「忍者ハットリ」の検索結果

「忍者ハットリ」に関する情報は見つかりませんでした。
「忍者ハッ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第88話 撃沈!忍者じいさん
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第88話 撃沈!忍者じいさん ボルボのじいちゃんはなんと忍者。航空母艦で大活躍。すっかり人気者の忍者に対抗心を燃やした爆竜大佐が勝負を挑み大騒ぎ。
第壱話 参上!うずまきナルト
無料
NARUTO -ナルト- 第壱話 参上!うずまきナルト 「火の国」にある「木ノ葉隠れの里」は、忍者たちが住む隠れ里と呼ばれる場所。忍者学校(アカデミー)の落ちこぼれ・うずまきナルトは、今日もイタズラばかり。そして、またしても卒業試験に落第してしまう。そんなある日、初代火影が残した「封印の書」が盗まれるという事件が発生した。その犯人はナルトだったが……。
第弐話 木ノ葉丸だコレ!
NARUTO -ナルト- 第弐話 木ノ葉丸だコレ! なんとか忍者学校を卒業することのできたナルトは忍者登録書を提出しに行ったとき、三代目火影の孫・木ノ葉丸と出会う。木ノ葉丸のことを「火影の孫」として特別扱いしなかったナルトを木ノ葉丸はすぐに「親分」と呼びはじめ、勝手に後をついてまわるようになる。木ノ葉丸は、今すぐにでも火影になってみんなに認められたいと考えていたが……。
第297話 檸檬、くノ一忍者になる
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第297話 檸檬、くノ一忍者になる ボルボの祖父、忍者 小金丸が登場! 夏休みにどこへも連れていってもらえない檸檬のため、 小金丸が営む忍者屋敷に訪れた両津一行であるが・・・
第参話 宿敵!?サスケとサクラ
NARUTO -ナルト- 第参話 宿敵!?サスケとサクラ 「下忍(げにん)」として晴れて忍者となったナルトは、「三人一組(スリーマンセル)」の班を組むことに。ナルトと同じ班になったのは、春野サクラとうちはサスケ。ナルトはサクラにゾッコンだったが、肝心のサクラはサスケに夢中だ。しかもサスケはナルトと違い、見た目だけでなく実力もピカイチのエリート。おもしろくないナルトは、サスケにひとあわふかせようと、ある陰謀を企む。
第六話 重要任務!波の国へ超出発
NARUTO -ナルト- 第六話 重要任務!波の国へ超出発 本格的に忍者の任務を受け持つことになったナルトたち。しかしその任務はといえば、迷子のネコを探すなど退屈な仕事ばかりだった。次第に不満がたまるナルトは、ついに三代目火影に猛抗議。ヘソを曲げたナルトに少々困惑気味の火影だが、ナルトのやる気を感じとり、より難易度の高い任務を与えることにする。 それは、「タズナ」という人物を祖国の「波の国」まで護衛する任務で……。
第二十五話 出たとこ勝負!踏ん張りどころの10問目
NARUTO -ナルト- 第二十五話 出たとこ勝負!踏ん張りどころの10問目 第一試験は、受験生たちの「情報収集能力」を調べるために行われていた。難問ぞろいのテストを前に、忍者らしく、いかに試験官たちにバレないようにカンニングするかを試すものだったのだ。そしていよいよ最大の難問である第10問目。この問題を解く前に、イビキから過酷にして理不尽なルールがつきつけられる。
第二十六話 絶対必見!死の森直前ルポ!木ノ葉の学級新聞だコレ!(総集編)
NARUTO -ナルト- 第二十六話 絶対必見!死の森直前ルポ!木ノ葉の学級新聞だコレ!(総集編) 三代目火影の孫である木ノ葉丸が、中忍試験の会場にあらわれた。忍者学校の学級新聞で中忍試験の特集記事をまかされて、モエギ、ウドンとともに取材にやってきたのだ。ナルトを兄貴と慕う木ノ葉丸たちが、ナルトたちへのインタビューを通してこれまでの活躍を紹介する。
第10話 実験その19「カンチカン」/実験その20「レパラー手」
上野さんは不器用 第10話 実験その19「カンチカン」/実験その20「レパラー手」 放課後、田中が理科室に着くと教室内は電車と化していた。 車掌の格好をした山下。自らに「痴漢しろ」という上野さん。 痴漢通報装置「カンチカン」の実験をしているのだという。 カンチカンを完成させ、痴漢被害に苦しんでいる人々を救うため―― 田中は痴漢することを決意した。
不安定な北村大臣“メモ読み答弁”官僚らが助け舟
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 不安定な北村大臣“メモ読み答弁”官僚らが助け舟  国会で不安定な答弁を繰り返し、混乱を招いている北村地方創生大臣。12日の答弁では官僚が紙とペンを駆使して、北村大臣に助け舟を出す一幕がありました。  午後の予算委員会が始まる直前、安倍総理が話し掛けたのは公文書管理を担当する大臣としての答弁が的外れなどと指摘されていた北村大臣です。これから答弁に立つ北村大臣に何を伝えたのでしょうか。その北村大臣の答弁は…。すぐ後ろにいる官僚たちがメモを書き終えるのを待っている様子。そしてそのメモを受け取ると…。  北村誠吾地方創生担当大臣:「お答え致します。秋山管理監が説明いたした通りであります」  質問がくる度に後ろに控える官僚たちはペンを走らせ…。大臣が読み上げます。  国民民主党・後藤祐一議員:「役所が書いた紙を読むだけだと役人の言いなりになってしまうんですよ。官僚は忖度(そんたく)だとか色々と法律上、まずいことをやるわけですよ」  桜を見る会を巡り公文書管理の在り方が問われるなか、大臣は官僚を厳しくチェックすべきと野党側は指摘。そして、官僚から受け取ったメモを頼りにしている答弁の姿勢についてもただしました。  北村誠吾地方創生担当大臣:「私の口から出た言葉は私、大臣の言葉であります」  先日の会見では、「普通の大臣として仕事ができるように努める」と話していた北村大臣。12日、改めてこう述べました。  北村誠吾地方創生担当大臣:「至らないところを補いつつ、色々な方々、事務方をはじめ、先輩諸賢皆様方、野党の皆様方からも色んな形で学びなが…