「息子 最新」の検索結果

今すぐ視聴する

さいたま9歳男児殺害 義父を殺人容疑で再逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 さいたま9歳男児殺害 義父を殺人容疑で再逮捕  9歳の息子を殺害した疑いで義理の父親が再逮捕されました。  進藤悠介容疑者(32)は先月17日、さいたま市見沼区の自宅で義理の息子の遼佑君の首を電気コードで絞めて殺害した疑いが持たれています。警察によりますと、進藤容疑者は先月、死体遺棄容疑で逮捕された直後は「赤白帽をなくしたことを注意したら本当の父親じゃないのにと言われ、カッとなった」「電気コードで首を絞めた」などと殺害についても容疑を認めていました。しかし、その後、供述を一転させて「そんなことはやっていません」と容疑を否認しています。
Charさんの息子JESSE被告の初公判 懲役2年を求刑
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 Charさんの息子JESSE被告の初公判 懲役2年を求刑  大麻所持などの罪で起訴されたギタリスト・Charさんの息子でミュージシャンのJESSE被告(39)の初公判があり、被告は起訴内容を認めました。  JESSEことマック・ファーデン・ジェシー・ソラト被告は7月、東京・品川区の自宅で大麻約2.4グラムを所持したほか、コカインも持っていた罪に問われています。8日の初公判でジェシー被告は起訴内容を認め、「多大なる迷惑、心配を掛けた皆様におわび申し上げます」と謝罪しました。検察側は「20年ほど前から大麻を使用していた」などと指摘し、懲役2年を求刑しました。一方、弁護側は「大麻は腰のヘルニアの痛みを和らげるために使用した」「二度と違法薬物を使わないと決意し、深く反省している」と述べ、執行猶予付きの判決を求めました。判決は29日に言い渡されます。
ウクライナ疑惑 バイデン氏の息子は潔白を主張
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ウクライナ疑惑 バイデン氏の息子は潔白を主張  ウクライナの企業から巨額の利益を得ていたとトランプ大統領が批判している民主党のバイデン前副大統領の息子がインタビューに応じ、自らの潔白を主張しました。  ハンター・バイデン氏は父親のジョー・バイデン氏が副大統領の任期中の2014年にウクライナのガス会社の幹部を務めた経緯があり、トランプ大統領はバイデン氏の立場を利用した不正な取引を疑っています。  ハンター・バイデン氏:「私は間違いを犯したか?俯瞰(ふかん)してみれば多分、そうだろう。ただ、倫理的に間違ったことは一切していない」  アメリカのテレビでインタビューに応じたハンター氏はガス会社の幹部を務めたことでトランプ大統領に批判の余地を与えたとの認識を示し、「まずい判断だった」と話しました。そのうえで「間違ったことは何もしていない」とトランプ大統領の指摘を否定しました。
母娘が心肺停止 家族4人の車が相模原市の川に転落
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 母娘が心肺停止 家族4人の車が相模原市の川に転落  神奈川県相模原市では浸水した川に12日夜に車が転落しました。近くで親子とみられる2人が心肺停止の状態で見つかっています。  (社会部・中村昌太郎記者報告)  2人が見つかった川は今も茶色く濁った水が勢いよく流れています。12日午後10半すぎ、上流に2キロほど先にある相模原市緑区の中村橋の近くで川に車が転落したと消防に通報がありました。13日朝早くから消防が付近を捜索していたところ、午前8時すぎに中州の上で成人女性と女児が相次いで見つかりました。転落した車に乗っていた30代の母親と小学4年の娘とみて、警察が身元の確認を進めています。また、警察などによりますと、車にはこの2人の他に40代の父親と小学1年の息子の合わせて家族4人が乗っていたとみられます。転落した場所の近くには母親とみられる女性の祖母が住んでいたということで、その様子を見に行った際に誤って川に転落した可能性があるということです。父親と息子の2人の行方は依然、分かっていません。警察と消防は、上流と下流の広い範囲にわたって今も懸命に捜索を続けています。
妻に包丁「ぶっ殺してくるっ」酔った?佐賀市議逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 妻に包丁「ぶっ殺してくるっ」酔った?佐賀市議逮捕  妻に包丁を突き付けて「ぶっ殺す」などと言ったとして市議会議員が逮捕されました。  佐賀市議会議員の川崎直幸容疑者(69)は3日午後7時半ごろ、自宅で60代の妻に包丁を突き付けて「お前のごたっとは(ようなやつは)ぶっ殺してくる(やる)」などと脅した疑いが持たれています。川崎容疑者の息子が通報して警察が駆け付けたところ、川崎容疑者は酒に酔っている様子だったということです。警察の調べに川崎容疑者は「包丁を持ったことは間違いないが、ぶっ殺すとは言っていない」と容疑を否認しています。
進次郎大臣へ父からのエールは「これから」連発 
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 進次郎大臣へ父からのエールは「これから」連発   小泉進次郎環境大臣に父・純一郎氏が改めてエールを送りました。  小泉純一郎元総理大臣:「(Q.小泉進次郎環境大臣の仕事ぶりは?)これからだよ。これからです。環境省、大事だから。大事な仕事だよ。頑張って下さい。これから、これから」  都内で開催中の被災地応援イベントに訪れた小泉純一郎元総理は、息子で環境大臣の進次郎氏の今後の活躍に期待を寄せました。環境大臣として初入閣した進次郎氏は、切れ味ある話しぶりが父の純一郎氏をほうふつとさせるという評価がある一方、抽象的な発言が多く、「ポエム」のようだとの指摘もされています。
さいたま市9歳男児死亡 義父を殺人容疑で再逮捕へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 さいたま市9歳男児死亡 義父を殺人容疑で再逮捕へ  さいたま市の集合住宅のメーターボックスの中から9歳の男の子の遺体が見つかった事件で、警察は男の子の義理の父親を殺人の疑いで再逮捕する方針を固めました。  進藤悠介容疑者(32)は先月17日の夕方、さいたま市見沼区の集合住宅のメーターボックスの中に義理の息子の遼佑君の遺体を遺棄した疑いが持たれています。その後の捜査で、進藤容疑者が遼佑君の首を電気コードで絞めた疑いが強まったとして警察は、9日にも再逮捕する方針を固めました。捜査関係者によりますと、進藤容疑者は逮捕直後、「『本当の父親じゃないのに』と言われてカッとなった」などと供述していましたが、取り調べに対して進藤容疑者は「私は知りません。やっていません」と容疑を否認しています。
“自転車事故794隊” 交通ルールの徹底を訴える
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “自転車事故794隊” 交通ルールの徹底を訴える  警視庁で唯一の自転車事故対策の専門部隊、その名も「自転車事故794隊」が交通ルールの徹底を訴えました。  自転車事故794隊:「夜間の安全運転に努めて下さい」「反射材っていって、ライトで光って事故防止になるものですので」  警視庁の管内で最も自転車の保有台数が多い東京・江戸川区の葛西署管内では、今年に入って起きた交通死亡事故3件のうち、2件が自転車が絡んだ事故でした。そこで警視庁で唯一、自転車事故対策の専門部隊である葛西署の自転車事故794隊が地元の自転車店と協力して安全ルールの徹底と安全走行を呼び掛けました。  半田正浩署長:「私、実は自転車屋の息子でありまして、自転車については特に思い入れがあります。自転車は大変便利な乗り物ですが、頭部を打ってしまえば死亡事故につながる。そういった点では、交差点において一時停止を必ずする、そして左右の安全確認をする、こういうことが一番大切だと思います」
バイデン氏、トランプ大統領の“弾劾”求める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 バイデン氏、トランプ大統領の“弾劾”求める  トランプ大統領がアメリカ大統領選挙の民主党有力候補であるバイデン前副大統領に関する調査を他の国に依頼していたことについて、バイデン氏はトランプ大統領の弾劾(だんがい)を求めました。  トランプ大統領はバイデン氏の息子の不正なビジネスを疑い、バイデン氏も含めた調査をウクライナや中国に依頼していました。  バイデン前副大統領:「合衆国憲法、民主主義、根本的な高潔さを守るために彼は弾劾されるべきだ」  バイデン氏は疑惑を否定する一方、初めて弾劾を明確に要求しました。民主党の候補者争いの世論調査では8日、平均支持率でエリザベス・ウォーレン上院議員がトップの座を奪っていて、バイデン氏は対決姿勢を鮮明にすることで支持回復の狙いもあるとみられます。一方、トランプ大統領はツイッターで「眠たいジョー・バイデンは少なくとも2つの国から多額の金をせしめたのに、私の弾劾を求めるとは哀れなことだ」とやり返しています。
結愛ちゃん虐待死裁判 法廷で“再会”した両親は…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 結愛ちゃん虐待死裁判 法廷で“再会”した両親は…  船戸結愛ちゃんが虐待の末、亡くなった事件。父・雄大被告の裁判で、3日、母親の優里被告が証言台に立ちました。2人が同じ場所に居合わすのは逮捕後、初めてです。優里被告は「もう結愛と息子に近付かないで」と訴えました。裁かれる側として父と母、2人が法廷で同じ場所に立っているという状況だったわけですが、2人の様子はどうだったのでしょうか。  (社会部・古賀康之記者報告)  3日の裁判は午後4時までの予定でしたが、現在も行われています。そして、2人の様子ですが、衝立があって直接2人が顔を合わせることはありませんでしたが、3日の証人尋問のなかで優里被告の泣き声や事件に関する詳しい証言を聞いて、雄大被告は苦しそうな表情で何度も顔を伏せていました。検察官による最終尋問で、優里被告は「東京に引っ越してからは結愛を直視することができなかった」と話しました。その理由について聞かれると「凝視してしまうと時が止まるような思いがした」「結愛に服を着せるなど余計なことをすると雄大が怒るので、怖い、怖い、怖いと思いました」と証言しました。その時の雄大被告は何度も体をよろめかせ、憔悴(しょうすい)しきっているようでした。4日は午前から雄大被告への被告人質問が行われる予定で、裁判は山場を迎えます。
化学賞グッドイナフ氏はノーベル賞最高齢の97歳
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 化学賞グッドイナフ氏はノーベル賞最高齢の97歳  吉野彰さんとともにノーベル化学賞に決まったジョン・グッドイナフ氏は97歳で、これまでで最も高齢のノーベル賞受賞者となります。  アメリカ人でテキサス大学教授のグッドイナフ氏はリチウムイオン電池のプラスの電極としてコバルト酸リチウムを使用し、強力なバッテリーが生まれる基礎を作りました。吉野さんはこの研究に注目し、マイナスの電極に炭素を使うことで安全性が高くなることを発見するなど、リチウムイオン電池の実用化につなげました。吉野さんはグッドイナフ氏と親しく、毎年、テキサス大学を訪ねていたということです。吉野さんはグッドイナフ氏について「彼からすると私は息子のような位置付け。可愛がってもらっている」と話し、高齢にもかかわらず、研究を続けていることを称賛しています。グッドイナフ氏は「97歳まで生きてきた。人は何でもできる。ノーベル賞の受賞は光栄だ。生涯を通じて支援してくれたすべての友人に感謝している」とコメントしています。  また、同じく受賞が決まったイギリス人のスタンリー・ウィッティンガム氏は1970年代に化石燃料を用いない電池の開発に取り組み、リチウムイオン電池の原型を発明しました。
領土問題は日本と「同じ悲劇」 ウクライナ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 領土問題は日本と「同じ悲劇」 ウクライナ大統領  トランプ大統領のウクライナ疑惑で渦中にあるウクライナのゼレンスキー大統領がANNの取材に応じ、安倍総理大臣と会談した際に両国がロシアとの間に抱える領土問題について協議する考えを明らかにしました。  ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「(Q.日本は領土問題についてロシアにどう対処すべきか?)安倍総理と議論したい。どんな質問にも答える。もし、私の答えが総理の助けになれば大変、幸せだ」  ゼレンスキー大統領は10日にウクライナの首都キエフでANNのインタビューに応じ、北方領土問題を抱える日本と、ロシアによってクリミア半島を併合されたウクライナは「同じ悲劇を抱えている」との見方を示しました。そのうえで、天皇陛下の「即位の礼」に参列するため日本を訪問する今月後半に安倍総理と会談し、日本とウクライナが抱えるロシアとの領土問題について意見を交わす考えを示しました。  一方、トランプ大統領が大統領選挙のライバルであるバイデン前副大統領の息子の汚職疑惑を追及するようゼレンスキー大統領に圧力を掛けたとされる疑惑については、安倍総理と議論するかについて明言を避けました。
第11話
ボイス~112の奇跡~ 第11話 高級クラブで殺人事件が発生。警察は店内にいる客を店の外に出さないように指示するが、VIPルームにいた役人と大物企業家は、悠々とその場を抜け出す。ジニョクは、息子ドンウを襲った犯人を追跡し逮捕する。その取り調べ中、クラブのホステス1人が数日前から無断欠勤しているという話を聞く...。
ヴィーナス・トーク ~官能の法則
ヴィーナス・トーク ~官能の法則 ヴィーナス・トーク ~官能の法則 もう若くはないが、それでも恋に、仕事に、セックスに......前向きに人生を謳歌する3人の女性たちが繰り広げる、ちょっとキワどいラブ・コメディー。 独身のシネ、主婦のミヨン、シングルマザーのヘヨンは学生時代からの親友同士。熟年に差しかかった今も互いに悩みを打ち明け、恋やセックスの話に花を咲かせる。ケーブルテレビ局のバラエティ部門でチーフプロデューサーを務めるシネは、長年付き合った恋人を職場の若い後輩に取られ、弾みでずっと年下の男性と付き合い始める。しかし、母親のクレジットカードでデートの支払いをしようとする彼に戸惑いを隠せない。ミヨンは息子の海外留学中に夫とのセックスライフを思う存分満喫しようとするが、夫は彼女の愛の要求に応えきれず、夫婦は危機に陥る。一方、ベーカリー・カフェを営むヘヨンは、年頃の娘を結婚させて母子二人で住む家から出し、恋人と水入らずで過ごそうともくろむ。しかし、娘がことあるごとに実家に舞い戻り、思いどおりにいかない。そんなある日、ヘヨンは下腹部の激痛に突然襲われ......。 それぞれに悩みを抱えながらも、励まし合い、前を向いて生きていく――そんな彼女たちの波乱万丈の日々を笑いと涙、そしてちょっとアブないシーンを交え、大胆かつスタイリッシュに描く。