「戦えトランプ下克上」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第16話 負けてもマケンドー
無料
ハヤテのごとく! 第16話 負けてもマケンドー 東宮のと剣道勝負をすることになったハヤテ。執事には執事を、ということで東宮は執事の野之原にハヤテと戦えと指示をするのだが、自分は戦わないという軟弱な姿勢に対して、野之原に怒られる東宮。その過激な教育方針ぶりに止めに入るヒナギク。東宮のあまりの情けなさにヒナギクは止めに入ったのだが、それが功を奏して(?)、自らも戦う決意をする。自分がハヤテと戦っても勝ち目がない!だったら、主と主との対決ということで、ナギと戦うことを要求する。その姿に一同は唖然とする。
#286 【神話出演】
週刊K-POPアイドル #286 【神話出演】 BIGBANGの次は神話が登場!歴史的な神話のヒット曲でランダムプレイダンスに初挑戦!エリックとヘソンのプライドをかけた対決も!
第17話 「戦えばこそ男!対決の門は遂に開かれた!」
北斗の拳 第17話 「戦えばこそ男!対決の門は遂に開かれた!」 すべての力を結集してケンシロウを倒すことを宣言するシンの下にKINGのそうそうたるメンバーが集結した。そんな中ユリアは自分はケンシロウに言われた願いの為だけに生き続けていると語る。
第42話 戦えワタル!!魔神殿の攻防
魔神英雄伝ワタル 第42話 戦えワタル!!魔神殿の攻防 忠臣であるザン3兄弟やドン・ゴロを“用済み”とばかりに消すドアクダー。その冷酷さと、それを怒るワタルたちの壮絶な睨み合い。ドンゴロが放ったミサイルから、ヒミコを身を呈して守る邪虎丸の虎王にも注目したい。“ヨメ”を守る男気を感じる。クラマも新魔神・空王丸で登場。
第7話 静かなる丼、雄弁な丼
食戟のソーマ 第7話 静かなる丼、雄弁な丼 水戸郁魅VS幸平創真の「食戟」開戦!えりなを含め会場の誰もが、ミートマスターこと郁魅の勝利を確信していた。一方の創真は、登場しただけでブーイングの嵐……。「食戟」のテーマは丼、メイン食材は肉。果たして創真は丼研を守ることができるのか!?
第15話 ガッシュとティオの新たなる誓い
金色のガッシュベル!! 第15話 ガッシュとティオの新たなる誓い 現れたマルスと、ボロボロになりながらも戦うティオと恵み。絶体絶命と思われたその時、ガッシュと清麿が助けに現れた! ティオが知っているのは、弱虫だった昔のガッシュ。しかし、いま目の前にいる彼は、マルスと互角に戦えるほどたくましく成長していた。恵みは懸命に戦うガッシュたちの姿を見て...。
第113話 友からの手紙 本を燃やせ!! レインの正体
無料
金色のガッシュベル!! 第113話 友からの手紙 本を燃やせ!! レインの正体 ある日、ガッシュにエアメールが届く。差出人は、親友と名乗るレイン。その手紙には「私の本を燃やしてくれ!」と書いてあった。すぐにレインを訪ねるガッシュと清麿。ようやく会えたレインに聞くと、相棒のカイルがあまりにも臆病なため、他の魔物と戦えないとのこと。そしてこの町には、別の魔物とパートナーがいた。
第57Q 笑っちゃいますね
無料
黒子のバスケ 第3期 第57Q 笑っちゃいますね 秀徳対洛山戦の勝敗が決した。そして続く準決勝第2試合は、誠凛対海常! 試合前のアップから、エースである黄瀬と火神がそれぞれ渾身のシュートを決めて牽制しあう両校。春の練習試合以来、初の公式戦での対決に全員が気持ちを高ぶらせていた。誠凛との練習試合で人生初の敗北を経験した黄瀬は、そのリベンジに燃える。対する黒子も、ライバルとして黄瀬と戦えることに喜びを感じていた。そしてついに試合開始!
第10話 もの思う人形
グランベルム 第10話 もの思う人形 満月は新月の「友達が欲しい」という願いを叶えるために“マギアコナトス”が創りだした人形だった。水晶にいい様に翻弄され、まともに戦えない二人に九音は、この場から離れるように告げる。水晶に猛攻を仕掛ける九音だが、一瞬の隙をついて水晶が反撃をしかけるのだった...。
タイタンの戦い
タイタンの戦い(字幕) タイタンの戦い 神とは、人間を守ってくれる存在ではなかったのか?あろうことか、ペルセウス(サム・ワーシントン)は、愛する家族を神に殺される―。 時は古代ギリシャ世界。神の王であるゼウス(リーアム・ニーソン)を頂点に、神々が君臨していた時代。 ゼウスは人間を創り、彼らからの崇拝と愛を糧に不老不死を保っていた。 しかし、傲慢で自分の欲望を満たすためには何でもありの神々に、人間は反旗を翻すようになっていった。 神と人間の争いは日常と化し、漁師を営むペルセウスの家族はそれに巻き込まれ、冥界の神ハデス(レイフ・ファインズ)に船ごと沈められたのだ。 オリンポスの神殿では、人間と和解しようと主張する12神と、それを拒むゼウスが対立していた。そこへハデスが現れ、人間を懲らしめる時が来たと進言、その役を任せてくれと申し出る。弟のゼウスに冥界へと追いやられたことを恨むハデスには、密かな企みがあったのだが、怒りで我を失ったゼウスは、ハデスの提案に乗ってしまう。 かねてより神々を侮辱していたアルゴス国の国王と王妃の前に出現したハデスは、10日後の日蝕の日に海の魔物にして、無限大の大きさを誇るクラーケンを放ち、都を滅ぼすと宣言する。ただし、王女アンドロメダを生け贄に差し出せば、破滅は逃れられると―。 神々と互角に戦える男は、ひとりしかいない。神の血を引くペルセウスだ。ペルセウスは、家族の仇を討つために立ち上がる。あくまで人間として。世界の存亡をかけた戦いの行方は―?