「徴用工 裁判」の検索結果

「徴用工 裁判」に関する情報は見つかりませんでした。
「徴用工」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

一審判決破棄 審理やり直しへ 東名あおり運転事故
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 一審判決破棄 審理やり直しへ 東名あおり運転事故  おととし、神奈川県の東名高速道路であおり運転の末に一家4人を死傷させた罪などに問われた男の裁判で、東京高裁は6日に一審の懲役18年の判決を取り消して審理をやり直すよう命じました。  (社会部・古賀康之記者報告)  判決の瞬間、石橋和歩被告(27)は特に表情を変えることなく、その後もじっと裁判長の方を見ていました。石橋被告はおととし6月、神奈川県の東名高速でワゴン車の前に車を止めて事故を引き起こし、夫婦を死なせた危険運転致死傷などの罪で、一審の裁判員裁判で横浜地裁は懲役18年の判決を言い渡しました。控訴審で弁護側は「あおり運転と夫婦が死亡した事故に因果関係はない」として、法律を拡大解釈していると主張していました。6日の判決で東京高裁は一審に続き、危険運転致死傷罪の成立は認めました。その一方で、裁判の争点を整理する手続きにおいて法令違反があったと指摘し、「有罪宣告は不意打ちになることは明らか」として一審判決を破棄し、横浜地裁に裁判をやり直す判決を言い渡しました。裁判は午前に終わりました。今後、横浜地裁で改めて裁判員裁判が行われるものとみられます。
新潟女児殺害 「無期懲役」に小林被告の表情は…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新潟女児殺害 「無期懲役」に小林被告の表情は…  新潟市で去年、小学2年生の女の子が殺害されて線路に遺体を遺棄された事件の裁判員裁判です。新潟地裁は死刑を求刑されていた被告の男に無期懲役の判決を言い渡しました。  (神田佳毅記者報告)  判決を言い渡された瞬間なんですが、私の座っていた席からは後ろ姿しか見ることができませんでしたが、まっすぐ裁判長の方を見て判決を聞いていました。後ろから見ていても特に動揺している様子は見られませんでした。  (Q.被告はどのように裁判にずっと向き合っていたのでしょうか?)  公判のなかで私が最も印象に残っているのは被告人質問でのやり取りです。重要な争点で捜査段階の供述を覆す話を被告人質問でした小林被告。食い違いの理由については「捜査段階では記憶があいまいで取調官の話に合わせてしまった」と話していました。被告人質問の最後では、裁判長から「あなたにできる最大限の償いは真実を述べること」と諭される場面もあり、普段、裁判の取材していてもあまり見ない異例な光景で、そのやり取りを見ていて、実際、小林被告は法廷で謝罪の言葉を述べていたんですが、私としては、反省の態度が伝わってきていないと感じました。実際に4日の判決公判のなかでも、裁判長から「残念ながら反省の態度は裁判長や遺族に伝わっていない」という発言もありました。
第36話
モンスター ~その愛と復讐~ 第36話 ピョン・イルジェのソウル市長選挙違反に関する裁判で特別検察官に任命されたスヨンは、ギタンと手を組み裁判の準備を進めていた。同じくイルジェも裁判で無罪を勝ち取るために策を講じていた。ギタンは裁判を控え気持ちが落ち着かない様子のスヨンを慰労しようとするが、ゴヌがスヨンに歩み寄る姿を見て諦める。
#72:悪い方を裁判に勝たせろ!ヘリクツ弁護士「リーガルK」
極楽とんぼKAKERUTV #72:悪い方を裁判に勝たせろ!ヘリクツ弁護士「リーガルK」 【今週のKAKERUTVは?】 コンビ芸人による裁判企画!平成ノブシコブシやアルコピースが登場! 山本は原告を弁護し、ヘリクツで様々な人を黙らせてきた「リーガルK」こと加藤はどう考えても悪い方の弁護をする! 裁判の判決は視聴者が投票で決める! リーガルKは圧倒的な不利な状況をヘリクツ1つで逆転できるのか!?
懲役3年6カ月判決に泣き声も 新宿ホスト殺人未遂
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 懲役3年6カ月判決に泣き声も 新宿ホスト殺人未遂  東京・新宿でホストの男性を刺して殺人未遂の罪に問われていた女の裁判です。刺された男性が温情判決を求めるなど異例の展開をたどりましたが、5日に東京地裁は懲役3年6カ月の実刑判決を言い渡しました。  判決を裁判長の方を見て聞いていた高岡由佳被告(21)。今年5月、新宿区でホストの知人男性の腹を刺して殺害しようとした罪で起訴されている高岡被告の裁判員裁判で、東京地裁は懲役3年6カ月の実刑判決を言い渡しました。  この裁判は異例の展開を見せました。これまで検察側は「包丁の根本まで挿入するほど強い力で刺した」などと指摘し、懲役5年を求刑。一方の弁護側は、被害者と500万円で示談が成立しているなどとして刑の執行を猶予するよう求めていました。また、刺された男性は寛大な処分を求める嘆願書を提出していました。  実刑判決を言い渡された後、高岡被告は息づかいが次第に荒くなり、断片的に泣き声も上げていました。閉廷後、高岡被告は法廷から出る直前に床にしゃがみ込み、周囲の人に支えられて立ち上がりました。廊下には泣き声が響いていました。  判決に住田弁護士は…。  住田裕子弁護士:「嘆願書を出していたら執行猶予で社会に出してもいいんですけど、彼女の危うさ、精神的な部分での。その辺りを考えると執行猶予ではなく、実刑で1回、罪を償わせて、そのうえで社会内に戻る時間をおいたうえでやらないと…」
危険運転認めるも1審破棄 “東名あおり”差し戻し
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 危険運転認めるも1審破棄 “東名あおり”差し戻し  東名高速であおり運転の末に一家4人を死傷させた罪などに問われて一審で懲役18年の判決を受けた男の控訴審で、東京高裁は危険運転致死傷の罪にあたるとしながらも、裁判を横浜地裁でやり直すよう命じました。  あおり運転が社会問題化するきっかけともなった事故。おととし6月の夜、神奈川県の東名高速で起きました。石橋和歩被告(27)は萩山さん夫妻らが乗る車に対してあおり運転を繰り返した末に車の前に出て追い越し車線で無理やり停止させました。車が止まっている状態で石橋被告は車内にいた嘉久さんに暴行を加えるなどし、その時、後ろから大型トラックが追突しました。事故で萩山さん夫婦は死亡。一緒に乗っていた娘2人がけがをしました。  去年に行われた一審の裁判員裁判では、運転中の行為に対する処罰を前提とする危険運転致死傷罪が停車した後に起きた事故にも適用できるのかが争点となりました。判決で横浜地裁は、事故当時、車は動いていなかったものの、停止させるなどの妨害行為と死亡の因果関係を認めて危険運転致死傷罪が成立すると判断して懲役18年を言い渡しました。弁護側は判決を不服として控訴。控訴審では追突したトラックの責任を過小評価しているとして石橋被告の運転と死亡事故に関係はないと主張しました。  そして迎えた6日の控訴審判決。プロの裁判官はどう判断するのか。  裁判長:「原判決を破棄し、本件を横浜地裁に差し戻す」  危険運転を認めた一審の判断に誤りはないものの、一審判決を破棄するとした判決。その時、石橋被告は特に…
新潟市女児殺害事件 殺害容疑の男 きょう判決へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新潟市女児殺害事件 殺害容疑の男 きょう判決へ  去年5月に新潟市で小学2年の女の子を殺害した罪などに問われた男の裁判員裁判で、4日午後に判決が言い渡されます。  小林遼被告(25)は去年5月、新潟市西区で小学2年の女の子をわいせつ目的で連れ去って首を絞めて殺害し、遺体を線路に遺棄した罪などに問われています。裁判で検察は「被告は捜査段階で5分以上、首を絞めたことを認めたことから殺意があったのは明らかで、生命軽視の度合いは甚だしく、反省も見られない」として死刑を求刑しました。一方、弁護側は「首を絞めたのは気絶させるためだった」と殺意を否認し、傷害致死罪にあたると主張しています。判決は午後3時から新潟地裁で言い渡されます。
新宿ホスト殺人未遂 高岡被告に懲役3年6カ月の判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新宿ホスト殺人未遂 高岡被告に懲役3年6カ月の判決  東京・新宿区で今年5月にホストの男性を殺害しようとした罪で起訴された高岡由佳被告(21)の裁判員裁判で、東京地裁は懲役3年6カ月の実刑判決を言い渡しました。
「祖母との電話で犯行決意」 東海道新幹線殺傷事件
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「祖母との電話で犯行決意」 東海道新幹線殺傷事件  東海道新幹線の車内で乗客の男女3人を殺傷して殺人などの罪に問われた男の裁判で、男は犯行を決意した経緯について「祖母との電話がきっかけだった」と話しました。  小島一朗被告(23)は去年6月に走行中の東海道新幹線の車内で、なたなどで女性2人を切り付け、さらに、止めに入った男性会社員(38)を殺害した罪などに問われています。4日の裁判で、小島被告は検察官に犯行を決意したきっかけを問われて「祖母との電話で犯行を決意した。刑務所に入っても問題ないと思った」と話しました。逮捕後の取り調べでは「祖母に養子縁組を解消すると言われた」と供述していましたが、裁判で内容を問われると「祖母が何を言ったかは申し上げられません」と黙秘しました。
新潟女児殺害事件 小林遼被告に無期懲役の判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新潟女児殺害事件 小林遼被告に無期懲役の判決  去年5月、新潟市で小学2年の女の子を殺害した罪などに問われた男の裁判員裁判で、新潟地裁は小林遼被告に無期懲役の判決を言い渡しました。  小林被告は去年5月、新潟市西区で小学2年の女の子をわいせつ目的で連れ去り、首を絞めて殺害して遺体を線路に遺棄した罪などに問われています。裁判で、検察は「被告は捜査段階で5分以上、首を絞めたことを認めたことから殺意があったのは明らかで、生命軽視の度合いは甚だしく、反省も見られない」として死刑を求刑しました。一方、弁護側は「首を絞めたのは気絶させるためだった」と殺意を否認し、傷害致死罪にあたると主張しています。新潟地裁は小林被告に無期懲役の判決を言い渡しました。