「日大 顧問弁護士」の検索結果

「日大 顧問弁護士」に関する情報は見つかりませんでした。
「日大」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

秒速5センチメートル
秒速5センチメートル 秒速5センチメートル 小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。 そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。 貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。叙情的なビジュアルで綴られる三本の連作短編アニメーション作品。
第5話 迷い猫、泣いた
迷い猫オーバーラン! 第5話 迷い猫、泣いた 新しいパティシエール希の評判もあって、連日大賑わいのストレイキャッツ。 乙女が人助けで家を空けているため、巧たちは毎日大忙し。 そのため、千世の宣言した「サークル活動」は活動を開始する間もなく、いきなり座礁してしまう。ぽつんと一人取り残され、寂しさを感じる千世。 そんな彼女の前に、たおやかに微笑む一人の少女が現れた。 それは竹馬園夏帆。 千世の悩みを聞いた夏帆が、彼女の耳元で囁く。 「それでしたら……」
第30話 さんざんひな祭り
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第30話 さんざんひな祭り 両津の誕生日は、3月3日雛祭りの日。大原と二人近所の雛祭に招かれた。高価な雛人形を壊した大原を目撃した両津は
第一話 「年越しそば」
無料
衛宮さんちの今日のごはん 第一話 「年越しそば」 今日は大晦日。大掃除を終えた士郎とセイバーは、夕飯の買い出しに出かける。家で留守番中の大河とイリヤは、こたつの中でのんびりと士郎が作ってくれるごはんを待っていた。 今夜の衛宮家のごはんは…?
テクノロジーの世紀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 テクノロジーの世紀 今回のテーマは「テクノロジー」テクノロジーは私たちの暮らしを劇的に変えている。そんなテクノロジー進化のエネルギーは私たちの欲望だ。アメリカでは、AI搭載のラブドールが開発され注目を集めている。はたして人間がロボットを愛する日は来るのか...?アメリカ・中国・東京、技術と欲望が形作る近未来を考える。
君たちはどう休むか
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 君たちはどう休むか 今回のテーマは「休む」。テクノロジーの発達で、24時間誰とでも瞬時につながるようになった現代人。仕事とプライベートが解け合う世界で、私たちはどうしたら「休む」ことができるのだろう。ドイツでは、“ライフ”と“ワーク”をとことん融合させるadidas社の斬新な就業スタイルを、フランスでは“つながらない権利”整備後の人々の生活を、GLOBE取材班がレポート。人間らしく「休む」にはどうしたらいいのかを考える。
変われ!学校
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 変われ!学校 学校に通うのは当たり前...。本当にそうなのか?学校にしかできないことはあるのか。台湾の「実験学校」、アメリカの「チャータースクール」、そしてイギリスでは「ホームエデュケーション」。世界では、学びの場が様変わりしている。そして日本も、詰め込み教育や多人数教育への疑問から、新しい学校が生まれている。学びの場はもっと自由でいいはず。世界の「学び」の最前線をレポートし、学校とは 何かを考える。
ONE DAY #77 武尊
ONE DAY ONE DAY #77 武尊 12月8日大阪大会にて、ついに皇治との決戦が決まった武尊。対戦発表後も執拗に挑発を続ける皇治に対し、リングで決着をつけるべく動き出した武尊選手の一日に密着。 格闘家の1日(One day)に密着しながら、「いつか(One day)頂点に・・」という熱い思いをリアルに描く、格闘家ドキュメンタリー。K-1を背負うカリスマとして、負けられない戦いに臨む武尊選手は、試合を控えた今日一日に、何を感じているのか・・・。
動画ウォーズ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 動画ウォーズ テレビが君臨した時代は一変し、インターネットを飛び交う動画は爆発的に増えている。しかし...1日は24時間しかない。限られた「時間」というパイの奪い合い=動画ウォーズが激化している。19世紀、エジソンによるキネトスコープの発明から130年。動画はどのように進化してきたのか。アメリカではNetflix、YouTubeといった動画ビジネスの最前線を、またフランスでは動画を文化財として未来へと引き継ごうとする取り組みを取材。動画はなぜ人々を魅了するのか―動画の持つ“力”を考える。
第九戦 場外乱闘勃発!極悪番長現る!!
焼肉プロレス 第九戦 場外乱闘勃発!極悪番長現る!! ある日、大学病院に通う七瀬(樋口日奈)が入院している子供たちを喜ばせたいと、無双苑のみんなにヒーローショーの出演をお願いをする。慧太(加藤諒)たちは「焼肉戦隊カルビマン」を結成することになったのだが、ヒーロー役になりたい慧太はみんなからの反対を受け、食中毒デビルを配役されてしまう。しかし、ショーをするには人数が足りないと困っていると、リングの上で汚い手口を使って宝條竜司(武藤敬司)を沈めたとされる極悪番長こと尾崎(神奈月)が無双苑にやってきて...。
独占/日大危険タックル 元コーチ語る
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 独占/日大危険タックル 元コーチ語る 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
全編/日大アメフト悪質タックルの真相
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 全編/日大アメフト悪質タックルの真相 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
「麻薬」のある世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「麻薬」のある世界 今回のテーマは「麻薬」。今年10月カナダで娯楽用大麻が合法化された。その背景にはカナダ国民の4割以上が大麻を経験しているという状況がある。一方日本は、厳格な取り締まりで薬物の横行を防いできたが、反面、覚せい剤で検挙された人のうち再犯者率が65%にものぼることから、その徹底した規制主義の意義を問い直す声もあがっている。そんな中、スイスでは、ヘロイン中毒者に医師の管理下で公的にヘロインを処方する試みが進められている。厳罰ではなく治療によって薬物に対応していこうという考え方だ。決してなくなることのない「麻薬」、その現実を前に、揺れる理想と現実を見つめる。
疲れる土
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 疲れる土 私たちの足元にいつもある「土」。しかし決して当たり前にあるものと思ってはいけない。土は長い年月をかけてできた自然の恵みの集大成とでもいうべきもの。私たちが一方的に使うだけならいつかは失われてしまう。森や水、石油や鉱物と同じように...。その「土」が疲れている。劣化し悲鳴をあげている土に対して、人間は何ができるのだろう?イスラエルでは、“点滴”を施すことで砂漠土での作物栽培を可能に。ブラジルは、不毛だったはずの赤い土を造り替え、一大農業国にのし上がった。エジプト、ウクライナ、そして日本。各国の「土」事情をチームGLOBEが取材。私たちは「土」とどう向き合うべきなのかを考える。
「予測」という名の欲望
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「予測」という名の欲望 未来を知りたいー。それは人間の飽くなき欲望。世界中から膨大なデータを収集し、AIで瞬時に分析できるようになった現在、様々な分野で一歩先を「予測」しようとする試みが始まっている。インドでは洪水になる地域が予測され、中国ではパンダの交尾に最適な数日が予測され、そして日本の大井競馬場では勝ち馬が予測されている。今も世界のどこかで何かが「予測」されているのだ。しかし予測で明らかになった未来を見据えて生きるのは本当に幸せなのだろうか...。世界のデータ予測の最前線をレポートし人間の欲望の本質を考える。あなたはどこまで知りたいですか。
デジタル通貨が変える世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 デジタル通貨が変える世界 新たな「お金」が続々と誕生している。コンピューター上の仮想通貨に、スマホのアプリやICカードに記録された電子マネー。デジタル化した通貨は国境を越えて飛び回り、紙幣や硬貨がなくても困らない国も出てきている。現金払いが多い日本でも「○○ペイ」を聞かない日はない。一方デジタル化する通貨は“情報”であり、新たな“覇権”でもある。フェイスブックが発表したリブラには各国が批判の声をあげ、その中で中国はデジタル人民元を誕生させるべく着々と準備を進めているとも言われている。混沌とする通貨の未来を考える。
迷惑という迷宮
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 迷惑という迷宮 「ご迷惑をおかけしてすみません」。電車の中でも、仕事の電話でも、気が付けば口にしている。私たちは“迷惑”に支配されているんじゃなかろうか。「人に迷惑をかけない子に育ってほしい」「だれかに迷惑をかける奴は罰を受けてしかるべき」...。迷惑って一体なんだろう。迷惑という迷宮を抜け出るにはどうしたらいいの?スイスでは教会の鐘の音をめぐる論争を、イタリアでは観光名所で旅人の行動を取り締まる動きを...世界の“迷惑”の現場を取材し見えてきたこととはー。心の闇をあばかれそうな恐怖を抱きつつ、モヤモヤする世界に突っ込んでみました。
店員が目を離した隙に…約30万円の貴金属を盗んだか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 店員が目を離した隙に…約30万円の貴金属を盗んだか  東京・青梅市にあるリサイクルショップから30万円相当の貴金属を盗んだとして、大阪市に住む会社員の男が警視庁に逮捕されました。  高杉太容疑者(50)は先月21日、青梅市のリサイクルショップで30万円相当のブレスレット1点を盗んだ疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、高杉容疑者は店員に「貴金属を見せてほしい。色を比べたい。ブレスレットも見たい」などと言って数点の貴金属をトレーの上に置かせ、店員が目を離した隙に盗んだということです。警視庁は12日、大阪市内の関係先で高杉容疑者を逮捕しました。取り調べに対して容疑を認めているということです。都内や関西でも犯行を繰り返していたと話していて、警視庁は余罪についても調べています。
気候変動とカネ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 気候変動とカネ 豪雨や異常な暑さで実感させられる気候変動。その気候変動によって今、世界のカネの流れが変わりつつある。デンマークの自治領・グリーンランド。この島では、温暖化で氷河が解けたことにより豊かな鉱物資源の開発が可能となった。目をつけたのは中国。グリーンランドでは今、その中国巨大マネーを背景に、独立の機運が高まっている。また各国のベンチャー企業はこぞって大気中の二酸化炭素除去の技術開発に名乗りをあげている。彼らにとって地球温暖化は“脅威”ではなく“好機”なのだ。気候変動で儲ける人、儲けようとする人、そして取り残されつつある人...。気候変動をめぐるカネの動きを追いながら、地球の「病状」悪化に歯止めをかける鍵を探る。
不自由な自由貿易
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 不自由な自由貿易 それぞれの国がモノやサービスを自由にやりとりすれば、みんなが恩恵を受けられるー。そんな世界を目指した「自由貿易」が今、試練に立たされている。主導者だったアメリカは力を失い、トランプ大統領は保護主義的な政策を繰り出している。「自由貿易」は“終わって”しまうのか?一方、貿易そのものの形も大きく変わりつつある。やりとりの中心は「モノ」から「データ」へ。 ドイツ・BMWでは、3Dプリンターで“印刷”して部品を製造している。データを送るだけで、世界中どこででも同じ品質の部品が造れるというわけだ。低賃金の労働者を求めて海外に工場を移す必要はもはやない。「自由貿易」の未来はどうなるのか?チームGLOBEが世界を取材した。
怒りの正体
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 怒りの正体 怒りはやっかいな感情だ。自分の怒りを制御するのも、他人の怒りを鎮めるのも難しく、あたまに血が上って我を失い、仕事や家庭まで失った人も決して少なくはない。しかし、ただの悪者でもない。世界には世の中のために「もっと怒りなさい」という人もいる。怒りのエネルギーが社会運動につながり政権を揺るがすこともあれば、民衆の怒りが為政者に利用されることもある。怒りの正体とは一体何なのだろう。SNSによって若者の怒りが反政府デモの大きなうねりとなったセルビア、入場料20ドル・物を叩き壊すことで怒りを発散できるサロン「レイジルーム」が活況を呈するカナダほか、GLOBEが世界の“怒り”の現場をリポート。怒りを幸せに変えることはできるのか、考える。
評価なんてぶっとばせ!
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 評価なんてぶっとばせ! 人事から入学試験まで、私たちに生涯ついてまわるもの、それが「評価」。組織を映す鏡だと言われるが、時に人をやる気にさせ、時に人を腐らせる。少子高齢化で、企業が有能な人材を奪い合う時代、いかに社員の心をつなぎとめ、やる気にさせるか。納得感のある評価制度を探して、世界の企業が頭を悩ませている。アメリカでは、AIがはじき出す分析結果を評価に利用する企業の実態を、ドイツでは、サッカーのナショナルチームメンバー編成のノウハウを人事に活かす試みを取材。また“全員査定”や“サイコロ給”など、独自の評価制度を模索する日本企業も紹介。世界の「評価」の最前線をレポートし、「評価」とは何なのかを考える。
核の夢~二つの世界~
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 核の夢~二つの世界~ 原爆投下による広島、長崎の悲劇を引き起こした核エネルギー。人類はこの巨大な力で社会を豊かにする夢もみたが、チェルノブイリや福島の事故を経て、その夢はすっかり色あせたかに見えた。だが世界を見渡せば、まだ夢を見続ける国は少なくない。原発輸出世界1位のロシアは、この20年あまりで国内外に20基ほどの原発を建設。中国は最新型の「華竜1号」の開発を進め、世界最大の原発大国になる日も近いといわれている。さらに地球温暖化対策を理由に原子力エネルギーを積極的に選択する国も...。原発との付き合い方に悩む国々と、積極的に増やす国々。二つの世界をレポートし核エネルギーの未来を考える。
これから百年の「孤独」
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 これから百年の「孤独」 人生100年時代。テクノロジーの発達やライフスタイルの変化によって人とつながることが簡単になった一方、「孤独」な時間をもてあます人が増えていると言われる。そんな中、世界では”ひとりぼっち”をどう生きるか、 模索が始まっている。アメリカではコワーキングスペースに多様な業種の人々が集い、フランスでは黄色いベスト運動に参加することで仲間を作ろうとする動きが。そして日本では「孤独のグルメ」が大ブームに。一方、群れない”オランウータン” の生態に、人間が孤独を生きるヒントがあるのではという研究も...。ひとりは寂しいと嘆くか、ひとりに楽しみを見いだすかー。あなたは「孤独」とどう向き合いますか?
シウマイ弁当4000食が無駄に?クルーズ船に届かず
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 シウマイ弁当4000食が無駄に?クルーズ船に届かず  崎陽軒のシウマイ弁当4000食の寄付が無駄になった可能性があります。  横浜市に本社のある崎陽軒は12日、大黒ふ頭に接岸中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客やスタッフらを励まそうとシウマイ弁当4000食、344万円相当を用意しました。弁当は12日の昼食用に午前11時までには船に積み込まれましたが、複数の乗客によりますと、届いていないということです。賞味期限が12日の午後4時だったため、4000食が無駄になった可能性があります。崎陽軒は寄付にあたって横浜市港湾局に相談し、紹介された代理店と交渉して搬入時間などを調整したということです。崎陽軒は弁当が実際に乗客らに届いたかどうかは把握できないとしたうえで、「もし届いていないなら大変残念です」とコメントしています。
那須川天心RISEベストバウト
RISE 特別番組 2019 那須川天心RISEベストバウト 2019年3月10日、大田区総合体育館にて、Cygames presents RISE WORLD SERIES 2019 1st RoundをAbemaTVにて初の生中継。それを記念して那須川天心のRISEでのベストバウトをご紹介! 2014.7.12 RISE 100 有松 朝 戦 2015.5.31 RISE 105 村越 優汰 戦 2016.3.26 RISE 110 フレッド“The Joker”コルデイロ 戦 2016.5.29 RISE 111 タリック・トッツ 戦 2017.5.20 RISE 117 “アベンジャー”ライアン・シェーハン 戦 2018.6.17 RISE 125 ロッタン・ジットムアンノン 戦 2018.11.17 RISE 129 内藤 大樹 戦
日大アメフト騒動 報道側も"悪質"?
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 日大アメフト騒動 報道側も"悪質"? 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
王室2019~君主たちのサバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 王室2019~君主たちのサバイバル 世界の君主たちは今、国民に支持される新しい王室のあり方を懸命に模索している。アーティストとして活躍する女王、人気モデルのイケメン王子、民主化のシンボルとして注目を集める王妃...チームGLOBEは今回、そんな“サバイバル”に挑むさまざまな王族を取材。イギリス、デンマーク、モロッコ...各国王室の今を追った。ブルガリアでは、第二次大戦後に退位を強いられ、半世紀にわたり祖国を離れていたにもかかわらず、2001年国民の圧倒的な支持により首相となった、シメオン2世ことシメオン・サクスコブルグに単独インタビュー。6歳で国王に64歳で首相になった男の数奇な運命とは...。変容する世界の王室を見つめ、「王室」と「国民」との関係そして「君主」と「民主主義」のあり方を考える。
第1話 『無名の少年』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第1話 『無名の少年』 紀元前245年。春秋・戦国時代の中国、西方の秦国で、天下の大将軍を目指し鍛錬に励む二人の少年・信と漂がいた。ともに戦災孤児で下僕として働いていた二人だが、ある日、大臣・昌文君が現れ漂を王宮で仕官させると告げる。「行き着く場所は同じだ」だと誓い合い別れる二人。しかし、その後王弟の反乱が勃発し…。
第15話 「首位浮上」
グラゼニ 第15話 「首位浮上」 樹六破は試合前の練習でホームラン性の当たりを連発するが、試合ではまったく打てない。肝心の勝負どころでボール球に手を出してチャンスを潰し、守備でも足を引っ張って、夏之介が負け投手になってしまう。翌日、大差の負け試合でやっとプロ入り初ヒットを打って樹は大喜びしたが、監督はチャンスに弱い樹の2軍落ちを決意。夏之介は樹を叱咤し、「もっとプロ意識を持て」とカツを入れる。