「日大 水泳部」の検索結果

今すぐ視聴する

第11話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第11話 チェコーチが解雇されショックを受けたボクジュは、スポンサー企業とのミーティングにも参加しないまま姿を消してしまう。皆が捜す中、父親の前に現れたボクジュはもう重量挙げをしたくないと言いだす。意欲をなくしたボクジュにチャンゴルは、自由に好きなことをしろと言う。やりたいことをリストに書き出したボクジュは、まずピアノを習おうとするが、高い月謝を払うためアルバイトを始めることに。一方、ジュニョンはジェイに会い、ボクジュが好きだと話すのだが...
第12話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第12話 冷蔵庫の前でシホが暴食している姿を見たボクジュは仰天する。翌日シホに問いただすのだが、シホは寝ぼけていただけだと言う。ボクジュは、シホの様子が変だとジュニョンに告げようとするが、余計なお世話だと考え、言いかけてやめる。スポーツ部全体が冬季練習に入る前の特別休暇が始まる。ジュニョンはバイトが休みのボクジュを遊園地に誘う。結局、ナニやソノク、テグォンと一緒に遊園地で遊ぶことに。ジュニョンはボクジュの気を引くため、あれこれ試すのだった。
第13話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第13話 互いの気持ちを確認し合い、晴れて恋人同士となったジュニョンとボクジュ。朝、ジュニョンに呼び出されたボクジュは、髪にピンを着けてヒキガエルの家へと向かう。ボクジュのピンを見たジュニョンは、ジェイに会う時に着けていた物だと気付いて外させる。ボクジュを連れてピンを買いに行くが、ボクジュに嫉妬など幼稚だと非難される。そんな中、ジュニョンの携帯電話にシホから電話が来るが、ジュニョンは気付かず...
第14話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第14話 チェコーチの熱愛が発覚したばかりで、今度はヒョンチョルとイェビンの関係がばれてしまう。あちこちでカップルが誕生していると知り、羨ましがるナニ。抜け駆けは許さないと言われて、ボクジュはぎょっとする。ボクジュの昼食の時間に合わせて学食に現れたジュニョンは、ボクジュの隣に座る。テーブルの下でボクジュの手を握るジュニョン。お箸を落としたナニが床から拾おうとすると、そこには2人の手が。ボクジュは慌ててジュニョンを突き飛ばす。
第15話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第15話 ジュニョンはついに母親と再会する。会いたかったと言われ、お土産に運動靴をもらって喜ぶジュニョン。家族で夕食を一緒にとった2人は翌日、母親の部屋で手料理を食べることにする。次の日、小さな頃の写真を見せてほしいと言われたジュニョンはアルバムを取りに実家に寄る。だが、そこで耳にしたのは、母親が娘の手術費を工面するためにカナダから一時帰国したという話だった。ショックを受けたジュニョンはそのまま姿を消してしまう。
最終話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 最終話 泰陵選手村に入ったボクジュは消灯時間後、部屋の外に出てジュニョンに電話をする。疲れているジュニョンは電話の途中で寝てしまい、ボクジュは寂しさを感じる。翌日、ボクジュに頼まれてチャンゴルの様子をうかがいに行ったジュニョンだが、店が閉まっていたためデホに電話をかける。チャンゴルが入院したと知ったジュニョンは見舞いに行き、そこでチャンゴルから、ボクジュが練習に集中できるよう、手術のことは隠しておいてほしいと頼まれる。

おすすめの作品

都内で「北京ウィーク」…友好40周年、五輪繋がりも
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 都内で「北京ウィーク」…友好40周年、五輪繋がりも  東京と北京の友好都市締結40周年を記念し、都内で「北京ウィーク」が始まりました。開幕式には東京都の小池知事や中国の孔鉉佑駐日大使らが出席しました。  東京都・小池百合子知事:「皆様の両都市間の友好促進への長年のご尽力には心から敬意を表したいと存じます」  北京市共産党委員会・蔡奇書記:「同じ五輪都市としてとても光栄に思う」  東京都と北京市は1979年に友好都市の関係を結び、今年で40周年を迎えます。それを記念し、都内では7日から9日まで「北京ウィーク」が開催され、北京の無形文化財を紹介するイベントや、2022年の北京冬季オリンピックの説明会などが開かれます。開幕式には、7日に天皇陛下に信任状を手渡した中国の孔鉉佑新駐日大使も出席しました。
第5話 迷い猫、泣いた
迷い猫オーバーラン! 第5話 迷い猫、泣いた 新しいパティシエール希の評判もあって、連日大賑わいのストレイキャッツ。 乙女が人助けで家を空けているため、巧たちは毎日大忙し。 そのため、千世の宣言した「サークル活動」は活動を開始する間もなく、いきなり座礁してしまう。ぽつんと一人取り残され、寂しさを感じる千世。 そんな彼女の前に、たおやかに微笑む一人の少女が現れた。 それは竹馬園夏帆。 千世の悩みを聞いた夏帆が、彼女の耳元で囁く。 「それでしたら……」
第30話 さんざんひな祭り
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第30話 さんざんひな祭り 両津の誕生日は、3月3日雛祭りの日。大原と二人近所の雛祭に招かれた。高価な雛人形を壊した大原を目撃した両津は
ガールズ&パンツァー 劇場版
ガールズ&パンツァー 劇場版 ガールズ&パンツァー 劇場版 学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会を優勝で終え、平穏な日常が戻ってきた大洗女子学園。ある日、大洗町でエキシビションマッチが開催される事に。大洗女子学園と知波単学園の混成チームと対戦するのは、聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校の混成チーム。今やすっかり大洗町の人気者となった大洗女子学園戦車道チームに、町民から熱い声援が送られた。戦いを通じて友情が芽生えた選手たち。試合が終われば一緒に温泉に浸かり、お喋りに華が咲く。そんな時、生徒会長の角谷杏が「急用」で学園艦に呼び戻される。いぶかしがる大洗女子のメンバーたち。果たして「急用」とは…? 大洗女子学園、決断の時――。新たな試合(たたかい)が始まる!
テクノロジーの世紀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 テクノロジーの世紀 今回のテーマは「テクノロジー」テクノロジーは私たちの暮らしを劇的に変えている。そんなテクノロジー進化のエネルギーは私たちの欲望だ。アメリカでは、AI搭載のラブドールが開発され注目を集めている。はたして人間がロボットを愛する日は来るのか...?アメリカ・中国・東京、技術と欲望が形作る近未来を考える。
EP.06
無料
GOING SEVENTEEN EP.06 2つの都市でサイン会があったこの日。大邱のサイン会でフォトタイムに面白いユニットを提案するディエイト。最年少のCARATに心を奪われるスングァン。ジョシュアとミンギュは、あいうえお作文で盛り上がる。大田のサイン会ではファンの要望で変装するメンバーたち。ウォヌは熱唱し、ウジはマイクで遊ぶ。
君たちはどう休むか
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 君たちはどう休むか 今回のテーマは「休む」。テクノロジーの発達で、24時間誰とでも瞬時につながるようになった現代人。仕事とプライベートが解け合う世界で、私たちはどうしたら「休む」ことができるのだろう。ドイツでは、“ライフ”と“ワーク”をとことん融合させるadidas社の斬新な就業スタイルを、フランスでは“つながらない権利”整備後の人々の生活を、GLOBE取材班がレポート。人間らしく「休む」にはどうしたらいいのかを考える。
車が次々と濁流に… 中国で大規模な土砂崩れ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 車が次々と濁流に… 中国で大規模な土砂崩れ  中国で大雨が続き、南部の福建省では洪水と土砂崩れで大きな被害が出ています。  大きな音とともに崩れ落ちる山肌。土砂や濁流が次々と車をのみ込み、押し流していきます。中国メディアによりますと、南部の福建省で10日、大規模な土砂崩れや洪水が発生しました。福建省では家が浸水するなど10万人前後が大雨の被害を受けて、一部の学校では臨時休校しているということです。中国の気象局によりますと、中国の南部では6月に入ってから雨が続いていて、今週いっぱい大雨になる可能性があるとして注意を呼び掛けています。
ONE DAY #77 武尊
ONE DAY ONE DAY #77 武尊 12月8日大阪大会にて、ついに皇治との決戦が決まった武尊。対戦発表後も執拗に挑発を続ける皇治に対し、リングで決着をつけるべく動き出した武尊選手の一日に密着。 格闘家の1日(One day)に密着しながら、「いつか(One day)頂点に・・」という熱い思いをリアルに描く、格闘家ドキュメンタリー。K-1を背負うカリスマとして、負けられない戦いに臨む武尊選手は、試合を控えた今日一日に、何を感じているのか・・・。
貨物列車に寝そべる外国人「福岡まで行きたかった」
最新の社会ニュース【随時更新】 貨物列車に寝そべる外国人「福岡まで行きたかった」  1日、大阪市内を走っていた貨物列車に外国人の男性が寝そべって乗り込んでいるのが見つかり、警察に引き渡されました。  正午ごろ、大阪市此花区にあるJR西九条駅の利用客から車掌に「貨物列車に人が乗っていたように見えた」との通報がありました。約2キロほど先の終着駅で職員が貨物列車を調べたところ、台車に寝そべるイギリス国籍の20代の男性を発見し、警察に引き渡しました。男性は「ボランティアをするために福岡まで行きたかった」と話していて、警察は厳重注意したということです。男性がどのようにして貨物列車に乗り込んだかは分かっていないということです。