円を渡していたことが分かりました。公安部はカリーニン氏について、荒木容疑者に会社から機密情報を不正に取得するようそそのかした疑いで書類送検する方針です。