「川田広樹」の検索結果

「川田広樹」に関する情報は見つかりませんでした。
「川田」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#43『掃除を手軽に変えた!気づいた時にすぐに掃除できるコロコロ』二トムズ コロコロブランド部長:川田勉
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #43『掃除を手軽に変えた!気づいた時にすぐに掃除できるコロコロ』二トムズ コロコロブランド部長:川田勉 カーペットなどに付着した髪の毛やホコリを、器具を転がすだけで簡単に取ることができる、 そうした手軽さで家庭の必需品となったのが、1983年に誕生した「コロコロ」です。 開発のきっかけとなったのは、社内で発生した大量の返品業務。来る日も来る日も製品の梱包に明け暮れる中、ある社員の取った“ある行動”がコロコロ誕生につながったといいます。「この製品が実現すれば日本の掃除文化が変わるかも...」そう意気込んだのはいいものの、長年、工業用製品を製造してきた川田さんの会社。掃除用品どころか消費者向けの商品について開発のノウハウがなかったため、大きな苦労が待ち受けていました。 今回は川田勉さんに、研究開発における苦労秘話と、コロコロが日本人の掃除文化をどう変えたのかをお聞きしました。 【提供】日産自動車
1「ローラちゃん殺人事件」2「恩返し」3「川田くんの秘密」
面白南極料理人 1「ローラちゃん殺人事件」2「恩返し」3「川田くんの秘密」 17ヶ月前、隊員たちの心をかき乱し、雪に埋められたローラちゃん(人形)。その彼女がなぜかリビングに。しかもサバイバルナイフが刺さっていた。 2仲間とはぐれ、道に迷ってしまったという若い女性が基地に来た。彼女は機を織りたいと言い出した。しかも機を織りあげるまで、決して覗かないでほしいと念押しして...。 3最年少で素直な好青年の川田だが、実は両親が厳しく親の敷いたレールを歩いてきただけだという。心配した他のオジサン隊員たちは、残り1ヶ月でやりたい事を見つけろとアドバイスする。そして川田は...。
1「今日はホワイトデーだ」2「料理人の誕生会」3 「天下分け目の関ヶ原」
面白南極料理人 1「今日はホワイトデーだ」2「料理人の誕生会」3 「天下分け目の関ヶ原」 1最若手の川田隊員をめぐって、隊長金村と鈴木がただならぬ雰囲気に。他の隊員たちも妙によそよそしい。そして西村がクッキーを持って向かった先には...。 2 今日は料理人・西村の誕生日!誕生日の人はパーティの準備ができるまで何もせず至れり尽くせりのはずだったが、料理を作っている金村と川田にひっきりなしに呼び出され...。 3すき焼きで盛り上がる7人だが、作り方で大論争に。砂糖と醤油で肉を焼く関西組と割り下の関東組のどちらが美味しいか対決することに。
1「基地に女性が!?」2「主任がヤバイ」3「史上最高のラーメン」
面白南極料理人 1「基地に女性が!?」2「主任がヤバイ」3「史上最高のラーメン」 1ドーム基地にやってきて早3ヶ月。男7人での生活はもう限界状態。そこに、なんと女性が現れたのだ~~~!!!!突然、金村から召集がかかり、ある女性、ローラちゃんを紹介される。極限状態の隊員たちは、何の疑いも持たず、デレデレ顔でローラちゃんにすり寄っていく。そして、ローラちゃんを巡る壮絶な闘いが始まった。 2主任・鈴木が部屋に引きこもって一週間。隊員たちは、最初、自殺を心配していたが...。やがて「死んだ後、遺体をどう始末するのか?」と、真剣な議論が始まった。 3イタズラ好きの大将・西村に、-54°Cの氷の世界に締め出された川田は、復讐を誓う!!西村が一番傷つくのは、料理がマズイと言われる事。そう考えた川田は、こっそり謎の調味料を鍋に入れた。しかし...できあがったラーメンは大将も驚くほどの美味さだった。一体なにが起こったのか!?
1「あわや大惨事に!!」2「禁断の扉を...」3「東西粉物論争」
面白南極料理人 1「あわや大惨事に!!」2「禁断の扉を...」3「東西粉物論争」 1南半球の冬至を盛大に祝う「ミッドウィンターフェス」が始まった!!極寒の中で露天風呂大会など隊員たちは思い思いにイベントを考える中、イベントの最後は炉端焼き専門店。盆こと下平が、食堂で本格的な炉端焼きを始めるが、完全密閉されたドームの中に煙が充満しはじめて...まさかの!? 2下平が女性の服を見つけた。隊員たちは、誰かに着せてみたくなり一番若い川田が選ばれ、本格的に女装することに。 3夕御飯に合うのは、「お好み焼き」か「もんじゃ焼き」かで揉め始めた隊員たち。大阪出身の下平と広島出身の本木は「もんじゃ焼きはおやつ」と言い、東京下町出身の川田と愛知出身の鈴木はもんじゃ焼きを推す。どっちでもいい西村、松山、金村も巻き込み、「お好み焼き」VS「もんじゃ焼き」の粉物論争が巻き起こるが...。
1「ついに出た~泣」2「南極でも決して負けられない闘いが!!」3「ああシュウーマイ!!」
面白南極料理人 1「ついに出た~泣」2「南極でも決して負けられない闘いが!!」3「ああシュウーマイ!!」 1リビングに設置した隠しカメラの映像を全員で確認してみると...深夜のリビングに恐怖の●●が現れた...。 2一日の仕事を終えた西村、松山、本木、下平の4人がエキサイトしていた!!一体何が起こっているのか!? 3肉団子を持ったまま西村が死んだように寝ている。川田に起こされ、昼食まで時間がないと気付いた西村は大慌て。今からシューマイの皮から作っていては、到底間に合わない。西村はある方法を思いつく!!果たしてどんなシュウマイが完成するのか!?
1「もう少しで帰国だ」2「サンタさんへ」3「さらば愛しの南極」
面白南極料理人 1「もう少しで帰国だ」2「サンタさんへ」3「さらば愛しの南極」 1朝食での話題は、日本を出発する日の朝の話に。西村は娘との気まずい別れを思い出していた。 2クリスマスの日。酔って大盛り上がりする中、川田がサンタへのお願いを書いていた。それを見た隊員たちも、欲しいものを書き始める。気になる西村がこっそり読んでみると、みんなの願いごとは、思いもよらない内容だった...。 3最後の日、食事を全員揃って食べるオジサンたち。1年間の様々な出来事が思い浮かんでいた。そして1年間過ごしたドーム基地と、ついに別れの時がやってきた。感情があふれる隊員たち...。そして、さらば愛しの南極!!
バトル・ロワイアル [R15+]
バトル・ロワイアル [R15+] バトル・ロワイアル [R15+] 全国の中学3年生4万3000クラスの中から無作為に選ばれた1クラスを、最後の1人になるまで殺し合わせる新世紀教育改革法・通称【BR法】...1人ずつ支給される様々な凶器。ルールを破ると爆発する首輪。外界から遮断された無人島で、42名の中学生たちの、血塗られた3日間が唐突に、そしてあまりに理不尽に幕を上げてゆく...
第二十四番 夢の続き
火ノ丸相撲 第二十四番 夢の続き 互角の戦いを繰り広げる久世と火ノ丸。幼少の頃から孤高に相撲の技を磨いてきた久世と、生まれ持った体格のハンデを乗り越えて戦い続けた火ノ丸は、戦いを通じて互いの強さを認め合い、そして己の全てをぶつけ合う。
第三番 草薙剣
火ノ丸相撲 第三番 草薙剣 監督として加入した辻 桐仁(つじ・きりひと)は、全国大会を目指すための第一歩として、関東最強の栄華大附属高校との練習試合を決行する。桐仁に未だ半信半疑な部員達だったが、言われるがまま栄華大へ向かう。そこにはかつて火ノ丸の前に大きく立ちはだかったライバル、国宝・草薙=久世草介(くぜ・そうすけ)がいた。
第六番 魁!!柴木山部屋
火ノ丸相撲 第六番 魁!!柴木山部屋 柴木山部屋での特訓を行うことになった火ノ丸。しかし力士達はあまりにも小さな火ノ丸をまともに扱うことはなかった。しかし火ノ丸は、高校生離れした実力をプロの力士達に見せつけ、力づくで力士として認めさせた。緩んだ雰囲気は一気に引き締まり、稽古も白熱する中、それを影から見つめる不気味な視線が・・・。
第九番 鬼と月
火ノ丸相撲 第九番 鬼と月 激しい緊張感の中、2人の国宝「鬼丸国綱」と「三日月宗近」の大将戦の火ぶたが切って落とされた。火ノ丸は沙田の身のこなしに苦戦を強いられ、これまで磨いてきた「鬼車」も「鬼嵐」も封じられる。二点同時攻撃の「百鬼薙ぎ」を繰り出すも、反対に沙田の鋭い「双月」が火ノ丸の身体をついに捕えた。
第十四番 インターハイ開幕
火ノ丸相撲 第十四番 インターハイ開幕 小関の度胸試しと偵察を兼ねて金沢北高に乗り込む千比路、小関、堀の3人。対する北高の主将・相沢は3人を相手にせず、「伝統が無く、歴史が浅い」とダチ校相撲部を批判し、ショックを受ける小関であったが…。一方、柴木山親方に稽古をつけてもらった蛍は、監督として稽古を見守っていた桐仁にある想いをぶつける。
第十五番 鬼丸国綱と童子切安綱
火ノ丸相撲 第十五番 鬼丸国綱と童子切安綱 全国高等学校相撲選手権大会が開幕。順調に個人戦を勝ち進み、ついに火ノ丸は高校横綱・天王寺獅童との対決を迎える。全身全霊でぶつかっていくが、相手の動きを研究し尽くした天王寺にはまるで通用しない。体格差もあり体力を消耗する火ノ丸に、天王寺が襲い掛かる。
第十八番 僕の克ち方
火ノ丸相撲 第十八番 僕の克ち方 邪道と言われる変化を磨いてきた蛍は、真っ向勝負で戦っている火ノ丸の相撲を汚してしまうのではないかと悩みを抱えてきた。それでも「一勝」を掴みとるため、自分よりもはるかに体格の優れた相手に戦いを挑む。そして変化が読まれている中、蛍はある秘策を繰り出す。
第十九番 弱き心に、強き意志
火ノ丸相撲 第十九番 弱き心に、強き意志 鳥取白楼相撲部のナンバー2、加納と千比路の対戦。加納の圧倒的な相撲の才能の前に苦戦する千比路であったが、持ち前の格闘センスを活かした多彩な技で応戦する。しかし、追い込まれたことで逆に闘志に火がついた加納の両腕が千比路のまわしを捕えた。
第二十三番 発気揚々
火ノ丸相撲 第二十三番 発気揚々 インターハイ団体戦、副将戦。生まれも環境も全く違うが、幼い頃に見た横綱・大和国に憧れて相撲を始めた経歴を持つダニエルと小関はお互いの相撲観に親近感を持ちながら、正面から対峙するのであった。そしてついに大将戦。最大のライバル同士である火ノ丸と久世の対決の火蓋が切られた。
第四番 ダチ高の五人目
火ノ丸相撲 第四番 ダチ高の五人目 早朝のワカメ漁など、次々と奇妙な特訓を命じる桐仁。それは不安定な船上でバランスを鍛えるための特訓だった。部員達は桐仁の指導に感心しつつも、経歴と実力が不明なため不信感を抱え、ついには不満を爆発させてしまう。監督としての実力を示すため、桐仁は全くの素人である1年生の三ツ橋蛍(みつはしけい)を使って他の部員達を倒すと宣言をする。
第五番 さわやか☆力士 沙田美月
火ノ丸相撲 第五番 さわやか☆力士 沙田美月 隣町の石神高校に出稽古に行くことになったダチ高相撲部。石神高校は関東大会準優勝の強豪校で、元中学生横綱の国宝・三日月宗近=沙田美月(さだ・みつき)が在籍している。沙田との対決に期待する火ノ丸だったが、辻は火ノ丸にある特別な会場を用意していた。 一方、補修授業で居残りの千比路の前に、相撲部の偵察と称して他校から謎の人物が現れる・・・!
第七番 愚直な道化
火ノ丸相撲 第七番 愚直な道化 いよいよ始まったインターハイ県予選!無名のダチ高は完全になめられていたものの火ノ丸は他校の生徒を豪快に投げ飛ばしていく。次に続く選手たちも快勝を続け、礼奈たちが見守る観客席からもどよめきが一気に広がる。決勝の舞台へ勝ち進み、因縁の石神高校との対決が始まった。これまで一度も勝利したことがない蛍であったが、彼の眼には強い覚悟が宿っていた。
第八番 覆水盆に返らず
火ノ丸相撲 第八番 覆水盆に返らず 一勝一敗で金盛と佑真の試合が始まる。佑真は追い込まれながら今自分がここにいる意味を問いただしていた。大会前、佑真はかつて自分が不良の道に進み、投げ出してしまった空手の道場を訪れる。師範に対し、これまでの非礼と過ちを謝罪し、更生を誓い再び教えを乞うが、師範は空手で人を傷つけた過去は許すことはできないと一刀両断する。
第十番 譲れない気持ち
火ノ丸相撲 第十番 譲れない気持ち 団体戦の余韻も束の間、個人戦トーナメントが始まる。仲間同士の対決に戸惑う小関をよそに、千比路はやる気満々で持ち前の格闘センスでトーナメントを順調に勝ち上がっていく。そんな様子を見て悩みが吹っ切れていく小関。一方火ノ丸は、団体戦で受けた右腕の負傷を部員達に隠しながら、仲間との対決に臨む。大事な仲間と真剣勝負をすることも火ノ丸なりの彼らへの礼儀であった。
第十一番 焼肉
火ノ丸相撲 第十一番 焼肉 熱く激しかった戦いも終わりダチ校相撲部を待ち受けていたのは、県大会優勝を祝福する校門の垂れ幕と、生徒たちの声援だった。大会の動画が校内に拡散されていたことを知り戸惑う部員達の前に、一年生の堀 千鶴子(ほり・ちづこ)が現れ、大会の健闘を他生徒たちに伝えるべく動画をアップロードしたことを説明した。そして彼女はある告白をする。
第十二番 激突!!名古屋城
火ノ丸相撲 第十二番 激突!!名古屋城 柴木山部屋へ遠征することになったダチ校相撲部は、火ノ丸の希望で名古屋城の観光をすることに。相撲イベントに飛び入り参加した火ノ丸は、そこに居合わせた学生と相撲を取ることになった。それは偶然にも国宝・大典太光世=日景典馬であった。国宝同士の対決は一気に真剣勝負の場へと発展する。磨きあげた「百千夜叉墜(ひゃくせんやしゃおとし)」を放つ火ノ丸であったが・・・。
第十三番 100円玉の修業
火ノ丸相撲 第十三番 100円玉の修業 元横綱・駿海の道場に来た火ノ丸。そこで言い渡された指令は「100円でカレーを人数分用意すること」だった。火ノ丸と礼奈は与えられたお題に試行錯誤を繰り返すが失敗ばかり。理由も分からず稽古も制限される中、突然典馬が稽古場に現れ、火ノ丸の代わりに自分を弟子にすることを駿海へ要求する。弟子の座を賭け、再び対決が始まる!
第十六番 国宝 is デリシャス
火ノ丸相撲 第十六番 国宝 is デリシャス 右腕の治療のため、柴木山の行きつけの診療院に駆け込む火ノ丸。緊急の治療をしたところで強豪の金沢北高に勝てるはずがないと、治療の引き受けを拒否する医師・蟹江(かにえ)に対し、火ノ丸はダチ校相撲部への想いを語る。胸を打たれた蟹江は治療を開始する。一方、火ノ丸不在のダチ校は全国3位の金沢北高に挑むのであった。
第十七番 相撲の神に愛された男
火ノ丸相撲 第十七番 相撲の神に愛された男 初日の団体戦を終え、練習場へ向かうダチ校。そこに現れたのは沙田をはじめとする石神高校の面々であった。沙田は、鳥取白楼戦の練習相手として協力をすることを提案する。その頃、個人戦決勝トーナメントでは、公式戦無敗のまま王道を駆け上がる久世と、百戦錬磨の覇王・天王寺の戦いが始まろうとしていた。
第二十番 鬼丸国綱と童子切安綱、再び
火ノ丸相撲 第二十番 鬼丸国綱と童子切安綱、再び 鳥取白楼戦、ついに大将同士の対決が始まる。久世に敗れたことで自らを『挑戦者』として受け入れてしまっていた天王寺は、部員達の期待に応えるため再び『横綱』として奮起し復活を遂げる。それに挑む火ノ丸も仲間や周囲に支えられて高校横綱に挑む。一度敗れ去った者同士の戦いはお互いの技の読み合いで一進一退の攻防が続く。
第二十一番 バカとバカ
火ノ丸相撲 第二十一番 バカとバカ 激戦が終わり、勝利を喜ぶダチ校相撲部であったが、その和やかなムードに礼奈は一人違和感を覚える。勝利に浮かれ緩んだ空気に礼奈が喝を入れることで改めてダチ校の気持ちがひとつになったのであった。そしてついに団体戦の決勝戦。栄華大に挑む先鋒・千比路の前に立ちふさがる兵藤真磋人(ひょうどう・まさと)は、千比路の実の兄であった。
第二十二番 忘れられた国宝・鬼切安綱
火ノ丸相撲 第二十二番 忘れられた国宝・鬼切安綱 土俵に上がる桐仁。これまで監督としてチームを支えてきた桐仁であったが、怪我をしてしまった蛍から強い想いを託され、選手として戦いに挑むのであった。土俵上での活動限界がある中、栄華大・澤井に正面から組合い、技を繰り出すが、相手の巧みな試合運びのため、ついに20秒のタイムリミットを超えてしまう。