「情報番組 過激」の検索結果

今すぐ視聴する

植松聖被告 トランプ氏発言に「勇気づけられ」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 植松聖被告 トランプ氏発言に「勇気づけられ」  トランプ大統領の過激な発言に「勇気付けられた」と証言しました。  植松聖被告(30)は2016年、相模原市の「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害した罪などに問われています。27日の被告人質問で、植松被告は当時、アメリカ大統領選の候補者だったトランプ大統領の過激な発言をニュースで見て、「『意思疎通の取れない人は安楽死すべき』という自分の考えを言ってもいいと思った」と話しました。検察官に「勇気付けられたのか」と問われると「はい」とはっきりとした口調で答えました。
拘束の250キロ超「イスラム国」幹部 荷台で移送
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 拘束の250キロ超「イスラム国」幹部 荷台で移送  今月、イラクで拘束された過激派組織「イスラム国」の幹部が体重250キロを超えた巨漢だったと話題になっています。  イラク北部のモスルで15日、「イスラム国」の幹部、アブ・アブデルバーリ容疑者が治安当局によって拘束されました。しかし、このアブデルバーリ容疑者は体重が250キロを超える巨漢で移送車に収容できなかったため、トラックの荷台に乗せられて移送されたということです。イラクの治安当局によりますと、アブデルバーリ容疑者はイスラム法の専門家で「イスラム国」への忠誠を拒否した学者や聖職者らに対して死刑を告げる宗教令を出していました。欧米メディアは、治安部隊がこの巨漢の容疑者を潜伏先からどのように外に連れ出したのかは分かっていないと報じています。
「イスラム国」が声明 イスラエルへの攻撃を予告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「イスラム国」が声明 イスラエルへの攻撃を予告  過激派組織「イスラム国」が「戦いは新たな段階に入る」という声明を出し、イスラエルへの攻撃を予告しました。  「イスラム国」の声明:「カリフ制国家の兵士の視線はどこにいてもエルサレムに注がれている。数日の間に今までに見た恐怖を忘れるような苦しみを味わうだろう」  「イスラム国」は27日、インターネットに公開した報道官の声明で、アメリカのトランプ大統領が近く公表予定でイスラエル寄りとされる中東和平案を受け入れないよう支持者らに求めています。また、声明では「戦いは新たな段階に入る」として「ユダヤ人入植地で武器を試せ」などと、特にエジプトのシナイ半島の支持者らに隣接するイスラエルへの攻撃を呼び掛けています。声明は、多くのイスラム教徒が怒りや不満を募らせるパレスチナ問題で「イスラム国」の支持を広げる狙いがあるとみられます。

おすすめの作品

機密情報不正取得で男逮捕 ロシアに情報渡したか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 機密情報不正取得で男逮捕 ロシアに情報渡したか  会社のサーバーから機密情報を不正に得たとしてソフトバンク元社員の48歳の男が逮捕されました。男は取得した情報を在日ロシア通商代表部の職員らに渡したとみられています。  ソフトバンクの元社員・荒木豊容疑者は去年、会社のサーバーにアクセスして機密情報2点を不正に得た疑いが持たれています。警視庁公安部によりますと、荒木容疑者は在日ロシア通商代表部の職員らにそそのかされ、この情報を渡したとみられています。荒木容疑者は容疑を認めていて、情報を渡したことについても「小遣いが欲しかった」などと話しているということです。また、警察庁は外務省を通じて情報を受け取ったとみられる在日ロシア通商代表部の職員ら2人の出頭を要請しました。
武漢市などへの「感染症危険情報」外務省が引き上げ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 武漢市などへの「感染症危険情報」外務省が引き上げ  外務省は、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、中国・湖北省の「感染症危険情報」を渡航をやめるよう勧告するレベル3に引き上げました。  外務省は、新型コロナウイルス感染の地理的拡大が懸念されるなか、武漢市を含む中国・湖北省全域の感染症危険情報を渡航をやめるよう勧告するレベル3に引き上げました。その他の地域については、引き続き渡航への注意を呼び掛ける感染症危険情報レベル1が出されています。外務省は、現地に滞在する日本人及び海外渡航者に対して情報提供と注意喚起にあたり、安全確保に取り組むとしています。
ロシア側から繰り返し接待 SB元社員機密情報漏洩か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ロシア側から繰り返し接待 SB元社員機密情報漏洩か  ソフトバンクの機密情報を不正に得たとしてソフトバンクの元社員が逮捕された事件で、この元社員は在日ロシア通商代表部の幹部らから繰り返し接待を受けていたことが分かりました。  荒木豊容疑者(48)は社員だった去年2月、ソフトバンクから機密情報2点を不正に得た疑いが持たれています。警視庁公安部は、荒木容疑者が在日ロシア通商代表部の幹部らに情報を渡したとみて調べています。その後の関係者への取材で、荒木容疑者は東京都内の飲食店などで幹部らから繰り返し接待を受けていたことが分かりました。また、現金も受け取っていました。こうした見返りに機密情報を渡したとみられています。情報は電話の基地局など、通信設備に関するものだったということです。荒木容疑者は「小遣いが欲しかった」と話し、容疑を認めています。
SB元部長機密情報漏洩か ロシア側から繰り返し接待
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 SB元部長機密情報漏洩か ロシア側から繰り返し接待  逮捕されたソフトバンクの元部長の男はロシア側から繰り返し接待を受けていました。  荒木豊容疑者(48)はソフトバンクの部長だった去年2月、会社から機密情報2点を不正に得た疑いが持たれています。情報は電話の基地局など通信設備に関するもので、警視庁公安部は荒木容疑者が在日ロシア通商代表部の幹部らに情報を渡したとみて調べています。その後の関係者への取材で、荒木容疑者は東京都内の飲食店などでこの幹部らから繰り返し接待を受けていたことが分かりました。また、現金も受け取っていました。こうした見返りに機密情報を渡したとみられます。
大分・佐伯市に記録的短時間大雨情報
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大分・佐伯市に記録的短時間大雨情報  気象庁は大分県に記録的短時間大雨情報を出しました。  大分県佐伯市蒲江付近で27日午後6時40分現在、約110ミリの雨が降っているとみられます。災害の発生につながるような猛烈な雨です。土砂災害が発生しやすい地区にお住まいの人は早めの避難を心掛けるとともに、市町村から発表される避難勧告などの情報に注意して下さい。
宮崎・延岡市付近に記録的短時間大雨情報
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 宮崎・延岡市付近に記録的短時間大雨情報  気象庁は宮崎県に記録的短時間大雨情報を出しました。宮崎県延岡市付近で27日午後7時36分現在、約120ミリの雨が降っているとみられています。災害の発生につながるような猛烈な雨です。土砂災害が発生しやすい地区にお住まいの人は早めの避難を心掛けるとともに、市町村から発表される避難勧告などの情報に注意して下さい。
外務省 武漢市の「感染症危険情報」をレベル2に
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 外務省 武漢市の「感染症危険情報」をレベル2に  中国・武漢市における新型肺炎の感染拡大を受け、外務省は武漢市に対する「感染症危険情報」をレベル2に引き上げて不要不急の渡航をやめるよう促しています。  外務省は21日に中国への渡航に注意を呼び掛ける感染症危険情報レベル1を中国全土に出しました。そのうち新型肺炎の感染患者の多い武漢市については23日、レベル2に引き上げて不要不急の渡航を中止するよう求めています。また、外務省は感染がさらに拡大する恐れがあるとして、最新情報を確認して感染予防に努めるよう呼び掛けています。
三菱電機のサイバー攻撃 中国系が防衛関連狙いか
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 三菱電機のサイバー攻撃 中国系が防衛関連狙いか  大規模なサイバー攻撃で個人や企業の情報が流出した恐れがあります。  三菱電機はパソコンやサーバーが不正アクセスを受け、最大で8000人分以上の個人情報や技術資料などが流出した可能性があると明らかにしました。防衛関連の政府機関や電力、鉄道など企業の情報が狙われた可能性があります。三菱電機は「社内調査の結果、社会インフラに関する機微な情報は流出していない」と説明しています。政府関係者によりますと、中国系のサイバー攻撃集団が関与している可能性があるとみられます。
ロシア側は名前隠して接触…元SB部長「スパイかも」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ロシア側は名前隠して接触…元SB部長「スパイかも」  ソフトバンクの元部長が会社の機密情報を不正に持ち出した疑いで逮捕された事件で、情報が渡ったとされる在日ロシア通商代表部の幹部が元部長に名前や身分を隠して接触していたことが分かりました。  荒木豊容疑者(48)はソフトバンクの部長だった去年2月、会社の通信設備に関する機密情報を不正に持ち出した疑いで27日に送検されました。警視庁公安部は、荒木容疑者が在日ロシア通商代表部の幹部らに情報を渡したとみて調べています。その後の捜査関係者への取材で、幹部らは荒木容疑者に名前や身分を隠し、連絡先も伝えていなかったことが分かりました。荒木容疑者は幹部らから繰り返し接待を受けるなかで情報を渡したとみられ、「スパイかもしれないと思っていた」と供述しています。
三菱電機に大規模サイバー攻撃 機密情報流出か
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 三菱電機に大規模サイバー攻撃 機密情報流出か  総合電機メーカー「三菱電機」は大規模なサイバー攻撃を受け、個人や取引先の企業などの機密情報が流出した可能性があると発表しました。  三菱電機は本社などのパソコンやサーバーに複数の不正アクセスがあったことを明らかにしました。防衛関連の政府機関や電力、鉄道などインフラ企業の情報が狙われた可能性があります。三菱電機は「社内調査の結果、社会インフラに関する機微な情報は流出していない」と説明し、被害や影響は確認されていないとしています。政府関係者によりますと、中国系のサイバー攻撃集団が関与している可能性があるとみられます。三菱電機は「ご心配とご迷惑をお掛けすることを深くおわびする」としています。