「徴用工 裁判」の検索結果

「徴用工 裁判」に関する情報は見つかりませんでした。
「徴用工」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

目黒区虐待死 船戸雄大被告が起訴内容を大筋認める
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 目黒区虐待死 船戸雄大被告が起訴内容を大筋認める  東京・目黒区で去年3月、船戸結愛ちゃん(当時5)の顔を殴るなどの暴行を加えたうえで放置して死亡させた罪などで起訴された当時の義理の父親・船戸雄大被告(34)の裁判員裁判が始まり、被告は起訴内容を大筋で認めました。裁判は今も続いています。
第36話
モンスター ~その愛と復讐~ 第36話 ピョン・イルジェのソウル市長選挙違反に関する裁判で特別検察官に任命されたスヨンは、ギタンと手を組み裁判の準備を進めていた。同じくイルジェも裁判で無罪を勝ち取るために策を講じていた。ギタンは裁判を控え気持ちが落ち着かない様子のスヨンを慰労しようとするが、ゴヌがスヨンに歩み寄る姿を見て諦める。
放火殺人差し戻し審 被告の夫「やっておりません」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 放火殺人差し戻し審 被告の夫「やっておりません」  埼玉県志木市の自宅に放火して妻と4歳の娘を殺害した罪などに問われた夫の差し戻し裁判員裁判が行われ、夫は起訴内容を否認しました。  2008年、山野輝之被告(45・当時の姓は荒木)は志木市の自宅に放火し、妻の荒木奈穂子さん(33)と娘の真弥ちゃんを殺害したなどの罪に問われています。山野被告は一審で無罪、高裁と最高裁で一審に差し戻す判決を受けていました。4日、さいたま地裁で差し戻し裁判員裁判の初公判が行われ、山野被告は「私はやっておりません」と起訴内容を否認しました。検察側は冒頭陳述で「不倫相手と再婚しようとして確定的な殺意による残忍な犯行」と指摘しました。一方、弁護側は「心の病を患っていた妻が放火した可能性は否定できない」などと主張しました。判決は今月末に言い渡されます。
目黒虐待死 母親側が控訴 あすから雄大被告の裁判
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 目黒虐待死 母親側が控訴 あすから雄大被告の裁判  判決を不服として母親側が控訴しました。  船戸優里被告(27)は東京・目黒区で娘の結愛ちゃん(当時5)を死なせた罪で起訴され、17日に東京地裁で懲役8年の判決を言い渡されました。弁護側は30日、この判決を不服として東京高裁に控訴したことを明らかにしました。来月1日からは事件当時、結愛ちゃんの義理の父親だった雄大被告(34)の裁判員裁判が始まります。雄大被告は、優里被告の連れ子だった結愛ちゃんに激しい暴行を加えて死なせた罪などで起訴されています。
#72:悪い方を裁判に勝たせろ!ヘリクツ弁護士「リーガルK」
極楽とんぼKAKERUTV #72:悪い方を裁判に勝たせろ!ヘリクツ弁護士「リーガルK」 【今週のKAKERUTVは?】 コンビ芸人による裁判企画!平成ノブシコブシやアルコピースが登場! 山本は原告を弁護し、ヘリクツで様々な人を黙らせてきた「リーガルK」こと加藤はどう考えても悪い方の弁護をする! 裁判の判決は視聴者が投票で決める! リーガルKは圧倒的な不利な状況をヘリクツ1つで逆転できるのか!?
黒人を誤射殺の元警官と遺族が…法廷で異例の展開
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 黒人を誤射殺の元警官と遺族が…法廷で異例の展開  銃社会の悲劇を裁く法廷で思わぬドラマが起きました。白人の元女性警察官が黒人男性を誤って射殺した罪に問われた裁判で、男性の弟が「あなたを許します」と告げて抱きしめました。  それは銃社会、アメリカで起きた悲劇でした。去年9月、当時、警察官だったアンバー・ガイガー被告(31)は自宅と勘違いして鍵の掛かっていなかった1つ上の階の部屋に入り、テレビを見ていた黒人男性を強盗と思い込み射殺したのです。白人の警察官が武器を持たない無実の黒人を射殺した事件。その判決は、5年後に仮釈放の資格がある懲役10年。  裁判所の外では刑が軽すぎると抗議の声が上がりました。ところが誤って兄を射殺された弟です。裁判を通じて、ガイガー被告の真摯な態度に接した弟は判決を受け入れ、ガイガー被告を許したのです。許しを形にした抱擁。被害者遺族と加害者が心を通わせようとしました。  裁判終了後、判事は被害者遺族を抱擁。さらに異例なことに殺人罪で有罪となったガイガー被告を抱きしめました。銃社会で起きた悲劇。それは1つの幕切れでした。
元自衛官の2人に禁錮刑 カンボジア運転手殺害事件
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 元自衛官の2人に禁錮刑 カンボジア運転手殺害事件  今年3月、カンボジアでタクシー運転手が殺害されて日本人2人が殺人の罪に問われていた事件の裁判で、現地の裁判所は2人に禁錮13年と10年の判決を言い渡しました。  元自衛官の中茎竜二被告(24)と石田礼門被告(23)は今年3月、カンボジアでタクシー運転手のフム・チャンさん(当時40)を刃物で殺害し、車を奪った計画殺人の罪に問われていました。現地の裁判所は3日に2人は罪を自白して証拠もそろっているとして、中茎被告に禁錮13年、石田被告に禁錮10年の判決を言い渡しました。また、2人合わせて1億カンボジアリエル、日本円で約270万円を遺族に支払うよう命じました。
結愛ちゃん虐待死裁判 法廷で“再会”した両親は…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 結愛ちゃん虐待死裁判 法廷で“再会”した両親は…  船戸結愛ちゃんが虐待の末、亡くなった事件。父・雄大被告の裁判で、3日、母親の優里被告が証言台に立ちました。2人が同じ場所に居合わすのは逮捕後、初めてです。優里被告は「もう結愛と息子に近付かないで」と訴えました。裁かれる側として父と母、2人が法廷で同じ場所に立っているという状況だったわけですが、2人の様子はどうだったのでしょうか。  (社会部・古賀康之記者報告)  3日の裁判は午後4時までの予定でしたが、現在も行われています。そして、2人の様子ですが、衝立があって直接2人が顔を合わせることはありませんでしたが、3日の証人尋問のなかで優里被告の泣き声や事件に関する詳しい証言を聞いて、雄大被告は苦しそうな表情で何度も顔を伏せていました。検察官による最終尋問で、優里被告は「東京に引っ越してからは結愛を直視することができなかった」と話しました。その理由について聞かれると「凝視してしまうと時が止まるような思いがした」「結愛に服を着せるなど余計なことをすると雄大が怒るので、怖い、怖い、怖いと思いました」と証言しました。その時の雄大被告は何度も体をよろめかせ、憔悴(しょうすい)しきっているようでした。4日は午前から雄大被告への被告人質問が行われる予定で、裁判は山場を迎えます。
目黒女児虐待死 母親の船戸優里被告(27)が控訴
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 目黒女児虐待死 母親の船戸優里被告(27)が控訴  東京・目黒区で娘の結愛ちゃん(当時5)を虐待死させた罪に問われ、東京地裁の裁判員裁判で懲役8年の判決を言い渡された船戸優里被告(27)が判決を不服として控訴しました。
香港 覆面禁止法“違反”初めての裁判 被告は保釈
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 覆面禁止法“違反”初めての裁判 被告は保釈  香港で覆面禁止法違反の罪で初めて起訴された大学生らの裁判の手続きが行われ、集まった支援者が抗議の声を上げました。  香港当局は「覆面禁止法」が施行される前日の4日から5日にかけてマスクを着用して集会に参加し、「覆面禁止法」などに違反したとして18歳の男子大学生と38歳の無職の女性を起訴し、7日午前に裁判所で審理の手続きが行われました。覆面禁止法に違反した罪で起訴されるケースは初めてだということです。香港メディアによりますと、2人はそれぞれ約4000円と1万4000円を支払って保釈されました。2人の審理は来月18日に再び行われます。その間、2人は香港を離れることや夜間外出することができず、毎週土曜日に警察署に行く必要があります。