「日産 不正」の検索結果

今すぐ視聴する

後任人事巡り ルノー会長「日産会長にはならない」
無料
経済ニュース 後任人事巡り ルノー会長「日産会長にはならない」  ゴーン体制からの脱却が進んでいます。カルロス・ゴーン被告の後任人事で日産と対立していたフランスのルノーは、日産の会長ポストを求めない考えを示しました。  ルノー、スナール会長:「私は日産の会長になろうとは思っていない。(日産の)取締役会副議長の候補には適していると思う」  日産自動車・西川廣人社長:「ルノーの会長が日産の会長を務めることをあえて求めない姿勢を持って頂いた」  ゴーン被告の逮捕後、日産は空席となった会長ポストを巡ってルノーとの対立が続いていました。西川社長は12日、ルノーのスナール会長を新たに取締役会の副議長として迎える一方、ルノー側が日産の会長ポストを求めないことを明らかにしました。また、ゴーン被告への不透明な報酬など不正の温床とされる統括会社に代わる新たな組織を設立する方針で、ゴーン体制からの脱却を鮮明にしています。
ゴーン被告出席できず…日産取締役会で新体制構築へ
無料
経済ニュース ゴーン被告出席できず…日産取締役会で新体制構築へ  カルロス・ゴーン被告が会長を務めていた日産自動車は12日に取締役会を開き、終了後にはルノー、日産、三菱の3社のトップがそろって会見する予定です。  (経済部・平元真太郎記者報告)  保釈されたゴーン被告から具体的な発信がないなか、3社連合は着々と“脱ゴーン”体制を固めています。  日産自動車・西川廣人社長:「次のステップに向かって大きな一歩ですから、きちんとやりたいと思います」  日産は午後にゴーン被告を排除した形で取締役会を開きます。不透明な報酬など不正の温床となった統括会社を廃止する見通しです。そして、3社連合の新たな組織を立ち上げ、ゴーン被告に集中していた権限を3社のトップが共有する形にするということです。午後4時半からはゴーン被告の逮捕後、初めて3社のトップがそろって会見を開きます。関係者は「ゴーン被告が会見を行う前に協力体制を固めることに意味合いがある」としています。ゴーン被告は取締役会への出席を希望するなど存在をアピールしていますが、日産は12日の会見で決別を印象付けたい考えです。
日産・ルノー・三菱自動車 3社トップ初の記者会見
無料
経済ニュース 日産・ルノー・三菱自動車 3社トップ初の記者会見  ゴーン被告の事件後、日産・ルノー・三菱自動車の3社のトップが初めての共同記者会見を開いています。ゴーン被告の去った後、新たな組織を立ち上げて提携を強化します。  日産自動車・西川廣人社長:「非常にアライアンスにとって大きな新しいステップであると思っています」  3社は自動車の開発や部品の調達で提携を強化する新たな組織を立ち上げると発表しました。この組織がゴーン被告への不透明な報酬など不正の温床とされていた統括会社に代わる唯一の組織になるということです。これは、日産の西川社長がゴーン被告の事件が起きた原因としていた「ゴーン被告に集中しすぎていた権限」の見直しについて、3社が一致した形です。
ゴーン体制との決別!?日仏連合が提携強化で新組織
無料
社会ニュース ゴーン体制との決別!?日仏連合が提携強化で新組織  12日はカルロス・ゴーン被告の逮捕後、初めて日産、ルノー、三菱の3社がそろって会見を行いました。  朝、今後の対応を話し合うために弘中弁護士の事務所を訪れたゴーン被告。無言のまま事務所へと姿を消しました。ゴーン被告は12日に日産本社で行われた取締役会に出席を希望していましたが、東京地裁は証拠隠滅につながるとして出席を認めませんでした。  共同通信によりますと、アメリカの代理人を通じて「失望した」とする声明を発表。「根拠のない疑い」により、過去20年間にわたって仕えてきた会社のために自分のアイデアや見方を生かすことができないのは「不幸だ」と報じました。  こうしたなか、午後4時半に日産、ルノー、三菱自動車のトップが共同会見を行いました。ゴーン被告に権限が集中していた体制を改めるため、3社による新たな組織を立ち上げて提携を強化すると発表。「脱ゴーン路線」をアピールしました。しかし、ルノーの筆頭株主であるフランス政府はルノーと日産の経営統合を目論んでいる状況は変わっていません。一方、フランスの地元メディアは、ゴーン被告の結婚式にルノーの資金が流用された疑惑についてフランスの検察当局が予備的な捜査を始めたと報じました。2016年、ベルサイユ宮殿で開かれた披露宴。実際には620万円の料金がかかりましたが、ゴーン被告はルノーが文化支援事業で宮殿に資金提供した見返りとして無料で使用していました。ルノーはこれを不正流用だとして先月、当局に通報。今後、汚職や脱税などを担当する機関が詳しく調べ…
ゴーン被告 結婚式費流用疑惑 仏検察が予備捜査
無料
国際ニュース ゴーン被告 結婚式費流用疑惑 仏検察が予備捜査  日産の前会長、カルロス・ゴーン被告の結婚式にルノーの資金が流用された疑惑について、フランスの検察当局が予備的な捜査を始めたと地元メディアが報じました。  ゴーン被告は2016年にベルサイユ宮殿で結婚披露宴を開きましたが、その利用料はルノーが文化支援事業でベルサイユ宮殿に資金を提供した見返りとして無料になっていたことが社内調査で発覚しました。これを受けてルノーは先月、ゴーン被告による不正流用だとして当局に通報していました。AFP通信によりますと、地元検察が予備的な捜査を始め、今後、汚職や脱税などを担当する機関が詳しく調べるということです。

おすすめの作品

自動車生産量は英国最大 “日産の町”人々の不安
無料
国際ニュース 自動車生産量は英国最大 “日産の町”人々の不安  イギリスのEU(ヨーロッパ連合)離脱を巡る交渉に進展が見られないなか、日産の工場があるイギリス中部の町・サンダーランドでは、住民たちの間に不安が広がっています。  EU離脱に反対するグループが主催した集会には、日産の元従業員や地元企業の経営者など約50人が参加しました。サンダーランドにはイギリス国内で最大の自動車生産量を誇る日産の工場があり、雇用や地元経済を支えています。  日産元従業員、スティーブ・フランスさん:「サンダーランドはすでに炭鉱や造船を失った。日産まで失うわけにはいかない」  3年前の国民投票で6割以上の有権者がEU離脱を支持したサンダーランドですが、混迷するEU離脱の交渉で相次ぐ日本や外国企業の海外移転を目の当たりにし、人々の考えが変わり始めています。
取締役会 日産が猛反対 地裁は認めず 弁護士は…
無料
社会ニュース 取締役会 日産が猛反対 地裁は認めず 弁護士は…  カルロス・ゴーン被告の取締役会への出席希望に対し、日産が猛反対しました。  弘中惇一郎弁護士:「(日産の方から)絶対に来てもらっては困る、出席不可という意見書を検察官に出された」  ゴーン被告を巡っては、12日に行われる日産の取締役会への出席を希望していましたが、東京地裁は出席を認めませんでした。これを受け、ゴーン被告側は地裁の判断に対して異議を申し立てました。また、弘中弁護士は、日産が提出した意見書について「ゴーン被告が来ることで、圧迫されて議論しにくくなる」「出席することで証拠隠滅の恐れがある」などの内容だったと明らかにしました。
東京地裁 日産取締役会にゴーン被告の出席認めず
無料
社会ニュース 東京地裁 日産取締役会にゴーン被告の出席認めず  日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(65)について、東京地裁は12日に行われる日産自動車の取締役会への出席を認めませんでした。また、ゴーン被告側の準抗告も退けました。  ゴーン被告は今も日産の取締役の立場にあり、「取締役としての義務がある」として、12日に行われる取締役会への出席を希望し、東京地裁に許可を求めていました。しかし、東京地裁は11日、ゴーン被告の出席を認めませんでした。ゴーン被告側は裁判所の判断を不服として準抗告しましたが、これも退けられました。弁護人の弘中惇一郎弁護士は、日産が検察側に提出した意見書について「ゴーン被告が取締役会に来ることで、圧迫されて議論がしにくくなる」などの内容だったと明らかにしました。
日産・三菱自 新型軽の記念式典
無料
経済ニュース 日産・三菱自 新型軽の記念式典  カルロス・ゴーン被告が会長を務めていた日産自動車と三菱自動車は、共同で開発・生産した新型軽自動車の記念式典を公開しました。  三菱自動車・益子修会長:「日産と三菱のアライアンスが順調にここまで進んできているなと改めて実感している」  日産自動車・星野朝子専務:「新しい時代にふさわしい日本を盛り上げる、そういう軽(自動車)に仕上がっていると思います」  新型車には、軽自動車で初めて車線の中央を走行するようにハンドル操作を支援するシステムなどが搭載されます。今週、提携を組むルノー、日産、三菱のトップがゴーン被告の逮捕後に初の共同会見を開いたことに続き、社内向けのイベントである式典を公開することで改めて「脱ゴーン体制」をアピールした形です。
“ゴーン体制”脱却で合意 3社で新組織立ち上げへ
無料
経済ニュース “ゴーン体制”脱却で合意 3社で新組織立ち上げへ  フランスでも捜査のメスが入ったと報じているということですが、ゴーン被告が逮捕されて初めて開かれているルノー・日産・三菱自動車の3社トップの会見は今も続いています。日産本社前から報告です。  (経済部・平元真太郎記者報告)  12日午後4時半から始まった会見は国内外から200人近くの記者が詰め掛け、今もまだ続いています。  ルノー、スナール会長:「我々はアライアンスを監督する唯一のボードを新しく設立する」  3社は権限がゴーン被告に集中していたという体制を見直して3社のトップが権限を共有する新たな組織を立ち上げるということを発表しました。  (Q.具体的な内容は?)  この会見は、日産にとって12日の会見の場というのは逮捕後、しばらくゴーン被告寄りだったルノーと足並みをそろえて脱ゴーン路線をアピールする格好の場となりました。そして、その内容は、ルノーの筆頭株主であるフランス政府が今、ルノーと日産の経営統合を目論んでいる状況は変わっていません。そんななか、ルノーのスナール会長は会見のなかで経営統合自体を否定はしませんでした。また、日産の会長人事については「日産の会長になろうとは思わない」としましたが、3社連合の新たな組織の議長ポストはおさえています。3社連合の新しい組織が経営統合に向けた足掛かりとなるというリスクは否定できず、笑顔の裏で駆け引きが続いています。
不安広がる“日産の街” 英EU離脱混迷で鉄道混乱
無料
国際ニュース 不安広がる“日産の街” 英EU離脱混迷で鉄道混乱  日産の工場があるイギリス中部の町・サンダーランドでは、EU(ヨーロッパ連合)離脱に反対するグループが主催した集会が開かれ、地元企業の経営者など約50人が参加しました。混迷するEU離脱の交渉に住民の不安が広がっています。  日産元従業員、スティーブ・フランスさん:「サンダーランドはすでに炭鉱や造船を失った。日産まで失うわけにはいかない」  また、フランスでは、税関職員が離脱が決まった場合に厳しくなる審査への当局の対応が不十分だとしてストライキを決行しました。これにより、イギリスとヨーロッパ大陸を結ぶ国際列車「ユーロスター」では11日、大幅な遅れや運休が相次ぎました。
ゴーン被告の日産取締役会の出席認めず 東京地裁
無料
社会ニュース ゴーン被告の日産取締役会の出席認めず 東京地裁  取締役会への出席は認められませんでした。  カルロス・ゴーン被告の弁護人の弘中惇一郎弁護士は、ゴーン被告が12日の日産の取締役会への出席を希望していて、東京地裁に対して出席の許可を求めたことを明らかにしていました。東京地裁は出席を認めませんでした。ゴーン被告は保釈の条件で事件関係者との接触が禁止されていて、東京地検は出席に反対する意見書を提出していたとみられます。取締役会は12日夕方から日産本社で開かれる予定です。
転職したアシックス社員 企業秘密を不正持ち出しか
無料
社会ニュース 転職したアシックス社員 企業秘密を不正持ち出しか  神戸市に本社があるスポーツ用品大手「アシックス」の元社員が転職前に製品データを不正に持ち出した疑いで、警察に逮捕されました。  不正競争防止法違反の疑いで逮捕されたアシックス元社員の石黒浩司容疑者(31)は去年3月から5月にかけ、社内の秘密情報である開発中のシューズの画像や品質データなど約3万6000件を自身の私用のメールアドレスに送信し、不正に入手した疑いが持たれています。石黒容疑者は2014年から4年間、シューズの品質管理を担っていて、去年6月に同業他社に転職したということです。調べに対して「退職に際して自分の役に立つと思った」と容疑を認めていて、警察はデータの流出がなかったか捜査を進めています。
ウソ申請で在留資格を不正変更か 行政書士の男逮捕
無料
社会ニュース ウソ申請で在留資格を不正変更か 行政書士の男逮捕  嘘の申請をしてフィリピン人の女の在留資格を不正に変更した疑いです。  行政書士の芳谷大介容疑者(60)は去年5月、フィリピン人のデラペナ・ジェニファー・ガピ容疑者(25)の在留資格について、東京入国管理局に嘘の申請をして不正に変更した疑いが持たれています。警視庁によりますと、在留資格の更新ができず、出国準備中だったデラペナ容疑者が通訳などの仕事をすると芳谷容疑者が嘘の申請をしていました。取り調べに対し、2人は容疑を認めています。芳谷容疑者は他にも数十人の外国人の嘘の申請をしていたとみられ、警視庁が調べています。
スルガ銀行不正融資問題 社長に565億円の賠償提訴
無料
社会ニュース スルガ銀行不正融資問題 社長に565億円の賠償提訴  シェアハウスを巡るスルガ銀行の不正融資問題を巡り、現在の有国三知男社長に対して総額565億円の賠償を求める株主代表訴訟が提訴されました。  静岡地裁に提訴したのはシェアハウスに投資したスルガ銀行の株主6人で、有国社長に対して総額約565億円の損害賠償を求めています。スルガ銀行は一連の不正融資を巡り、すでに銀行に多額の損失を与えたとして創業家の岡野光喜前会長ら当時の経営陣9人に対して総額35億円の賠償を求める訴訟を起こしていますが、被害弁護団はこの訴訟では有国社長が対象に含まれておらず、責任追及が必要だと判断、株主代表訴訟に踏み切りました。