「応答せよ1997 動画」の検索結果

「応答せよ1997 動画」に関する情報は見つかりませんでした。
「応答せよ199」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第4話
ルームメイト2 第4話 [応答せよ, 昔の人] #1 レンコン畑の外国人たち! #2 応答せよ、昔の人! #3 私にはとても面白い彼女!
#569 <応答せよ ラプソディ>特集
ハッピートゥゲザー #569 <応答せよ ラプソディ>特集 【韓国2018年12月27日放送 #569<応答せよ ラプソディ>特集】 番組の序盤!天才ダンサー、ナ・ハウンが昔の名曲から今が旬のアイドルの曲までを完璧に踊りきる!今回のスターは、90年代からK-POP界を代表するアーティストが集結!Aprilのナウンがアリアナ・グランデの曲でダンスを披露!さらに、終盤、スターたちから視聴者の皆さんに特別な歌のプレゼント!
第10話 穴
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第10話 穴 天城と下校するり香の前を、ひと葉を乗せた山岸の車が走り去っていく。慌てて後を追う天城とり香。その頃、満員電車で、新菜は泉に思いがけない言葉をかける。そんな中、ついにひと葉は山岸を押し倒す。あっと言わせるため、一生忘れられない存在にするために。「本郷ちん、応答せよ!」
第4話
シグナル 第4話 車掌殺しと「京畿南部連続殺人事件」の犯人として運転手チョングが自首する。だが、スヒョンとヘヨンは、連続殺人犯はチョングの息子ジニョンだと確信。ジニョンは当時ウォンギョンを殺害した後、真犯人だと気付いたジェハンに追われてビルから墜落し下半身不随となっていたが、真犯人の証拠もなく逮捕できずにいた。
第5話
シグナル 第5話 ヘヨンは15年前に失踪したジェハンについて調べ始める。そんなヘヨンを見て当時ジェハンと強行班で一緒だった局長と係長は警戒する。当時、ジェハンは賄賂事件を起こし失踪した事になっているが、捏造だと思うヘヨンは内部の仕業だと考える。一方、1995年のジェハンは「大盗事件」と呼ばれる窃盗事件を捜査していた。
第6話
シグナル 第6話 「大盗事件」の犯人ギョンテが出所後、誘拐事件を起こす。20年前ギョンテの娘は手抜き工事された橋の崩落事故で死亡、当時、誤認逮捕され助けられなかった恨みから同じ事故で助けられた娘を誘拐。娘を冷凍車に監禁したと突き止めたスヒョンは事故現場のそばで車を発見。ドアを開けると、中には爆弾が仕掛けられており...。
第1話
無料
シグナル 第1話 プロファイラー、パク・ヘヨンはある晩、廃棄処分寸前の無線機から自分を呼ぶ声を聞く。相手はイ・ジェハンと名乗る刑事で、突然15年前の未解決事件の犯人とされていた男の白骨死体の場所を言い始める。ジェハンの部下だったチャ・スヒョン刑事はヘヨンが死体を発見したことに不審を抱き、真犯人逮捕のために動き始める。
第2話
無料
シグナル 第2話 真犯人逮捕がきっかけで時効が廃止され、長期未解決事件専門チームが発足。ヘヨンも一員となり、スヒョンの下で「京畿南部連続殺人事件」を捜査する。再びジェハンと交信したヘヨンは、今まさに同じ事件を追っているという彼の話が納得できないまま、被害者情報を提供。するとヘヨンの手元の捜査資料が書き変わり...。
第3話
無料
シグナル 第3話 ヘヨンはジェハンのいる時代が1989年だと聞いて混乱するが、交信で事件を防げるはずだと考える。犯人が路線バスに乗ったと睨んだジェハンは、運転手と車掌から話を聞くも収穫はない。間もなく、ジェハンはヘヨンから、9人目の被害者の名前を教えられる。しかし、それはジェハンが片想いしていたウォンギョンだった...。
ゴーン被告側、世界に向けた会見へ戦略と準備着々 
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告側、世界に向けた会見へ戦略と準備着々   カルロス・ゴーン被告は8日夜、逃亡先のレバノンで記者会見を行います。数時間後に迫ったゴーン被告の会見はどのような形で行われるのでしょうか。会見が予定されているレバノンの会場前から報告です。  (阿部健士記者報告)  現地は朝から激しい雨が降るなど、あいにくの天気です。会見まで4時間ほどあるにもかかわらず、記者会見場の前には日本メディアをはじめ、世界中のメディアが駆け付けています。ゴーン被告の会見を世界中のメディアが注目しているといえます。会見場で動きがあり、10分ほど前にゴーン被告の弁護士が会場内に入っていきました。これから会見に向けて、色々な打ち合わせをするものとみられます。  そして、8日の会見で取材できるのは主に海外メディアや現地メディアに限られていて、日本メディアはごく限られた数社のみが取材を許されています。そして、会見のスタイルなんですが、フランスメディアは「ゴーン被告が冒頭30分、自らの主張を英語で話し、その後、1時間半ほど質疑応答で英語とフランス語で質問に応じる」と報じています。ただ、一部の現地メディアは質疑応答に関して、「アラビア語のみで応じる」と報じるなど、会見の進め方についても、まだ情報が錯綜(さくそう)している状況です。8日の会見ですが、融和的なメディアをゴーン被告側が選別し、自らの疑惑に対してなるべく厳しい質問が及ばないように進めたうえで、自らの発言をセンセーショナルに世界へ発信したいというゴーン被告の戦略がうかがえます。