「政治 経済 ニュース」の検索結果

今すぐ視聴する

「おおくに」民間の船使用 水産庁職員は1人のみ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「おおくに」民間の船使用 水産庁職員は1人のみ  水産庁の漁業取締船「おおくに」は民間から借り上げられたもので、乗組員も20人が民間人で、水産庁の職員は監督官が1人だけだったということです。水産庁には漁業取締船が44隻ありますが、そのうち37隻は民間の船を使用しています。  一方、外務省は日本の排他的経済水域内で起きた今回の事故を巡り、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に対して正式に抗議したということです。
6億円損失の政府系ファンド 役員の返金額は70万円
最新の経済ニュース【随時更新】 6億円損失の政府系ファンド 役員の返金額は70万円  6億円の損失を出した政府系ファンドの役員の返金額は70万円でした。  「農林漁業成長産業化支援機構」は政府が成長戦略として300億円出資しましたが、累積損失が92億円に膨れ上がっています。機構では、このうち6億円の損失を出して6月末に退職した元役員に退職金1400万円を満額支払うことについて調査のうえ、問題がないと判断しました。しかし、この元役員が一連の報道で迷惑を掛けたとして、約70万円の自主返納をすると申し出たということです。
平均株価一時500円以上値下げ NY市場下落が影響
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 平均株価一時500円以上値下げ NY市場下落が影響  東京株式市場では日経平均株価が大きく値下がりしています。下げ幅は一時、500円を超えました。  2日のニューヨーク市場で、ダウ平均株価は全米の雇用統計が市場予想を下回ったことやアメリカとEU(ヨーロッパ連合)の貿易摩擦に懸念が広がったことを受け、下げ幅は一時、600ドルに迫りました。これを受け、東京株式市場でも一時、下げ幅は500円を超えました。さらに、外国為替市場では一時、1ドル=106円台をつけるなど円高が進んでいます。
天気予報からAIが快適室温を判断 冷えすぎなど解消
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 天気予報からAIが快適室温を判断 冷えすぎなど解消  人工知能を使って天気予報のデータから室内の温度を判断するエアコンが登場しました。  AI(人工知能)を搭載したエアコンは、天気予報のデータから快適な室温を判断して就寝時の冷えすぎなどを防ぎます。また、つけっぱなしにした場合に比べて電気を20%削減できます。民間企業の調査では、国内で「AI家電」を所有している人は4.5%ですが、約4割の人が購入を検討していて、今後の市場拡大が見込まれるということです。
揚げ物税?ヤフーが社食に導入 とんかつ100円↑
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 揚げ物税?ヤフーが社食に導入 とんかつ100円↑  社員の食生活の改善につなげようと、揚げ物を値上げしました。  IT大手ヤフーの社員食堂で8日から、から揚げやとんかつなど揚げ物メニューの値段を100円値上げしました。同時に、煮魚や焼き魚など魚料理を150円値下げしました。脂肪分を取りすぎる社員が多いため、悪玉コレステロールを減らす働きがあるとされるDHAやEPAを多く含む魚料理を食べてもらおうという取り組みです。初日は「さばの味噌煮」が売り切れて、早速、効果が現れました。
磨き残しもスマホに表示 電動歯ブラシにもAI搭載
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 磨き残しもスマホに表示 電動歯ブラシにもAI搭載  歯ブラシにも人工知能が活用されます。  P&Gが発表した新型の電動歯ブラシは、搭載されたセンサーがどこを磨いたのかを認識してスマートフォンに表示する仕組みで磨き残しをなくし、虫歯や歯周病を予防できるということです。力を入れ過ぎて歯茎を痛めないように警告表示が出るなど、正しい磨き方に導く機能も搭載されています。厚生労働省によりますと、日本の歯周病患者は400万人近くに上り、P&Gは40歳以上を中心とした需要を見込んでいるとしています。
東京の夜景を水上から満喫 日本橋にクルーズ船
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 東京の夜景を水上から満喫 日本橋にクルーズ船  “水都”日本橋を外国人観光客らに楽しんでもらうクルーズ船が11日から期間限定で運航されます。  「日本橋ライトクルーズ」は日本橋を発着拠点に隅田川や東京湾など船旅を楽しめます。日本橋をはじめ、永代橋や豊洲大橋など16の橋をくぐり抜け、普段味わうことのできない東京の夜景を巡ります。11日から来月20日まで運航され、専用のウェブサイトで予約することができます。併せて外国人観光客向けに日本橋の個性を表現したのれんや風呂敷の展示会も開催されます。
星野源さんらがアピール 歩きスマホの防止アプリ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 星野源さんらがアピール 歩きスマホの防止アプリ  “歩きスマホ”防止などで星野源さんがアピールしました。  NTTドコモのアプリ「my daiz」は音声で詳しく地名や建物、交差点などを案内します。徒歩と車での移動に対応して交差点などで曲がるタイミングを知らせるほか、進行方向が合っているかどうかも随時、アナウンスします。NTTドコモは「画面を見なくても安心して移動できるので、“歩きスマホ”の解消につなげたい」としています。来年の3月から無料で利用できる予定です。
千葉県で一時77万軒超の停電 原因を調査中
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 千葉県で一時77万軒超の停電 原因を調査中  東京電力管内で停電が発生しています。  停電が起きているのは茨城県、千葉県、静岡県です。東京電力管内では、千葉県では一時、77万軒を超す停電が発生しました。原因については現在、調査中だということです。現在も2万7000軒余りで停電が続いています。千葉県山武市では約1800軒、千葉市稲毛区では約4000軒、千葉市花見川区では約5700軒、千葉県市原市では約4700軒などとなっています。
コンビニやスーパーなど 安全確保優先で臨時休業
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 コンビニやスーパーなど 安全確保優先で臨時休業  百貨店やスーパーマーケット、そしてコンビニエンスストアでは臨時休業が続いています。  首都圏の三越や伊勢丹、高島屋など多くの店が休業になっています。イトーヨーカ堂は安全確保のため、関東と東海の1都7県124店すべてで休業しています。セブン-イレブンは首都圏と東海を中心に約1000店が休業し、ローソンは関東で400店以上を臨時休業にします。営業中でも、店舗によってはパンや水など一部の商品が品薄になっています。
かんぽ不適切販売で中間報告 法令違反など約6300件
最新の経済ニュース【随時更新】 かんぽ不適切販売で中間報告 法令違反など約6300件  不利益な契約の解消などを2万6000人が求めています。  かんぽ生命の保険が顧客が不利になる形で販売されていた問題で、日本郵政グループは払いすぎた保険料の返金や契約内容についての詳しい説明を求める顧客が2万6000人に上ると明らかにしました。また、「社内規定」に違反したとみられる契約は少なくとも6300件あり、このうち1400件は特に悪質な「法令違反」の疑いがあるということです。ただ、調査は全体の4割弱しか進んでいないため、返金を求める人や問題のある契約数はさらに増えるとみられます。
高級品駆け込みで売り上げUP でも今後は…不安視 
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 高級品駆け込みで売り上げUP でも今後は…不安視   増税前の駆け込み消費でデパートの売り上げが大幅アップです。  三越伊勢丹の9月の売り上げは前の年に比べて23.7%増加しました。高級ブランドのハンドバッグや時計など高額な商品が売れたということです。また、高島屋でも売り上げが伸びて日本橋店では前年比で53.7%のプラスでした。特に高級ブランドは前年比で62%も増えました。デパート各社からは増税後について「景気の勢いが前回と比べ強くないので、厳しい見方をせざるを得ない」など、5年半前よりも売り上げの回復が遅くなるのではないかと不安視する声も上がっています。
ミニストップで“直後”にトラブル 8%で販売も
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ミニストップで“直後”にトラブル 8%で販売も  消費税が10%になった直後にシステム障害が発覚しました。  コンビニエンスストア大手のミニストップは、1日午前0時の消費税率の引き上げ直後にシステム障害が起きたと発表しました。値引きの商品について計算方法を誤り、代金を多く受け取っていたほか、税率10%で売るべき商品を以前の税率8%のままで販売する誤りもありました。店舗の見回りをしていた社員が午前0時すぎにトラブルに気付き、午前3時には復旧したということです。ミニストップでは、代金を多く払った客には買った店舗でレシートを示せば返金に応じるとしています。
災害時の停電対策 「空気発電池」でスマホ50台充電
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 災害時の停電対策 「空気発電池」でスマホ50台充電  自然災害に備える製品の国内最大の展示会が2日から始まりました。先月の台風15号の千葉の被害などを受けて、緊急時の停電対策に注目が集まっています。  「空気発電池」は空気中の酸素と亜鉛が化学反応を起こして発電する仕組みで、スマートフォンなら最大50台の充電が可能だということです。また、肩に掛けて持ち運びできる折り畳み式のソーラーパネルも携帯電話の電源として使えます。台風15号による千葉県での大規模な停電を受けて、今年は緊急時に電気を確保するための製品に注目が集まっています。
三越伊勢丹も初売り前倒し 働き方改革より客の要望
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 三越伊勢丹も初売り前倒し 働き方改革より客の要望  5年ぶりに正月の「初売り」を前倒しです。  三越伊勢丹ホールディングスは来年の正月の初売りを1月2日に変更します。これまで4年間は競合店が2日から営業をスタートするなかで、従業員の働く環境を改善するため、多くの店舗で1月3日から営業していました。しかし、利用者から「早く営業してほしい」という声が寄せられ、また店舗数の減少による売上減を食い止めるため5年ぶりの前倒しに踏み切りました。従業員には年間の休日取得数を増やして対応する方針です。2日の初売りは首都圏の6店舗で行われます。
京セラが「粘土型」の家庭用リチウム蓄電池を開発
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 京セラが「粘土型」の家庭用リチウム蓄電池を開発  京セラは世界初となる粘土状の物質を使った家庭用のリチウムイオン蓄電池を開発しました。  京セラが開発した「粘土型」の家庭用リチウム蓄電池は災害で停電した場合でも1台で最大8時間、照明や冷蔵庫などを動かすことができます。従来の「液体型」に比べて材料費は3割ほど安く抑えられ、その一方で寿命は長く、液漏れなどによる発火の可能性も低いということです。家庭用蓄電池の出荷台数は東日本大震災以降、右肩上がりで、京セラは来年秋にも量産化して普及を目指す方針です。
自分でデザイン!世界に一つのMy靴下が作れる
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 自分でデザイン!世界に一つのMy靴下が作れる  自分でデザインした靴下が作れるサービスが人気になっています。  衣料品売り場の隣に置かれたのは靴下の製造マシーンです。自分でデザインした世界に1つの靴下を作ることができます。これが大人気。現在、出来上がりまで2週間待ちの状態です。  靴下の展開図にパソコン上で好きな絵や模様を描いていきます。色は白と黒に加えて赤、青、緑、黄色の6色を使うことができます。デザインが完成したら、いよいよ機械で靴下を編んでいきます。そして、世界にたった1つの靴下が完成。この機械はいつでも無料で見ることができます。
「大企業なのに」と批判 ポイント還元8日に終了
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「大企業なのに」と批判 ポイント還元8日に終了  開始から約1週間、早くもポイント還元への参加を終了します。  ビックカメラと楽天の合弁会社が運営する通販サイト「楽天ビック」は今月、消費増税と同時に始まったキャッシュレス決済への国のポイント還元事業に参加していましたが、8日に終了すると発表しました。ポイント還元は中小の小売店を支援するための制度ですが、楽天ビックを巡っては、ネット上などで「実際は大企業なのにポイント還元に参加するのはおかしい」との批判が出ていました。楽天ビックは「ご迷惑をお掛けすることを深くおわびする」としています。
景気後退?4カ月ぶり「悪化」 米中摩擦で下方修正
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 景気後退?4カ月ぶり「悪化」 米中摩擦で下方修正  景気が後退している可能性が「高い」と判断されました。  内閣府は、8月の景気の判断を景気後退の可能性が高いことを示す「悪化」に引き下げました。米中貿易摩擦を背景に生産や出荷が減少しており、下方修正は4カ月ぶりとなります。  岡田官房副長官:「内需を支えるファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は引き続きしっかりしていると認識している」  政府が消費増税をきっかけに景気が下振れする恐れが強まっていると判断すれば年内にも景気を刺激するための追加の対策について議論が高まりそうです。
進次郎大臣へ父からのエールは「これから」連発 
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 進次郎大臣へ父からのエールは「これから」連発   小泉進次郎環境大臣に父・純一郎氏が改めてエールを送りました。  小泉純一郎元総理大臣:「(Q.小泉進次郎環境大臣の仕事ぶりは?)これからだよ。これからです。環境省、大事だから。大事な仕事だよ。頑張って下さい。これから、これから」  都内で開催中の被災地応援イベントに訪れた小泉純一郎元総理は、息子で環境大臣の進次郎氏の今後の活躍に期待を寄せました。環境大臣として初入閣した進次郎氏は、切れ味ある話しぶりが父の純一郎氏をほうふつとさせるという評価がある一方、抽象的な発言が多く、「ポエム」のようだとの指摘もされています。
「かわいい!」鍋に入れたいバッグ?注文殺到
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「かわいい!」鍋に入れたいバッグ?注文殺到  お鍋に入れたくなるようなおいしそうなショルダーバッグが飛ぶように売れています。  これからの時期、お鍋で大活躍のプリップリで濃厚な海のミルク「カキ」。今、通信販売を中心に注文が殺到しているカキの形をしたショルダーバッグです。注目は見た目だけではないリアルさです。殻の形をしたバッグの中には、身の形をしたポーチが入っているのです。  この異色のバッグを開発したのは、JR西日本と大手通販会社です。JR西日本が瀬戸内海の魅力を発信するプロジェクトの一環で企画しました。
ホンダが増税分を負担 新型に不具合…納車に遅れ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ホンダが増税分を負担 新型に不具合…納車に遅れ  新車の納車が遅れ、ホンダは消費増税分の2%を負担します。  ホンダは新型の軽自動車「NーWGN」のパーキングブレーキに不具合が見つかり、先月から生産を停止して納車に遅れが出ています。自動車の消費税はナンバープレートを付ける届け出が9月中なら8%でしたが、今月から10%になります。関係者によりますと、契約よりも納車時期が遅れるNーWGNについてはメーカーが2%の増税分を負担するということです。消費増税分を負担する対象は数千台規模に上るとみられます。ホンダは「コメントを控えさせて頂く」としています。
ねんきん定期便印刷で談合か 約20社に立ち入り検査
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ねんきん定期便印刷で談合か 約20社に立ち入り検査  ねんきん定期便の印刷で談合の疑いがあるとして、立ち入り検査です。  関係者によりますと、公正取引委員会が印刷大手のトッパン・フォームズや共同印刷など約20社について、独占禁止法違反の疑いで立ち入り検査を始めたことが分かりました。日本年金機構が年金加入者に発送する「ねんきん定期便」のはがきや封書を印刷するなどの作成業務で、入札額や受注数量を事前に調整していた疑いがあります。これを受けて、トッパン・フォームズは「検査を受けているのは事実で、全面的に協力したい」とコメントしています。
トヨタが富裕層向け大型高級送迎車を発表
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 トヨタが富裕層向け大型高級送迎車を発表  来年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、トヨタ自動車は日本を訪れる富裕層の観光客の利用などを見込んだ大型高級ワゴンを初めて公開しました。  トヨタが公開した新型車「グランエース」は、最後列の足元も充分な広さを確保しているのが特徴で、大人数でも快適な移動ができるよう開発されました。日本を訪れるビジネスマンや富裕層の観光客などをターゲットにした高級送迎車と位置付けられ、6人乗りのほか8人乗りも設定されています。25日から一般公開が始まる東京モーターショーで展示を行い、年内に発売の予定です。
子どもの体温3秒で管理 専用の体温計で自動記録
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 子どもの体温3秒で管理 専用の体温計で自動記録  保育士が子どもの体温を3秒で管理できる体温計が開発されました。  ソフトバンクの子会社「ハグモー」が提供するこのサービスは、専用の体温計を3秒間額にかざせば端末に自動で記録されます。計測された体温はグラフ表示され、設定した基準値を超えると警告が表示されます。保育施設で体温を記録するのは手書きが一般的ですが、このサービスを導入すれば保育士がこの業務にかかる時間を8割削減できるとしています。体温計は1台9000円(税別)で、主に保育施設向けに今月下旬から販売され、月額5000円(税別)で利用できます。
ローソン、元日の休業実験 約100店舗で実施へ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ローソン、元日の休業実験 約100店舗で実施へ  大手コンビニエンスストアが元日に休業実験を行うと発表しました。  ローソン・竹増貞信社長:「元日休業実験に加盟店の協力を頂きながらチャレンジしていきたい」  ローソンは来年1月1日に約100店舗で休業する実験を行うと発表しました。24時間営業問題を巡る議論のなかで、オーナー側から1年中休みがないことについて疑問の声が上がったため労働環境を整えることが狙いです。直営店ではなく、フランチャイズ店を中心に行い、元日に休業する時間については各店舗と相談しながら決めていく予定だということです。
初上陸!折り畳みスマホ 3つのアプリ同時に使用も
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 初上陸!折り畳みスマホ 3つのアプリ同時に使用も  画面が折り畳めるスマートフォンが日本初上陸です。  サムスン電子ジャパンの新しいスマートフォンは7.3インチの画面を折り畳めるのが特徴で、3つのアプリを同時に使うことができます。この商品は海外で画面の耐久性に問題があるとの指摘が相次いで発売が延期になっていました。サムスンでは画面を保護する対策をしたうえで約20万回の折り畳みテストを繰り返し、発売にこぎつけました。想定価格は約24万円で、大画面化と高級化が進むスマートフォンのなかで最も高くなるとみられています。
サンマが深刻な不漁 漁獲枠の削減など対策急務
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 サンマが深刻な不漁 漁獲枠の削減など対策急務  サンマが世紀の大不漁です。漁獲量は過去最低を記録しています。  水産庁によりますと、8月から今月9日までのサンマの漁獲量は7060トンで、不漁だった去年の同じ時期と比べてもわずか13%にとどまり、統計が始まった1945年以来、最低で、記録的な不漁となっています。特に深刻なのが千鳥列島沖のロシア水域で、去年の1%にも及んでいません。公海で操業する中国や台湾の漁船でも不漁になっているということです。水産庁はサンマの資源量を回復するため、来年の国際会議で北太平洋の漁獲枠の削減を提案する方針です。
スシローでは一部“免税状態”に レジ更新で異常
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 スシローでは一部“免税状態”に レジ更新で異常  増税でシステムトラブルが発生し、消費税が0%のまま営業が続いています。  大手回転寿司チェーン「スシロー」の一部店舗でレジのシステムにトラブルが起き、消費税が全く付けられない状態になっていることが分かりました。スシローでは先月30日午後11時の閉店後、増税に伴うレジのシステムの更新作業を行いましたが、今月1日の開店時間の前に一部の店舗で異常が見つかったということです。トラブルが起きている店舗では増税どころか消費税が0%の「免税状態」のまま営業を続けています。スシローはトラブルの原因について「調査中」としていて、復旧のめどは立っていないということです。
なぜ増税?どう使う?こんなに大きい財源の「穴」
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 なぜ増税?どう使う?こんなに大きい財源の「穴」  1日から消費税が10%に上がりました。今回、10%になった消費税、これまでと大きく異なるのが高齢者中心だった使い道を「全世代型」、つまり若い世代にまで広げた点です。増税によって増える税収5.6兆円のうち半分は赤字だった社会保障の健全化に充てられますが、残りの半分の使い道というのが「介護職員の処遇改善」や「介護保険料の軽減」、そして「年金生活者への支援給付金」といった高齢者向けの政策に加えて「保育の受け皿の拡充」によって待機児童の解消、「高等教育」や「幼児教育」の無償化などにも使われます。確かに全世代型になっているように見えますが、これには条件があります。経済部・松本寛史記者の解説です。