「恋愛 原宿」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第7話
無料
高潔な君 第7話 突然ガンフンに告白されたユンソは戸惑うが実は契約恋愛の提案だったことを知る。恋愛経験があると虚勢を張るユンソだが、ガンフンはユンソに恋愛経験がないことに気付く。男性への免疫力を高めるためにジンギョンが通う社交ダンス教室に入会したユンソ。しかし社交ダンスサークルでサンヒョンと踊っていてもガンフンといる時のようなときめきを感じず...
第8話
無料
高潔な君 第8話 ガンフンは条件を見直し3か月間の契約恋愛をしようと、もう一度ユンソに申し込む。病院の運営を助けるためユンソの弟であるユンスが動物病院に来てチラシを作り、ユンソは暑い中 着ぐるみ姿でチラシを配る。そんなユンソを助けるためサンヒョンはユンソの動物病院に犬の診療を頼む。夜遅くガンフンが動物病院を訪れると疲労困ぱいのユンソに契約恋愛の返事を聞く。ユンソが出した答えとは...
第1話 ロマンスの幕開け
無料
じれったいロマンス 第1話 ロマンスの幕開け テボクグループの後継者であるチャ・ジヌクは、恵まれた容姿を武器にまともに仕事もせず遊び歩いていた。そんな息子を見かねた父親のチャ・テボク会長は、ジヌクを地方リゾートのベルボーイとして修行に行かせてしまう。一方、栄養士を夢見るイ・ユミもまた、母親ミヒの二度目の結婚式に参加するためテボクリゾートを訪れていた。ひょんなことから出会う2人だったが、お互いの印象は最悪で...。
第2話 気づけば すぐ近くに
じれったいロマンス 第2話 気づけば すぐ近くに 一夜を共にしたジヌクとユミ。目が覚めたユミは、隣で寝ているジヌクを置き去りにしてその場から逃げ出してしまう。それから3年の月日が流れ...栄養士の夢をかなえたユミは、いよいよ初出勤の日を迎える。しかし、通常業務とは別に、本部長の3食の面倒を見るという特別任務を任されることになってしまう。食にうるさい本部長のために苦労をするユミだったが、その相手が3年前の“あの男”だとはまだ知る由もなかった。
第3話 俺に恥をかかせた女
じれったいロマンス 第3話 俺に恥をかかせた女 本部長の3食を作ることになったユミ。懸命に対応しようとするが、食事内容に納得しない本部長に振り回される日々が続いていた。ある日、ユミは本部長への悪口を間違って本人に送ってしまう。謝りに行くユミだったが、そこにいたのはなんと3年前のワンナイトの相手だった。覚えていないフリをするユミの態度が気に入らないジヌクは、あの手この手でちょっかいを出して思い出させようとするが...。
第4話 一晩限りだから
じれったいロマンス 第4話 一晩限りだから ある日、いつものようにジヌクの執務室へ昼食を届けたユミは、ジヌクと親しげに接するアナウンサーのヘリと出くわす。ユミがジヌクの食事を作っていることが気に入らないヘリは、自分に食事内容を毎回チェックさせるようにユミに申し出るのだった。しかし、その場を目撃したジヌクは「彼女に指図するな」とユミを連れて出て行ってしまう。嫉妬に震えるヘリだったが・・・。
第5話 宝石箱の秘密
じれったいロマンス 第5話 宝石箱の秘密 休日にジヌクから連絡を受け、食事を作りに行くユミ。義弟のドングを連れてジヌクの家に向かうが、まだジヌクは帰宅していなかった。ユミが食事を準備していると、ドングがジヌクの書斎に入り、高価そうな宝石箱を落としてしまう。おそらく恋人へのプレゼントだろうと勘違いしたユミは、そのまま黙って帰ってしまう。しかしジヌクは、壊れた宝石箱を見て中身を見られたと思い・・・。
第6話 その気にさせないで
じれったいロマンス 第6話 その気にさせないで ユミとヒョンテの仲に嫉妬したジヌクは、テレビの撮影スタッフ10人分の食事を準備するようユミに命じる。しかし、その事をよく思わないヘリが高級弁当を用意したため、ユミは大勢の前で恥をかいてしまう。ヘリの存在感の大きさに落ち込むユミだったが、そこへジヌクが再び入院したという知らせが入る。病院へ駆けつけると、ユミの作った弁当を食べ過ぎたため入院したのだと聞かされ・・・。
第9話 愛しの胸パット姫
無料
じれったいロマンス 第9話 愛しの胸パット姫 宝石箱の中身をすでに知られていたと知ったジヌクは、ユミに胸パットを返す。無事に出張を終えソウルに帰った2人だったが、ジヌクは犬の誕生日という理由でユミがデートを断ったのが気に入らない。プレゼントを持ってユミの家に向かうと、そこでは犬ではなくドングの誕生日会をしていた。ユミはドングが自分の弟であることを必死に隠そうとする。一方、ジヌクの父であるテボク会長は2人の仲を知って激怒するが・・・。
第10話 正直な気持ち
無料
じれったいロマンス 第10話 正直な気持ち テボク会長は、ドングがユミとジヌクの間にできた子だと勘違いをしてジヌクを責める。そして同じく勘違いをしたジヌクは、ユミに3年間の自分の思いを正直に打ち明けるのだった。その様子を偶然見てしまい、2人の間に乗り込もうとするヘリをヒョンテが止める。お互いの気持ちを確かめ合ったユミとジヌクはこれまでの時間を埋めるように幸せな時間を過ごすが・・・。