「情報番組 美女」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

“機密情報”で見返り ロシア通商幹部から数十万円
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “機密情報”で見返り ロシア通商幹部から数十万円  ソフトバンクの元部長から会社の機密情報を受け取ったとされる在日ロシア通商代表部の幹部が、見返りとして元部長に合わせて数十万円を渡していたことが分かりました。  アントン・カリーニン氏は、ソフトバンクの機密情報2点を不正に得た疑いで逮捕された荒木豊容疑者からこの機密情報を受け取ったとみられています。カリーニン氏はロシアの諜報(ちょうほう)機関の職員とみられ、警視庁公安部の出頭要請に応じないまま10日に日本を出国してモスクワに到着しました。その後の捜査関係者への取材で、カリーニン氏は荒木容疑者に対して複数回、情報をもらった見返りとして合わせて数十万円を渡していたことが分かりました。公安部はカリーニン氏について、荒木容疑者に会社から機密情報を不正に取得するようそそのかした疑いで書類送検する方針です。
SB元部長の情報流出相手か ロシア通商幹部、出国へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 SB元部長の情報流出相手か ロシア通商幹部、出国へ  ソフトバンクの元部長が会社の機密情報を不正に持ち出した疑いで逮捕された事件で、情報が渡ったとされる在日ロシア通商代表部の幹部が10日にも出国する見通しであることが分かりました。  荒木豊容疑者はソフトバンクの部長だった去年2月、会社から機密情報2点を不正に得た疑いが持たれています。この情報が在日ロシア通商代表部の幹部、アントン・カリーニン氏らに渡ったとみられています。その後の公安関係者への取材で、カリーニン氏が10日にも成田空港から出国する見通しであることが分かりました。カリーニン氏はロシアの諜報(ちょうほう)機関「SVR」の職員とされていて、警視庁公安部はカリーニン氏らに出頭を要請していましたが、これまで応じていません。
警視庁の要請応じず…ロシアの“スパイ”日本出国
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 警視庁の要請応じず…ロシアの“スパイ”日本出国  機密情報が渡ったとされる在日ロシア通商代表部の幹部は、出頭要請に応じず帰国しました。  在日ロシア通商代表部幹部、アントン・カリーニン氏はソフトバンクの機密情報2点を不正に得た疑いで逮捕された荒木豊容疑者から、この機密情報を受け取ったとみられています。警視庁公安部は出頭を求めていましたが、外交特権を持つカリーニン氏はこれに応じず、10日午後1時ごろ、成田空港から出国しました。カリーニン氏はロシアの諜報機関の職員とみられ、公安部はカリーニン氏が荒木容疑者に情報を漏らすようそそのかしたとみて調べています。
クレカ情報の漏洩が急増 こんな偽画面には要注意!
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 クレカ情報の漏洩が急増 こんな偽画面には要注意!  知らない間にクレジットカードの情報が盗まれているかもしれません。  消費者庁によりますと、インターネットでの買い物中にクレジットカードの情報を盗まれる被害が急増しています。決済画面とよく似た偽の画面にカード情報を入力させて「決済に失敗しました」などと表示された後、すぐに本来の画面に戻るため被害に気付きにくいということです。こうした手口による被害は去年4月から10月だけで約14万件に上っています。消費者庁はカードが不正に使われていないか利用明細をこまめに確認するよう呼び掛けています。
H2Aロケット打ち上げ成功 情報収集衛星を軌道に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 H2Aロケット打ち上げ成功 情報収集衛星を軌道に  政府の情報収集衛星を載せたH2Aロケットが9日午前に種子島宇宙センターから打ち上げられました。  H2Aロケット41号機は午前10時34分に打ち上げられました。予定の軌道で衛星を切り離しました。この情報収集衛星「光学7号機」は北朝鮮の弾道ミサイルの監視や災害時の現場の確認などに利用されるということです。
新型コロナ 薬購入に「個人情報」登録が必要 北京
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナ 薬購入に「個人情報」登録が必要 北京  中国の北京では解熱剤などを購入する場合、住所・氏名などの個人情報の登録が義務付けられました。「新型コロナウイルス」の感染者を発見するためとしています。  北京市当局は一部地域の薬局に対し、解熱剤や風邪薬を購入する客の氏名や住所の登録を義務付けました。登録された情報は毎日、市に報告されます。  薬局の店員:「市から渡された表に記入する必要があります」「(Q.例えば身分証明書?)身分証明書の番号、携帯番号、現住所、湖北省の人と接触したかなどです」  北京市は発熱した市民の情報を把握することで新型コロナウイルスへの感染を発見しやすくするのが狙いだとしています。
浙江省・温州市もレベル3「渡航中止勧告」 外務省
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 浙江省・温州市もレベル3「渡航中止勧告」 外務省  外務省は新型コロナウイルスの感染が拡大している中国・浙江省温州市について、「感染症危険情報」を渡航をやめるよう勧告するレベル3に引き上げました。  外務省はこれまで中国の武漢を含む湖北省全域に渡航をやめるよう勧告する感染症危険情報のレベル3を出しています。温州市での新型コロナウイルスの感染拡大や移動制限措置が取られている現状を踏まえ、外務省は14日に温州市に対しても渡航中止勧告を出しました。湖北省と温州市を除く中国全土には不要不急の渡航をやめるよう呼び掛ける感染症危険情報のレベル2を維持しています。
“監視技術”活用? 渡航歴や濃厚接触者など特定
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “監視技術”活用? 渡航歴や濃厚接触者など特定  中国政府などが開発したアプリでは名前、身分証番号を入れると「ビッグデータ」を活用して自分が濃厚接触者かどうかが分かります。  中国では飛行機や電車に乗る際に必ず身分証番号を登録しますが、このアプリはそうしたデータを使って感染者と同じ飛行機や電車に乗り合わせていなかったかどうかを特定します。中国の一部の自治体では、多くの監視カメラや携帯電話の位置情報などから得たとみられるビッグデータを活用して武漢への渡航歴や感染が確認された人の濃厚接触者の特定が進んでいるといいます。感染対策のために利用される個人情報について、中国当局は「厳格に管理している」としていますが、個人情報の流出を懸念する声も上がっています。
府中市・信金職員殺害から15年へ 情報提供呼び掛け
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 府中市・信金職員殺害から15年へ 情報提供呼び掛け  東京・府中市の信用金庫で当時39歳の男性職員が殺害された事件からまもなく15年経つのを前に、遺族らが情報提供を呼び掛けました。  2005年2月14日、府中市の多摩信用金庫の職員・後藤博樹さんは帰宅しようとしたところを男に包丁で腹などを刺されて死亡しました。事件は未解決のまま、まもなく15年が経ちます。今月11日午後、現場に献花台が設けられて母親のリウさん(76)や警視庁の捜査員らが花を手向けた後、犯人の男の特徴などが書かれたティッシュを配りました。警視庁によりますと、男は当時20歳から40歳くらいで、現場に残されたGUESSの腕時計はバンドを蛇腹式に交換していたということです。警視庁は、事件解決に向けて引き続き情報提供を呼び掛けています。
バーに複数人が押し入り強盗か 情報提供役の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 バーに複数人が押し入り強盗か 情報提供役の男逮捕  男は強盗の実行犯らに金のありかを教えたとみられています。  松島秀樹容疑者(23)は去年10月、仲間と共謀して東京・池袋にある深夜営業のバーに押し入り、店員や客を殴るなどして店の売り上げなど現金400万円を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、松島容疑者は情報提供役とみられ、すでに逮捕・起訴された実行役の男らが押し入る直前まで店にいて、店内の状況を伝えていたということです。犯行時、男らは「金庫はここじゃねぇのか」などと店員を脅していました。取り調べに対し、松島容疑者は黙秘しています。