「改ざん」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

ワカサギレイク攻略!真夏の小規模リザーバー
無料
D-IMPACT ワカサギレイク攻略!真夏の小規模リザーバー 奥村和正が独自のスタイルでデカバスだけを狙い続けるシリアスドキュメンタリー。今回はデカバスが生息するという山口県の小規模リザーバーが舞台となる。真夏の定番であるバックウォーターから突如としてバスが消えた。原因は急激な減水。さらに水温は30°Cを超える。初めて訪れるワカサギレイクにデカバスを追う!(本編内容は2013年10月放送当時のものです)
レッツ自撮り! 野尻湖でまさかの大苦戦だった
無料
SUGOIアワー レッツ自撮り! 野尻湖でまさかの大苦戦だった 3人のバスプロが超絶テク&爆笑トーク(?)を展開する脱力系バスフィッシングTV。1年ぶりにやってきたのはナウマンゾウの故郷・長野の野尻湖だ!昨年は番組史上最大のロクマルが飛び出したこのフィールド。7月はベストシーズンだとされているが、今年の野尻湖はひと味違うらしい!悪い意味で!(本編内容は2014年8月放送当時のものです)
桧原湖で20ポンドライン使っちゃうのだった!
無料
SUGOIアワー 桧原湖で20ポンドライン使っちゃうのだった! 3人のバスプロが超絶テク&爆笑トーク(?)を展開する脱力系バスフィッシングTV。夏休み真っ最中の桧原湖でナイスな「バス持ち自撮り」を極めたい!近年はグッドサイズのスモールが増えているこの湖だけど、河辺さんとオッキーは「ラージ釣りたいヨ」モード。シャローでのトップウォーターゲーム、水面炸裂注意報だ!(本編内容は2014年9月放送当時のものです)
#1
ナサケの女 ~国税局査察官~ #1 「脱税はこの世でいちばん被害者の多い、重い犯罪です。国民全員が被害者なんだから。 脱税するやつは、日本の道路を歩くな...!」 卓越した摘発力と直観力、容赦のない大胆さで、数々の脱税嫌疑者を摘発してきた、知る人ぞ知る西伊豆の税務署員・松平松子(米倉涼子)。その手腕を買われた彼女は、ホンテンこと東京国税局へ異動することに。東京へ向かう松子の手には、西伊豆の老女にもらった餞別の百円札が握られていた――
#5
ナサケの女 ~国税局査察官~ #5 「友也!そんな汚い金を持っていっちゃダメだ!」 「ネエさん、俺はこの金で幸せになるんだ!」 工事費の水増しや残土の不正流用が疑われる建設会社を内偵していた松子(米倉涼子)と三木(塚本高史)は、不正な現金の受け渡し現場を目撃。証拠写真を撮ることに成功する。税務署勤務時代から、この建設会社を追いかけている三木は、苦手な体当たり調査にも松子に負けじと挑み、脱税の証拠を積み重ねていく。
#7
ナサケの女 ~国税局査察官~ #7 「新田さん、あんたも死にたくなかったら、そんなヤバいところには近寄らないことね」 「私は全サカンを動員してでも、やるつもりです」 「全サカン? やめて! 松子だけは巻き込まないで」 「特殊関係人タレコミ調査・強化月間」と銘打たれた東京国税局・査察部には、脱税者の特殊関係人(愛人)から情報の提供が相次いでいた。そんな中、大手人材派遣会社を経営する青山貴美子(真野響子)は、自身の愛人である花形不動産社長の花形啓介(橋爪功)を三億円の脱税容疑で告発。証拠提供の見返りとして、新田(柳葉敏郎)にある取引を持ちかける。
#2
ナサケの女 ~国税局査察官~ #2 「あなた、脱税してませんか?」「節税ならしてるけど、脱税なんかしてないわ」 美貌の経営コンサルタントとして名高い桐島まどか(森口瑤子)の講演会が、東京国税局で開かれる。彼女は、査察部長の新田(柳葉敏郎)と同じ海外のビジネス・スクールで共に学んだ旧友だった。まどかの手厳しい言葉に聞き入る局員たちとは対照的に、アクビをしながら携帯電話をいじる松子(米倉涼子)。松子はまどかのツイッターをチェックしていたのだ。高級ブランド品を身に着け、ツイッターで連日、エステ、ショッピング、グルメの話題をつぶやいているまどかに、松子は直感で「脱税してませんか?」とぶしつけな質問を投げかける ――。
#3
ナサケの女 ~国税局査察官~ #3 「理事長、あなた脱税してますね? でも、心配いりませんよ! この学園はアンタッチャブルですから!」 政財界の子息が多く通う京徳学園に関する、裏口入学や裏の寄付金などのタレコミ情報の多さに目を付ける松子(米倉涼子)。しかし、東京国税局査察部情報部門では、過去に何度も同校を内偵調査しつつ、上層部からの圧力に屈し、途中で撤退したという苦い過去があった。だが、「脱税を見逃すヤツは、脱税するヤツと同じ」が信念の松子は、査察部長・新田(柳葉敏郎)の命令を無視し、勝手に内偵調査を開始。早速、理事長の門倉要(石橋蓮司)に接触し、怒りを買ってしまう。さらに松子は、京徳学園への合格者を多数輩出しているというひだまり塾にお受験ママのふりをして内偵し、塾長である春山繁(遠山 俊也)にも接触する。
#4
ナサケの女 ~国税局査察官~ #4 「埋めてるのは死体じゃない!お金だ!」 巨額の脱税が疑われる結婚相談所の内偵調査で、婚活パーティーに潜入した松子(米倉涼子)と犬養一美(飯島直子)。松子は、一美を熱心に口説く冴えない中年男・小田健太郎(塚地武雅)から大きな金の匂いを嗅ぎ取る。農家の長男で、母親が果樹園にワイナリー、ビルにマンションまで持っているという健太郎に、猛烈アタックを開始する松子。「タイプじゃない」と逃げられたものの、翌日には山梨にある健太郎の家まで押し掛け、母親のタキ(佐々木すみ江)にも花嫁候補と偽り、接触。農作業から夕飯の支度まで、タキにしごかれつつ、家の中を物色する松子だったが...。
#6
ナサケの女 ~国税局査察官~ #6 「男も女もお金が貯まると愛人を作る。つまり、愛人三人をそれぞれの会社のトップに置いてるんだ。この会社は会長のハーレムか!」 全国で結婚式場や結婚相談所、旅行代理店などを展開しているブライダル産業の『ふれあい産業』グループの会長・大鳥清太郎(平泉成)は、鉄子の部屋の常連客。ある日、大鳥が店に忘れていった鞄に大金が入っているのを見つけた松子(米倉涼子)と鉄子(武田鉄矢)は、大鳥を尾行し、その大金を愛人の島田美恵(紫吹淳)に届けるところを目撃する。しかも、『ふれあい産業』は宗教法人を利用した、多額の所得隠しの疑いがあり、松子はその数日前、パワーストーンを高額で販売する宗教法人の集いに参加していた。