「政治 経済 ニュース」の検索結果

今すぐ視聴する

メディアと権力の関係問う 映画「新聞記者」秘話
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 メディアと権力の関係問う 映画「新聞記者」秘話  メディアと権力との関係を問いかけた映画「新聞記者」のイベントが開かれ、河村光庸プロデューサーと藤井道人監督が対談し、この映画を制作した秘話を語りました。  藤井道人監督:「(河村プロデューサーが)しつこくて、しつこさに感謝しているんですけど。政治に興味はない、政治から逃げるのは民主主義を放棄してると言われた時に、最初は分からなかった。今は本当にやってよかったな」  河村光庸プロデューサー:「新聞は正々堂々と一方の現在の状況を正確に伝えていくという大変な役割をしている。何かやるとやばいのではとか、何か圧力が加わるのではないかとか見えないものを怖がってやってるしかすぎなくて、私は自信を持ってこれをやってもいいと。この映画を完成できてうれしい」  映画「新聞記者」は、1人の新聞記者の姿を通してメディアが政治権力にどう対峙するかという現在進行形の課題がテーマとなっています。真実を追及するなかで、政治権力から追い詰められ、記者はもがき、協力者は理想と現実の間で揺れ動く、その姿をフィクションとして描いています。藤井監督は、2人の主役、シム・ウンギョンさんと松坂桃李さんの実力を語りました。  藤井道人監督:「シムさんは、様々な涙をコントロールできる、感情から出たものだが、彼女は涙でつなげて来たんですよね。松坂さんが答えの出ない感情を表情一つで表してくれた、その2つの表情にとても感銘を受けて気に入ってるシーンです」
財政健全化へ 経済同友会が独立機関の設立を提言へ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 財政健全化へ 経済同友会が独立機関の設立を提言へ  経済同友会は日本の財政について、調査や分析をする独立機関の設立を求める提言案をまとめました。政府から独立した立場で財政の健全化を促す狙いです。  経済同友会は長野県軽井沢町で行ったセミナーで、日本の財政状況について「自分たちの世代さえ良ければいいという政治と社会にも問題がある」として、政府から独立して財政の健全化に向け、調査や分析をする「独立財政機関」の創設を盛り込んだ提言案を採択しました。経済同友会は秋にも政府に提言する方針です。
「日韓の溝」埋まらず 輸出規制さらに強化?
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「日韓の溝」埋まらず 輸出規制さらに強化?  韓国への輸出規制を巡る問題に進展はあったのか。経済産業省前から報告です。  (経済部・中村友美記者報告)  会合は午後2時から非公開で行われていますが3時間経った今も続いています。韓国の担当者は出発の際に韓国政府の立場を日本に伝えると話していましたが、日本側は説明に終始しているものとみられます。今回の件を巡っては、韓国がWTO(世界貿易機関)に持ち込んだことで国際問題となっていますが、経産省幹部は今回の措置はかわいいものだなどと大きな問題ではないと主張していて、溝は埋まらないままです。  (Q.輸出規制問題は今後、どうなっていく?)  すでに行った韓国への輸出規制強化は変わりません。さらに来月には安全保障に関わる貿易で韓国に対する優遇措置をやめる予定で規制の対象は、現在の3品目からさらに増えるとされています。経産省幹部はそのなかにはもっとインパクトのあるものがある。それこそ半導体の生産ができなくなるようなものなどと話し、問題の長期化を示唆しました。今回の措置の要因とみられるいわゆる徴用工の問題には、「韓国の対応はひどい」「何かしら対応してくれないとこちらから緩める判断は難しい」とも述べています。半導体の製造は世界に大きな影響を与えますし、日本政府は輸出管理にどのような問題があったのか具体的な詳細は明らかにしていません。両国の対立は極めて政治的になっていて、問題解決の糸口は見つけられない状況が続きそうです。
“深い亀裂”日韓初会合で歩み寄りは?更なる規制も
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “深い亀裂”日韓初会合で歩み寄りは?更なる規制も  半導体材料など輸出規制強化から初となる、日本と韓国の実務レベル会合が12日、行われました。政治的報復を訴える韓国に対し強気な態度を崩さない日本。韓国へ放った規制がブーメランとして返ってくる危険性はないのでしょうか。  韓国に対する半導体材料の輸出規制が始まってから1週間余り。12日、日韓の事務レベル協議が行われました。その背景には韓国では日本製品の不買運動が…。一部の小売業者が日本製の食料品などを店頭から撤去しています。  韓国の世論調査会社がアンケートを行った結果「日本製品の不買運動に参加する」と回答した人が66.8%に上りました。韓国政府は日本側の輸出規制に対し、WTO(世界貿易機関)の理事会で、「日本の輸出規制が不当な報復措置である」と主張。康京和(カン・ギョンファ)外相もアメリカのポンぺオ国務長官と電話会談し、「アメリカの企業などにも悪影響を与えかねない」と懸念を伝えました。しかし、日本側が問題視しているのは、韓国の輸出管理体制です。事実、韓国から軍事転用可能な戦略物資がロシアなど第三国に不正輸出されたことが発覚。その数は150件以上とみられ、なかには日本が今回輸出を規制している「フッ化水素」が密輸された事案もありました。さらに、これらの物資が「北朝鮮に渡った可能性」を報じる韓国メディアも。韓国産業通称資源省は…。  韓国産業通称資源省:「いかなる証拠も発見できない」  出口の見えない対立のなか迎えた12日、韓国側の代表が輸出規制措置の撤回と協議を求めるため来日。経…
大卒の就職内定率85% 売り手市場続き“過去最高”
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 大卒の就職内定率85% 売り手市場続き“過去最高”  来年の春に卒業する大学生の就職内定率が過去最高になりました。  就職情報会社の調査によりますと、来年の春に卒業する大学生の就職内定率が今月1日の時点で、去年に比べて、3.3ポイント増え、85.1%になったということです。この時期としては過去最高です。文系は83%、理系は90.3%です。企業の人手不足から売り手市場が続いています。
「セブン-イレブン」7/11にお待ちかねの沖縄開店
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「セブン-イレブン」7/11にお待ちかねの沖縄開店  コンビニエンスストア最大手の「セブン-イレブン」が、全国で唯一なかった沖縄県で11日に14店舗を一斉にオープンさせました。  那覇市内の店舗では、開店を待ちわびた約200人が合図とともに次々と店に入り、目新しい商品に手を伸ばしていました。11日に14店舗を一斉にオープンさせたセブン-イレブン・沖縄は、今後5年間で県内に250店舗の出店を目指しています。
ビットポイントジャパン 仮想通貨約35億円分が流出
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ビットポイントジャパン 仮想通貨約35億円分が流出  仮想通貨交換業者「ビットポイントジャパン」の仮想通貨交換所から約35億円が不正に流出したと発表がありました。流出が確認されたのは11日で、リップルなど複数の仮想通貨です。現在、売買と交換を含むすべてのサービスが停止されています。親会社のリミックスポイントは「原因究明と再発防止を速やかに行い、信頼回復に努めます」としています。
“ココイチ”も…企業進出 時代は中国よりインド?
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “ココイチ”も…企業進出 時代は中国よりインド?  今週、話題となったニュースの1つがココイチ、「カレーハウスCoCo壱番屋」のインドへの出店計画です。ジェトロ(日本貿易振興機構)によりますと、インドに進出する日本企業の数は年々、右肩上がりなんです。こうしたインド熱の高さ、その背景を探ってみますと、「中国の次のマーケット」という位置付けだけでなく、さらにその先をにらんでという企業も多いようです。
公的年金運用実績2.4兆円の黒字 莫大赤字から一転
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 公的年金運用実績2.4兆円の黒字 莫大赤字から一転  昨年度の年金運用は約2.4兆円の黒字でした。  公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は昨年度の運用実績について、2兆3795億円の黒字と発表しました。去年の10月から12月には世界的な株安の影響で約15兆円の赤字となり、四半期ごとの損失額としては過去最大となりましたが、今年1月から3月は主に海外の株式市場が回復し、通期では持ち直しました。この結果、これまでの累積の収益額は約66兆円となっています。
投票日は全店休業っ!選挙に行こう…客の反応は?
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 投票日は全店休業っ!選挙に行こう…客の反応は?  家族や友人と投票に行けるように選挙の日を休みにします。  アウトドア用品の「パタゴニア」は、参議院選挙投票日の21日に従業員が投票に行けるよう全国の直営22店舗をすべて休業します。  投票に行く・30代:「20代行かない人多いと思うので、そういう働き掛けはいいと思う」  投票に行かない・20代「全然分からない。誰が良いとか」「意識はするようになると思う」  パタゴニアは環境問題に取り組んでいて、家族や友人としっかり話し合って選挙に行ってほしいとしています。
サムスン電子幹部が来日 取引先の企業などと協議か
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 サムスン電子幹部が来日 取引先の企業などと協議か  日本政府による半導体の材料の輸出規制強化の波紋が広がるなか、韓国「サムスン電子」の副会長が来日しました。  サムスン電子・李在鎔(イ・ジェヨン)副会長:「(Q.輸出規制の影響について、どのようにお考えでしょうか?)…」「…梅雨ですね」  半導体を主力事業とするサムスン電子は直近の決算で営業利益が前年同期比で半減しています。今回の輸出規制の強化で半導体の生産に影響が出る可能性があるため、取引先などと今後の対応策を協議するとみられます。
経済界は長期化懸念「痛み激しくなる前に」日韓関係
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 経済界は長期化懸念「痛み激しくなる前に」日韓関係  経済界からは日韓関係の今後について懸念の声が上がっています。  経済同友会・櫻田謙悟代表幹事:「早くこの問題を解決するような提案を韓国側からしっかりしてほしい。今は軽微だが、痛みが激しくなる前に解決してほしい」  経済同友会・宮田孝一副代表幹事:「(日韓両政府が)話して頂くことが大事だと思う。それはそれとして、民間はきっちりお付き合いをしていく。ウィンウィンのビジネスを続けていくことがロングランで日韓関係が良くなることにつながる」
「花粉を分解するマスク」根拠なし 消費者庁が指摘
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「花粉を分解するマスク」根拠なし 消費者庁が指摘  「花粉を分解するマスク」に根拠がないと指摘です。  大正製薬など4社は、光のエネルギーで化学反応を促進する「光触媒」を使ったマスクについて「花粉やウイルスを分解する」などと宣伝していました。これについて、消費者庁は「マスクを使うだけでは効果は認められない」「裏付けとなる合理的根拠がなく、景品表示法に違反する」として再発防止命令を出しました。大正製薬は「消費者庁の指摘は科学的根拠を全く無視し、誠に遺憾。法的措置も検討中です」などとしています。他の3社は表示を改める方針です。
CD激減 “老舗”山野楽器も売り場縮小「寂しい~」
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 CD激減 “老舗”山野楽器も売り場縮小「寂しい~」  売り上げが伸び悩み、CD売り場を大幅に縮小です。  東京・銀座の山野楽器本店は現在、CD売り場を地下1階から地上2階までの3フロアで展開していますが、来月からは4階だけに縮小します。  街の人:「寂しい、寂しい。ここに来て色々探すのも楽しみなので」 「音源が売れなくなっているってことですかね?レコードとかCD、僕も最近あまり買わない」  背景にあるのは音楽配信サービスなどの利用者が増えたことで、CDなどの生産額はピークだった1998年の4割にまで減っています。
機械受注統計4カ月ぶり↓ 景気基調判断は据え置き
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 機械受注統計4カ月ぶり↓ 景気基調判断は据え置き  民間企業の設備投資の先行指標とされる5月の機械受注統計が4カ月ぶりにマイナスとなりました。  内閣府によりますと、5月の機械受注額は8429億円で前の月より7.8%減少しました。マイナスとなるのは4カ月ぶりです。これまで好調だった人手不足に対応するための設備投資などが減少しましたが、内閣府は景気の基調判断を「持ち直しの動きがみられる」のまま据え置きました。先月末のG20の首脳会談でトランプ大統領が中国への追加関税の即時発効を見送ったことなども踏まえ、「今後の動向を注視していく」としています。
「初年度ポイント8%」行政処分 三越伊勢丹カード
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「初年度ポイント8%」行政処分 三越伊勢丹カード  「百貨店で8%ポイント還元」。その宣伝に行政処分です。  三越伊勢丹グループのクレジットカードを扱う「エムアイカード」は「百貨店でお得!」「店内で買い物すれば初年度ポイント8%」などと宣伝していましたが、食料品や3000円未満の買い物、レストランの利用では1%しかポイントが付きません。消費者庁は再発防止などを求める行政処分を出しました。三越伊勢丹は「管理体制を一層、強化する」などとしています。消費者庁は利用者に対しても、他のカードも含めてポイントの仕組みをしっかり確認するよう注意を呼び掛けています。
手紙は84円、はがきは63円 10月から値上げへ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 手紙は84円、はがきは63円 10月から値上げへ  日本郵便は今年10月からの消費増税に伴う郵便料金の値上げを発表しました。  新たな料金は、手紙は現在の82円から2円高い84円に。はがきは62円から1円高い63円になります。手紙の値上げは2014年4月の消費増税以来5年半ぶり、はがきは2017年6月以来2年4カ月ぶりとなります。また、ゆうパックも大きさや送る地域によって10円から60円の値上げになります。日本郵便は新しい料金に対応した切手やはがきを来月20日に発売します。現在、使われている62円切手などは9月末で販売を終了します。
かんぽ生命 2万2000件で保険料の二重払い
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 かんぽ生命 2万2000件で保険料の二重払い  かんぽ生命保険が契約の乗り換えの際に、顧客に保険料の二重払いをさせていたケースが約2万2000件あることが分かりました。  かんぽ生命によりますと、半年以上にわたって保険料の二重払いが行われたのは、2016年4月から去年12月までに契約の乗り換えをした約2万2000件です。関係者によりますと、かんぽ生命では乗り換え契約の際に6カ月以上経ってから古い契約を解約すると「新規契約」として扱われます。新規契約は乗り換えよりも営業手当が高いため、販売を担当した郵便局員の一部が解約を先延ばしした疑いがあります。
夏休みの海外旅行が過去最多に 1位人気はあの国
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 夏休みの海外旅行が過去最多に 1位人気はあの国  今年の夏休みは海外へ出掛ける人が過去最多となる見通しです。行き先別では韓国やハワイが人気です。  JTBによりますと、今年はお盆の時期に休みを取れば9連休となることなどから、夏休みに海外に出掛ける人の数は過去最多の299万人となる見通しです。行き先別では韓国が最も多く、中国、ハワイと続きます。日本旅行では、1位が韓国、2位が台湾、H.I.S.では、1位がハワイのホノルル、2位が韓国のソウルです。韓国はここ数年、アジア向けの格安航空が増えてより安く行けるようになり、若者を中心に予約が伸びているということです。
コードレス掃除機5万台無償修理 発火の恐れ 日立
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 コードレス掃除機5万台無償修理 発火の恐れ 日立  コードレス掃除機、約5万台に発火する恐れです。  日立グローバルライフソリューションズは、去年8月から販売していた充電式の掃除機「PV-BF700」について充電システムに不具合があり、発煙・発火の恐れがあると発表しました。商品は無料で修理するとしていて、対象の台数は4万9520台です。これまでに人的な被害は出ていませんが、充電中に発煙・発火して一部が焼けるなどしたケースが3件あったということです。日立グローバルライフソリューションズは「お客様にご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げます」としています。
「不利益生じさせた」かんぽ生命と日本郵便が謝罪
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「不利益生じさせた」かんぽ生命と日本郵便が謝罪  保険の不適切な販売でかんぽ生命と日本郵便が謝罪しました。  かんぽ生命・植平光彦社長:「多数のお客様に不利益を生じさせ、深くおわび申し上げます」  かんぽ生命の保険を巡っては、契約を乗り換える際に顧客が不利になるような不適切な販売が確認されました。郵便局員が営業手当を上げるために故意に解約を先延ばしさせ、顧客に新旧の契約を二重払いさせた疑いも発覚しました。かんぽ生命と日本郵便は販売ノルマを見直すとともに第三者委員会を設置し、実態調査を行う方針です。
国内サバ人気、米のホタテ豊漁で政府の輸出戦略狂う
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 国内サバ人気、米のホタテ豊漁で政府の輸出戦略狂う  サバとホタテで政府の輸出戦略がピンチです。  政府は成長戦略として、農産物や食品などの年間輸出額1兆円を目標に掲げています。しかし、5月までの輸出額は3623億円にとどまりました。サバは、国内のサバ缶ブームで価格が上昇したため輸出が伸びず、前の年に比べて31.7%の減少です。ホタテは、アメリカが主な輸出先ですが、そのアメリカで豊漁になり、マイナス36%となりました。輸出額1兆円には、6月以降にこれまでの約1.8倍の6400億円近くが必要で、達成は難しい状況です。
「消費増税はいらない」世界注目の経済学者が来日
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「消費増税はいらない」世界注目の経済学者が来日  世界から注目を集める経済学者が来日し、「消費増税はいらない」と主張しました。  米ニューヨーク州立大学、ステファニー・ケルトン教授:「消費者が不安を抱いているとお金を使ってくれません」  財政赤字が増えても国が破綻することはないとするアメリカのケルトン教授は「物価が低迷する日本では消費増税の必要はなく、もっと公共事業にお金を使うべき」だと指摘しています。この考え方はMMT(現代貨幣理論)と呼ばれて世界で注目を集めていますが、麻生財務大臣はハイパーインフレを起こす恐れがあるなどとして否定的な考えを示しています。
日本郵便の処分も検討 かんぽ問題で石田総務大臣
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日本郵便の処分も検討 かんぽ問題で石田総務大臣  かんぽ生命保険の問題で日本郵便の処分も検討です。  石田総務大臣:「(Q.日本郵便に対する行政処分は?)調査結果等の報告を踏まえて、さらなる対応を検討していきたい」  かんぽ生命と保険の販売を請け負う日本郵便は約9万3000件で不適切な販売が行われた疑いがあるとして、原因などを調査する第三者委員会を設置しました。石田総務大臣は「契約者に不利益をもたらし、誠に遺憾」などと述べ、日本郵便に調査結果をできるだけ早く報告するよう要請したと明らかにしました。
「ジップエア トーキョー」 来年5月に運航開始
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「ジップエア トーキョー」 来年5月に運航開始  日本航空が設立したLCC(格安航空会社)の「ジップエア トーキョー」が国から事業許可を受けました。来年5月に運航を開始する予定です。  ジップエア トーキョー・西田真吾社長:「まずは一便一便の安全を確実に確保しながら、お客様に新しいバリューをお届けできる航空会社として、あすより就航に向けた準備を着実に進めて参りたいと思います」  ジップエア トーキョーはボーイング787型機2機を使って、来年5月14日から成田-バンコク線、7月1日から成田-ソウル線の運航を一日1往復で始める予定です。アジアのLCCは「エアアジアX」や「スクート」などライバルが多く、ジップエアの参入で競争がさらに激しくなりそうです。
サムスン“トップ” 輸出規制で銀行などと協議へ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 サムスン“トップ” 輸出規制で銀行などと協議へ  来日中の韓国・サムスングループの事実上のトップでサムスン電子の副会長が日本のメガバンクなどとの協議を調整していることが分かりました。  サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は、日本政府が韓国への半導体材料などの輸出規制を強化した後に来日しました。関係者によりますと、李副会長は11日ごろまでに日本のメガバンクや半導体メーカーなどと協議をする方向で調整しているということです。半導体材料の調達が滞る恐れがあるため、対応を協議するとみられます。ただ、規制の対象になる材料を扱っている企業との協議は見送る方針です。
携帯各社で着用靴変更 パンプスからスニーカーへ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 携帯各社で着用靴変更 パンプスからスニーカーへ  新たな制服、足元はスニーカー。  NTTドコモは、来年10月に全国のドコモショップの制服をリニューアルする予定で、これに合わせてスタッフが着用する靴をパンプスからスニーカーに変更する方向で検討を進めています。現場の要望を受けて検討をしているもので、制服もカジュアルなデザインに変更する予定です。KDDIでは、おととしからauショップのスタッフが着る制服をデザイン性が高く動きやすいものに変え、直営店では今年5月からスニーカーの着用を認めました。また、ソフトバンクはクールビズの期間中、スニーカーの着用を認めていて、携帯各社は「快適な職場づくり」に力を入れ始めています。
任天堂とLINEが共同で「マリオ」のゲーム配信開始
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 任天堂とLINEが共同で「マリオ」のゲーム配信開始  任天堂とLINEが初めて手を組み、共同開発した「マリオ」のスマホゲームの配信が10日から始まりました。  大手ゲーム会社の任天堂と無料通信アプリを展開するLINEは、共同でスマートフォン向けのゲームアプリを開発してきました。両社のゲーム事業での協業は初めてです。第1弾は任天堂の人気キャラクター「マリオ」を使ったパズルゲームで、10日から日本やアメリカなど世界59の国と地域で配信が始まります。基本は無料でプレイできますが、一部は課金制ということです。モバイルゲームは、今では世界のゲーム市場の半分を占めるまで成長していて、開発競争が激しさを増しています。
かんぽ生保の二重徴収問題 金融庁が処分視野に調査
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 かんぽ生保の二重徴収問題 金融庁が処分視野に調査  かんぽ生命保険が顧客から保険料を二重に徴収していたことなどを受け、金融庁が業務改善命令なども視野に調査を進めていることが分かりました。  かんぽ生命の保険を巡っては、契約を乗り換える際に顧客が不利になるような不適切な販売が確認されています。郵便局員が営業手当を上げるために故意に解約を先延ばしさせ、顧客から保険料を二重に徴収した疑いも発覚しました。こうしたなか、金融庁は業務改善命令など行政処分も視野に調査を進めていることが分かりました。すでにかんぽ生命から事情を聴いていて、不適切な販売が行われた背景など実態の解明を進めています。
イベントも脱プラ 木製コップでビールも美味しく?
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 イベントも脱プラ 木製コップでビールも美味しく?  イベント用のコップも脱プラスチックの動きです。  屋外のイベントなどでビールを入れるコップはプラスチック製をよく見掛けますが、新たに開発されたコップは、間伐材などからできた植物繊維が主な原料です。開発したアサヒビールとパナソニックによりますと、コップの内側には繊維に由来する細かな凹凸があるため、きめ細かい泡ができるということです。ビールを飲み比べるイベントなどでの使用や、記念品としての利用が想定されています。ホテルや飲食店などでも木や竹でできたストローが登場するなど海洋汚染の原因となるプラスチックの代わりに植物由来の素材が注目されています。