「日産 西川 ゴーン」の検索結果

「日産 西川 ゴーン」に関する情報は見つかりませんでした。
「日産」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

日産フェアレディZの海外モデル
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ 日産フェアレディZの海外モデル マイクが買おうとしているのは日産フェアレディZの海外モデル「ダットサン240Z」。いい車だが、現在出回っているのはサビだらけで、いいコンディションのものはかなり値が張ってしまう。マイクは予算内で見つけるが、エンジンから異音が...。あとはエドの腕を信じるしかない。
SUBARUも工場停止 全大手の国内生産が止まる事態に
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 SUBARUも工場停止 全大手の国内生産が止まる事態に  新型コロナの感染拡大で日本の大手自動車会社すべての国内生産が止まります。  「SUBARU」は群馬県にある工場の操業を今月11日から来月1日まで停止すると発表しました。生産停止が続くアメリカと合わせてすべての工場が止まり、7万台を超える生産に影響が出ます。新型コロナウイルスの広がりで部品の供給が滞っていることや世界的に需要が減少する見込みのため生産台数を調整します。これにより、「トヨタ」や「ホンダ」「日産」などを含めた日本の自動車大手8社すべてが国内生産を一時ストップする異例の事態となります。
#38『人々の健康意識を変えた!脂肪の吸収を抑える烏龍茶』サントリー食品:平岡雅文
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #38『人々の健康意識を変えた!脂肪の吸収を抑える烏龍茶』サントリー食品:平岡雅文 今では、スーパーだけでなくコンビニエンスストアや居酒屋などのドリンクメニューとしても見かける黒烏龍茶。 その開発は、脂肪吸収を抑制してくれる、ある成分を発見したことがきっかけでした。 ところが「この成分を用いたトクホ食品を作る!」と意気込んだものの、その開発の進行を阻む大きな問題が立ちはだかります。完成にかかった年月は4年。 その開発秘話と食品のイメージとして避けられがちな”黒”を押し出した異例の販促戦略と共に伺いました。 【提供】日産自動車
#33『読書のカタチを変えた!“紙の本を電子化“する電子書籍』パピレス:松井康子
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #33『読書のカタチを変えた!“紙の本を電子化“する電子書籍』パピレス:松井康子 スマホやPCがあれば、あらゆる本を読むことができる電子書籍。 そのサービスを20年以上前から展開してきたパイオニアが、 松井さんが社長を務めるパピレスです。 サービス開始は、インターネット黎明期の1995年。 紙の本を電子化してネットに掲載するという新たな試み... しかし当時は、出版社にも原作者にも当時はまったく理解されず、作品を使用する許諾がなかなか得られなかったといいます。 それがいまや、会員数500万人以上、販売数は1億冊を超えるまでに成長。 今回は、その苦難の道のりと、電子書籍が変えた読書のカタチについて、松井さんに伺いました。 【提供】日産自動車
#37『首都圏の水害対策を変えた!街を洪水から守る調整池』国交省江戸川河川事務所:高橋正樹
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #37『首都圏の水害対策を変えた!街を洪水から守る調整池』国交省江戸川河川事務所:高橋正樹 埼玉県にできた首都圏外郭放水路は、長さ約6.3キロなど世界最大級の規模を誇ります。 その誕生には、地形的な要因でたびたび大きな水害に見舞われてきたという周辺地域が抱える問題がありました。 この施設の完成によって地域の浸水被害は100分の1以下に軽減したといいます(降雨量が同規模の場合)。 そこには、職員たちによる現代の気象環境の変化に対応するための努力、そして苦労がありました。 今回は高橋正樹さんに、首都圏外郭放水路がどういったメカニズムで私たちの暮らしを守っているのか、そして水害対策のこれからについても聞きました。 【提供】日産自動車
#50『食品の保存方法を変えた!劣化を防ぐ食品用ラップ』クレハ:関 孝幸
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #50『食品の保存方法を変えた!劣化を防ぐ食品用ラップ』クレハ:関 孝幸 調理の際に余った食材や、食べ残してしまった料理は、放っておくと乾燥や酸化が進み劣化していきます。 そんな現象を防いでくれるのが、「食品用ラップ」です。 その誕生は意外に古く、1960年のこと。それまでなかった“ラップで包みこんで保存する”という考え方は当初、なかなかくらしに浸透せず、売れ行きは全く伸びなかったといいます。 追い風となったのは、冷蔵庫や電子レンジなどの普及。私たちの食卓事情が変化したことでニーズが高まり、日本中の家庭に広まりました。 販売から60年が経ついまも、様々な改良が加えられ、進化し続ける「食品用ラップ」。 今回は、その開発秘話を関さんに伺いました。 【提供】日産自動車
#53『トイレ文化を変えた!“世界中から注目”温水洗浄便座』TOTO:宮副 琢
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #53『トイレ文化を変えた!“世界中から注目”温水洗浄便座』TOTO:宮副 琢 用を足した後のお尻ケアといえば、かつては紙で拭くだけでした。 そこに、スイッチひとつで“洗い流す”という、新たな習慣として定着したのが「温水洗浄便座」です。 もともとは、1960年代のアメリカで誕生した「温水洗浄便座」。 日本の市場で売り出すには、ある問題を解決することが不可欠でした。 その他にも噴射角度や、温水を当てる位置など、試行錯誤を繰り返したといいます。 ところが、製品が完成したのち、いざ販売という段階で、またしても課題が... いまや私たちのくらしにすっかり定着し、海外からアツイ視線が注がれている「温水洗浄便座」。 その開発秘話と苦難の道のりを伺いました。 【提供】日産自動車
#22 『郵便物の受け取り方を変えた!“留守でも安心”宅配ボックス』フルタイムシステム:原幸一郎
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #22 『郵便物の受け取り方を変えた!“留守でも安心”宅配ボックス』フルタイムシステム:原幸一郎 住人が留守でも宅配便や郵便物の受け取りを代行してくれる宅配ボックス。 仕事で帰宅が遅い人や、ネット通販のヘビーユーザーなどにニーズが高まっていて、 日本の新築マンションのほぼ全てに設置されるようになりました。 1980年代半ば、日本で初めて宅配ボックスを実用化したのが原幸一郎さんです。 マンションの管理会社を経営していたとき、 宅配物にまつわるトラブルが頻発したことがきっかけだったといいます。 今でこそ当たり前に設置されるようになった宅配ボックスですが、 実は開発当初から数年は見向きもされなかったといいます。 その苦境をどう乗り越えてきたのか、 そして宅配ボックスが私たちの暮らしにもたらす更なる効果を原さんに伺いました。 【提供】日産自動車
#23『食卓の彩りを変えた!“お湯を注ぐだけ”フリーズドライ』アサヒグループ食品:島村雅人
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #23『食卓の彩りを変えた!“お湯を注ぐだけ”フリーズドライ』アサヒグループ食品:島村雅人 お湯をかけるだけですぐに完成し、作りたての美味しさを味わうことができるフリーズドライ。 味噌汁や卵スープなどの汁物に限らず、 パスタにカツカレーまでもが簡単に作れてしまいます。 開発に人生を捧げ、“ミスター・フリーズドライ”とまで呼ばれるようになったのが島村雅人さんです。 食材単体をフリーズドライ化したものはありましたが、 ある問題を抱えていたため調理品には適さないと考えられていました。 それでも、常識を打ち破る挑戦を続け、 ついに調理品のフリーズドライ化に成功した島村さん。 いまや家庭の食卓だけでなく、 お弁当のお供にも定番となったフリーズドライ。 開発にかける情熱や秘話を島村さんに伺いました。 【提供】日産自動車
#26『ティッシュペーパーの価値観を変えた!肌を優しく守る保湿ティッシュ』王子ネピア:酒井亜紀
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #26『ティッシュペーパーの価値観を変えた!肌を優しく守る保湿ティッシュ』王子ネピア:酒井亜紀 花粉や風邪の季節に重宝するティッシュペーパーですが、 使いすぎると鼻が赤くなったり、ヒリヒリしてしまうことも... そんな悩みを解消したのが保湿ティッシュ・鼻セレブです。 クリーム成分が含まれるなど、 普通のティッシュにはない優しい肌触りが人気の鼻セレブ。 しかし、1996年に前身の商品を発売した時には、 あまり注目されなかったといいます。 それでも、開発チームには商品への揺るぎない自信がありました。 そんな彼らだからこそ抱いた強い思い...「ひとりでも多くの人に使ってもらいたい!」。 その思いの先に、どのような"変える物語”があったのでしょう。 今回は、かつての10倍以上を売り上げるヒット商品となった鼻セレブの誕生秘話について、 酒井さんに伺いました。 【提供】日産自動車
#27『作業着への先入観を変えた!世界初のスーツ型作業着』オアシススタイルウェア:中村有沙
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #27『作業着への先入観を変えた!世界初のスーツ型作業着』オアシススタイルウェア:中村有沙 工事現場などで用いられる作業着ですが、 スーツ着用で臨む営業などの場には相応しくないとされてきました。 その考えを一変させたのが、 スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」です。 そもそもは、水道メンテナンス事業を行う親会社の10周年記念事業がきっかけでした。 作業着で働く人の意識を向上させ、なおかつ若い働き手が増えるような、 おしゃれでかっこいい作業着がほしいという声が上がり、自社で開発することに。 しかし、デザインのノウハウもなく、実現までの道のりは困難を極めたといいます。 いまやビジネスファッションに新たな選択肢を示しているワークウェアスーツ、 その開発秘話を中村さんに伺いました。 【提供】日産自動車
#29『身の回りの臭いケアを変えた!除菌もできる消臭スプレー』P&G:木村篤子
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #29『身の回りの臭いケアを変えた!除菌もできる消臭スプレー』P&G:木村篤子 ソファやカーテンといった布製品は普段なかなか洗うことができず、 気づけば嫌な臭いが溜まってしまうことも...。 そんな悩みに答えたのが、消臭除菌スプレー・ファブリーズです。 もともとアメリカで販売されていたこの商品。 日本に持ち込んだ当初は、“汚れ・臭いは洗って落とす”習慣が根付く日本人になかなか受け入れられず、売れ行きは伸びなかったといいます。 しかし、試行錯誤を繰り返して改良を重ねた結果、 いまやどの家庭でも使われる必須アイテムにまで成長しました。 今回は、P&G随一ともいえる“臭いを嗅ぎ分けるスペシャリスト”で、 ファブリーズの品質を支える木村さんに、 大ヒット商品になるまでの道のりや、消臭のメカニズムについて伺いました。 【提供】日産自動車
#30『日々の買い物を変えた!無料チラシアプリ』ロコガイド:沖本裕一郎
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #30『日々の買い物を変えた!無料チラシアプリ』ロコガイド:沖本裕一郎 スーパーなどのお買い得情報が載っている新聞の折込チラシ。 日々の買い物の必需品でしたが、 ライフスタイルの変化に伴い新聞自体を購読しない家庭が増えています。 そんな中、新たに生まれたのが無料チラシアプリ「トクバイ」です。 特売品の掲載だけでなく、タイムサービスなどの情報もスマホでリアルタイムに得ることができる「トクバイ」。 いまや5万店以上にのぼる提携スーパーの情報が掲載されていますが、 サービス開始当初は、なかなかアプリのメリットを店舗側に理解してもらえず、 掲載を断られ続けたといいます。 いくつもの壁を乗り越えながら、サービスを成長させてきた沖本さんに今回、 その苦悩の道のりや、「トクバイ」が私たちのくらしをどう豊かに変えたのかを伺いました。 【提供】日産自動車
#40『料理の注文方法を変えた!声かけ不要の呼び出しベル』パシフィック湘南 佐々耕三
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #40『料理の注文方法を変えた!声かけ不要の呼び出しベル』パシフィック湘南 佐々耕三 ボタンを押すだけで店員を呼ぶことができる呼び出しベル。 声をかけたのに気づいてもらえないといった客の不満を解消する、 いまや外食産業においてなくてはならない存在です。 佐々さんがこのベルの利便性に気づき、会社を創業したのは1980年代のこと。 早速ベルの営業に回りますが、当初はまったく見向きもされませんでした。 どうすればお店に置いてもらえるか、そこで思いついたあるサービスがきっかけで、販売数は劇的に上がったのです。 今では「離れている人を呼ぶ」アイテムとして、工場や医療関係の施設など利用される幅が広がってきた「呼び出しベル」。 今回は佐々耕三さんに、創業時の苦労やターニングポイント、そして呼び出しベルの未来についてお聞きしました。 【提供】日産自動車
#41『洗濯のタイミングを変えた!生乾き臭のしない部屋干し用洗剤』ライオン:河野洋一郎
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #41『洗濯のタイミングを変えた!生乾き臭のしない部屋干し用洗剤』ライオン:河野洋一郎 洗濯の際に私たちを悩ませるのが、雨の日、室内で干した洗濯物に残る“生乾き臭”です。 2001年に、その悩みを解消してくれる画期的な商品が誕生しました。 生乾き臭を抑える「部屋干し用洗剤」です。 誕生の約1年半前にスタートした洗剤の研究開発。 “あの臭いを気にせずに部屋干しできる、これまでにない洗剤を作る!”。 河野さんのチームは、その強い思いを糧に生乾きによる嫌な臭いに立ち向かっていくのですが、 それは同時に不快な臭いを嗅ぎ続けなければならない、大変過酷な日々でした。 今回は河野洋一郎さんに、研究開発における苦労の数々に加えて販売後の驚くべき反響、 そして洗濯用洗剤のこれからについてお聞きしました。 【提供】日産自動車
#42『ガムの役割を変えた!歯の健康を支えるキシリトールガム』ロッテ チューイング企画室:小川貴昭
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #42『ガムの役割を変えた!歯の健康を支えるキシリトールガム』ロッテ チューイング企画室:小川貴昭 砂糖を多く含んでむし歯の原因になるとされてきたガム。 しかし、そのイメージを一変させるものが登場しました。それが、キシリトール入りのガムです。 キシリトールとはシラカバなどから作られる甘味料で、むし歯の原因となる酸を作らせず歯を丈夫で健康に保つという優れもの。これを配合したガムがあれば、むし歯に困っている人々を助けられる!という思いとともに研究がスタートしたのは1970年代です。それから20年以上を経て1997年に誕生しました。 製品化を阻んだのは何だったのでしょうか?開発の歴史を知る小川貴昭さんに、苦労を乗り越えてきた歴史とガムが見据える未来についてお聞きしました。 【提供】日産自動車
#46『建造物の地震対策を変えた!揺れる力を受け流す免震ゴム』ブリヂストン:石田安澄
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #46『建造物の地震対策を変えた!揺れる力を受け流す免震ゴム』ブリヂストン:石田安澄 私たちのくらしを脅かす地震。予測は難しく、これまで幾度となく甚大な被害に見舞われてきました。その揺れから私たちを守ってくれる存在として近年注目されているのが、「免震ゴム」です。 建造物の基礎に設置し、揺れの力が直接建物に伝わらないよう受け流す「免震ゴム」。もともと海外で研究が進められていましたが、1978年の宮城県沖地震を機に注目が集まり、独自の研究が始まりました。人の命が関わるだけに妥協は許されない...そんな強い思いで取り組んできた開発。実際に、完成後の大地震では効果てきめんだったといいます。 来年の東京五輪の関連施設でも採用されるなど、あらゆる建物の地下で人知れず私たちの命を守ってくれている「免震ゴム」。その誕生秘話に迫ります。 【提供】日産自動車
#48『スマホ充電のストレスを変えた!”街中でかんたん充電”バッテリーシェア』INFORICH:高橋 朋伯
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #48『スマホ充電のストレスを変えた!”街中でかんたん充電”バッテリーシェア』INFORICH:高橋 朋伯 スマホの電池がなくなってしまい、使いたいときに使えない...私たちの日常のあらゆる場面で活躍し、欠かすことのできないアイテムだからこそ陥るピンチ。そんなもどかしさを解消してくれるのが、モバイルバッテリーのシェアサービスです。 高橋さんは2018年、日本で初めてこのサービスを導入。 “どこでも借りられ、どこでも返せる”をコンセプトに全国のコンビニや公共施設などあらゆる場所に展開。 いまでは設置台数が1万を超え、海外にまで広まっています。 さらに、災害時にもその利便性を発揮し、多くの人の支えとなりました。 今回は高橋さんに、導入当初の苦労、そしてこのサービスがくらしをどう豊かにしてくれるのか伺いました。 【提供】日産自動車
#51『風呂上がりの不快さを変えた!“一瞬で乾く”珪藻土バスマット』soil:石動 博一
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #51『風呂上がりの不快さを変えた!“一瞬で乾く”珪藻土バスマット』soil:石動 博一 せっかく風呂に入ったのに、浴室に敷いてあるバスマットが濡れていて不快に感じる...そんな思いを解消してくれるのが「珪藻土バスマット」です。 目に見えないほどの小さな穴が水を吸収し、驚きの速乾性を実現している「珪藻土バスマット」。 その製造業者の草分け的存在である石動さんの会社は、もともと左官業が中心でした。 多くの職人を抱えていることから、景気に左右されない新たな事業を模索する中、左官工事の材料として使っていた珪藻土に目を付けたといいます。 しかし珪藻土は高い吸水性を持つ反面、ある欠点を抱えており、商品化を阻む課題が山積していました。 今回は石動さんに、「珪藻土バスマット」誕生までの苦難の道のりを伺いました。 【提供】日産自動車
#52『店舗営業の効率を変えた!“低価格かつ高機能”iPadレジ』ユビレジ:木戸 啓太
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #52『店舗営業の効率を変えた!“低価格かつ高機能”iPadレジ』ユビレジ:木戸 啓太 店舗のレジに組み込むことで、会計だけではなく、売れ行きの動向から在庫まで、あらゆる情報を管理することができる“POSシステム”。 それを、タブレットひとつで可能にしたのが「iPadレジ」です。 一般的なレジに導入すれば数百万円かかる“POSシステム”ですが、「iPadレジ」では約4分の1の費用で済むといいます。 その高い利便性と低コストから、従来の情報管理システムでは高額すぎて導入できなかった中小企業を中心として瞬く間に広がり、いまや3万を超える店舗が利用しています。 しかし、サービス開始当初は、様々なトラブルに見舞われ、謝罪に追われたことも... 今回は木戸さんに、「iPadレジ」がどんな店舗運営を可能にするのか、そして現在にたどり着くまでの苦難の道のりを伺いました。 【提供】日産自動車
#54『救命活動のハードルを変えた!一般市民も安全に使えるAED』日本光電:秋山 直人
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #54『救命活動のハードルを変えた!一般市民も安全に使えるAED』日本光電:秋山 直人 いつ、どこで起こるか分からない突然の心停止。 時間が経つほど救命率が低下するため、1分1秒を争うこの症状に、一般市民でも対処できるようにしたのが「AED」です。 日本ではかつて、医療従事者だけが扱うことを許されていましたが、2004年7月に一般市民もAEDを使えるようになりました。 このことをきっかけに、秋山さんの会社では初めてでも安全に使える国産のAEDを、日本で初めて製造。 いまや街中のいたるところに設置され、東京マラソンでも救命具として用いられるまでに。 しかし、いざという時、まだまだ使うのをためらう人が多いのが現状だといいます。 今回は秋山さんに、国産AED開発の背景、そして市民参加による救命活動への熱い思いを伺いました。 【提供】日産自動車
日産タイタン×カミンズ
ディーゼル・ブラザーズ 日産タイタン×カミンズ オンライン上のクレイジーな映像とすばらしいトラックの制作で世界的に有名になったヘビーD、ディーゼル・デイブ、そしてディーゼルセラーのクルーたち。今回ヘビーDは、モンスタージャムでトラックを運転するという子供時代からの夢を叶える。
#20 『発熱への対処法を変えた!日本初の冷却シート』ダイヤ製薬元会長:守金眞滋
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #20 『発熱への対処法を変えた!日本初の冷却シート』ダイヤ製薬元会長:守金眞滋 貼るだけで体の表面の温度を下げてくれる冷却シート。 急な発熱のとき、かつての〝氷のう〟よりも手軽に簡単に使えて、 いまや家庭の必需品となりました。 この冷却シートの生みの親が守金眞滋さんです。 シートの開発には、中小企業として抱えた長年の苦労がありました。 1975年に父から事業を受け継ぎ、良質な〝貼り薬〟の研究に没頭してきた守金さん。 最新設備もなく、市販の家電を代用するなどして、ようやく理想の効果を実現。 ところが、なかなか商談がまとまらず、経営が行き詰ってしまいます。 このままでは、せっかくのアイデアが水の泡になってしまう...。 そんなとき、ふと頭に浮かんだ母とのある思い出、それが冷却シート誕生に繋がったといいます。 今回は守金さんに、冷却シートの開発秘話を伺います。 【提供】日産自動車
#21 『新生児の未来を変えた!“世界一安全”な国産人工呼吸器』メトラン:中根伸一
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #21 『新生児の未来を変えた!“世界一安全”な国産人工呼吸器』メトラン:中根伸一 日本における新生児の生存率は、世界でもっとも高い99%以上。 その驚異的な数字に貢献しているのが、 国内のほとんどのNICU=新生児集中治療室が導入している メトランの人工呼吸器です。 数年前には、体重265グラムで生まれた赤ちゃんが、 無事に退院するまで病院関係者とともに支え続けたこともあります。 新生児の中でもまだ肺が発達していない未熟児が生きるためには、 呼吸を補助してくれる人工呼吸器が欠かせません。 しかし従来のものは、送り込む空気量が多すぎて肺を傷つけたり、 後遺症が残るなどの問題を抱えていました。 「未熟児に、笑顔で過ごせる未来を」...その思いから開発された メトランの人工呼吸器。そこには問題を克服するため、 “意外なもの”の技術が応用されていました。 世界初で日本唯一の人工呼吸器開発を実現したメトランの中根代表に、 人工呼吸器にかける思い、そして思い描く未来を伺いました。 【提供】日産自動車
#24『しょうゆの常識を変えた!鮮度を保つ密封ボトル』キッコーマン食品:井上美香
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #24『しょうゆの常識を変えた!鮮度を保つ密封ボトル』キッコーマン食品:井上美香 どの家庭でも定番の調味料として欠かすことができないしょうゆ。 実は、使い続けているうちに空気に触れ、 だんだん香りや風味が落ちていってしまいます。 その常識を変えたのが、 キッコーマンが発売する生しょうゆの容器として採用した密封ボトルです。 そもそも、現代人の嗜好に合った新たな商品として開発された生しょうゆですが、 従来より鮮度を保つのが難しく、どうやって生しょうゆ本来の風味を損なわずにいられるかが課題でした。 日々、試行錯誤を繰り返し、ようやくたどりついた理想のボトル...。 しょうゆの美味しさをより長く保つその技術は、 私たちの食卓をより豊かなものへと変えつつあります。 今回は、初期の失敗から現在の成功まで、キッコーマンでしょうゆと向き合い続けてきた井上美香さんに、開発秘話を伺いました。 【提供】日産自動車
#31『夏の働き方を変えた!”涼しい服装で環境対策”クールビズ』東京都知事:小池百合子
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #31『夏の働き方を変えた!”涼しい服装で環境対策”クールビズ』東京都知事:小池百合子 ほんのひと昔前までは、真夏でもジャケットにネクタイが当たり前だったワークスタイル。 それを一変させ、猛暑を快適に過ごすことを目指した服装を定着させたのが、小池さんが環境大臣だった時に提唱したクールビズです。 クールビズが導入されたのは2005年。 気候変動に対する意識が世界中で高まる中、CO2の排出を減らしていくための具体的な施策として、小池さんが注目したのが“働く服装”でした。 軽装で仕事をすることで冷房の温度設定を上げ、エネルギー消費を抑える...その前例のない取り組みを大きく前進させるきっかけになったのが、当時の小泉純一郎総理だったといいます。 今回は小池さんに、クールビズ導入の背景や小泉元総理との秘話、さらに来年の東京オリンピックを見据えた新たな環境対策について伺いました。 【提供】日産自動車
#32『都市の移動ツールを変えた!自転車シェアサービス』ドコモ・バイクシェア:堀 清敬
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #32『都市の移動ツールを変えた!自転車シェアサービス』ドコモ・バイクシェア:堀 清敬 最寄り駅に着いても、目的地まではもう少し歩かないといけない...。 自転車があれば便利だけど、自分で所有してまで乗る機会はない...。 そんな時に簡単便利に使えると話題を呼んでいるのが、街中で気軽に自転車が借りられるシェアサイクルです。 海外ではすでに浸透しているシェアサイクルですが、日本でいち早く目を付けたのが、堀清敬さんが社長を務めるドコモ・バイクシェアです。 専用ポートから電動自転車をいつでも借りられ、しかも別のポートに乗り捨て可能という利便性から、 通勤通学や観光などあらゆる用途で利用されています。 事業立ち上げから8年、今では全国29エリアでサービスを展開するなど事業を拡大させていますが、その裏ではサービスを維持する上で切っても切れない、ある問題との格闘の日々がありました。 今回は堀さんに、シェアサイクルが私たちの暮らしをどのように豊かにしてくれたのか伺いました。 【提供】日産自動車
#34『現代人の食生活を変えた!“ヘルシーで美味しい“サラダチキン』アマタケ:佐藤優
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #34『現代人の食生活を変えた!“ヘルシーで美味しい“サラダチキン』アマタケ:佐藤優 低カロリーなのに高たんぱく...健康志向が高まる中で、食卓の定番となったサラダチキン。 コンビニやスーパーから人気に火が付いた商品ですが、それよりもっと前からサラダチキンを作り続けているパイオニアが、佐藤さんが取締役を務めるアマタケです。鶏の飼育から加工・販売まで、すべての工程を自社でまかなっているアマタケ。サラダチキン開発のきっかけは、ジューシーなもも肉に比べてパサパサする食感のイメージが強く、“業界のお荷物”とまでいわれた鶏むね肉の現状を何とか変えたいという強い思いでした。 しかし、販売当初は鳴かず飛ばず...。その後、東日本大震災が起きたため、苦しい日々が続きます。それでも、将来性にかけサラダチキンを作り続けた結果、一大ブームの立役者となることに成功しました。 今回は佐藤さんに成功までの壮絶な道のりと現代の食卓を豊かにしたサラダチキンに込めた思いを伺いました。 【提供】日産自動車
#35『湯沸かし文化を変えた!すぐにお湯が沸かせる電気ケトル』グループセブジャパン:藤井由美子
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #35『湯沸かし文化を変えた!すぐにお湯が沸かせる電気ケトル』グループセブジャパン:藤井由美子 慌ただしい朝など時間がないときでも、すぐにお湯を沸かすことができる「電気ケトル」。 1980年代にヨーロッパで登場し、欧米家庭に浸透していたこの製品を日本に持ち込み広めたのが、 藤井さんがPRマネージャーを務めるグループセブジャパンです。 日本の湯沸かし文化といえば、電気ポットを使い“沸かして保温”するのが主流でした。 電気ケトルは、電気ポットよりも格段に早く沸騰させられますが、基本的には保温機能はなく 、その利便性がなかなか理解されなかったといいます。 それでも地道なPRと日本人向けの改良を繰り返すことで、徐々に手軽さが浸透し話題に...。 今ではお洒落なデザインや温度設定ができるものなどラインナップも充実し、生活必需品といえるまでに定着しました。 今回は藤井由美子さんに、日本での販売当初に立ちはだかった思わぬ壁や、 人気商品になるまでの苦難の道のりを伺いました。 【提供】日産自動車
#36『太陽光電池の可能性を変えた!60年に及ぶ開発の歴史』シャープ:安沢修
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #36『太陽光電池の可能性を変えた!60年に及ぶ開発の歴史』シャープ:安沢修 一般家庭でも取り組める発電として、私たちのくらしに広く浸透している太陽光発電。 そのシステムの根幹・太陽光電池の開発を60年前から手掛けているのが、安沢さんが勤めるシャープです。 シャープが太陽光電池の開発に着手したのは1959年のこと。 3年後には太陽光電池を用いたトランジスタラジオを発売。さらに電卓や灯台、人工衛星まで、私たちのくらしを豊かに変えてきました。いまでは、住宅用の発電システムによって、電気代の節約にも貢献しています。 60年に及ぶ開発の歴史...それは試行錯誤の連続でもありました。なぜそこまでの苦労をしてまで太陽光発電に挑んできたのか...。 そこにはシャープの創業者・早川徳次が遺した、ある想いがありました。 安沢修さんに技術者たちに受け継がれている創業者の想い、そして太陽光発電の未来について伺いました。 【提供】日産自動車