「日本 野球」の検索結果

今すぐ視聴する

第17話 「ココだけのおハナシ」
グラゼニ 第17話 「ココだけのおハナシ」 夏之介はラジオの生番組に出演したが、あがらないようにと思って放送前にお酒を飲んでいた。ところが、アルコールと極度の緊張から本番でつい日本シリーズを批判するようなことを言ってしまった。スタジオは騒然となり夏之介はパニックに陥る。実はクライマックス・シリーズのファイナルステージ、大阪テンプターズとの最終戦で、夏之介が押し出しのフォアボールを与え、チームは日本シリーズ進出を逸していたのだ。
第18話 「さびしい季節」
グラゼニ 第18話 「さびしい季節」 夏之介のチームの先輩である投手の是川が神戸の球団に移籍することになり、夏之介は憧れのユキちゃんがバイトしている定食屋で是川と別れの食事をした。ユキちゃんや客たちは甲子園球場での大阪テンプターズと所沢ジャガーズの日本シリーズ最終戦のテレビ中継を見て盛り上がっていた。夏之介の心中は複雑だったが、是川はなんとユキちゃんと甲子園の思い出話を始め、夏之介も初めてユキちゃんと口をきいた—。
第5話 ヤングジャパン
メジャー 第5シリーズ 第5話 ヤングジャパン いよいよ日本代表と若手選抜チームとの練習試合の日。佐々木監督の「この試合に勝ったら、若手選抜を日本代表の主力にする」という宣言に、気合いが入る寿也たち。吾郎も“ジャイロフォーク”という新しい武器を手に試合にのぞむ!
『ルディ 涙のウィニング・ラン』アメフトは野球に似てる!?
無料
映画好きが集まる!真夜中の映画祭 『ルディ 涙のウィニング・ラン』アメフトは野球に似てる!? Xリーグ、アサヒシルバースターのヘッドコーチであり、アメフト日本代表候補にも選出された、キャスターの有馬隼人さんと共に、映画で描かれるアメフトや青春の魅力について深掘りしていきます。
第16話 それぞれの覚悟
メジャー 第5シリーズ 第16話 それぞれの覚悟 日本対キューバの試合は、寿也の決勝打で日本が勝利した。日本代表は、アメリカ対ベネズエラ戦の勝者と決勝を戦うことになる。一方、ジュニアが息子として懸命に説得しても、日本戦のマウンドに上がり吾郎と投げ合う、という決意を変えないギブソン。思いあまったジュニアは、監督のヘリングに真実を話し、あることを頼む。
第12話 呪縛
メジャー 第5シリーズ 第12話 呪縛 ドミニカ対ベネズエラ戦を観にきた吾郎たちだったが、ドミニカのスタメンには主力選手がほとんどいなかった!体調不良の選手をベネズエラ戦で休ませ、日本戦に勝つほうが簡単と考えたらしい。日本は、ドミニカ戦に負けると、決勝リーグに進めない可能性がある。一方その翌日、清水は日本人少女の和香と知り合うが…。
第15話 アグレッシブ・ベースボール
メジャー 第5シリーズ 第15話 アグレッシブ・ベースボール 決勝トーナメント第1戦の相手はキューバ。妹の美穂と電話で話した寿也は、スタメンで出場している。キューバの先発投手は左腕のブラーボ。この大会初登板、日本チームにとっては予想外の相手だ。そして、そのブラーボは多彩なカーブを武器に日本打線にすきを見せない。日本代表はピンチに追い込まれるが…。
第23話 父の背中
メジャー 第5シリーズ 第23話 父の背中 延長16回表、ギブソンを攻める日本代表。ワンアウト3塁でバッターは寿也。だが、ギブソンは、ここで最高速のボールを投げ、意表をつく寿也の作戦を見抜き、日本の決勝点を許さない。そして、寿也の一打はピッチャー前へ…。無得点に終わった日本。吾郎は気合いを入れてマウンドに向かう。そんな中、アメリカベンチでは…!
第24話 死闘の果て
メジャー 第5シリーズ 第24話 死闘の果て 決着したワールド・カップ決勝戦。試合後、ギブソンが運ばれた病院へ向かう吾郎。ギブソンの手術成功を寿也に告げた吾郎は、日本代表チームの解散式を欠席。寿也のもとには、美穂が訪ねてきた。再会を果たした兄と妹…それを陰から見守る清水。翌朝、日本へ帰国する寿也たち。そして吾郎は…。
#19 元広島カープ達川光男/かもめんたる&ザコシネタ改造
しくじり先生 俺みたいになるな!! #19 元広島カープ達川光男/かもめんたる&ザコシネタ改造 今回は、広島カープの正捕手としてチームを日本一に導いた達川光男先生が「当たってないのに当たったフリをしちゃった先生」として登壇!達川光男先生のイメージと言えば、広島ファンならずとも「デッドボール」と答えるほど、そのイメージが強い珍しいタイプのプロ野球選手。しかし、なぜデッドボールに当たったフリをするようになったのか?実はそこには達川先生なりのちゃんと理由があったのです。達川先生がプロ野球人生から学んだ教訓と共に、デッドボールに隠された真実を全て語ります! AbemaTV限定企画は、お笑い研究部の第3弾。テーマは「子どもウケしないを考える」。 いまいち子どもウケしない芸人が登場しネタを披露。そのネタを見て「どうすれば子どもにウケるネタになるのか?」を若林や吉村らと考えネタを改善していく。
釣り人・攝津 エースの底力! 伊万里湾のボートエギング(2019年6月29日放送)
無料
ルアーパラダイス九州 釣り人・攝津 エースの底力! 伊万里湾のボートエギング(2019年6月29日放送) 今回はスペシャルゲストとしてソフトバンクホークス元エースの攝津正さんが登場します。プロ野球史上初めて最優秀中継ぎ投手と沢村賞のタイトルを獲得し、5年連続開幕投手、日本一の胴上げ投手など輝かしい経歴の攝津さんですが、実は釣りの腕前もエース級という噂が。ルアースタジアムの後藤店長ととともに伊万里湾のボートエギングに挑んだところ、噂は事実であることを証明。しかもロケ中に自己記録を更新!
第2話 二人の温度差
メジャー 第5シリーズ 第2話 二人の温度差 吾郎は清水の約束をすっぽかした。清水が自分に友情以上の気持ちをもっていることに気づいた吾郎は、日本代表チームの練習相手となる若手選抜に、自分が参加できなくなったと知っても上の空。翌日、聖秀高校でトレーニングをしていた吾郎の元へ、意外な人物が訪れアドバイスを与えるが、吾郎がとった行動は…。
第3話 代表集結!
メジャー 第5シリーズ 第3話 代表集結! 出会いから10年。ついに吾郎は清水に告白する。時を同じくして、日本代表チームの合宿にバッティングピッチャーとして乗り込む決意をしていた吾郎。寿也と約束のトレーニングに出かけようとすると、家まで会いにきた清水とばったり。先約があると知りがっかりする清水だが、吾郎に「いっしょに行くか?」と誘われて…。
第6話 無欲の直球(ストレート)
メジャー 第5シリーズ 第6話 無欲の直球(ストレート) 日本代表との練習試合に登板した吾郎。寿也が自分の投球を信じないことにいらだち、寿也の要求とは逆コースの球を投げる。寿也も、そんな吾郎の態度に腹を立て、バッテリーの息はまったく合わない。だが、そんな2人を見ていた薬師寺の発したひとことが、寿也の気持ちを切り替える。そして、バッテリーに変化が…。
第8話 それぞれの思い
メジャー 第5シリーズ 第8話 それぞれの思い 突然の招集を受けた吾郎に置いてかれた清水。吾郎からの連絡を受け、急いでロスへと向かう。そのころ、吾郎が代表チームに参加するというニュースは、日本にも伝わっていた。大河、藤井、田代、小森…各人が、それぞれの思いでこのニュースを受けとめる。そして、いよいよワールド・カップの二次リーグが開幕する!
第9話 重圧と真価
メジャー 第5シリーズ 第9話 重圧と真価 初戦の対戦相手、ベネズエラ代表のシルヴァに偶然空港で出会い、挑発された吾郎。投球練習にも、おのずと力が入る。佐々木監督は寿也に「6番・DH」での先発出場を伝える。一方、ベネズエラの先発がサンチェスだと知って驚く吾郎。ベネズエラは、日本チームの実力を低く見積もり、エースのモンタナを温存してきたのだ。
第11話 男じゃねぇ!!
メジャー 第5シリーズ 第11話 男じゃねぇ!! 日本代表のミーティング中、クローザーの天童がベネズエラ戦の投手起用を批判した。好投を否定された吾郎も怒り出す。その場はおさめた佐々木監督だが、次の韓国戦では吾郎をクローザーにし、天童は中継ぎとして使うことを決断。それを知り衝撃を受ける天童。一方の吾郎は、大役を任せられたと燃えあがる。
第21話 自分自身のため
メジャー 第5シリーズ 第21話 自分自身のため 8回裏、ジュニアのツーランで逆転されてしまった日本代表チーム。決勝のマウンドを甘く考えていたことを悔いる吾郎は、続くアレックスにもツーベースを打たれてしまう。だが、マウンドに集まった寿也とナインの言葉を聞いて、後続をおさえる吾郎。9回表、アメリカはクローザーのハフマンを登板させるが…。
第22話 終わらない夢
メジャー 第5シリーズ 第22話 終わらない夢 10回表、自らマウンドに立ったギブソン。少年時代の約束をついに実現した、吾郎の心のうちは…。日本とアメリカ、どちらも引けない真っ向勝負。寿也は吾郎のため、ジュニアは父のため、自分のバットで試合に決着をつけようと打席に立つが…11、12、13回…延長は、2人の白熱した投手戦が続く展開に!
第4話 試行錯誤
メジャー 第5シリーズ 第4話 試行錯誤 京四郎との勝負で簡単に打たれ、ショックを受けた吾郎は変化球をおぼえる決心をするが、サウスポーになって以来、投げたくてもおぼえられない理由があった。かつて横浜リトル戦で強力な武器になったチェンジアップを練習してみても、うまく投げられない吾郎…。そんなとき、根本は吾郎に謎めいたアドバイスをする。
第7話 突然の通達
メジャー 第5シリーズ 第7話 突然の通達 自分もアメリカに行くと宣言し、清水は吾郎がメジャー昇格をかけてキャンプをしているフロリダまで単身やってきた。ところが、レンタカーでキャンプ地への移動中、車が故障してしまう。あたりに何もない場所で、清水は助けを求めて歩き始める…。そして、やっとのことで出会えた清水に対する吾郎の態度は…!?
第10話 磨かれた牙
メジャー 第5シリーズ 第10話 磨かれた牙 ワールド・カップ、対ベネズエラ戦。6回裏のピンチで初登板した吾郎は、いきなりシルヴァと対戦。初球から敵にダブルスチールを許し、集中力を欠く寿也に「しっかりしろ!」と活を入れる吾郎。そして立ち直った寿也と吾郎のバッテリーは、「あの球」を使う。予断を許さぬ展開に対し、佐々木監督の采配は…!?
第14話 大丈夫!
メジャー 第5シリーズ 第14話 大丈夫! 自分は寿也の妹であること、そして、アメリカに来た本当の理由を清水に告げた美穂。だが「まだ兄に会うことはできない」という。一方吾郎は、決勝トーナメント応援のためにアメリカにやってきた桃子と真吾を迎えに行く。もっとも、真吾がついてきた目的は、どうやらほかにあるらしく…。
第17話 アメリカの誇り
メジャー 第5シリーズ 第17話 アメリカの誇り アメリカ対ベネズエラ戦の終盤。このままではアメリカが負けるかという場面で、ギブソンが突然の登板。ギブソンの病気を知る監督はピッチャー交代をためらうが、ジュニアが「投げさせてやってほしい」という。彼は、体への負担が少ないこの場面を、父の花道にしてやりたいと考えていたのだった。
第18話 約束の場所へ
メジャー 第5シリーズ 第18話 約束の場所へ ギブソンが倒れたとの知らせを聞いて病院に駆けつけた吾郎に、ジュニアは「親父が会いたがっている」と伝える。吾郎とギブソンは、数年ぶりに直接話をすることに。弱気なギブソンを見て、驚く吾郎。その吾郎に、ギブソンは「自分が今まで投げ続けてきた理由」を話すのだった。 そして、いよいよ決勝の日の朝がきた…!
第25話 未来へ
無料
メジャー 第6シリーズ 第25話 未来へ ソフィアの厳しい管理のもとでリハビリを続けた吾郎に、ようやく日本への帰国許可が出た。来年こそワールドチャンピオンになると誓い、アメリカを去る吾郎。 帰国当日、さっそく吾郎に会いたいと自宅を訪ねた清水であったが、吾郎にも隠して日本へやって来たソフィアの姿を目の前にして動転してしまい…。
第7話 度胸満点!
メジャー 第4シリーズ 第7話 度胸満点! クーガースを解雇され、テネシー州メンフィスにやって来た吾郎。空港で若い日本人女性とぶつかり、ひと揉めする隙にまた置き引きにあい、野球道具と紹介状を失ってしまう。気を取り直し、トライアウトを受けに3Aチーム、メンフィス・バッツのオフィスへ行った吾郎。そこではち合わせたのは、なんと先程揉めた女性だった!
第10話 無理じゃねえ
メジャー 第4シリーズ 第10話 無理じゃねえ オープン戦の終盤、快調に登板を重ねていく吾郎。英語もずいぶん上達している。そのころ日本では、高校の卒業式が…。海堂高校では、寿也たちプロへ進んだ選手がマスコミの注目を浴びる一方、吾郎不在の聖秀高校では、清水がソフト部の後輩たちに送られ、野球部では大河が田代や藤井たちを送り出しそれぞれの道へ…。
第12話 嘘つき!
メジャー 第4シリーズ 第12話 嘘つき! メンフィス・バッツは遠征12連戦で9勝3敗で東地区2位に。吾郎とサンダースが始めた意識改革も、選手たちに伝わりはじめた。同じころ日本では、小森が大学の野球部で練習に汗を流していた。だが、1年生の小森は球拾いばかり。ただ、155キロの速球で昨夏の甲子園をわかせたピッチャー・武内は別格の扱いだった…。
第23話 もう一つの決戦
メジャー 第4シリーズ 第23話 もう一つの決戦 吾郎とギブソン・ジュニアが、再戦を約束していた同じころ。日本のプロ野球は、ウォリアーズが優勝に王手をかけていた。だが、ここへきてブルーオーシャンズ3連戦に連敗。3戦目に本拠地での胴上げをかけることになった。オーシャンズの先発投手は、眉村。この試合には寿也と眉村の新人王争いもかかっていた!