「山本太郎」の検索結果

今すぐ視聴する

「百合子山は高かった」山本太郎氏“敗戦の弁”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「百合子山は高かった」山本太郎氏“敗戦の弁”  任期満了に伴う東京都知事選挙が行われ、小池百合子都知事が再選を果たしました。れいわ新選組代表・山本太郎氏の敗戦の弁です。
バトル・ロワイアル [R15+]
バトル・ロワイアル [R15+] バトル・ロワイアル [R15+] 全国の中学3年生4万3000クラスの中から無作為に選ばれた1クラスを、最後の1人になるまで殺し合わせる新世紀教育改革法・通称【BR法】...1人ずつ支給される様々な凶器。ルールを破ると爆発する首輪。外界から遮断された無人島で、42名の中学生たちの、血塗られた3日間が唐突に、そしてあまりに理不尽に幕を上げてゆく...
東京都知事選 あす5日投開票 候補者が最後の訴え
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京都知事選 あす5日投開票 候補者が最後の訴え  東京都知事選挙は5日が投開票日です。最終日の4日、各候補は街頭やインターネットなどで最後の訴えを続けています。  東京都知事選には、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、現職の小池百合子氏(67)、元日弁連会長・宇都宮健児氏(73)、前熊本県副知事・小野泰輔氏(46)、NHKから国民を守る党・党首の立花孝志氏(52)らのほか、立候補者は過去最多の22人で新型コロナウイルス対策や東京オリンピック・パラリンピックへの対応を主な争点として論戦が繰り広げられています。今回は感染症対策でオンラインだけで支援を訴える候補がいるなど異例の選挙戦となっています。投開票は5日です。
#37 ゲストに東国原英夫氏を迎え話題のれいわ新撰組についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下 #37 ゲストに東国原英夫氏を迎え話題のれいわ新撰組についてほろ酔いトーク! 今回のゲストは東国原英夫さん! 話題のれいわ新撰組! 介助費用は誰が負担するべき? 山本太郎氏の狙いとは? お酒を交えた2人が参院選をぶった切る! 他にも「N国党勢力拡大」や「吉本闇営業問題」など世間が気になる話題に2人が考えてる事とは? 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT
“首都の顔”あす決定 コロナで異例の選挙戦最終日
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “首都の顔”あす決定 コロナで異例の選挙戦最終日  東京都知事選挙は5日が投開票日です。最終日の4日、各候補は街頭やインターネットなどで最後の訴えを続けています。  東京都知事選にはれいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、現職の小池百合子氏(67)、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、前の熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、NHKから国民を守る党の党首・立花孝志氏(52)らのほか、立候補者は過去最多の22人で新型コロナウイルス対策や東京オリンピック・パラリンピックへの対応を主な争点として論戦が繰り広げられています。今回は感染症対策でオンラインだけで支援を訴えたり、街頭演説の時間や場所を事前に告知しないなど異例の選挙戦となりました。投開票は5日です。
小池百合子氏が再選 東京都知事選
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小池百合子氏が再選 東京都知事選  任期満了に伴う東京都知事選挙が行われ、現職の小池百合子知事が再選を果たしました。  小池都知事は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京版のCDC(疾病対策センター)の創設などを公約とし、東京オリンピック・パラリンピックの開催については来年の開催を目指すとしてきました。選挙戦では「密」を避けるために街頭演説を行わず、学生と意見交換する動画を公開するなどインターネットを活用して支持を訴えてきました。今回の都知事選には小池知事のほか、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、元日弁連会長・宇都宮健児氏(73)、前熊本県副知事・小野泰輔氏(46)、NHKから国民を守る党党首・立花孝志氏(52)ら過去最多の22人が立候補しました。小池知事は前回の選挙と同様に政党の推薦を受けずに無所属で立候補し、女性初の都知事としての再選を果たしました。投票率は5日午後7時半現在、投票率は37.32%で、前回を3ポイントほど下回っています。
都知事選で小池知事が再選 東京版CDC創設など公約
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 都知事選で小池知事が再選 東京版CDC創設など公約  任期満了に伴う東京都知事選挙が行われ、現職の小池百合子知事が再選を果たしました。  小池百合子都知事:「補正予算をしっかりと組み、命と経済を守ってゆく東京都。そして、世界のなかでの都市間競争に打ち勝つ東京を進めて参ります」  小池都知事は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京版のCDC(疾病対策センター)の創設などを公約とし、東京オリンピック・パラリンピックの開催については来年の開催を目指すとしてきました。選挙戦では「密」を避けるために街頭演説を行わず、学生と意見交換する動画を公開するなどインターネットを活用して支持を訴えてきました。今回の都知事選には小池知事のほか、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、元日弁連会長・宇都宮健児氏(73)、前熊本県副知事・小野泰輔氏(46)、NHKから国民を守る党党首・立花孝志氏(52)ら過去最多の22人が立候補しました。小池知事は前回の選挙と同様に政党の推薦を受けずに無所属で立候補し、女性初の都知事としての再選を果たしました。
過去最多22人立候補 東京都知事選で小池知事再選
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 過去最多22人立候補 東京都知事選で小池知事再選  過去最多の22人が立候補した東京都知事選挙は、現職の小池百合子知事が再選を果たしました。  小池百合子知事:「これから大切な2期目、その重責を担っていくその重さに大変、責任を感じるところでございます。喫緊の課題は何よりも新型コロナウイルス対策でございます。都民の皆様の健康、命、暮らしを守っていきたい」  小池知事は「密」を避けるため街頭演説は一切行わず、インターネットを活用して支持を訴えました。再選後のインタビューで「第2波に備えるという意味で非常に重要な時期」と話し、改めて公約に掲げた東京版のCDC(疾病対策センター)を創設する考えを示しました。  山本太郎氏:「いや~強かった百合子山。高かった~百合子山。他の候補者に託して頂いた票がたくさんあるわけですから、小池知事への課題は山積なのだろうと」  宇都宮健児氏:「コロナ対策の問題、オリンピックの問題、カジノ誘致等々の問題について、都民の皆様に訴えて都政の問題について争点化できたかなと」  今回の都知事選の投票率は55%で、前回より4.73ポイント下回りました。
都知事選投開票まで1週間 候補者がweb討論会で舌戦
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 都知事選投開票まで1週間 候補者がweb討論会で舌戦  東京都知事選まであと1週間となり、ウェブで生配信されるなか、候補者らによる討論会が行われました。  れいわ新選組代表・山本太郎氏(45):「大胆に底上げする以外ないんです。最初に10万円、給付させて下さい。必ず使い切って下さい。その10万円をあなたの地元で使って下さい」  東京都知事・小池百合子氏(67):「世界で一番、感染症に強い街『東京』をつくる。東京版のCDC(疾病対策センター)をつくっていきたい。医療機関の連携の強化や検査体制の強化を進めて参ります」  元日弁連会長・宇都宮健児氏(73):「7割くらいの感染者を受け入れているのが都立・公社病院ですので、抜本的に強化する。コロナ災害で傷付いている人の支援に取り組みたいと思っています」  前熊本県副知事・小野泰輔氏(46):「しっかりサテライトオフィスがあって、地元で働けて、近くで保育ができる。新しい東京づくりをこの危機の機会にやっていく」  NHKから国民を守る党党首・立花孝志氏(52):「感染によって医療崩壊して人工呼吸器を付けられない方が出ても経済を止めません。合理的根拠に基づく自粛を要請する」  討論会では齊藤健一郎氏(39)が「ストレスがない社会を作りたい」、服部修氏(46)が「感染防止で制限されたあらゆる文化活動を元通りにしたい」と訴えました。都知事選にはこの他に、七海ひろこ氏(35)(撤退表明)、込山洋氏(46)、西本誠氏(33)、押越清悦氏(61)、桜井誠氏(48)、竹本秀之氏(64)、関口安弘氏(68)…
GO
GO GO 普段は意識しないが、杉原は韓国の国籍を持つ所謂「在日」。中学までは民族学校に通っていたが、広い世界を見たくなり日本の普通高校に入学した。未だに将来の夢も進路も決まらず、バスケ部をやめて以来、喧嘩しかすることがない。父に、幼い頃から仕込まれたこともあって喧嘩は24連勝中。記念すべき初勝利の相手は、ヤクザの息子で同級生の加藤。今では親友だ。ある日、杉原は加藤のバースディパーティーで声をかけてきた少女・桜井と突然の恋に落ちる。ぎこちないデートを重ね、2人で同じ場所を歩き、同じものを観て、同じものを聞く度にお互いの気持ちが近づいていくのが分った。桜井の家に招待されて両親に会い、かみ合わない会話を交わした後、2人は部屋でキスをする。...いつかは告白しなきゃならない。自分が「在日」であることを...。そのことが、時々杉原の頭をよぎるけれど、それで全てを失うはずはないと思っていた。怖いくらい何もかもがうまく回り始める日々に、杉原は有頂天になっていく。悲劇は突然起こった。在日の親友・正一が駅で少年に刺され、命を落としてしまう。「話したい事がある。すげえ事なんだ。オマエなら分ってくれると思うんだ」直前まで正一と話していた杉原の耳には、正一の最後の言葉がいつまでも残って離れなかった...。