「新潟市 ニュース」の検索結果

「新潟市 ニュース」に関する情報は見つかりませんでした。
「ニュース」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

東京都に新たに5人の感染報告 4日連続で10人以下
最新の社会ニュース【随時更新】 東京都に新たに5人の感染報告 4日連続で10人以下  関係者によりますと、20日、東京都に報告された新型コロナウイルスの感染者は5人だと分かりました。19日に引き続き一桁で、4日連続で10人以下になりました。
戦後初 夏の全国高校野球が中止 高野連が会見
最新の社会ニュース【随時更新】 戦後初 夏の全国高校野球が中止 高野連が会見  中止することが決まった夏の全国高校野球大会について、20日午後に高野連が会見を開きました。
名古屋市“立てこもり”母親とみられる女性を保護
最新の社会ニュース【随時更新】 名古屋市“立てこもり”母親とみられる女性を保護  名古屋市のマンションでの立てこもりで動きがありました。警察によりますと、20日午後に母親とみられる女性が保護されました。
4月の訪日外国人…わずか2900人 前年比99.9%減少
最新の社会ニュース【随時更新】 4月の訪日外国人…わずか2900人 前年比99.9%減少  月を追うごとに日本を訪れる外国人の数が減っています。  観光庁によりますと、先月に日本を訪れた外国人は前の年の同じ時期に比べて99.9%少ない、わずか2900人でした。今年3月と比べても19万人以上、減ったことになります。地域別にみると、新型コロナウイルスの感染者が多いドイツ、イタリア、スペインなどの国から訪れる人が特に少なく、いずれも10人未満だということです。1月から先月までの人数は全体で390万人余りとなっていて、政府が目標に掲げている年間4000万人の達成は非常に厳しくなっています。
9割が運休…人気のトーマス号も 運行は通勤電車2本
最新の社会ニュース【随時更新】 9割が運休…人気のトーマス号も 運行は通勤電車2本  きかんしゃトーマス号を含め、9割が運休しています。  静岡県を走る大井川鉄道は新型コロナウイルスの影響で運行本数を9割減らし、朝の通勤時間帯のみの一日2本に減便しています。夕方の時間帯はバスで振替輸送を行っています。また、観光列車として家族連れに人気の蒸気機関車トーマス号も来月15日まで運休しています。大井川鉄道は「鉄道を走らせたいが経営を圧迫していて苦渋の決断」と話しています。9割減のダイヤは今月末まで予定しています。
職務質問受けた女が車で暴走…歩行者はねられ死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 職務質問受けた女が車で暴走…歩行者はねられ死亡  女は職務質問を受けて車で逃走しました。  20日午後1時ごろ、東京・大田区の第二京浜を猛スピードで走る白い車。直後に事故を起こし、白い煙を上げています。警視庁などによりますと、歩行者の女性(30代)がこの事故に巻き込まれて死亡しました。車を運転していた飲食店店員の中川真理紗容疑者(31)は現場近くのマンションに逃げ込みましたが、駆け付けた警察官に道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕されました。事故の直前、中川容疑者は東京・品川区で職務質問を受けると車を急発進させ、信号を無視して逃走したということです。中川容疑者は「覚えていない」などと話しています。警視庁が事故の詳しい経緯を調べています。
9月入学に“小学ゼロ年生”案も 学校生活は4月から
最新の社会ニュース【随時更新】 9月入学に“小学ゼロ年生”案も 学校生活は4月から  「9月入学」について「小学ゼロ年生」を新設する案もあるということです。  9月入学は、新型コロナウイルスの影響を受けた子どもの学びの保障のための選択肢の一つとして検討されています。関係者によりますと、導入方法の一つの案として、小学1年の4月から8月を小学ゼロ年生として学校生活を送ってもらい、9月から1年生にする案も検討されていることが分かりました。6年をかけて9月入学に移行していくということです。この案は、教育課程の検討が至急、必要になるなど課題が多いということです。
休校などで牛乳の消費減少 チーズやバター増産へ
最新の社会ニュース【随時更新】 休校などで牛乳の消費減少 チーズやバター増産へ  学校の休校などで消費が落ち込むなか、生乳の生産量がピークを迎えています。  北海道内の牧場では春の出産ラッシュを終え、今月から7月にかけて生乳の生産量が増加します。今年は学校の休校やカフェの休業などで牛乳などの消費が落ち込んでいて、生乳が余る懸念があります。  三ツ木牧場・三ツ木正己さん:「毎日、搾乳しないと乳房炎という病気になってしまう。生産調整や乳価が下がったら収入減になるのが懸念される」  各乳業メーカーはチーズやバターなど加工品の製造を増やして対応しています。ホクレンは生乳の廃棄を避けるべく、消費の拡大に期待を寄せています。
子どもたちが本音を生放送“遊び指導員”も動画配信
最新の社会ニュース【随時更新】 子どもたちが本音を生放送“遊び指導員”も動画配信  地域密着のFMラジオ局で子どもたちだけが出演する生放送番組が話題になっています。  小学6年の山室悠介さん(11)。東京・府中市にあるラジオフチューズで毎週放送するこども放送部のメンバーです。オンエア2時間前。この日の放送でDJを務める悠介さんは打ち合わせと原稿の作成に追われていました。迎えた生放送本番。16日はスタジオに同じこども放送部の仲間を呼んで外出自粛中の本音を聞き出すことになりました。  府中市では休校が続いていて、悠介さんの通う学校は週に1回、宿題などの提出で登校しているそうです。友達と遊ぶこともできず、ほぼ毎日家で過ごす生活に子どもたちの素直な意見が漏れてきました。  一方、児童館などで子どもたちに遊びを指導する児童厚生員がステイホームを楽しく過ごすための動画を配信しています。例えば、こうした万華鏡作り。  ライクアカデミー児童厚生1級特別指導員・志田拓人さん:「家にあるもの、新しくわざわざ外に出て購入しなくても牛乳パックだとかでできるようなクラフト(工作)を中心に投稿しています」
“緊急事態”東京、神奈川、北海道は「解除難しい」
最新の社会ニュース【随時更新】 “緊急事態”東京、神奈川、北海道は「解除難しい」  20日に東京では新たに5人の感染が確認されました。これで4日連続で感染者は10人以下となりました。一方、感染者が減少傾向にある大阪、京都、兵庫の関西3府県で21日にも緊急事態宣言が解除される方針です。  緊急事態宣言が解除されるか否か、その目安の1つとなるのが直近1週間の感染者数が10万人あたり0.5人程度以下になること。これを人口約1400万人の東京都に当てはめると70人。  政府諮問委員会・尾身茂会長:「東京都を例にとって言えば、3月上旬から中旬の感染者が急激に増加したその直前のレベルまで戻っている」  新型コロナウイルスに関する政府諮問委員会の尾身会長は20日にこう評価しました。では、20日に新たに東京都で報告された感染者は、関係者によりますと、5人。4日連続で10人以下になりましたが、ここ1週間の合計では78人になり、目安の70人は超えています。  8つの都道府県で続く緊急事態。求められているのは解除の一体性です。全国知事会でも国に対する緊急提言の取りまとめが行われ、首都圏や関西圏は人の移動など結び付きが強いため、それぞれのブロックで解除するよう求めています。そして21日、政府は諮問委員会で専門家の意見を聞いたうえで対策本部で宣言を解除するか正式に決定します。近畿地方の3府県については目安を下回っていることなどから解除となる方向です。  一方、関東地方の1都3県については東京、神奈川で目安が満たされていないことなどから複数の政府関係者が解除は難しいという見方を示して…
「夏の甲子園」中止を決定 49の地方大会も全て中止
最新の社会ニュース【随時更新】 「夏の甲子園」中止を決定 49の地方大会も全て中止  8月に開催予定の夏の全国高校野球大会について、日本高校野球連盟は20日午後に中止を決定しました。新型コロナウイルスの影響が各地で広がるなか、全国49の地方大会もすべて開催中止となります。
名古屋市のマンションに包丁持った男性が立てこもり
最新の社会ニュース【随時更新】 名古屋市のマンションに包丁持った男性が立てこもり  20日午後、名古屋市のマンションで20代くらいの男性が包丁を持って家に立てこもっていると警察に通報がありました。  午後2時すぎ、名古屋市港区のマンションで父親を名乗る男性から「息子が包丁を持って家に立てこもっている」と110番通報がありました。警察によりますと、マンションの一室に立てこもっているのは20代の息子とみられ、母親とみられる女性も同じ室内にいるということです。警察が現場の状況を調べています。
子ども含む家族か 住宅火災で2階寝室から5人の遺体
最新の社会ニュース【随時更新】 子ども含む家族か 住宅火災で2階寝室から5人の遺体  焼け跡から5人の遺体が見つかりました。  20日午前10時すぎ、奈良県五條市にある木造2階建ての住宅で「屋根から煙が出ている」と近くに住む女性から119番通報がありました。この住宅には30代の夫婦と、8歳、6歳、2歳の男の子3人が住んでいて、全員と連絡が取れていません。火は約2時間後に消し止められましたが、住宅の2階部分、約40平方メートルが全焼し、2階の寝室から5人の遺体が見つかりました。警察は遺体がこの住宅の家族5人とみて身元の確認を進めています。
7カ月息子が“脳挫傷”で死亡 当時19歳父親を逮捕
最新の社会ニュース【随時更新】 7カ月息子が“脳挫傷”で死亡 当時19歳父親を逮捕  7カ月の息子に暴行を加えて死亡させたとして、当時19歳の父親が逮捕されました。  おととし3月31日の夜から翌朝にかけて、当時19歳の少年は宇都宮市の自宅アパートかその周辺で7カ月の息子に暴行を加えたうえ、死亡させた疑いが持たれています。警察によりますと、朝に仕事から帰宅した妻が息子の異変に気付いて119番通報したということです。男の子は病院に運ばれましたが、頭の骨などが折れていて脳挫傷のため死亡しました。取り調べに対して「やっていません」と容疑を否認しています。警察は虐待の疑いもあるとみて捜査しています。
上野のパンダとお別れなの!?帰国前に休園で困惑も
最新の社会ニュース【随時更新】 上野のパンダとお別れなの!?帰国前に休園で困惑も  休園が続く上野動物園に一刻も早く駆け付けたい人たちがいます。その理由はあの人気者が今年、中国に帰国してしまうからです。  いずれ別れがやってくるというお話です。神戸市の王子動物園で親しまれた雌のジャイアントパンダ「タンタン」。彼女がふるさとの中国に帰ることになりました。神戸市が中国から借り受ける形でこの動物園にやってきて20年。タンタンはパンダとしては高齢の24歳となり、施設が充実している中国で余生を過ごすことになりました。  私たちはなぜ、これほどまでにパンダとの別れを惜しむのか。上野動物園にいた「シュアンシュアン」のお別れ会では、子どもたちは歌い、寄せ書きを作り、そして、その目にシュアンシュアンの姿を焼き付けようと檻(おり)を囲みました。  1992年、「ユウユウ」が帰国する際には職員も神妙な面持ち。空港にも報道陣が詰め掛け、離陸する飛行機を見送ったものです。  そして今、皆さんの頭のなかにはこのことが浮かんでいるはずです。そうです、「シャンシャン」。3年前、日本中をとりこにしたシャンシャンです。本来は去年6月に返還されるはずでしたが、それが延期され、新たな期限は今年の12月31日。気が付けば、あと7カ月ほどに迫っていました。  ところが、コロナ。実際に会いに行くことができない状況が続いています。パンダを撮影するために毎日、上野動物園を訪れていた高氏貴博さんも臨時休園となって以来、シャンシャンに会っていません。  シャンシャンの写真を撮る高氏貴博さん:「休園中のパンダの…
名古屋市で立てこもり 20代の息子か…身柄を確保
最新の社会ニュース【随時更新】 名古屋市で立てこもり 20代の息子か…身柄を確保  名古屋市のマンションで20代くらいの男が包丁を持って家に立てこもりました。男は母親とみられる女性を人質に取っていましたが、20日午後に警察は男の身柄を確保しました。現場から報告です。  (前田怜実記者報告)  午後2時すぎから続いていた立てこもりですが、約3時間経った午後5時半ごろに男の身柄が確保されました。警察によりますと、午後2時15分ごろ、名古屋市港区のマンションで「息子が包丁を持って立てこもっている」と父親とみられる男性から110番通報がありました。部屋には当時、20代の男と母親がいるとみられていました。午後5時ごろ、捜査員が玄関に向かっていました。すると、玄関が開いて男が説得に応じている様子がうかがえました。そこから15分ほど経った午後5時13分ごろ、母親とみられる女性が部屋から出てくるのが確認されました。女性にけがはないということです。女性が出てきてから約10分後の午後5時24分ごろ、男の身柄が確保されました。警察はこれから男を任意同行して経緯や動機を詳しく調べるということです。
“夏の甲子園”中止 高野連が会見 ノーカット
最新の社会ニュース【随時更新】 “夏の甲子園”中止 高野連が会見 ノーカット  中止することが決まった夏の全国高校野球大会について、20日午後に高野連が会見を開きました。会見の模様をノーカットでお届けします。
皇后さまが医療関係者へねぎらいのお言葉
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 皇后さまが医療関係者へねぎらいのお言葉  天皇皇后両陛下は新型コロナウイルス感染者の治療にあたる医療現場の状況などについて、日本赤十字社の社長らから進講を受けられました。  両陛下は20日午後、日本赤十字社の大塚義治社長らを赤坂御所に招き、医療現場の状況や課題などについて説明を受けられました。説明に先立って陛下がお言葉を述べ、続いて皇后さまも「これからも多くの方の力になり、この大切なお務めを無事に果たしていかれますよう、心から願っております」と医療関係者らをねぎらわれたということです。日赤によりますと、両陛下はメモを取りながら話を聞き、病院スタッフに寄せられた子どもからの感謝の手紙などを笑顔でご覧になったということです。両陛下は新型コロナウイルス関連でこれまでに3回、専門家からの説明を受けられています。
第二京浜の事故…巻き込まれ死亡した女性の身元判明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 第二京浜の事故…巻き込まれ死亡した女性の身元判明  東京・大田区の第二京浜で起きた事故に巻き込まれて死亡した女性は34歳の会社員だったことが分かりました。  20日午後1時ごろ、大田区の第二京浜を猛スピードで走る白い車が事故を起こしました。この事故に巻き込まれた歩行者の女性が死亡しましたが、女性は会社員の高橋悠さんだったことが分かりました。車を運転していた飲食店店員の中川真理紗容疑者(31)は事故後、現場近くのマンションに逃げ込みましたが、駆け付けた警察官に道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕されました。中川容疑者は東京・品川区で警察官から職務質問を受けた際、車を急発進させて信号を無視して逃走し、その後、事故を起こしたということです。中川容疑者は「覚えていない」などと話しています。
日本医師会の有識者会議 アビガン早期承認に懸念
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日本医師会の有識者会議 アビガン早期承認に懸念  新型コロナウイルスの治療薬として研究が進む「アビガン」について、日本医師会の有識者会議は「有効性の判断が示されない間に期待が大きくなりすぎるのはよくない」と懸念を示しました。  厚生労働省によりますと、アビガンは臨床研究としてこれまでに約3000人の患者に投与されています。安倍総理大臣は「有効性、安全性が確認されれば、今月中の承認を目指す」と発言していますが、日本医師会の有識者会議は20日の会見で「科学的根拠に基づいて有効で安全だと結果が出るまで真摯に待つ必要がある」と慎重でした。厚労省に報告されている研究班の中間結果では有効性について判断は示されておらず、有識者会議のメンバーの1人はANNの取材に「今月中の承認はできないだろう」と話しています。
頭から血を流し女性が路上に ひき逃げ事件で捜査
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 頭から血を流し女性が路上に ひき逃げ事件で捜査  千葉県銚子市の道路で80代くらいの女性が倒れているのが見つかりました。女性はその後に死亡し、警察はひき逃げ事件として捜査しています。  警察によりますと、20日午後9時15分ごろ、銚子市松本町の道路で「人が倒れている」と車で通り掛かった女性から110番通報がありました。現場は片側1車線の直線道路で、80代くらいの女性がセンターライン付近で頭から血を流して倒れていました。女性は搬送先の病院で死亡が確認されました。警察は現場の状況や近所の人が「ドスン」という音を聞いたと話していることから、ひき逃げ事件として周辺の防犯カメラの映像を調べるなど捜査しています。
黒川検事長 辞任の意向 内部調査に賭け麻雀認める
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 黒川検事長 辞任の意向 内部調査に賭け麻雀認める  東京高検の黒川弘務検事長が法務検察当局の内部調査に対し、賭け麻雀をした事実を認めていることが分かりました。黒川検事長は辞任の意向を固めたということです。  森法務大臣:「現在、私のところに正式な連絡は来ておりません。もし報道されているような事実があれば大変、由々しきことでございますので、厳正に処分したいと思っています」  東京高検の黒川検事長は緊急事態宣言で外出自粛が求められていた1日と13日、産経新聞の記者2人や朝日新聞の元記者と都内の産経新聞記者宅で賭け麻雀をしていたとして20日に報じられました。関係者によりますと、法務検察当局は事実関係の内部調査を進めていて、黒川検事長は聞き取りに対して賭け麻雀をしたことを認めているということです。黒川検事長はすでに辞任する意向を周囲に伝えていて、21日にも森大臣に辞表を提出するとみられます。黒川検事長は「不可欠な存在」だとして今年1月に閣議決定で半年間、定年が延長され、検察OBや弁護士団体などから批判の声が相次いでいました。  安倍総理大臣:「(Q.黒川検事長が辞意固める報道、受け止めを)法務省において事実関係を確認していると思いますが、まだ何も報告を受けていません」
8億円超の所得を隠し脱税か 元税理士の男を刑事告発
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 8億円超の所得を隠し脱税か 元税理士の男を刑事告発  消費税還付のコンサルティングを行う会社2社とその実質的経営者の元税理士が8億円以上の所得を隠し、脱税したとして刑事告発されました。  志賀公斗元税理士(38)と志賀元税理士が実質的に経営する会社2社は2017年までの3年間に約8億2700万円の所得を隠し、所得税と法人税など合わせて2億1200万円ほどを脱税したとして東京国税局査察部に刑事告発されました。関係者によりますと、志賀元税理士は、嘘の契約書を作成して架空経費を計上するなどの手口で脱税していたということです。志賀元税理士は、ANNの取材に対して「心よりおわび申し上げます」とコメントしています。
「自分で使うため…」25歳消防士 大麻所持の疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「自分で使うため…」25歳消防士 大麻所持の疑い  茨城県の石岡市消防本部に所属する25歳の消防士が自宅で乾燥大麻を隠し持っていたとして逮捕されました。  石岡市消防本部の石岡消防署愛郷橋出張所に勤務する消防士・大土潤容疑者は20日、土浦市の自宅で乾燥大麻1袋を所持していた疑いで逮捕されました。警察によりますと、大土容疑者の自宅には大麻草のようなものが生えている鉢植えが複数あったということです。取り調べに対して「自分で使うため持っていた」と容疑を認めています。石岡市消防本部は「事実関係を確認し、厳正に対処する」としています。
「薬を飲み過ぎた」高級車で女性をはね逃走の女
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「薬を飲み過ぎた」高級車で女性をはね逃走の女  東京・大田区で逃走中の車が女性をはねて死亡させるなどした事件で、車を運転していた女が「事故前に薬を飲みすぎた」と話していることが分かりました。  中川真理紗容疑者(31)は20日、大田区の第二京浜で会社員の高橋悠さん(34)をはねて死亡させ、そのまま逃げた疑いで21日に再逮捕されました。その後の警視庁への取材で、中川容疑者が「事故前に薬を飲みすぎた」などと説明していることが分かりました。また、捜査関係者によりますと、高橋さんの体の前の部分に傷がないことから、中川容疑者は車のコントロールを失って歩道に乗り上げ、歩いていた高橋さんの後方から突っ込んだとみられるということです。中川容疑者は職務質問を受けて逃げている途中に事故を起こしていて、警視庁は経緯について調べています。
H2Bロケット打ち上げ成功 コロナ対策で見学場閉鎖
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 H2Bロケット打ち上げ成功 コロナ対策で見学場閉鎖  国際宇宙ステーション補給機「こうのとり」を載せたH2Bロケットが21日未明、新型コロナウイルス対策で厳戒態勢の鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げられました。  午前2時31分に打ち上げられたH2Bロケット9号機は約15分後に物資などを国際宇宙ステーションへ届ける補給機「こうのとり9号機」を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功しました。国際宇宙ステーションに到着するのは25日の予定です。H2Bは2009年の最初の打ち上げから9号機まですべて成功しています。新型コロナウイルス対策で種子島の自治体は打ち上げ見学の自粛を呼び掛けていて、見学場も閉鎖されました。
桜を見る会めぐり 弁護士ら安倍総理らを刑事告発
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 桜を見る会めぐり 弁護士ら安倍総理らを刑事告発  安倍総理大臣主催の「桜を見る会」の前夜に開かれた夕食会を巡り、全国の弁護士らが公職選挙法違反などの疑いで安倍総理らの告発状を東京地検に提出しました。  告発したのは全国の弁護士と法学者ら合わせて600人以上で21日午前、東京地検に告発状を提出しました。告発状では安倍総理と後援会の代表、会計責任者の3人に公職選挙法違反と政治資金規正法違反の疑いがあるとしています。具体的には2018年の桜を見る会の夕食会を巡って「一人あたり1万1000円の飲食代を5000円ずつしか徴収せず差額を提供した」「徴収した分とホテルに支払った費用を収支報告書に記載しなかった」などと指摘しています。
きょう“解除”見通しの大阪 商業施設が続々と再開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 きょう“解除”見通しの大阪 商業施設が続々と再開  政府の緊急事態宣言が21日に解除される見通しの大阪では、21日から繁華街の商業施設が相次いで営業を再開しました。  日本一高い商業ビル「あべのハルカス」の展望台は3月3日から臨時休業していましたが、時間を短縮して再開しました。サーモグラフィーを使った検温や入場する人数を制限するなど、感染防止対策を取っています。  近鉄不動産ハルカス事業部・神谷和之部長:「これからが本当の闘いという意味で、気持ちが引き締まる思い」  大阪・梅田の地下街も40日ぶりに全面的に再開です。先週に一部の飲食店が営業を始め、残る店舗もほとんどが21日から時間を短縮して店を開けています。また、大阪・ミナミの地下街も21日から全面再開していて、街ににぎわいが戻りつつあります。
黒川検事長が辞任へ 森大臣「賭博罪にあたる恐れ」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 黒川検事長が辞任へ 森大臣「賭博罪にあたる恐れ」  東京高検の黒川弘務検事長が法務検察当局の内部調査に対して賭け麻雀をしたと認め、辞任する意向であることが分かりました。  (社会部・陣内紀恵記者報告)  黒川検事長は当局の聞き取りに対し、賭け麻雀をしていたと認めたということです。森大臣は「賭博罪にあたる恐れがある」として21日夕方にも処分を発表する考えを明らかにしました。  森法務大臣:「報道されていることが事実であれば、大変、由々しき事態であり、賭け麻雀ということであれば賭博罪にあたる恐れもありますし、報道されていることが事実であれば、厳正に処分を致します」  東京高検の黒川検事長は今月、緊急事態宣言のさなかに産経新聞の記者2人や朝日新聞の元記者と都内の産経新聞の記者の自宅で賭け麻雀をしていたと報じられました。関係者によりますと、黒川検事長は賭け麻雀をしたことを認めて辞任する意向で、21日にも森大臣に辞表を提出するとみられます。黒川検事長は自身の定年延長に検察OBなどから批判が相次ぎ、検察庁法改正案の成立が見送られたことなどについて、周囲に対して「法務検察の責任が問われるのが心配だ。辞められるのなら辞めたい」と話していました。法務検察当局は後任人事を調整していますが、突然の辞任の流れに短期間の空白はやむを得ないとしています。
「コロナで仕事が休みに」山でタケノコ盗んだ疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「コロナで仕事が休みに」山でタケノコ盗んだ疑い  新型コロナウイルスの影響で仕事が休みに。山に入った2人が盗んだものとは。  警察によりますと、59歳と46歳の男性は先月27日、岐阜県垂井町の山に無断で入り、タケノコ8本を盗んだ疑いで書類送検されました。2人は会社の同僚で、警察に対して「新型コロナウイルスの影響で仕事が休みになり、一緒に山に入った」と容疑を認めています。2人は山に入った後、途中ではぐれたため1人が警察に通報し、一時、警察官ら40人以上や防災ヘリコプターが出動して捜索する騒ぎになりました。警察は、「不要不急の外出を控えるべき時期に残念」とコメントしています。