「引退 見逃し」の検索結果

「引退 見逃し」に関する情報は見つかりませんでした。
「引退」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

サクラ大戦 神崎すみれ引退記念 す・み・れ
サクラ大戦 神崎すみれ引退記念 す・み・れ サクラ大戦 神崎すみれ引退記念 す・み・れ その日、大帝国劇場は祝花と満員の観客で埋めつくされていた。 今日は引退公演、すなわち神崎すみれ最後の舞台。 すみれは自分の身体の異常に薄々気付いていた。 そんなとき、窓から吹き込む風で偶然すみれの花が散るのにふれ、自分の引き際を悟る。悲しむ花組メンバーたちを説きふせ、これからの花組を託して引退を決意する。 そこには引退公演となる最後の舞台にのぞむすみれの姿が……。 新曲「すみれチャチャチャ」が流れ始めた。今、神崎すみれの輝かしいラストステージが、光あふれるセンタースポットのなかで始まろうとしていた……。
第4話 「引退へのレール」/「プロになれなかった男」
グラゼニ 第4話 「引退へのレール」/「プロになれなかった男」 凡田夏之介の今日の相手は瀬戸内カーナビーツの41歳のスーパースター、年俸4億の土手来。去年、夏之介がデッドボールを当てて手首を骨折させた選手だ。最近やっと復帰したが24打席ノーヒット。今日打たなければ球団は土手来に引退勧告することになっていた。この因縁の対決で、土手来は夏之介を打って引退勧告を白紙撤回させるのか?それとも夏之介が抑えて土手来に引導を渡すイヤな役目を演じてしまうのか?
#48:〝伝説のキャバ嬢〟愛沢えみり引退に密着!
給与明細 #48:〝伝説のキャバ嬢〟愛沢えみり引退に密着! ▼1本1000万超えのシャンパンに乱れ飛ぶ札束、引退イベント2日間の驚愕の売り上げ額は!? ▼愛沢えみり引退後の生活とキャバ嬢たちのセカンドキャリアの実態が明らかに! ▼最近の大きい買い物は6000万!?超高級マンション自宅でプライベートに迫る!
芦澤が笑顔で“引退“宣言!「とりあえずまた会う日までって感じです。」
K-1 WGP 2019.6.30 ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~ 芦澤が笑顔で“引退“宣言!「とりあえずまた会う日までって感じです。」 恒例の試合終わり会見で芦澤が引退について激白!
第146話 ボーナス争奪戦4
無料
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第146話 ボーナス争奪戦4 今年を最後にプラモ屋が引退するという。プラモ屋引退戦となる、恒例?商店街とのボーナス争奪戦の行方は?
第7話 「二軍なのに一軍」
グラゼニ 第7話 「二軍なのに一軍」 第4の捕手・東光が一軍にあがってきた。32歳。年俸500万。大学時代スター選手として活躍し主将も務めたが、プロ入りしてからこれといった実績がない。この日も代打で結果を残せなかった。大学時代の親友でスポーツ紙のエース記者の北村が引退して就職することを勧めるが、東光はガンとして拒否する。翌日、スタメンで出場した東光の打棒が炸裂した。そしてリリーフで登板した夏之介とバッテリーを組んだ。
第14話 「甘チャン」
グラゼニ 第14話 「甘チャン」 夏之介と一緒に一軍にあがった選手がいた。樹六破だ。夏之介と同い年で大卒4年目の外野手。年棒は650万。樹は典型的な草野球のオッサンタイプで、和菓子屋チェーン店の社長のひとり娘と結婚して、引退後は社長を継ぐことが決まっていた。樹の妻は妊娠9ヵ月で、樹は生まれてくる子供のために張り切っているが、試合でいい当たりを連発してもヒットにならない。樹には肝心のプロ意識が欠けていた。
#80:生涯給与は二桁億…日本一キャバ嬢エンリケ最後の出勤
給与明細 #80:生涯給与は二桁億…日本一キャバ嬢エンリケ最後の出勤 ▼日本一稼ぐキャバ嬢エンリケが13年間のキャバ嬢人生の幕を閉じる。引退式ラスト2日間&引退翌日に密着 ▼誕生祭に引き続き今回もカオスなバックヤード。あられもない姿を晒していたキャバ嬢たちは今… ▼キャバ嬢人生、生涯給与は二桁億越え!その驚愕の金額は?彼女の手元に保管された最高月収の給与明細も大公開!
#89:“私たちはAV女優だった”異国で稼ぐ元レジェンド女優
給与明細 #89:“私たちはAV女優だった”異国で稼ぐ元レジェンド女優 【見どころ】 ▼元祖ハーフセクシー女優、元国民的アイドルに激似!ギャル系セクシー女優、2019年引退 清楚系セクシー女優 のセカンドライフに密着 ▼引退して10年、海外で再ブレイク!?芸能活動のみならず、複数の飲食店を経営する敏腕実業家に転身の女優は誰? ▼第二の人生を歩む彼女たちの現在の給与とは?
第11話
花遊記<ファユギ> 第11話 幼いソンミを無事に取り戻した大人のソンミ。三蔵の能力も戻り、ソンミは緊箍児を再び作動させて一件落着する。聖火ランナーに選ばれた魔王は、公衆の面前で男に刺されてしまう。回復の見込みは立たず、容体は深刻な状態であるというニュースがマスコミに流れる。妖怪の魔王が死ぬはずはないが、これを機に人間の自分は死ぬことにすると魔王は宣言する。魔王が死ぬのなら当然マ秘書も死ぬと言い、八戒も引退して死のうかと言い、沙悟浄は会長職を引退したら死ぬと、それぞれの計画を言う。
第36話 クラウスは倉臼と書いて日本人
無料
ハヤテのごとく! 第36話 クラウスは倉臼と書いて日本人 なにやらブラジルでタマと一緒に過ごす夢によってうなされ、夜中に目が覚めたクラウス。夢のことをナギに話すと、夢は潜在的な欲望の具現化ということで、ナギはクラウスに引退をしてもいいと伝える。だが、クラウスは、自分が引退したら三千院家はダメになるのではないかと心配するが、ナギはまったく心配していないと言う。面と向かって、心配ないと言われかなり落ち込むクラウス。そんな様子を心配したマリアは、クラウスに引退しないように説得するのだった。
マッドマックス
マッドマックス(字幕) マッドマックス 凶悪な暴走族の暴行殺人が多発する数年後の近未来相棒の死をきっかけに警察を引退したマックスは家族と休養の旅に出るところが、旅先でトッカーター率いる暴走族グループに、最愛の、妻子を殺されてしまう。復讐心に燃えるマックスは、暴走族用に開発された追跡専用パトカー<インターセプター>を駆って、たった一人で壮絶な闘いを仕掛けていく!スタントマン死亡説が飛び出すほどリアルなカーアクションも話題となった大作。
第11話 「投げるタマがない」
グラゼニ 第11話 「投げるタマがない」 「ハッタリ」と「ツッパリ」が売りの「番長」の原武は、地元広島で絶対的な人気を誇る瀬戸内カーナビーツの中継ぎ投手だ。夏之介は原武が大好きで尊敬している。球速遅い原武はやたらインターバルが長い。1球投げるのにものすごく時間をかける。その投球スタイルで14年間もプロでやってきたのだ。リリーフで登板した夏之介はこの原武と投げ合い、そしてチャンスで夏之介に打席が回ってきた。
第15話 「首位浮上」
グラゼニ 第15話 「首位浮上」 樹六破は試合前の練習でホームラン性の当たりを連発するが、試合ではまったく打てない。肝心の勝負どころでボール球に手を出してチャンスを潰し、守備でも足を引っ張って、夏之介が負け投手になってしまう。翌日、大差の負け試合でやっとプロ入り初ヒットを打って樹は大喜びしたが、監督はチャンスに弱い樹の2軍落ちを決意。夏之介は樹を叱咤し、「もっとプロ意識を持て」とカツを入れる。
第24話 「契約更改・後編」
グラゼニ 第24話 「契約更改・後編」 球団の査定と夏之介の希望額の差は、わずが100万。されど100万。100万のために夏之介は必死にアピールして粘る。だが球団は絶対に認めようとしない。激しいやりとりの末、とうとう険悪なムードに……。ところが、最悪な状況から脱却する方法を思案する夏之介に、とある情報がもたらされる。それはビッグスター同士の芸能ゴシップ。夏之介はそれ見て、あることを閃いた。
【引退宣言の行方は!?】大岩 vs 芦澤
K-1 WGP 2019.6.30 ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~ 【引退宣言の行方は!?】大岩 vs 芦澤 2019年6月30日(日)に両国国技館で開催されたK-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~をAbemaTVにて配信!
【煽りパワポで引退を阻止!】大社長 vs ササダンゴマシン
DDT LIVE!ビッグマッチ 【煽りパワポで引退を阻止!】大社長 vs ササダンゴマシン 2019年7月15日東京・大田区総合体育館で行われたDDTプロレスリング「Wrestle Peter Pan 2019」をAbemaTV特別編集にて配信!
第1話 「僕の職場」/「谷間」
無料
グラゼニ 第1話 「僕の職場」/「谷間」 凡田夏之介はプロ野球・神宮スパイダースの左の中継ぎ投手だ。入団8年目の26歳。年俸1800万。毎試合、打者の年俸をチェックし、肩を作って出番に備える。今日の対戦相手は大阪テンプターズの代打の代打、右打者の土井。2人の子供を抱えて社会人野球から26歳で入団した4年目の選手で年俸は700万。今日打たなければ2軍降格。来年の契約も危うくなる。だが夏之介は全力で立ち向かう。明日は我が身だからだ。
第2話 「習性」/「友達(ダチ)」
グラゼニ 第2話 「習性」/「友達(ダチ)」 中継ぎ投手の凡田夏之介はコーチから「悲しき習性」を指摘される。夏之介は自分の年俸1800万より下の選手には滅法強いが、上の選手にはやたら打たれる。5000万以上の選手はそこそこ抑えるのだが。案の定、今日も年俸が上の選手に打たれた。翌日、夏之介は年俸が同じ打者と初めて対戦した。同じ年俸ならどうなる? 投手と打者の勝負には引き分けはない。夏之介にとって一番負けたくない相手だった。
第3話 「県人会」
グラゼニ 第3話 「県人会」 神宮スパイダースに山梨県人会なるものがある。リーダーはOBで解説者の徳永。彼は成績不振の若手外野手の大野と凡田夏之介に同郷の先輩としてカツを入れた。大野には年間30本塁打のペースに乗せるため今から4試合で本塁打を4本打てと、夏之介には防御率を2点台まで下げろと、厳しいノルマを課した。これはプロで生き残るために必要な数字なのだと。2人はノルマ達成を目指して試合に臨んだ。
第5話 「安全な株・危険な株」
グラゼニ 第5話 「安全な株・危険な株」 野球マンガのモデルになることになっ凡田夏之介は、マンガ家の牧場の取材を受けた。ところが発売されたマンガ雑誌には、野球マンガではなく牧場のヒット作のパート2が掲載されていた。牧場は締切り直前になって、当たるかどうかわからない野球マンガを諦め、ヒット作のパート2という安全な株を選んだのだ。そんなとき抑えのエース瀬川が不調で2軍に落ち、夏之介が新ストッパーの候補にあがった。
第6話 「倍数」
グラゼニ 第6話 「倍数」 凡田夏之介の年俸は1800万。年俸が倍数の選手が気になって仕方がない。彼らはみな肉食系で、よく飲みよく食べる。名古屋ワイルドワンズにはジャスト10倍の選手がいる。1億8000万の3番打者の関谷だ。関谷は東京に遠征したときはいつも朝まで豪快に飲む。そのくせ二日酔いでもここぞという勝負どこで必ず打つ。そして今日、1点リードの2死満塁の大ピンチで関谷を迎え、夏之介がマウンドが上がった。
第8話 「球場までの通勤事情」
グラゼニ 第8話 「球場までの通勤事情」 外国人選手は、外国人枠というルールのせいで、全員が試合に出られるわけではない。2軍暮らしの投手のトーマスもそのひとりだ。トーマスはいつクビを切られるか心配でいつもビクビクしているのに、マウンドではすぐ切れてカッカする。そのトーマスが急遽、横浜スタジアムでの川崎カーナビーツとの試合に先発することになった。夏之介はトーマスと一緒に電車で横浜に向かい、カッカしないようにいろいろアドバイスしたが——。
第9話 「教師or反面教師」
グラゼニ 第9話 「教師or反面教師」 バッティングピッチャー兼スコアラーの栗城は、夏之介に球速が上がるという投球フォームをいろいろ親切に教えてくれる。2軍時代に栗城に世話になった夏之介は、そのアドバイスを無視できずに困っている。断りきれなくなった夏之介は、仕方なく投球フォームを変えた。すると球速がアップして、結果も出た。だが、それに反比例してコントロールの精度が落ちていた。そして肝心の勝負どころで——。
第10話 「高卒と大卒」
グラゼニ 第10話 「高卒と大卒」 夏之介は甲子園球場が苦手だ。大阪テンプターズの応援団の声援でマウンドが揺れるからだ。登板した夏之介はたちまち無死満塁の大ピンチに。次の打者は大卒のゴールデンルーキーの江連と、4年前の高卒のゴールデンルーキーだった石元。2人は高校時代ライバルだったが、この年江連が入団して、ふたたびライバルとなった。今日結果を出した方が一軍に残ることになっていた。だが夏之介は自分の年俸より下の打者には滅法強い。
第12話 「コドクなグルメ」
グラゼニ 第12話 「コドクなグルメ」 夏之介が密かに憧れている女性がいる。定食屋のバイトのユキちゃんだ。彼女考案の唐揚げチャーハンが大好きな夏之介は時々店に食べに行く。だが彼女は夏之介がプロ野球選手であることを知らないうえになんと大阪テンプターズの大ファン。その彼女が店の常連客たちとテンプターズの試合を見に神宮球場へ来た。ブルペンの夏之介は気になって仕方がない。そして上位打線を迎えたところでマウンドに夏之介が立った——。
第13話 「一軍復帰」
グラゼニ 第13話 「一軍復帰」 9月、神宮スパイダースの凡田夏之介は4ヵ月ぶりにやっと一軍に復帰した。交流戦直前のこと、先発投手がカゼを引き、中継ぎ投手の夏之介が急遽名古屋で先発した。ところが、打者走者と2塁上で交錯して右手首を骨折してしまったのだ。だが、チームは幸運にも優勝争いをしていた。中継ぎ投手として頑張って優勝に貢献すれば、棒に振った4ヵ月分を挽回できる。しかし、出番がなく、夏之介は焦るばかりだった。
第16話 「祝・リーグ優勝」
グラゼニ 第16話 「祝・リーグ優勝」 首位浮上の原動力となった樹六破の当たりが突然止まって、優勝争いは大阪テンプターズとの直接対決に持ち込まれた。神宮での最終戦、樹の妻が緊急入院して帝王切開し、生まれた赤ちゃんが集中治療室に入っていると連絡が入った。樹は大きなショックを受けて野球どころではなくなってしまう。引き分けならスパイダースの優勝が決まる。だが0−0の9回、リリーフで登板した夏之介が勝ち越し本塁打を許し、優勝に赤信号がともった
第17話 「ココだけのおハナシ」
グラゼニ 第17話 「ココだけのおハナシ」 夏之介はラジオの生番組に出演したが、あがらないようにと思って放送前にお酒を飲んでいた。ところが、アルコールと極度の緊張から本番でつい日本シリーズを批判するようなことを言ってしまった。スタジオは騒然となり夏之介はパニックに陥る。実はクライマックス・シリーズのファイナルステージ、大阪テンプターズとの最終戦で、夏之介が押し出しのフォアボールを与え、チームは日本シリーズ進出を逸していたのだ。
第18話 「さびしい季節」
グラゼニ 第18話 「さびしい季節」 夏之介のチームの先輩である投手の是川が神戸の球団に移籍することになり、夏之介は憧れのユキちゃんがバイトしている定食屋で是川と別れの食事をした。ユキちゃんや客たちは甲子園球場での大阪テンプターズと所沢ジャガーズの日本シリーズ最終戦のテレビ中継を見て盛り上がっていた。夏之介の心中は複雑だったが、是川はなんとユキちゃんと甲子園の思い出話を始め、夏之介も初めてユキちゃんと口をきいた—。