「御曹司ボーイズ 9 話 10 話」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第一話 嗚呼、タマノコシ!!!の巻
無料
御曹司ボーイズ 第一話 嗚呼、タマノコシ!!!の巻 ダンス部所属のごく普通の女子高生・相原麦(平祐奈)は、カリスマモデルの大雅(飯島寛騎)率いる全員イケメンお金持ちの『御曹司ボーイズ』が、結婚相手を探すリアリティーショー番組に軽い気持ちで応募すると見事当選!夢の玉の輿のチャンスをつかむ。 大雅の他、頭脳明晰のテル(稲葉友)、スポーツ万能のタッセイ(山本涼介)、由緒正しき財閥の跡取りの陸(磯村勇斗)ら御曹司ボーイズの前で2次選考会に臨む麦だったが、ライバルは成金コンプレックス埼玉のプチお嬢様・ふみの(武田玲奈)、母子家庭の母の幸せを願うギャル読モの優(岡本夏美)など玉の輿を狙うクセの強い面々。そんな中、運よく選考通過を勝ち取り大喜びの麦だったが、次の瞬間思いもよらぬ災難が襲い掛かる!天国から一転、麦の運命は…!?
第十六話 嘘から出たマコトの愛!?の巻
御曹司ボーイズ 第十六話 嘘から出たマコトの愛!?の巻 カメラを止め、『プリンスマリッジ』の本当の目的を語り始めた御曹司ボーイズの陸(磯村勇斗)と大雅(飯島寛騎)。麦(平祐奈)、ふみの(武田玲奈)、優(岡本夏美)の3人が困惑している最中、総合演出で御曹司らの幼馴染である椿(山下リオ)が現れ、衝撃の行動と発言をする。次回でプリマリは最終回、そのとんでもないテーマが明らかになるーー。
第十三話 七人のさすらいの巻
御曹司ボーイズ 第十三話 七人のさすらいの巻 麦(平祐奈)の実家を訪れ、麦の母の夏子(櫻井淳子)と話す陸(磯村勇斗)。夏子は東大卒でありながらパン屋で働く理由を明かし、大事なものは人によって違う、それを見つける旅が人生だと陸に伝える。一方、とある会議室に集まった御曹司ボーイズ。呼び出したのは椿(山下リオ)で、今後『プリンスマリッジ』の総合演出を担当すると告げる。御曹司たちを悪者にせず、麦・ふみの・優をギャフンと言わせる方法を画策する椿。その時明かされるプリマリの真の目的とはーー?
第五話  雪山大炎上♥の巻き
無料
御曹司ボーイズ 第五話  雪山大炎上♥の巻き 渋谷で変装したテル(稲葉友)を見かけた優(岡本夏美)。出版社のビルから出てきたテルを問い詰めたところ、彼の意外な行動が明らかに。一方、ふみの(武田玲奈)が収録の待ち合わせ場所でしていた会話が盗み撮りされ、麦(平祐奈)と優に見せていた高飛車な態度と発言がネットで拡散され大炎上していた。動画を見た御曹司・陸(磯村勇斗)とタッセイ(山本涼介)の反応に、ふみのはーー。
第七話 西園寺大雅の憂鬱の巻
御曹司ボーイズ 第七話 西園寺大雅の憂鬱の巻 スキーリゾートでのバトルも後半戦。麦(平祐奈)は大雅(飯島寛騎)から、もっと話がしたいと夜のレストランバーに誘われる。しかし心躍らせて向かった先で大雅から予期せぬ話をされる。その帰り、麦は酒に酔った外国人に絡まれてしまいーー。一方、出版社から連載の話を持ちかけられたテル(稲葉友)は、その喜びを優(岡本夏美)と分かち合う。だが、それを物陰で聞いていたふみの(武田玲奈)がーー。
第八話 麗しき決戦の刻の巻
御曹司ボーイズ 第八話 麗しき決戦の刻の巻 麦(平祐奈)が大雅(飯島寛騎)と、優(岡本夏美)がテル(稲葉友)といい感じになったことに焦りを覚えたふみの(武田玲奈)は、陸(磯村勇斗)にアプローチをかける。が、まったく相手にされず、しかもその様子をタッセイ(山本涼介)に見られてしまいーー。また、次回のイベント「2ショットデート大会」が発表され、そこに着ぐるみ姿の御曹司たちが現れる。ペアになるのはーー。
第九話 狙われたシンデレラの巻
御曹司ボーイズ 第九話 狙われたシンデレラの巻 「2ショットデート大会」の相手を決めるため、大雅(飯島寛騎)と陸(磯村勇斗)がスノーボードで対決することに。勝って麦(平祐奈)とデートをするのは、果たしてーー。一週間後、テル(稲葉友)とふみの(武田玲奈)の2ショットデート当日。テルが企画した豪華なデートプランに、ふみのは終始驚きを隠せずにいた。そんな中、とうとう謎の美女・椿(山下リオ)が動き出すーー。
第十一話 天国と地獄でLOVEの巻
御曹司ボーイズ 第十一話 天国と地獄でLOVEの巻 遊園地デートでますます距離を縮める麦(平祐奈)と陸(磯村勇斗)。「このまま時間が止まればいい」、二人ともにそう思った矢先、陸のスマホに一通のメッセージが。急に態度を変えた陸に麦は傷つき、泣きながらその場を走り去る。そんな麦の前に現れたのは、うさぎの着ぐるみ。中身はなんと大雅(飯島寛騎)で、麦を夜の水族館へと誘う。麦のことを怒っていた大雅が彼女の前に現れた目的はーー。そして陸に届いたメッセージとはー?
第十二話 裏切りのヒーローの巻
御曹司ボーイズ 第十二話 裏切りのヒーローの巻 水族館で大雅(飯島寛騎)からキスを迫られる麦(平祐奈)。カメラに撮られていると気付いた大雅は番組プロデューサーにこの映像は使うなと詰め寄る。こんな企画、庶民に夢を見させただけだという大雅に、麦はショックを受け「もう私辞めたい」とその場を去る。一方、椿(山下リオ)の元を訪れていた陸(磯村勇斗)は、幼少期に陸・大雅・椿を襲った悲劇を思い出していた。翌日、陸はパーティをキャンセルし、麦の実家であるパン屋を訪れるーー。
第十四話 ロマンスをもう一度!の巻
御曹司ボーイズ 第十四話 ロマンスをもう一度!の巻 2ショットデートの結果、麦(平祐奈)だけでなくふみの(武田玲奈)と優(岡本夏美)も番組を辞めたいと言い出し、番組は暗礁に乗り上げる。椿(山下リオ)からどうにかしろと問い詰められたプロデューサーの巧(染谷俊之)は優のエントリーシートから、このピンチを打破する策を思いつく。次の舞台はキャンプ場。辞めるにしても一度みんなと会ってからと、麦とふみのはロケバスに乗り込むのだがーー。