「彼女には」の検索結果

今すぐ視聴する

猟奇的な彼女
猟奇的な彼女 猟奇的な彼女 大学生のキョヌはある晩、地下鉄の中でベロベロに酔っぱらった超美人な“彼女”と出会う。可愛い顔をして、「ぶっ殺されたい?」が口癖で、過激な行動を繰り返す彼女のペースに飲み込まれ、困惑しながらもその魅力にひきこまれていくキョヌ。しかし、タフでワイルドに見える“彼女”には、ある切ない秘密があった...。予測できない恋の行方、心揺さぶられる驚きと感動のエンディング。そして、誰もが好きにならずにはいられない“猟奇的な彼女”! 史上最高に魅力的なヒロインと、傑作ラブストーリーが誕生した!!
恋は盲目
タブロイドな事件 恋は盲目 ニューヨークのあるクラブのオーナーは、妻がいるにも関わらず女性と愛人関係に。関係が壊れそうになった時、オーナーは恐ろしい事件を起こし、愛人に大ケガを負わせてしまう。そして事件は意外にもラブストーリーに発展する。カンザスでは優秀な大学生だったエミリーが殺害される。彼女には危険な別の顔があった。インターネットで秘密の仕事をしていたのだ。それが事件につながったのだろうか。
第3話 先生もダイエットする?
ダンベル何キロ持てる? 第3話 先生もダイエットする? ある日、世界史教師の立花里美がジムを訪れる。ひびきと同じく体重を減らすためだ。 だが彼女には、誰にも知られてはならない秘密があった。
第7話 『通な贈り物』
カーニバル・ファンタズム 第7話 『通な贈り物』 『通』 志貴に料理を作ってあげたいとはりきるアルクェイド。最高の食材を求め真冬の海に飛び込んだ!? 『賢者の贈り物 ~LOVE Fate~』 葛木の妻として毎日健気に振舞うキャスターだったが、彼女には夫に知られたくない趣味があった。
#02 私を信じて
はるかなレシーブ #02 私を信じて 何も知らずに成美&彩紗ペアとの再戦を約束した遥。しかし、彼女たちは全国チャンピオンだった。1週間後の再戦に向け、遥は経験者のかなたからビーチバレーの特訓を受ける。
#04 私達にぴったりだと思わない?
はるかなレシーブ #04 私達にぴったりだと思わない? ビーチバレー大会へ参加することにした遥たち。大会へ向けて練習を重ねる中、遥はかなたに早く追いつきたいと感じる。そこで、かなたには秘密で、紅愛と一緒に特訓を始める。
#05 アンタの心が折れるまで
はるかなレシーブ #05 アンタの心が折れるまで ビーチバレー大会が始まった。遥&かなたペアの初戦の相手は、水着を取り合った相手、愛衣&舞ペアだ。リベンジマッチと意気込む遥。だが、舞たちにも負けられない理由があった。
#06 折れないよ、私は
はるかなレシーブ #06 折れないよ、私は 1セット目を先取した遥&かなたペアが、2セット目で苦戦を強いられる。早々に1回戦を勝ち抜けた紅愛&恵美理や祖母のソラが見守る中、遥は何度もブロックに挑戦するが……。
#07 もう友達でしょ
はるかなレシーブ #07 もう友達でしょ ビーチバレー支部に入部希望のあかりがやってきた。彼女はアイドル並みの人気を誇る成美&彩紗ペアのようになりたいと話すが、そこには彼女なりの、ある理由が隠されていた。
#08 約束守ってみせるから
はるかなレシーブ #08 約束守ってみせるから 紅愛と恵美理の母でプロコーチのマリッサが、遥たちを指導してくれることに。さっそくマリッサのスパルタ特訓を受けた遥&かなたは、改めてペアとして大切なことに気づく。
#09 これが私の気持ちです
はるかなレシーブ #09 これが私の気持ちです 全国大会への出場枠が1枠となり、遥&かなた、紅愛&恵美理のどちらかしか全国にいけないことに。あかりはそのことをいち早く知り、先輩たちにどう伝えるべきか悩んでしまう。
#10 アタシが戦いたかったのは
はるかなレシーブ #10 アタシが戦いたかったのは 沖縄予選決勝戦、遥&かなたと紅愛&恵美理の直接対決が始まった。実績で上回る紅愛&恵美理が優勢となる中、恵美理の脳裏に、攻撃を姉任せにしていた幼い頃の記憶が蘇る。
#11 ここまできたら真っ向勝負
はるかなレシーブ #11 ここまできたら真っ向勝負 決勝戦2セット目、かなたの目を見た紅愛は、ジュニア大会で、かなた&成美ペアに敗れたときのことを思い出していた。かなたの目にそのときと同じ力強さが戻っていたからだ。
#12 だから私たちは、かけがえのない一人を選ぶ
はるかなレシーブ #12 だから私たちは、かけがえのない一人を選ぶ 決勝戦最終セット。遥&かなたペアがマッチポイントを迎えた場面で、遥の渾身のジャンプドライブサーブが放たれた! 果たして全国への切符を手にするのはどちらのペアか!?
第5話
ショッピング王ルイ 第5話 豪雨の夜に高熱を出したボクシル。彼女には、幼い頃土砂崩れで両親を亡くしたつらい思い出があった。ルイはうなされるボクシルを献身的に看病する。ボクシルのことが気になるジュンウォンは、様子を見に家に訪ねてくるが、ルイと同居しているのを見て動揺する。後日、ペク社長の娘で商品企画部のマリとボクシルを伴って釜山出張に出かける。今度はルイが心配になり、ボクシルを釜山まで追いかける。釜山には、チェ会長とホ秘書もいた。
第61話
凍える華 第61話 ドヒが悪性の心臓肉腫だったと知り、娘が別人だという疑惑が頂点に達したソンジュ。一方、ユギョンに部屋を取り上げられ、フィギョンからも引っ越しを提案されたヨンスクだが、彼女には引っ越しを拒む理由があった。
第8話 迷い猫、抜いた
迷い猫オーバーラン! 第8話 迷い猫、抜いた 第一回スーパーブロックスチャンピオンシップ決勝――その戦いの地に集まった文乃、千世、希、乙女、巧、家康、大吾郎、夏帆の八名。 スーパーブロックスと呼ばれる立体パズルゲームは、抜いたブロックに書かれている命令を実行しなければならないという過酷なルール。恥ずかしい命令の数々と、 千世・家康のコンビ技に苦戦をしいられる文乃。しかし、彼女には、どうしても優勝したいという強い想いがあった……。
#03 昔の自分を取り戻したいって思ってる
はるかなレシーブ #03 昔の自分を取り戻したいって思ってる 転入先の高校で遥は双子ペアの紅愛&恵美理と出会う。彼女たちがビーチバレー部を作るため仲間を集めていると知った遥はすぐに入部する気に。かなたも一緒に入部することになるが……。
第20話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第20話 ドハに心配をかけないよう彼女には何も知らせずに作戦を進めていたソルだったが、ドハがすべて理解していることを知り任務完了を急ぐことに。モ・ビョンドの肖像画の裏に隠された金庫から探し求めていたテープを見つけたソルは、それらをドンヒョンに託し意気揚々とドハの元へ向かう。すべて終わったとドハに告げるソルだったが、国情院長にテープを届けに行ったドンヒョンが事故に遭う。連絡を受けたソルは慌てて現場へ向かい...。
第8話 ゆく[x]の流れは絶えずして…
ぼくたちは勉強ができない! 第8話 ゆく[x]の流れは絶えずして… 成幸の体育の成績が赤点目前! うるかが成幸に水泳を教えるが、教え方があまりに下手で一向に効果なし。監督していた真冬が見かねてプールに入り、成幸の手を取るが…。  プールの一件で真冬に勇気づけられたうるかは、全国水泳大会で見事に優勝! そして彼女には海外留学の話が。成幸に言い出せずに悩むうるかは、ファミレスで文乃に相談を持ち掛ける。そこに成幸が現れて、うるかはとっさにテーブルの下へ!
#01 エースなんて必要ないの
無料
はるかなレシーブ #01 エースなんて必要ないの 東京から来た遥を沖縄の空港で出迎えてくれたのは、いとこのかなただった。かなたとともに祖母の家に到着した遥は、家の前に広がる海に感激。駆け出した海辺でビーチバレーをする2人の少女と遭遇する。
第1話 パンツを落としたシンデレラ!?
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 第1話 パンツを落としたシンデレラ!? 部長命令で書道部の掃除をする桐生慧輝は彼女いない歴イコール年齢の高校生。女の子に囲まれつつも、自分に好意を持つ者は誰もいない……と思われた放課後、部室に一人残った慧輝を待っていたのは自分宛てのラブレターだった。しかし、そこには肝心の差出人の名前がない。しかもなぜかパンツが添えられていて……?? 友人翔馬のアドバイスを受け、かくして“パンツを落としたシンデレラ”探しの日々がはじまった!怪しいのはあの日掃除に参加していた女の子たち!!手はじめに書道部部長、朱鷺原紗雪に探りを入れてみると、予想通り彼女には秘めた想いがあるらしかったが、彼女の告白は、慧輝の想像を超えるものであった……。
episode14 アイコナ・ポップ「I Love It」/マルーン5「Animals」
セイ・イット・イン・ソング/Say It In Song episode14 アイコナ・ポップ「I Love It」/マルーン5「Animals」 メルヴィナには姉に隠してる秘密がある。それは、彼女には“パパ”がいるということ。メルヴィナはこの関係に満足していると言うが、果たして姉は受け入れてくれるだろうか?ネットの有名人デヴィッドは、ストーカーのジェレミーにストーキング行為をやめさせたいと思っている。しかし、事態は思わぬ方向に発展して...。
第49話 残された力!幻海の死闘/暗黒武術会編
幽☆遊☆白書 第49話 残された力!幻海の死闘/暗黒武術会編 サイコロにより、死々若丸と戦うことになった幻海。しかし、幽助に最後の試練として“霊光玉”を渡した彼女には、わずかな霊力しか残っていない。死々若丸との激しい戦いの中で、幻海はある技を思い出す。
第21話 声
とある科学の超電磁砲 第21話 声 花火大会の会場で起きたポルターガイスト現象に巻き込まれた初春たちは、危ういところとMARの駆動鎧(パワードスーツ)に救われる。その駆動鎧に乗っていたのは、合同会議にいた専門家・テレスティーナだった。迷惑をかけたと気落ちする春上を、自分と同じで変われるはずだと慰める初春。ふたりは気晴らしに第21学区の自然公園へと出かけることに。一方、ポルターガイスト現象がAIM拡散力場への人為的な干渉にあると知った美琴たちは、木山の関与を疑うが、拘留中の彼女には不可能。花火会場で様子がおかしかった春上に疑念を抱く。『書庫(バンク)』のデータには、意外な記載があって……。
第一章 俯瞰風景
劇場版「空の境界」 第一章 俯瞰風景 「行こう、行こう、行こう、行こう――」 私はただ望んだだけ。 この窓の外の世界を。 彼に連れて行ってほしかっただけ。 それは、少女たちの飛び降り自殺が相次いだ夏の終わりの物語。彼女たちは、突発的に廃墟と化したビルの屋上から空へと踊る。そして落下。待っているのは死。 学校も異なり、互いに交友関係もなく、一切の関係性と自殺の理由も見いだせぬまま不可解な自殺事件として報道されるなか、唯一、その関連を見いだした者がいた。 最高位の人形師で魔法使いになれなかった魔術師の蒼崎橙子、その人である。 むしろ、「理由がない」ことが共通点だ、と。 そして、浮遊と飛行の差違。 この連続自殺事件の捜索に乗り出したのは、万物の生の綻びこと死線を視る力「直死の魔眼」を持つ両儀式。 彼女には、この事件に関わらざるを得ない事情があった――。 望まぬまま得た力により、虚空に舞う少女たちの幽霊をその瞳に捕らえる式は果たして、なにを思うのか。 たとえば、それはともすれば同じ道を辿っていたかもしれない同胞への哀れみ、または同族嫌悪。 たとえば、それは大切な存在を危うくする者への敵意。 あるいは、実に明確な殺意。   そんなものがないまぜになったまま、式は痛ましい現場となったビルへと向かう……それが、幾重にも張り巡らされた罠への序章にすぎないことも知らずに。 第一の事件。第一の駒。その先に待っているのは無限螺旋。今、終焉に向けすべてが動きだす。