「息子 最新」の検索結果

今すぐ視聴する

殺害された男性の母親「返して…」東久留米殺人事件
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 殺害された男性の母親「返して…」東久留米殺人事件  殺害された息子の母親が取材に応じて「返してもらいたい」と訴えました。  三ツ本寛己容疑者(28)は先月8日、東京・東久留米市の住宅で二岡一浩さん(55)を刺して殺害した疑いが持たれています。今月4日午後、殺害された二岡さんの母親がANNの取材に応じました。  二岡さんの母親:「(息子は)帰ってこないんだし。あれだよね、返してもらいたいよね」「(Q.三ツ本容疑者と会ったことは?)葬式の時とか。(息子を)返してもらいたい」  取り調べに対して、三ツ本容疑者は「やっていません」などと容疑を否認しています。
名古屋市 住宅で3人死傷 家族とみられる男確保
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 名古屋市 住宅で3人死傷 家族とみられる男確保  名古屋市の住宅で家族3人が刃物で刺され、1人が死亡、2人が意識不明の重体です。警察は、家族とみられる男の身柄を確保しました。  24日午後10時ごろ、名古屋市港区の住宅から「息子が包丁で祖母らを刺した」などと女性の声で110番通報がありました。警察によりますと、住宅の中で3人が刃物で刺されているのが見つかり、このうち遠藤好美さん(77)が死亡、遠藤さんの息子の52歳の男性と孫の19歳の少女が意識不明の重体です。警察は、現場近くの路上で3人と同居する家族とみられる20代の男の身柄を確保し、詳しい事情を聴いています。
広島市の消防局職員を酒気帯び運転の疑いで逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 広島市の消防局職員を酒気帯び運転の疑いで逮捕  広島市で消防局の職員が酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。その際、車には2歳の息子が同乗していました。  広島市消防局南消防署に勤務する小熊祐一郎容疑者(35)は先月30日午前8時半ごろ、広島市西区のコンビニエンスストアで停車中の車に接触し、そのまま逃走しました。約30分後に警察が小熊容疑者の車を発見して車から降りるよう求めましたが、再び逃走しました。小熊容疑者からは基準値の4倍にあたるアルコールが検出され、車には2歳になる息子が乗っていました。職員の逮捕を受け、広島市消防局は速やかに事実関係を把握して厳正に対処するとコメントしています。
「小切手を盗まれた」 詐欺グループ指示役の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「小切手を盗まれた」 詐欺グループ指示役の男逮捕  「小切手を盗まれてしまった」と嘘を言って東京・府中市の高齢女性から現金1280万円をだまし取ったとして、特殊詐欺グループの指示役の男が逮捕されました。  千葉市の岡田昂大容疑者(21)は2月、仲間と共謀して府中市に住む80代の女性から現金1280万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、女性は息子をかたる人物から「小切手を盗まれてしまった」と嘘の電話を受け、自宅近くに来た息子の知人を装った20代の男に現金1280万円を手渡しました。この受け取り役の男はすでに逮捕されていて、「岡田容疑者に指示された」と供述したことから関与が浮上しました。取り調べに岡田容疑者は黙秘しています。
ニラとスイセン間違え鍋に…男性2人が食中毒で搬送
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ニラとスイセン間違え鍋に…男性2人が食中毒で搬送  河川敷の植物を鍋に入れた親子が食中毒に。有毒のスイセンを食べたとみられています。  愛媛県によりますと、4日、80代の父親と50代の息子の2人が河川敷に生えていた植物を持ち帰って鍋の具材として食べた後、下痢などの症状を訴えて病院に搬送されました。有毒のスイセンの葉をニラと間違えて食べたとみられます。2人は回復傾向にあるということですが、スイセンを食べて死亡した例もあり、県は見分けられない植物は食べないよう呼び掛けています。
出勤の父親見送ろうと…その車の下敷きで1歳児重体
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 出勤の父親見送ろうと…その車の下敷きで1歳児重体  1歳の男の子が父親の運転する車の下敷きになりました。  4日午前7時すぎ、佐賀市にあるアパートの駐車場で「家族の車の下に1歳の息子が挟まれた」と母親から119番通報がありました。警察などによりますと、1歳の男の子が父親(28)の運転する車の下敷きになり、意識不明の重体です。事故当時、男の子や母親は父親の出勤を見送るために駐車場に出てきていたということです。警察は父親が男の子に気付かず、車を発進させて駐車場から道に出ようとした際に巻き込んだとみて調べています。
“担任から虐待”放置 学校は「児童に問題」と説明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “担任から虐待”放置 学校は「児童に問題」と説明  千葉県内の小学校で男子児童が担任から「首を絞められた」などと被害を訴えた問題で、当初、学校側が母親に対して「児童の発達が幼い」などと児童に問題があるとして長期間、本格的な調査を開始しなかったことが分かりました。  2017年、千葉県流山市の小学校で児童が担任の男性教師に水筒を壊されたり「首を絞められた」などと訴えましたが、学校側は1年半にわたって調査しませんでした。その間、学校は母親に児童に原因があると説明していました。  児童の母親:「(学校側から)『発達が幼い』と言われたり『息子に何か問題がある』と言われたりしました」  児童を診察した医師は、発達障害などは認められなかったとしています。  守谷こどものこころとからだのクリニック・永吉亮院長:「学校や家での様子から、多動の傾向があると診断しました。声を掛けるだけでも落ち着く子どもはたくさんいるので、(当該の児童について)大人側の対応の仕方を変えて下さいという話をしました」  医師によりますと、児童にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状が出ているということです。
担任が児童の首絞めたか 学校側が訴えを1年半放置
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 担任が児童の首絞めたか 学校側が訴えを1年半放置  千葉県内の小学校で児童が担任から「首を絞められた」などと被害を訴えたものの、学校が約1年半にわたって調査せず放置していたことが分かりました。児童の両親は、速やかに調査を始める態勢づくりを自治体側に求めています。  学校の事故報告書などによりますと、2017年、千葉県流山市の小学校で1年生の男子児童が担任の男性教師に水筒を床にたたき付けられて壊されたり、「首を絞められた」と被害を訴えました。  被害を訴える男子児童:「先生は床に向かって水筒を持ってバーンと投げました。僕の首にこうやって絞めた。『やめて苦しい』って言ったら、先生は手を離してくれて『わざとじゃありません』『自分が悪いことするからでしょ』って」  学校などが児童の母親の求めに応じて調査を始めたのは被害が分かってから1年半後でした。担任は水筒を壊したことは認めましたが、首を絞めたかについては「肩を持ちながら話しただけ」と否定しています。  男子児童の母親:「(水筒は入学祝いに)祖父母からもらったすごく大切なものでした」「(Q.息子さんの様子は?)指先を血が出るくらいかんだりだとか、夜中、寝ている時に尋常じゃない声を出したり、すごく不安定な様子でした」  児童の両親は流山市に対し、教師の体罰について被害の相談があれば速やかに調査が始まる態勢づくりなどを求めています。
第11話
ボイス~112の奇跡~ 第11話 高級クラブで殺人事件が発生。警察は店内にいる客を店の外に出さないように指示するが、VIPルームにいた役人と大物企業家は、悠々とその場を抜け出す。ジニョクは、息子ドンウを襲った犯人を追跡し逮捕する。その取り調べ中、クラブのホステス1人が数日前から無断欠勤しているという話を聞く...。
ヴィーナス・トーク ~官能の法則
ヴィーナス・トーク ~官能の法則 ヴィーナス・トーク ~官能の法則 もう若くはないが、それでも恋に、仕事に、セックスに......前向きに人生を謳歌する3人の女性たちが繰り広げる、ちょっとキワどいラブ・コメディー。 独身のシネ、主婦のミヨン、シングルマザーのヘヨンは学生時代からの親友同士。熟年に差しかかった今も互いに悩みを打ち明け、恋やセックスの話に花を咲かせる。ケーブルテレビ局のバラエティ部門でチーフプロデューサーを務めるシネは、長年付き合った恋人を職場の若い後輩に取られ、弾みでずっと年下の男性と付き合い始める。しかし、母親のクレジットカードでデートの支払いをしようとする彼に戸惑いを隠せない。ミヨンは息子の海外留学中に夫とのセックスライフを思う存分満喫しようとするが、夫は彼女の愛の要求に応えきれず、夫婦は危機に陥る。一方、ベーカリー・カフェを営むヘヨンは、年頃の娘を結婚させて母子二人で住む家から出し、恋人と水入らずで過ごそうともくろむ。しかし、娘がことあるごとに実家に舞い戻り、思いどおりにいかない。そんなある日、ヘヨンは下腹部の激痛に突然襲われ......。 それぞれに悩みを抱えながらも、励まし合い、前を向いて生きていく――そんな彼女たちの波乱万丈の日々を笑いと涙、そしてちょっとアブないシーンを交え、大胆かつスタイリッシュに描く。