「循環」の検索結果

今すぐ視聴する

第8話 血液循環
はたらく細胞 第8話 血液循環 二酸化炭素を肺に届け、酸素を体中の細胞たちに届ける、それが赤血球の大切な仕事。相変わらず方向音痴で道に迷ってばかりの赤血球だけど、いつまでも半人前ではいられない。今日こそは先輩たちの力を借りず、一人で循環器を一周しようと意気込むが、その傍らには心配そうに見守る白血球(好中球)の姿があった……
第9話 心音のリズム
グッド・ドクター 名医の条件(吹替) 第9話 心音のリズム 聖ボナベントゥラ病院の人道的な国際支援プログラムの対象に、重度の先天性心疾患があるガブリエルが選ばれる。オペは不可能だとメレンデスは判断していたが、アオキが彼を選んだのだ。循環器内科のメータはガブリエルを救えるのではと期待したが、心エコー検査で想像より容体が悪いことが分かる。一方アンドリュースは、がんの疑いのあるエリザベスの喉の結節を切除して生検に出すが、その検体が行方不明になってしまう。
第9話 心音のリズム
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第9話 心音のリズム 聖ボナベントゥラ病院の人道的な国際支援プログラムの対象に、重度の先天性心疾患があるガブリエルが選ばれる。オペは不可能だとメレンデスは判断していたが、アオキが彼を選んだのだ。循環器内科のメータはガブリエルを救えるのではと期待したが、心エコー検査で想像より容体が悪いことが分かる。一方アンドリュースは、がんの疑いのあるエリザベスの喉の結節を切除して生検に出すが、その検体が行方不明になってしまう。
第4話 黒の使い
白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE 第4話 黒の使い 白の王国に特使として派遣されたアデルと闇の王子。ファイオスに警戒されながらも、光の王アイリスと初めて対面する。 バールと戦うための、両王国の共闘の盟約を届けるアデルと闇の王子。 すぐには受け入れられないアイリスは、返答をためらうが――
第5話 共闘
白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE 第5話 共闘 ”均衡の一端”バールが黒の王国に現れる。 驚異的な戦闘力で、闇も光も等しく滅ぼそうとするバールは、ヴァルアス、グローザ率いる王国軍と全面対決する。 総力を挙げて抑え込もうとする黒の王国だが、力の差は歴然であった――
第2話 世界の我儘
白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE 第2話 世界の我儘 白の王国の守護神である光の王アイリスは、光と闇の均衡が闇の王によって破られる事を懸念していた。 そこへ、バール出現の知らせが入る。均衡を乱す存在バールは、破滅的な力で西の都を蹂躙する。 一方、黒の王国で王を目指す少年は、スキアーズの館で暗黒騎士ヴァルアスから修行を受け、闇の王後継者候補として成長していた。
第3話 愁傷の光の王
白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE 第3話 愁傷の光の王 アイリスは自身が光の王になる前、シーマと共に修行した頃を思い出していた。王として、孤独と向き合い戦い抜く事を決意するアイリス。 一方、グローザに連れられ闘技場に来た少年は、スキアーズ家の代表として王位継承者決定戦に挑む。そこで、同じ候補者であるアデルと対決する。
第6話 灰緑の魔障
白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE 第6話 灰緑の魔障 バールとの闘いで力を使い果たしたアイリス。回復には時間がかかるが、意外にも黒の王国は停戦を申し入れる。 今後白の王国に攻め入らぬよう、闇の王に進言すると話すアデル。光と闇の戦士たちは、しばしの休息に、街で親睦を深める。 そんな時、グローザの提案で、お互いの着ている服を交換することになり――
第7話 山菜採り
無料
白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE 第7話 山菜採り アイリスの提案で山菜採りに向かう、光と闇の戦士たち。 山菜採り競争を提案するアデルだったが、アイリスの知識に誰も太刀打ちができない。 嬉しそうに山菜を採るアイリスに、感心する闇の王子。 そんな時、テオの姿が見当たらなくなり――
第1話 光に守られし国
無料
白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE 第1話 光に守られし国 ずっとずっと、昔のこと。はるかな天空に浮かぶ、美しい王国。その玉座で丸まる気高き白猫に、泥にまみれた黒猫が恋をした。それが、すべてのはじまり――。 黒の王国の辺境の集落で、少年は慎ましい暮らしをしていた。 しかしある時、少年の住む村に現れた魔獣のせいで、村は壊滅してしまう。 一人だけ生き残った少年は、村人の墓を掘っていた。そこへ、黒い鎧を纏った謎の剣士、スキアーズが現れ――
EPISODE 6 「ゼノグラシア」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 6 「ゼノグラシア」 査察という不意打ちに、一時的にも機能不全となってしまったS.O.N.G.本部。 その結果、無理矢理に行動実態を裸と剥かれるばかりか、非戦闘員を危険に巻き込んでしまう。 未来とエルフナインの安否を気遣う装者達の想いはひとつであったが、 疲弊に摩耗した翼は、マリアの心配をよそに周囲と軋轢を繰り返し、孤立していく。 一方で、ロスアラモス研究所より奪取した聖遺物を用いて準備を進めていくヴァネッサ。 そこにミラアルクが、エルフナインと口封じから免れた未来を伴ってシャトーに帰還する。 神の力をシェム・ハの腕輪より抽出、そして制御する計画は着々と進みつつあった。 防人の矜持を躙られ、寄る辺を失った翼を虐めているのは、他ならぬ翼自身。 そんな悪循環に滑り込んできた訃堂の言葉は、翼に侵略した「刻印」を容易く掌握。 健常であれば惑わされぬその揺さぶりは何故か甘く、だからこそ翼は頬を汚すしかなかった。 S.O.N.G.からの反撃に緊急出動を余儀なくされたヴァネッサであったが、 激突に己の不利を悟り、危地を覆すべく、やはりロスアラモスで得た情報で翻弄を試みる。 敵の搦め手に戸惑いながらも立ち向かう装者達。だが、勝利を目前としたその時――