「復活 最新」の検索結果

今すぐ視聴する

三鉄、一部ながら台風被害から復活 全線再開は来春
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 三鉄、一部ながら台風被害から復活 全線再開は来春  台風19号で運休していた岩手県の三陸鉄道が一部の区間で再開しました。  三陸鉄道は台風19号の大雨による影響で、リアス線163キロのうち約7割にあたる114キロで運転を見合わせています。このうち、28日に運転を再開させたのは宮古駅から津軽石駅までの9.2キロです。  高校生:「皆、周りもうれしそうなので、やっぱり三鉄は良いなって思います」  三陸鉄道によりますと、リアス線の全線開通は来年の3月中を目指しているということです。
熊本地震で破損 熊本城の「シンボル」が復活
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 熊本地震で破損 熊本城の「シンボル」が復活  2016年の熊本地震で大きな被害があった熊本城では「天守閣」の再建工事が進んでいますが、23日に天守の「シンボル」の設置作業が公開されました。  23日に一般公開されたのは高さ86センチ、重さ70キロの「しゃちほこ」を巨大なクレーンで小天守に設置する作業です。天守に設置されていたしゃちほこは地震で落下して破損しましたが、職人の手で復元されました。  修復にあたった鬼瓦職人・藤本康祐さん:「(作業することになった)原因が災害ですので、心から喜んではいないのですが、チャンスが巡ってきたことは私たちの人生にとても大きなこと」  去年4月には大天守に2体、今月には小天守に1体が設置されていましたが、これで4体すべてのしゃちほこが元の姿に戻ったことになります。天守閣のすべての工事が終わり、天守内部が見学できるようになるのは再来年の春ごろです。熊本城全体の復旧はまだ18年ほどかかる見通しですが、関係者の努力によって堂々とした風格で城下を見守ってきた熊本のシンボルは、着実に元の姿を取り戻しつつあります。
イチローさん草野球デビュー ピッチャーで16奪三振
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 イチローさん草野球デビュー ピッチャーで16奪三振  雄姿が復活です。「後悔などあろうはずがありません」とした引退会見から8カ月。イチローさんが9番ピッチャーで草野球デビューを果たしました。  46歳のイチローさんがユニホーム姿でグラウンドに帰ってきました。草野球チーム「KOBE CHIBEN」の一員として9番ピッチャーで出場したイチローさん。相手は高校野球名門の智弁和歌山高校の教職員チーム。イチローさんがその応援にほれ込み、交流をしてきたことから実現しました。  智弁和歌山の応援を受け、現役そのままのルーティンで打席に立ったイチローさん。打球はライト前へ転々とする間に快足を飛ばし、3塁まで到達。すると、今度はチャンステーマ「ジョックロック」が響くなか、ライト前ヒット。この試合は4打数3安打と貫録を見せました。投げても、慣れない軟式球ながら131球を投げて16個の三振を奪って完封。二刀流の活躍で草野球デビューを勝利で飾りました。今後はイチローさんの草野球本格参入に注目が集まりそうです。
総理「シンクライアント方式」名簿データは復活?
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 総理「シンクライアント方式」名簿データは復活?  安倍総理大臣は2日、削除された招待者名簿の電子データについて復元は不可能だと答弁しました。ここで注目された言葉が「シンクライアント方式」。疑惑は払拭できるのでしょうか。  立憲民主党・黒岩宇洋議員:「担当者が分かっているというところで、その方に確認して(招待状の)60番台は総理枠だったんではないですかと」  内閣府担当者:「当時の担当者を特定できるとは言いましたが、確認をするというところまで確約をしたのかというと、その記憶はない」  3日も続いた「桜を見る会」を巡る疑惑に対する野党の追及。総理による税金の私物化だという批判に始まり、前夜祭の会費、招待者名簿の廃棄、総理枠による反社会的勢力の推薦などなど、疑惑が疑惑を呼ぶ展開に。安倍政権を追い詰めたい野党は2日、今国会最後となる総理との直接対決に臨みました。野党が迫ったのは、削除したという招待者名簿のデータ復元についてでした。  社民党・吉田忠智議員:「データは本当に復元できないのでしょうか?どの手法でも復元できないとする理由は何でしょうか?」  安倍総理大臣:「内閣府が採用しているシステムは個々の端末ではなく、サーバーでデータを保存するシンクライアント方式であり、端末にデータは保存されておらず、またサーバーのデータを破棄後のバックアップデータの保管期間を経た後は復元は不可能であるとの報告を受けております」  この答弁にネット上がざわつきました。ツイッターでもトレンド入りしたのがシンクライアント方式。データをサーバー内で一括…
新K-1伝説 #49
新K-1伝説 新K-1伝説 #49 9月19日「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」、その魅力的なラインナップを紹介。トーナメントのリザーブファイトでは闘士 vs 皇治の一戦が。K-1で2連勝中の上原誠はKOICHIとヘビー級ファイト。今回より新設されたライト級では3年ぶりの復活、“狂拳”竹内裕二が新鋭・林健太と激突。
新K-1伝説 #62
新K-1伝説 新K-1伝説 #62 今回は11月3日に行われた「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」より、復活のリングに臨む左右田泰臣が、オランダの若獅子、ファワド・セディッキとスーパーファイトで激突。さらに、高校生日本一を決めるK-1甲子園の3階級、-55kg、-60kg、-65kgの決勝戦の模様もお届けします。
新K-1伝説 #109
新K-1伝説 新K-1伝説 #109 9月18日に開催されたK-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメントより、再起に懸ける男達の激突。前K-1WORLD GPスーパー・フェザー級王者の卜部弘嵩と、長らく軽量級のトップファイターとして君臨した山本真弘。苦戦が続くベテラン同士の対決を制して、復活の狼煙をあげるのは果たして。
新K-1伝説 #143
新K-1伝説 新K-1伝説 #143 6月17日に行われたK-1さいたま大会より、ウェルター級の2大決戦に、木村“フィリップ”ミノルと城戸康裕が登場。復活を遂げた木村は、代打出場となった山際和希と。前回の大会でウェルター級転向後の初勝利を挙げた城戸は、日本の強豪との対戦も豊富なマサロ・グランダーと対戦。ウェルター級のベルトに近づくのは。
新K-1伝説 #150
新K-1伝説 新K-1伝説 #150 中京地区のKrushファイターが勢揃いする「Krush.92 ~in NAGOYA~」は、この男がいなければ始まらない。今年3月、野杁正明の持つK-1スーパー・ライト級の王座奪取に失敗した大和哲也が、地元名古屋で再起のリングへ向かう。強豪中国選手を相手に30歳を迎えた豪腕が、復活の狼煙を上げるのか。
SAO アリシゼーション前半戦総集編特番 「リフレクション」
無料
ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld SAO アリシゼーション前半戦総集編特番 「リフレクション」 【地上波同時・独占先行】「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」毎週土曜24時に最新話を最速配信!