「日常」の検索結果

今すぐ視聴する

episode11 最後に残った道しるべ
魔法少女まどか☆マギカ episode11 最後に残った道しるべ 雨の中、しめやかに行われたさやかの葬儀。 うつろな目をして家に戻ったまどかは、玄関で出迎えた詢子への挨拶もそこらに自分の部屋に入ってしまう。 一人悲しみに暮れるまどかの元に現れたのはキュゥべえ。 さやか達の死について冷たい口調で語るその姿に、さすがのまどかも怒りを感じる。 そんなまどかの態度が理解できないキュゥべえは、 自分たちと人類がこれまで共に歩んできた歴史を語るのだった。
第2話 二人の喧嘩祭り
七つの大罪 聖戦の予兆 第2話 二人の喧嘩祭り ヘンドリクセンとの戦いの最中に交わした約束を果たすべく、メリオダスとバンは対峙する。しかしそこには、なぜかたくさんのギャラリーが待ち構えていた。エリザベスやホーク、七つの大罪や聖騎士たちが見守るなか、遂に二人だけの喧嘩祭りが始まる!!
第3話 初恋を追いかけて
七つの大罪 聖戦の予兆 第3話 初恋を追いかけて 王国生誕祭をディアンヌと二人で過ごしたキングは幸せな気持ちで満たされていた。しかし数日後、突然ディアンヌが行き先も告げずにひとり出かけてしまう。先の戦いの最中に人間たちからひどい仕打ちを受けていたディアンヌ。心配になったキングは、急いで後を追いかける。
第4話 愛のかたち
七つの大罪 聖戦の予兆 第4話 愛のかたち ここのところ、少しお客さんが減ってきた〈豚の帽子〉亭。そこでメリオダスは、マーリンをウェイトレスに加え『最強看板シスターズ』を結成しようと画策する。しかし、交換条件としてマーリンはある依頼を持ちかけてくる。その依頼とはいったい……?そして、街に出たメリオダスが見たものとは!?
第1話 「超電磁砲(レールガン)」
無料
とある科学の超電磁砲S 第1話 「超電磁砲(レールガン)」 『学園都市』。一八〇万人を超える学生が集い、超能力開発が行われている巨大区域。教師によるボランティア組織『警備員(アンチスキル)』や学生による『風紀委員(ジャッジメント)』によって守られたその日常の裏側には、今日も路地裏でいたいけな少女に絡む不良学生たちの姿があった。そんな不良学生たちを、一筋の電光が一蹴する。しびれて地に伏す不良たちの中に傲然と立つその人の名は、御坂美琴。学園都市に七人しかいない『超能力者(レベル5)』の第三位にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ少女の姿だった。そして、白井黒子、初春飾利、佐天涙子。四人による学園都市の日常が、ふたたび幕を開ける。
第11話 「自動販売機」
とある科学の超電磁砲S 第11話 「自動販売機」 関係していた研究機関は全て稼働を停止し、『実験』を中止に追い込むという自分の目的は達せられた。孤独な戦いを終えて、ついに日常へと戻った美琴の前に、ツンツン髪の少年、上条当麻が姿を現す。なにかと絡んできてはやりあっていたはずなのに、その事実を覚えていない上条にキレる美琴。さらに自分を慕う後輩の黒子が乱入してきての大騒ぎが始まる――。以前と変わらぬ、日常の空気に安心しかけた美琴の前に現れたのは、『妹達』。自分がとどめを刺したはずの『実験』は、依然として継続されている。愕然とする美琴に、さらに驚愕の事実が立ちはだかる――。
#1 「俺の妹が再び帰ってくるわけがない」
無料
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #1 「俺の妹が再び帰ってくるわけがない」 留学先のアメリカから、京介に連れ戻される形で帰国した桐乃は、再会に沸く新垣あやせをはじめとする友人たちに囲まれ、次第に日常を取り戻していく。対照的に、一年前の関係に戻ったかのように自分を無視し続ける桐乃の態度に釈然としない京介。そんな京介に対し、桐乃は…。
第1話 干物妹の帰還
無料
干物妹!うまるちゃんR 第1話 干物妹の帰還 今回は・・・ うまるが、家でダラダラしたり、 海老名ちゃんとアパートの草むしりをしたり、 授業で個性的な人達とサッカーしたり、 そんでもってきりえちゃんがミスディレクションをしちゃったしたり、するよ
第3話 うまると友達
干物妹!うまるちゃんR 第3話 うまると友達 今回は・・・ お兄ちゃんとゲームにはまったり、 きりえちゃん・アレックスとギャルゲーをしたり、 「鬼のタイヘイ」を発見したり、 きりえちゃんがアレックスからプレゼントをもらったり、 4人で楽しくハンバーガーを食べたり、するよ
第4話 みんなとパーティー
干物妹!うまるちゃんR 第4話 みんなとパーティー 今回は・・・ 4人でクリパしたり、 その帰りに海老名ちゃんがお兄ちゃんといい感じになったり、 U・M・Rがシルフィンさんの家にお忍びで行ったり、 うまるがお年玉をもらったり、 うまるがお兄ちゃんの優しさに気付いたり、するよ
第5話 お兄ちゃんの出張
干物妹!うまるちゃんR 第5話 お兄ちゃんの出張 今回は・・・ お兄ちゃんがいきなり浜松に出張に行ったり、 うなぎが食べたくてうまるがこっそりその出張について行ったり、 浜松で海老名ちゃんと同じ苗字のコックさんに出会ったり、 でもやっぱりお兄ちゃんがいないと寂しかったり、するよ
第7話 うまると遊園地
干物妹!うまるちゃんR 第7話 うまると遊園地 今回は・・・ 4人で遊園地に行っていろんなアトラクションに乗ったり、 きりえちゃんがなぜか遊園地で不運な目にあったり、 海老名ちゃんのお兄ちゃんへの想いがわかったり、 うまるが成績優秀者として表彰されたり、 なぞの新キャラクターが初登場したり、するよ
第8話 うまるとヒカリ
干物妹!うまるちゃんR 第8話 うまるとヒカリ 今回は・・・ きりえちゃんが家におとまりしにきたり、 きりえちゃんが恋の応援宣言をしたり、 みんなで花火大会にいって楽しんだり、 なぞの新キャラが突然目の前に登場して家に押しかけてきて、 しかもなんかお兄ちゃんと知り合いみたいでうまるが焦ったり、するよ
第9話 干物妹と思い出
干物妹!うまるちゃんR 第9話 干物妹と思い出 今回は・・・ シルフィンさんとレトロなデパートで遊んだり、 うまるがカメラにハマったり、 海老名ちゃんとお兄ちゃんが一緒に料理したり ヒカリちゃんと料理対決をしたり、 ハムスターからの干物妹像をみれたり、するよ
第10話 初めてのみんな
干物妹!うまるちゃんR 第10話 初めてのみんな 今回は・・・ シルフィンさんの家でまったり遊んだり、 みんなで勉強会をしたり、 シルフィンさんとレトロゲームの聖地に行ったり、 ヒカリちゃんが家に遊びにきたり、 海老名ちゃんの入学当時の思い出がみれたり、するよ!
第11話 うまると星空
干物妹!うまるちゃんR 第11話 うまると星空 今回は・・・ きりえちゃんとボンバーが喧嘩したり、 きりえちゃんが将来の夢に向かってがんばったり、 きりえちゃんが海老名ちゃんの恋路を応援する為に作戦を実行したり、 ヒカリちゃんとお兄ちゃんの昔の出来事が語られたり、するよ
第12話 みんなとうまる
干物妹!うまるちゃんR 第12話 みんなとうまる 今回は・・・ お兄ちゃんと一緒にお好み焼きを焼いたり、 海老名ちゃんがお兄ちゃんにクリスマスプレゼントをあげたり、 お正月をみんなで満喫したり、 叶さんがヒカリちゃんの為にお兄ちゃんを家に誘おうと頑張ったり、 うまるがへそくりを引っ張り出してきたり、するよ
episode2 それはとっても嬉しいなって
魔法少女まどか☆マギカ episode2 それはとっても嬉しいなって ほむらに襲われたキュゥべえを助ける途中、 迷い込んだのは摩訶不思議な空間。 絶対絶命のピンチに陥ったまどかとさやかを救ったのは一人の魔法少女。 巴マミ。 その後二人が誘われたのは、魔法少女の部屋。 語られしは、キュゥべえに選ばれし者に与えられる資格。 魔法少女という存在、そして魔女という存在。 どんな望みをも叶えるチャンスと、その先に待つ過酷な使命。 悩む二人に、マミは「自分の魔女退治に付き合わないか」と提案をするのだった。
episode12 わたしの、最高のともだち
魔法少女まどか☆マギカ episode12 わたしの、最高のともだち 一人ワルプルギスの夜に挑み、深手を負ったほむら。 何度挑戦しても勝てないくやしさ、自分の行為がかえってまどかを苦しめることになっていたことへの絶望で、自らのソウルジェムを黒く染め上げていく。そんなほむらの前に現れた少女、鹿目まどか。まどかは、決意のまなざしでワルプルギスの夜を見据え、ほむらに言い放つ。 「叶えたい願い事をみつけたの」 魔法少女となる者の運命を全て知った彼女は、 果たして何を願い、どんな決断を下すのか?
第6話 ひよっこデザイナー誕生!
無料
放課後さいころ倶楽部 第6話 ひよっこデザイナー誕生! 翠がバイト先の『さいころ倶楽部』で自作のゲームを店長にテストプレイしてもらっていると、そこへ店長の友人で、有名なゲームデザイナーのジョージ・ペレスフォードが現れる。「俺にもプレイさせろ」と言うジョージだったが、翠は「未完成だから」と断った。すると、ジョージはそんな翠に「残念ながらそのゲームは完成することはない」と断言する。
第8話 4人めの友だち
無料
放課後さいころ倶楽部 第8話 4人めの友だち 文化祭のボードゲームカフェの参考にするために、学校の近くに新しくできたボードゲームカフェを訊ねた美姫、綾、翠の3人は、そこでドイツから来た転校生、エミーリアと出会う。ゲームを通じてすぐに仲良くなる4人。そして文化祭当日、4人がメイド姿で接客するボードゲームカフェは大繁盛するが、それを快く思わない生徒会副会長の渋沢蓮は……。
第9話 ダルマサンガコロンダ
無料
放課後さいころ倶楽部 第9話 ダルマサンガコロンダ 美姫、綾、翠と『さいころ倶楽部』でゲームをしていたエミーは、共にゲームデザイナーになろうと約束した友人をドイツに残してきてしまったことを思い出し、思わず涙する。そんなエミーを見て自分と同じ夢を持っていると知った翠は、急に態度が変わってしまう。だが翠と仲良くなりたいエミーは、みんなで“だるまさんがころんだ”がやりたいと言いだすのだが……。 (169文字)
第10話 ハッピーホーリーナイト
無料
放課後さいころ倶楽部 第10話 ハッピーホーリーナイト カメラマンをしている綾の父親、建司が二年ぶりに帰国した。綾はさぞかし喜んでいると思いきや、建司は仕事仕事でほとんど家に居らず寂しい綾。そこで美姫たちはエミーの家で行うクリスマスパーティーに招待しようと提案する。だが建司はその約束をすっかり忘れて撮影の仕事を入れてしまっていた。綾は、これまでの不満が爆発し、怒って家を飛び出してしまう。
第11話 みんなのゲーム
無料
放課後さいころ倶楽部 第11話 みんなのゲーム NYの有名ゲームデザイナー、ジョージ・ベレスフォードが開催するゲームコンペに参加することになった翠は、オリジナルゲームのワンルームを完成させることに必死になるあまり、自分を見失いかける。そこでもう一度原点に戻ろうと思い出の場所を訪れる翠。そして遂に完成したゲームを美姫、綾、エミーと4人でテストプレイすることに。果たしてその出来は……。
第12話 私たちの大好きな場所
無料
放課後さいころ倶楽部 第12話 私たちの大好きな場所 終業式の日。美姫は、綾、翠、エミーと出会えたことでとても楽しい一年間だったと振り返る。だが二年生になればクラスが変わってしまう。それが寂しくてずっとこのままでいたいと思う美姫だったが、翠も綾もエミーも将来の夢に向かって歩み始めていた。立ち止まっているのは自分だけと感じた美姫は一人取り残されたような疎外感に見舞われてしまうのだが……。
#6.5 Celebrate Good Time ~ショートストーリーズ~
ARP Backstage Pass #6.5 Celebrate Good Time ~ショートストーリーズ~ メインストーリーで描ききれなかったARP メンバーのプロフィールに隠された秘密や学園生活の日常を、ショ ートアニメでお送りするスペシャルストーリー。
#282 (韓国2019年6月16日放送) 「日常の中の物語」
無料
スーパーマンが帰ってきた #282 (韓国2019年6月16日放送) 「日常の中の物語」 【日常の中の物語】(韓国2019年6月16日放送)一人で遊んでいた"ジェムジェム"は新しいオモチャを発見するのだが、これが後に大騒動へと発展してしまう...。また、ナウンとゴヌは童話の世界のような風景が広がるスイスへ。そこへグァンヒおじさんが登場?!そして、ハミントンズは俳優のパク・ジョンチョル親子とキャンプへ。ウィリアムが豪快なモクパンを披露!
episode6 こんなの絶対おかしいよ
魔法少女まどか☆マギカ episode6 こんなの絶対おかしいよ さやかと杏子の戦闘現場に、突如現れたほむら。 戦闘の仲裁に入った彼女はさやかを一撃で気絶させ、 それを見た杏子はほむらを警戒し、その場を離脱したことにより、 戦闘は終息する。 翌日、杏子の乱入により取り逃してしまった使い魔の痕跡を探すさやかとまどか。 戦闘の痕跡が残るその現場で、杏子との平和的な解決を提案するまどかと、 命を賭けた魔法少女同士の闘いに覚悟を決めたさやか。 二人の意見は擦れ違ってしまう そんな二人のやりとりの一方、 ゲームセンターでは、とある目的のため、ほむらは杏子と接触するのだった。
episode8 あたしって、ほんとバカ
魔法少女まどか☆マギカ episode8 あたしって、ほんとバカ 自らの負傷も意に介さず、ただ目の前の魔女を切り刻むさやか。 治癒魔法のおかげで最終的には無傷で魔女に勝利するも、もはや憔悴しきった様子。 その帰り道、降り出した雨の雨宿りがてらの休憩中、憔悴しきったさやかの様子を見かねたまどかは、さやかの戦い方について、口を出してしまう。 きれいごとばかりに感じるまどかのその言葉に、さやかはついに感情を爆発させ、その場を立ち去ってしまう。 涙に暮れながら、それでも追いかけられないまどか―― 雨の中をはしりながら、自己嫌悪に悔し泣きをするさやか―― 彼女のソウルジェムは、黒く黒く濁っていくのであった。
第2話 これはゴキブリです!
無料
放課後さいころ倶楽部 第2話 これはゴキブリです! 人付き合いが苦手な武笠美姫は、ボードゲームを通じて高屋敷綾、大野翠と親しくなることができた。ある日の放課後、3人でボードゲームをしようとしていたところに、翠の幼馴染みで、綾の隣の席の田上翔太が教室の入口に…。「忘れ物を取りに来た」と説明する翔太だが、綾に誘われ、ゲームに参加することに…。張り切ってゲームに参加した翔太だったが、なぜかそわそわと落ち着きがない…。それに気がついた美姫の胸に、ある想いが湧く。「もしかしたら、田上くんて…。」