「巫条霧絵」の検索結果

今すぐ視聴する

第一章 俯瞰風景
劇場版「空の境界」 第一章 俯瞰風景 「行こう、行こう、行こう、行こう――」 私はただ望んだだけ。 この窓の外の世界を。 彼に連れて行ってほしかっただけ。 それは、少女たちの飛び降り自殺が相次いだ夏の終わりの物語。彼女たちは、突発的に廃墟と化したビルの屋上から空へと踊る。そして落下。待っているのは死。 学校も異なり、互いに交友関係もなく、一切の関係性と自殺の理由も見いだせぬまま不可解な自殺事件として報道されるなか、唯一、その関連を見いだした者がいた。 最高位の人形師で魔法使いになれなかった魔術師の蒼崎橙子、その人である。 むしろ、「理由がない」ことが共通点だ、と。 そして、浮遊と飛行の差違。 この連続自殺事件の捜索に乗り出したのは、万物の生の綻びこと死線を視る力「直死の魔眼」を持つ両儀式。 彼女には、この事件に関わらざるを得ない事情があった――。 望まぬまま得た力により、虚空に舞う少女たちの幽霊をその瞳に捕らえる式は果たして、なにを思うのか。 たとえば、それはともすれば同じ道を辿っていたかもしれない同胞への哀れみ、または同族嫌悪。 たとえば、それは大切な存在を危うくする者への敵意。 あるいは、実に明確な殺意。   そんなものがないまぜになったまま、式は痛ましい現場となったビルへと向かう……それが、幾重にも張り巡らされた罠への序章にすぎないことも知らずに。 第一の事件。第一の駒。その先に待っているのは無限螺旋。今、終焉に向けすべてが動きだす。

おすすめの作品

Walls~壁がつくる世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 Walls~壁がつくる世界 実はいま、世界で「壁」が急増している。「トランプの壁」計画で揺れるアメリカ―メキシコ国境3200キロを朝日新聞GLOBE記者がたどった。命がけの密入国と、それを阻もうとする当局の攻防、そして壁を越えて交流する人々の実態を描く。
君たちはどう休むか
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 君たちはどう休むか 今回のテーマは「休む」。テクノロジーの発達で、24時間誰とでも瞬時につながるようになった現代人。仕事とプライベートが解け合う世界で、私たちはどうしたら「休む」ことができるのだろう。ドイツでは、“ライフ”と“ワーク”をとことん融合させるadidas社の斬新な就業スタイルを、フランスでは“つながらない権利”整備後の人々の生活を、GLOBE取材班がレポート。人間らしく「休む」にはどうしたらいいのかを考える。
疲れる土
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 疲れる土 私たちの足元にいつもある「土」。しかし決して当たり前にあるものと思ってはいけない。土は長い年月をかけてできた自然の恵みの集大成とでもいうべきもの。私たちが一方的に使うだけならいつかは失われてしまう。森や水、石油や鉱物と同じように...。その「土」が疲れている。劣化し悲鳴をあげている土に対して、人間は何ができるのだろう?イスラエルでは、“点滴”を施すことで砂漠土での作物栽培を可能に。ブラジルは、不毛だったはずの赤い土を造り替え、一大農業国にのし上がった。エジプト、ウクライナ、そして日本。各国の「土」事情をチームGLOBEが取材。私たちは「土」とどう向き合うべきなのかを考える。
未来をあきらめない~SDGsで見える世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 未来をあきらめない~SDGsで見える世界 「このままでは、地球はもたない...!」強い危機意識から生まれた、SDGsとは。食品ロス問題にいち早く取り組んだパリの取り組みや、日本にも関係の深い、ハワイの海洋ゴミ問題などを取材。いま、私たちにできることは?
不自由な自由貿易
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 不自由な自由貿易 それぞれの国がモノやサービスを自由にやりとりすれば、みんなが恩恵を受けられるー。そんな世界を目指した「自由貿易」が今、試練に立たされている。主導者だったアメリカは力を失い、トランプ大統領は保護主義的な政策を繰り出している。「自由貿易」は“終わって”しまうのか?一方、貿易そのものの形も大きく変わりつつある。やりとりの中心は「モノ」から「データ」へ。 ドイツ・BMWでは、3Dプリンターで“印刷”して部品を製造している。データを送るだけで、世界中どこででも同じ品質の部品が造れるというわけだ。低賃金の労働者を求めて海外に工場を移す必要はもはやない。「自由貿易」の未来はどうなるのか?チームGLOBEが世界を取材した。
怒りの正体
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 怒りの正体 怒りはやっかいな感情だ。自分の怒りを制御するのも、他人の怒りを鎮めるのも難しく、あたまに血が上って我を失い、仕事や家庭まで失った人も決して少なくはない。しかし、ただの悪者でもない。世界には世の中のために「もっと怒りなさい」という人もいる。怒りのエネルギーが社会運動につながり政権を揺るがすこともあれば、民衆の怒りが為政者に利用されることもある。怒りの正体とは一体何なのだろう。SNSによって若者の怒りが反政府デモの大きなうねりとなったセルビア、入場料20ドル・物を叩き壊すことで怒りを発散できるサロン「レイジルーム」が活況を呈するカナダほか、GLOBEが世界の“怒り”の現場をリポート。怒りを幸せに変えることはできるのか、考える。
王室2019~君主たちのサバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 王室2019~君主たちのサバイバル 世界の君主たちは今、国民に支持される新しい王室のあり方を懸命に模索している。アーティストとして活躍する女王、人気モデルのイケメン王子、民主化のシンボルとして注目を集める王妃...チームGLOBEは今回、そんな“サバイバル”に挑むさまざまな王族を取材。イギリス、デンマーク、モロッコ...各国王室の今を追った。ブルガリアでは、第二次大戦後に退位を強いられ、半世紀にわたり祖国を離れていたにもかかわらず、2001年国民の圧倒的な支持により首相となった、シメオン2世ことシメオン・サクスコブルグに単独インタビュー。6歳で国王に64歳で首相になった男の数奇な運命とは...。変容する世界の王室を見つめ、「王室」と「国民」との関係そして「君主」と「民主主義」のあり方を考える。
FRBと日本銀行~中央銀行の力とは?
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 FRBと日本銀行~中央銀行の力とは? 2月5日、FRBトップに、ジェローム・パウエル氏が就任。いきなり株価暴落に見舞われ、波乱の船出となった。日本では、任期満了を迎える黒田総裁の去就に注目が集まっている。 リーマンショック後に各国の中央銀行が推し進めてきた、史上類を見ない「金融緩和」政策。その功罪は? トップ人事の節目に、中央銀行の力と、その限界を考える。
テクノロジーの世紀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 テクノロジーの世紀 今回のテーマは「テクノロジー」テクノロジーは私たちの暮らしを劇的に変えている。そんなテクノロジー進化のエネルギーは私たちの欲望だ。アメリカでは、AI搭載のラブドールが開発され注目を集めている。はたして人間がロボットを愛する日は来るのか...?アメリカ・中国・東京、技術と欲望が形作る近未来を考える。
「天才」の育て方
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「天才」の育て方 AI時代にも色褪せない才能とは何か。独創的な研究を続ける若き「天才」に密着。彼を育てた母親と恩師のことばから、「才能の伸ばし方」のヒントをさぐる。ITエリートを輩出する中東イスラエルでは、軍が育てた天才2人の発明品を取材。仲間と共に学び、高めあう「ポジティブな共同性」の大切さを考える。