「日大アメフト 危険タックル」の検索結果

「日大アメフト 危険タックル」に関する情報は見つかりませんでした。
「日大」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第5話 迷い猫、泣いた
無料
迷い猫オーバーラン! 第5話 迷い猫、泣いた 新しいパティシエール希の評判もあって、連日大賑わいのストレイキャッツ。 乙女が人助けで家を空けているため、巧たちは毎日大忙し。 そのため、千世の宣言した「サークル活動」は活動を開始する間もなく、いきなり座礁してしまう。ぽつんと一人取り残され、寂しさを感じる千世。 そんな彼女の前に、たおやかに微笑む一人の少女が現れた。 それは竹馬園夏帆。 千世の悩みを聞いた夏帆が、彼女の耳元で囁く。 「それでしたら……」
第30話 さんざんひな祭り
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第30話 さんざんひな祭り 両津の誕生日は、3月3日雛祭りの日。大原と二人近所の雛祭に招かれた。高価な雛人形を壊した大原を目撃した両津は
ガールズ&パンツァー 劇場版
ガールズ&パンツァー 劇場版 ガールズ&パンツァー 劇場版 学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会を優勝で終え、平穏な日常が戻ってきた大洗女子学園。ある日、大洗町でエキシビションマッチが開催される事に。大洗女子学園と知波単学園の混成チームと対戦するのは、聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校の混成チーム。今やすっかり大洗町の人気者となった大洗女子学園戦車道チームに、町民から熱い声援が送られた。戦いを通じて友情が芽生えた選手たち。試合が終われば一緒に温泉に浸かり、お喋りに華が咲く。そんな時、生徒会長の角谷杏が「急用」で学園艦に呼び戻される。いぶかしがる大洗女子のメンバーたち。果たして「急用」とは…? 大洗女子学園、決断の時――。新たな試合(たたかい)が始まる!
テクノロジーの世紀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 テクノロジーの世紀 今回のテーマは「テクノロジー」テクノロジーは私たちの暮らしを劇的に変えている。そんなテクノロジー進化のエネルギーは私たちの欲望だ。アメリカでは、AI搭載のラブドールが開発され注目を集めている。はたして人間がロボットを愛する日は来るのか...?アメリカ・中国・東京、技術と欲望が形作る近未来を考える。
小6死亡ひき逃げ 自転車を引きずり… 飲酒運転か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小6死亡ひき逃げ 自転車を引きずり… 飲酒運転か  逮捕された男からアルコールが検出されました。  亀井龍也容疑者(34)は8日、大阪府堺市の交差点で小学6年の松田玲海さん(11)を大型トレーラーではねて死亡させ、逃走した疑いが持たれています。亀井容疑者はひき逃げを認めています。亀井容疑者は松田さんの自転車を約1キロにわたって引きずった後、トレーラーから降りて自転車を捨てたとみられています。また、亀井容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されています。
炎が覆い尽くし…カナリア諸島で山火事 1000人避難
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 炎が覆い尽くし…カナリア諸島で山火事 1000人避難  辺り一面を炎が覆い尽くしています。スペイン領カナリア諸島のグラン・カナリア島で10日、大規模な山火事が起きました。地元メディアなどによりますと、消防当局が一度は鎮火を宣言しましたが、暑さで再び火が燃え広がりました。発生から5日経ち、ようやく鎮火しました。この火事で住民約1000人が避難を余儀なくされたということです。地元の自治体は周辺のキャンプ場などで数日の間、火の使用を禁止すると発表しています。
EP.06
無料
GOING SEVENTEEN EP.06 2つの都市でサイン会があったこの日。大邱のサイン会でフォトタイムに面白いユニットを提案するディエイト。最年少のCARATに心を奪われるスングァン。ジョシュアとミンギュは、あいうえお作文で盛り上がる。大田のサイン会ではファンの要望で変装するメンバーたち。ウォヌは熱唱し、ウジはマイクで遊ぶ。
君たちはどう休むか
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 君たちはどう休むか 今回のテーマは「休む」。テクノロジーの発達で、24時間誰とでも瞬時につながるようになった現代人。仕事とプライベートが解け合う世界で、私たちはどうしたら「休む」ことができるのだろう。ドイツでは、“ライフ”と“ワーク”をとことん融合させるadidas社の斬新な就業スタイルを、フランスでは“つながらない権利”整備後の人々の生活を、GLOBE取材班がレポート。人間らしく「休む」にはどうしたらいいのかを考える。
ONE DAY #77 武尊
ONE DAY ONE DAY #77 武尊 12月8日大阪大会にて、ついに皇治との決戦が決まった武尊。対戦発表後も執拗に挑発を続ける皇治に対し、リングで決着をつけるべく動き出した武尊選手の一日に密着。 格闘家の1日(One day)に密着しながら、「いつか(One day)頂点に・・」という熱い思いをリアルに描く、格闘家ドキュメンタリー。K-1を背負うカリスマとして、負けられない戦いに臨む武尊選手は、試合を控えた今日一日に、何を感じているのか・・・。
家電量販店装いカード詐取未遂 拠点から名簿押収
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 家電量販店装いカード詐取未遂 拠点から名簿押収  大手家電量販店の従業員になりすまして嘘の電話を掛けたということです。  高瀬和坂容疑者(39)ら4人は7日、大手家電量販店の従業員になりすまし、東京都内の70代女性に対して「あなた名義のキャッシュカードが使われている」などと嘘の電話を掛けてキャッシュカードをだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、高瀬容疑者らが拠点としていた東京・新宿区のオフィスビルからは携帯電話25台と約3000人分の名簿などが押収されました。高瀬容疑者は「名簿を見てイタズラ電話をしていただけです」と容疑を否認しています。
第1話 運命のホワイトデー
魔女の恋愛 第1話 運命のホワイトデー 雑誌記者のジヨンは39歳独身。自分にも他人にも厳しい仕事ぶりで、同僚からは“魔女”と呼ばれ恐れられている。ある日、大スクープを手にしたジヨンは急いで編集部へ戻ろうと、目の前にあった自転車を勝手に拝借して走りだした。アルバイトでサンタに扮し、子供にその自転車をプレゼントするはずだったドンハは慌てて彼女を追いかける。決して止まらないジヨンと必死に追いかけるドンハ。こうして出会った2人だったが...
「麻薬」のある世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「麻薬」のある世界 今回のテーマは「麻薬」。今年10月カナダで娯楽用大麻が合法化された。その背景にはカナダ国民の4割以上が大麻を経験しているという状況がある。一方日本は、厳格な取り締まりで薬物の横行を防いできたが、反面、覚せい剤で検挙された人のうち再犯者率が65%にものぼることから、その徹底した規制主義の意義を問い直す声もあがっている。そんな中、スイスでは、ヘロイン中毒者に医師の管理下で公的にヘロインを処方する試みが進められている。厳罰ではなく治療によって薬物に対応していこうという考え方だ。決してなくなることのない「麻薬」、その現実を前に、揺れる理想と現実を見つめる。
疲れる土
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 疲れる土 私たちの足元にいつもある「土」。しかし決して当たり前にあるものと思ってはいけない。土は長い年月をかけてできた自然の恵みの集大成とでもいうべきもの。私たちが一方的に使うだけならいつかは失われてしまう。森や水、石油や鉱物と同じように...。その「土」が疲れている。劣化し悲鳴をあげている土に対して、人間は何ができるのだろう?イスラエルでは、“点滴”を施すことで砂漠土での作物栽培を可能に。ブラジルは、不毛だったはずの赤い土を造り替え、一大農業国にのし上がった。エジプト、ウクライナ、そして日本。各国の「土」事情をチームGLOBEが取材。私たちは「土」とどう向き合うべきなのかを考える。
小6女児ひき逃げか 運転手「分かっていたが…」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小6女児ひき逃げか 運転手「分かっていたが…」  8日、大阪府堺市で小学6年の女の子が大型トレーラーにはねられて死亡しました。警察は、現場から立ち去ったトレーラーの運転手の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。  愛媛県新居浜市の亀井龍也容疑者(34)は午後5時すぎ、堺市の横断歩道を自転車で渡っていた小学6年の松田玲海さん(11)を大型トレーラーではねたにもかかわらず、そのまま逃げた疑いが持たれています。松田さんは病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。大阪市住之江区にある南港のフェリー乗り場で警察が目撃情報に似たトレーラーを発見し、逮捕に至ったということです。亀井容疑者は警察の調べに対して「自転車とぶつかったことは分かっていたが、逃げてしまった」と容疑を認めているということです。
第55話 迫りくる氷帝
テニスの王子様 第55話 迫りくる氷帝 関東大会初日、大石から連絡を受けた桃城は、急いで病院へと向かうことに。待っていた大石は、桃城にレギュラーの座をゆずると告げるのだった。  思わぬことでレギュラー復帰をはたした菊丸と桃城。しかし、急きょ組まれたペアの前に、氷帝のダブルスペア、向日・忍足が立ちはだかる!
第4話 開店
コーヒープリンス1号店 第4話 開店 いよいよ「コーヒープリンス1号店」がオープンする日。開店を祝いにハンソンがカフェに訪れた。ハンギョルとハンソンが従兄弟であるという事実を知って驚くウンチャンは、自分が女であることをハンギョルに黙っておくよう、ハンソンに口止めするが...。
第5話 社員旅行の夜
コーヒープリンス1号店 第5話 社員旅行の夜 ウンチャンはカフェの同僚・ミンヨプに女だとバレてしまい、口止めをする。そんな中、親睦を深めるためにカフェのみんなで社員旅行に行くことに。りんご農場で過ごした夜に、ハンギョルのユジュへの想いを聞いて、ウンチャンは複雑な気持ちになる。
第7話 恋愛感情?
コーヒープリンス1号店 第7話 恋愛感情? ウンチャンのことが気になってしかたがないハンギョルだが、相変わらず二人の間にはケンカが絶えない。いつもウンチャンの家の事情を引き合いに出すハンギョルに我慢ならないウンチャンは、ケンカした勢いでついに店を辞めてしまう。
第11話 怒り
コーヒープリンス1号店 第11話 怒り ハンギョルに女であることを打ち明けようとしたウンチャンだが、その矢先に同僚によってバレてしまう。ハンギョルは、ウンチャンが女だという事実を知らなかったのは自分だけだと知り、裏切られたとウンチャンに責め立てるが...。
第12話 仲直り
コーヒープリンス1号店 第12話 仲直り ハンギョルはハンソンやユジュ、ホン社長らに諭されて、ウンチャンと再び元どおりに戻ることに。一方ハンソンは、アメリカに向かうユジュを必死に止めるが、ユジュはハンソンを振り切って空港へ向かう。しかし、ユジュはアメリカには行かず、ハンソンの元にも戻ってこない。
第13話 出生の秘密
コーヒープリンス1号店 第13話 出生の秘密 ハンギョルのアメリカ出発まで1か月を切り、ハンギョルから一緒にアメリカに行こうと誘われ、一度は乗り気になるウンチャンだが、家の事情を理由に断る。また、ハンギョルは、自分の実の両親について真実を知らされ戸惑うが、実の父親が韓国を発つ姿を見送りに空港に向かう。
第14話 家族の反対
コーヒープリンス1号店 第14話 家族の反対 ハンギョルがウンチャンを実家に連れて行き彼女だと紹介すると、祖母と母から猛反対を受ける。店まで押しかけてきて、ハンギョルと引き離そうとウンチャンを説得する二人に対し、ハンギョルは留学に行かないと告げる。そして、ハンソンとユジュの間には子どもが...。
第15話 プロポーズ
コーヒープリンス1号店 第15話 プロポーズ ユジュはハンソンのプロポーズを受け入れ、二人は晴れて結婚することに。二人の結婚式当日、ハンギョルもウンチャンにプロポーズをするが、ウンチャンはバリスタになるという夢のために、今すぐ結婚するのはムリだと断る。
第16話 結婚と夢
コーヒープリンス1号店 第16話 結婚と夢 ハンソンの結婚式でハンギョルの祖母が倒れた。家庭の事情で結婚を拒むウンチャンだったが、祖母の容体を考えると早く結婚した方がいいのだろうかと悩む。そこにハンギョルの祖母がイタリアでバリスタの勉強をしてこいと、ウンチャンに留学話をもちかける。ハンギョルは反対するが...。
第17話 再会の日(終)
コーヒープリンス1号店 第17話 再会の日(終) ついにウンチャンの出発の日がやってきた。イタリアに旅立つウンチャンを、カフェの仲間たちも涙ながらに見送る。そして2年の月日が流れて留学期間が終わる頃、もう1年留学を延ばしてはダメかと、ウンチャンからハンギョルに電話をかけてくるが...。
気候変動とカネ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 気候変動とカネ 豪雨や異常な暑さで実感させられる気候変動。その気候変動によって今、世界のカネの流れが変わりつつある。デンマークの自治領・グリーンランド。この島では、温暖化で氷河が解けたことにより豊かな鉱物資源の開発が可能となった。目をつけたのは中国。グリーンランドでは今、その中国巨大マネーを背景に、独立の機運が高まっている。また各国のベンチャー企業はこぞって大気中の二酸化炭素除去の技術開発に名乗りをあげている。彼らにとって地球温暖化は“脅威”ではなく“好機”なのだ。気候変動で儲ける人、儲けようとする人、そして取り残されつつある人...。気候変動をめぐるカネの動きを追いながら、地球の「病状」悪化に歯止めをかける鍵を探る。
不自由な自由貿易
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 不自由な自由貿易 それぞれの国がモノやサービスを自由にやりとりすれば、みんなが恩恵を受けられるー。そんな世界を目指した「自由貿易」が今、試練に立たされている。主導者だったアメリカは力を失い、トランプ大統領は保護主義的な政策を繰り出している。「自由貿易」は“終わって”しまうのか?一方、貿易そのものの形も大きく変わりつつある。やりとりの中心は「モノ」から「データ」へ。 ドイツ・BMWでは、3Dプリンターで“印刷”して部品を製造している。データを送るだけで、世界中どこででも同じ品質の部品が造れるというわけだ。低賃金の労働者を求めて海外に工場を移す必要はもはやない。「自由貿易」の未来はどうなるのか?チームGLOBEが世界を取材した。
怒りの正体
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 怒りの正体 怒りはやっかいな感情だ。自分の怒りを制御するのも、他人の怒りを鎮めるのも難しく、あたまに血が上って我を失い、仕事や家庭まで失った人も決して少なくはない。しかし、ただの悪者でもない。世界には世の中のために「もっと怒りなさい」という人もいる。怒りのエネルギーが社会運動につながり政権を揺るがすこともあれば、民衆の怒りが為政者に利用されることもある。怒りの正体とは一体何なのだろう。SNSによって若者の怒りが反政府デモの大きなうねりとなったセルビア、入場料20ドル・物を叩き壊すことで怒りを発散できるサロン「レイジルーム」が活況を呈するカナダほか、GLOBEが世界の“怒り”の現場をリポート。怒りを幸せに変えることはできるのか、考える。
評価なんてぶっとばせ!
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 評価なんてぶっとばせ! 人事から入学試験まで、私たちに生涯ついてまわるもの、それが「評価」。組織を映す鏡だと言われるが、時に人をやる気にさせ、時に人を腐らせる。少子高齢化で、企業が有能な人材を奪い合う時代、いかに社員の心をつなぎとめ、やる気にさせるか。納得感のある評価制度を探して、世界の企業が頭を悩ませている。アメリカでは、AIがはじき出す分析結果を評価に利用する企業の実態を、ドイツでは、サッカーのナショナルチームメンバー編成のノウハウを人事に活かす試みを取材。また“全員査定”や“サイコロ給”など、独自の評価制度を模索する日本企業も紹介。世界の「評価」の最前線をレポートし、「評価」とは何なのかを考える。
核の夢~二つの世界~
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 核の夢~二つの世界~ 原爆投下による広島、長崎の悲劇を引き起こした核エネルギー。人類はこの巨大な力で社会を豊かにする夢もみたが、チェルノブイリや福島の事故を経て、その夢はすっかり色あせたかに見えた。だが世界を見渡せば、まだ夢を見続ける国は少なくない。原発輸出世界1位のロシアは、この20年あまりで国内外に20基ほどの原発を建設。中国は最新型の「華竜1号」の開発を進め、世界最大の原発大国になる日も近いといわれている。さらに地球温暖化対策を理由に原子力エネルギーを積極的に選択する国も...。原発との付き合い方に悩む国々と、積極的に増やす国々。二つの世界をレポートし核エネルギーの未来を考える。