「引退 速報」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#47:大悟が引退会見!ノブ感動…大悟にドッキリも!
チャンスの時間 #47:大悟が引退会見!ノブ感動…大悟にドッキリも! ★引退会見パンチライン王決定戦 将来あるかもしれない引退に備えてカミナリ・ジョイマン・千鳥大悟が引退会見のシュミレーション。ノブにささるパンチラインを決めるのは!? ★タトゥーの絵柄探しBINGO キレツッコミで人気急上昇中のきしたかのが、街角でタトゥー調査ロケ! ★大悟の人間性検証ドッキリ第7弾!
第4話 「引退へのレール」/「プロになれなかった男」
グラゼニ 第4話 「引退へのレール」/「プロになれなかった男」 凡田夏之介の今日の相手は瀬戸内カーナビーツの41歳のスーパースター、年俸4億の土手来。去年、夏之介がデッドボールを当てて手首を骨折させた選手だ。最近やっと復帰したが24打席ノーヒット。今日打たなければ球団は土手来に引退勧告することになっていた。この因縁の対決で、土手来は夏之介を打って引退勧告を白紙撤回させるのか?それとも夏之介が抑えて土手来に引導を渡すイヤな役目を演じてしまうのか?
#48:〝伝説のキャバ嬢〟愛沢えみり引退に密着!
給与明細 #48:〝伝説のキャバ嬢〟愛沢えみり引退に密着! ▼1本1000万超えのシャンパンに乱れ飛ぶ札束、引退イベント2日間の驚愕の売り上げ額は!? ▼愛沢えみり引退後の生活とキャバ嬢たちのセカンドキャリアの実態が明らかに! ▼最近の大きい買い物は6000万!?超高級マンション自宅でプライベートに迫る!
芦澤が笑顔で“引退“宣言!「とりあえずまた会う日までって感じです。」
K-1 WGP 2019.6.30 ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~ 芦澤が笑顔で“引退“宣言!「とりあえずまた会う日までって感じです。」 恒例の試合終わり会見で芦澤が引退について激白!
第7話 「二軍なのに一軍」
グラゼニ 第7話 「二軍なのに一軍」 第4の捕手・東光が一軍にあがってきた。32歳。年俸500万。大学時代スター選手として活躍し主将も務めたが、プロ入りしてからこれといった実績がない。この日も代打で結果を残せなかった。大学時代の親友でスポーツ紙のエース記者の北村が引退して就職することを勧めるが、東光はガンとして拒否する。翌日、スタメンで出場した東光の打棒が炸裂した。そしてリリーフで登板した夏之介とバッテリーを組んだ。
第14話 「甘チャン」
グラゼニ 第14話 「甘チャン」 夏之介と一緒に一軍にあがった選手がいた。樹六破だ。夏之介と同い年で大卒4年目の外野手。年棒は650万。樹は典型的な草野球のオッサンタイプで、和菓子屋チェーン店の社長のひとり娘と結婚して、引退後は社長を継ぐことが決まっていた。樹の妻は妊娠9ヵ月で、樹は生まれてくる子供のために張り切っているが、試合でいい当たりを連発してもヒットにならない。樹には肝心のプロ意識が欠けていた。
第36話 クラウスは倉臼と書いて日本人
ハヤテのごとく! 第36話 クラウスは倉臼と書いて日本人 なにやらブラジルでタマと一緒に過ごす夢によってうなされ、夜中に目が覚めたクラウス。夢のことをナギに話すと、夢は潜在的な欲望の具現化ということで、ナギはクラウスに引退をしてもいいと伝える。だが、クラウスは、自分が引退したら三千院家はダメになるのではないかと心配するが、ナギはまったく心配していないと言う。面と向かって、心配ないと言われかなり落ち込むクラウス。そんな様子を心配したマリアは、クラウスに引退しないように説得するのだった。
【歓喜】3/21後楽園大会に引退間近の長州力が参戦決定!!
DDT LIVE!後楽園 【歓喜】3/21後楽園大会に引退間近の長州力が参戦決定!! 2019年1月27日に東京・後楽園ホールで開催された「DDT Sweet Dreams!2019」 のハイライトシーンをAbemaTVが厳選してお届け!
第2話 「習性」/「友達(ダチ)」
グラゼニ 第2話 「習性」/「友達(ダチ)」 中継ぎ投手の凡田夏之介はコーチから「悲しき習性」を指摘される。夏之介は自分の年俸1800万より下の選手には滅法強いが、上の選手にはやたら打たれる。5000万以上の選手はそこそこ抑えるのだが。案の定、今日も年俸が上の選手に打たれた。翌日、夏之介は年俸が同じ打者と初めて対戦した。同じ年俸ならどうなる? 投手と打者の勝負には引き分けはない。夏之介にとって一番負けたくない相手だった。
第3話 「県人会」
グラゼニ 第3話 「県人会」 神宮スパイダースに山梨県人会なるものがある。リーダーはOBで解説者の徳永。彼は成績不振の若手外野手の大野と凡田夏之介に同郷の先輩としてカツを入れた。大野には年間30本塁打のペースに乗せるため今から4試合で本塁打を4本打てと、夏之介には防御率を2点台まで下げろと、厳しいノルマを課した。これはプロで生き残るために必要な数字なのだと。2人はノルマ達成を目指して試合に臨んだ。