「日大アメフト」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

日大ラグビー部員が大麻所持か「自分で使っていた」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日大ラグビー部員が大麻所持か「自分で使っていた」  日本大学ラグビー部の部員の男が東京・渋谷区の路上で大麻を所持していたとして逮捕されました。  日大ラグビー部の部員で文理学部3年の樋口弘晃容疑者(21)は18日、渋谷区の路上で大麻を所持していた疑いが持たれています。警視庁によりますと、樋口容疑者を不審に思った警察官が職務質問したところ、大麻が見つかったということです。取り調べに対して「自分で使っていた」と容疑を認めています。警視庁は20日午前10時すぎ、東京・稲城市の樋口容疑者が暮らす日大ラグビー部の寮を家宅捜索しました。警視庁は樋口容疑者がいつから大麻を使っていたかやどうやって入手したのかなど捜査を進める方針です。
日大ラグビー部が活動を無期限停止 部員の逮捕受け
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日大ラグビー部が活動を無期限停止 部員の逮捕受け  現役部員が大麻所持の疑いで逮捕されたことを受けて、日本大学ラグビー部はホームページで活動の無期限停止を発表しました。  日本大学ラグビー部の部員で文理学部3年の樋口弘晃容疑者(21)は18日、東京・渋谷区の路上で大麻を所持していた疑いで逮捕されました。これを受けて日大ラグビー部は、ホームページにおわびのコメントを載せ、活動の無期限停止を発表しました。また、警察の捜査に全面的に協力し、当該部員に対しては厳正に対処するとしています。
秒速5センチメートル
秒速5センチメートル 秒速5センチメートル 小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。 そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。 貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。叙情的なビジュアルで綴られる三本の連作短編アニメーション作品。
第5話 迷い猫、泣いた
迷い猫オーバーラン! 第5話 迷い猫、泣いた 新しいパティシエール希の評判もあって、連日大賑わいのストレイキャッツ。 乙女が人助けで家を空けているため、巧たちは毎日大忙し。 そのため、千世の宣言した「サークル活動」は活動を開始する間もなく、いきなり座礁してしまう。ぽつんと一人取り残され、寂しさを感じる千世。 そんな彼女の前に、たおやかに微笑む一人の少女が現れた。 それは竹馬園夏帆。 千世の悩みを聞いた夏帆が、彼女の耳元で囁く。 「それでしたら……」
日大ラグビー部員逮捕 渋谷区で大麻所持の疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日大ラグビー部員逮捕 渋谷区で大麻所持の疑い  日本大学ラグビー部の現役部員が東京・渋谷区で大麻を所持していたとして逮捕されたことが分かりました。
第30話 さんざんひな祭り
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第30話 さんざんひな祭り 両津の誕生日は、3月3日雛祭りの日。大原と二人近所の雛祭に招かれた。高価な雛人形を壊した大原を目撃した両津は
日大ラグビー部現役部員が大麻所持で逮捕
無料
【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! 日大ラグビー部現役部員が大麻所持で逮捕 いま、世の中で起きている最新ニュースをアベマが厳選してラインアップ。緊急ニュースや災害情報などの速報はもちろん、話題のテーマを独自目線で掘り下げた企画や、注目の記者会見もノーカットでお届けします!さらに、独自取材を重ねたこだわりのドキュメンタリーも配信中です。
日大ラグビー部 無期限活動停止に
無料
【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! 日大ラグビー部 無期限活動停止に いま、世の中で起きている最新ニュースをアベマが厳選してラインアップ。緊急ニュースや災害情報などの速報はもちろん、話題のテーマを独自目線で掘り下げた企画や、注目の記者会見もノーカットでお届けします!さらに、独自取材を重ねたこだわりのドキュメンタリーも配信中です。
第一話 「年越しそば」
無料
衛宮さんちの今日のごはん 第一話 「年越しそば」 今日は大晦日。大掃除を終えた士郎とセイバーは、夕飯の買い出しに出かける。家で留守番中の大河とイリヤは、こたつの中でのんびりと士郎が作ってくれるごはんを待っていた。 今夜の衛宮家のごはんは…?
テクノロジーの世紀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 テクノロジーの世紀 今回のテーマは「テクノロジー」テクノロジーは私たちの暮らしを劇的に変えている。そんなテクノロジー進化のエネルギーは私たちの欲望だ。アメリカでは、AI搭載のラブドールが開発され注目を集めている。はたして人間がロボットを愛する日は来るのか...?アメリカ・中国・東京、技術と欲望が形作る近未来を考える。