「教育コーディネーター」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

幼児教育の無償化 対象外の朝鮮学校保護者らが訴え
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 幼児教育の無償化 対象外の朝鮮学校保護者らが訴え  10月から幼児教育の無償化が始まるのを前に、対象外となった朝鮮学校の保護者らが「除外は差別」とし、無償化の対象として認めるよう訴えました。  保護者:「うちの子も仲間に入れてもらえるように何とか検討をお願いします」  10月に施行予定の改正子ども・子育て支援法は、条件を満たせば幼稚園や保育所などが無償になることを定めています。しかし、一部のインターナショナルスクールや朝鮮学校などは「多種多様な教育を行っていて、幼児教育の質が担保されていない」として対象から外されています。保護者らは「除外は差別だ。すべての子どもたちに幼児教育を受ける権利を与えてほしい」と法律の適用を求めました。
戸塚ヨットスクール校長VS夜回り先生 教育・子育てに体罰は必要?
無料
アベマ世代に贈る!厳選ニュース特集! 戸塚ヨットスクール校長VS夜回り先生 教育・子育てに体罰は必要? AbemaNewsオリジナル番組で取り上げたテーマを、スタッフが厳選。 独自取材した社会問題、スタジオでの熱い討論など、様々な企画をラインナップしています。
第1話 天才と[X]は表裏一体である
無料
ぼくたちは勉強ができない 第1話 天才と[X]は表裏一体である 一ノ瀬学園には文系の古橋文乃、理系の緒方理珠という2人の天才が存在する。そんな彼女らを後目に「特別VIP推薦」を目指す秀才・唯我成幸。彼は推薦の条件として、文乃と理珠が志望校に合格するための「教育係」を命じられる。  教育係となった成幸だが、文乃は理系、理珠は文系という才能と正反対の志望に困惑! さらに彼女らの苦手科目の実力たるや、点数が一桁という散々な状態!! 成幸は進路変更を助言するが…!?
第3話 天才は[X]にも心通ずるものと知る
ぼくたちは勉強ができない 第3話 天才は[X]にも心通ずるものと知る 中間テストを前に、成幸の教育係としての成果が試されようとしていた。自分たちの成績が上がらないと教育係が変わってしまう…成幸に続けて欲しい文乃たちは、テスト勉強にさらに意欲を高める!  後日、成幸は理珠に頼まれて彼女の家が経営する「緒方うどん」を訪れる。店を離れることができない理珠の勉強を見るためだ。不安な自分を優しく励ましてくれる成幸に、頬が赤らむのを感じる理珠。そして試験当日、予期せぬ問題が理珠を襲う…!?
#23:ニートを更生させるために新しい教育機関を作る
10億円会議 supported by 日本財団 #23:ニートを更生させるために新しい教育機関を作る ①キャバクラ嬢にプランインタビュー ②ニートを更生させるために新しい教育機関を作る
#24:落語を使った教育を広めたい
10億円会議 supported by 日本財団 #24:落語を使った教育を広めたい ①子どものコミュニケーション能力を育成する為に落語を使った教育を広めたい ②ニューハーフにプランインタビュー
第10話
恋するジェネレーション 第10話 イアンと仲直りしたウンビだったが、本当の事は言わずウンビョルとして暮らすことを決意する。そして、筆跡鑑定をすると脅すソヨンに対し強気な態度を見せ、逆にソヨンを脅迫する。一方、成績優秀なソヨンが転校してきたことによって更に教育の熱が高まるセガン高校に1人の教育実習生がやって来る。
中国が人権問題で批判を強めるアメリカに反論
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が人権問題で批判を強めるアメリカに反論  中国は「新疆ウイグル自治区の治安は明らかに好転している」と人権問題で批判を強めるアメリカに反論しました。  中国政府は、新疆ウイグル自治区で行われている職業訓練に関する初めての白書を発表しました。国際社会から強制収容所と批判されている職業技能教育センターについて、「学習者は教育センターでの自由が法にのっとって保障されている。各民族の風習や習慣と民族の言語や文字を使用する権利が保障されている」と反論しました。また、ウイグル族への迫害を批判するアメリカのトランプ政権などを念頭に「テロリズムや過激主義をかばい、容認していて、国際的な道義と人類の良識に著しく違反している」と批判しました。トランプ大統領が、抗議活動が続く香港情勢を巡って習近平国家主席との電話会談を示唆するなか、人権問題に関する批判を牽制(けんせい)した形です。
第2話 魚心あれば、天才に[X]心あり
ぼくたちは勉強ができない 第2話 魚心あれば、天才に[X]心あり 成幸の中学の頃からの友人で、将来を期待される水泳の天才・武元うるか。スポーツ推薦を志望する彼女だが、学業がまったく手についておらず推薦自体が危ぶまれる状態! 成幸は学園長に命じられ、うるかの勉強も見ることに。  勉強を嫌がるうるかだが、成幸が教育係と聞いて急に張り切り出す! 実はうるかは中学時代から、自分を認めて助けてくれる成幸に恋していたのだ。文乃たちを意識して、うるかは密かに闘志を燃やす!!
第6話 天才[X]たちは、かくして勉強ができない
ぼくたちは勉強ができない 第6話 天才[X]たちは、かくして勉強ができない 元・教育係の桐須真冬先生に呼び出された成幸は、合宿の山中で理珠とキスしていたことを問い詰められる。生徒指導室のドアの前では、心配した文乃が聞き耳を立てていた。聞こえてきた「不純異性交遊」という言葉を頼りに、文乃たちは入れ替わり立ち替わり成幸の弁護をするが…。  真冬との面談から数日後。うるかは成幸が誰かとキスをしたことを知る。落ち込んだうるかは「友達の話」として文乃に悩みを打ち明ける。