「日米 アニメ」の検索結果

今すぐ視聴する

第264話 日米友好! コブタ対トウモロコシ!?
キテレツ大百科 第264話 日米友好! コブタ対トウモロコシ!? 妙子の元にホームステイにやって来たアメリカ人・ニックの存在を知ったブタゴリラは落ち着かない。彼とうまく話せるように妙子は英一に発明を依頼する。出来上がった『通詞器』を送ろうとする英一からそれを奪い、直接新潟へ向かうブタゴリラ。ところが、日本の生活を知るには八百八が一番と薦められたニックと行き違いになる。
ALT09 アンフィジカルレイヤー
ガーリー・エアフォース ALT09 アンフィジカルレイヤー 久しぶりの休日を明華と過ごそうとする慧。しかし、出かけようとしたところを、八代通とグリペンにむりやり厚木基地まで連れ去られてしまう。 『DARPA』のシャンケルと、米軍所有のアニマ・ライノを紹介される慧たち。シャンケルの口から語られたのは、日米のアニマを投入し、ザイに対して攻勢に出るという逆侵攻作戦の計画だった。
日米コメ戦争
美味しんぼ TVスペシャル 日米コメ戦争 今回の対決テーマは「ご飯のおかず」に決定した。士郎、雄山ともに出されたご飯には、どちらも香ばしい「香り米」が使われていた。その「香り米」にからみ、雄山はコメの輸入自由化問題を取り上げ、日本米の危機を訴えて、士郎に挑戦状をたたきつける。
第147話 最強!跡部&真田
テニスの王子様 第147話 最強!跡部&真田 いよいよ日米親善ジュニア選抜大会が開幕。 日本チームは、初戦から日本中学テニス界を代表する跡部・真田のふたりをダブルスとして起用する。 いっぽうアメリカチームは、パワーが信条のビリー・キャシディと、体の柔軟性とスピードが持ち味のマイケル・リーのペアが出場。試合は跡部・真田ペアの優勢で進んでいくが…。
第136話 ジュニア選抜、集まる
テニスの王子様 第136話 ジュニア選抜、集まる 日米親善ジュニア選抜大会が開催されることが決定した。日本側のジュニア選抜メンバーは、関東地区の選手で構成されるという。そして、メンバー選抜のために、選手強化合宿が行われることになった。合宿には、関東大会優勝校の青学レギュラーはもちろん、氷帝や立海大附属など、強豪校の主力選手が集まってくるが…。
第157話 幻のファントムボール
テニスの王子様 第157話 幻のファントムボール 日米ジュニア選抜試合のシングルス1。  切原はみずからの負傷をかくすため、左殺しの切り札「ファントムボール」を封印し、試合を進める。だが、周囲からは「切原にはワザを温存する理由があるのではないか?」との疑問の声が上がりはじめた。そして次第に、ケビン・スミスが試合の主導権をにぎりはじめ、ついには追いついてしまう。ファントムボールを出さないことに疑問を持たれた切原は、負傷の悪化を覚悟しつつも、ファントムボールの封印を解くが…。

おすすめの作品

関電問題や日米貿易交渉めぐり 参院代表質問で論戦
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 関電問題や日米貿易交渉めぐり 参院代表質問で論戦  関西電力の問題や日米貿易交渉などで論戦です。  共産党・小池書記局長:「(関西電力問題について)金品を受け取った当事者たちがつくる第三者委員会は『第三者』になりえません。総理はこんな調査で国民が納得すると思いますか」  安倍総理大臣:「(関西電力問題について)まずは第三者の目を入れて、徹底的に全容を解明することが不可欠であり、そのうえで経営問題も含め、再発防止等の措置を講ずることで、利用者の皆さんの信頼回復に努めることが必要であると考えています」  共産党・小池書記局長:「(日米貿易交渉について)一体、どこが『日米ウィンウィン』なのですか。トランプ大統領の一方的なウィンではありませんか」  安倍総理大臣:「(日米貿易交渉について)米について、関税削減の対象から完全に除外致しました。米国への牛肉輸出にかかる低関税枠が大きく拡大するなど、新しいチャンスも生まれています」
臨時国会きょう開会 日米貿易協定や憲法改正で議論
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 臨時国会きょう開会 日米貿易協定や憲法改正で議論  秋の臨時国会が4日に召集されます。日米貿易協定の承認や憲法改正の議論が進むかが焦点です。  政府・与党が最優先課題に掲げるのは日米貿易協定の承認です。また、自民党は9条への自衛隊明記などを盛り込んだ改憲案を提示して憲法改正の議論を進めたい考えです。一方、野党側は憲法改正の議論よりも問題の追及に徹する構えです。関西電力の役員らの金品受け取り問題や小泉環境大臣ら新大臣の資質などについて追及したい考えです。召集日の4日は安倍総理大臣の所信表明演説が行われます。
日米貿易協定に正式署名 来年1月1日発効目指す
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日米貿易協定に正式署名 来年1月1日発効目指す  日本とアメリカの政府代表は農産品の関税引き下げなどを柱とした新たな貿易協定に正式に署名しました。両政府は来年1月1日の発効を目指しています。  アメリカ、トランプ大統領:「この協定は両国にとって大きな勝利だ。数えきれない雇用を生み、投資や取引を拡大させ、貿易赤字を大幅に削減するだろう」  7日、ホワイハウスで開かれた署名式にはトランプ大統領が立ち会い、USTR(米通商代表部)のライトハイザー代表と日本の杉山駐米大使が文書に署名しました。日米貿易協定は先月の日米首脳会談で最終合意しました。アメリカ産の牛肉や豚肉の関税を日本が参加するTPP(環太平洋経済連携協定)の水準まで引き下げます。アメリカ産のコメに対する関税は維持し、関税をかけない輸入の枠を設けないことで日本の農業に配慮した一方で、日本の自動車に対する関税の撤廃は先送りされます。トランプ大統領は「日本の消費者が高品質のアメリカ産品を入手しやすくなる」と強調しました。日米両政府は来年1月1日の発効を目指していて、アメリカは議会の承認を必要としない手続きを取る見通しです。
農産品の輸出促進へ 日米貿易協定で基本方針決定
最新の経済ニュース【随時更新】 農産品の輸出促進へ 日米貿易協定で基本方針決定  日本とアメリカが新しい貿易協定に最終合意したことを受けて、安倍総理大臣は農産品の輸出促進など国内対策の基本方針を決定しました。  安倍総理大臣:「双方(日米)にとってウィンウィンとなる協定となりました。一方、なお残る農家の皆さんの不安にもしっかり寄り添い、万全の対策を講じることが必要」  先月25日にニューヨークで行われた日米首脳会談では、アメリカの農産品の関税をTPP(環太平洋経済連携協定)並みに下げることや日本の工業品の関税を引き下げることなどが決められました。政府はTPPでまとめられた政策大綱を秋をめどに改定し、農業の生産性を高める対策や和牛などを輸出する企業を支援する方針です。農業団体の関係者らは自民党の会議で、アメリカ産の安い牛肉が輸入されるのを念頭に農家の不安を払拭することを求めました。協定は来年1月1日の発効を目指して調整が続けられています。
臨時国会きょう召集 安倍総理悲願の憲法改正は…
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 臨時国会きょう召集 安倍総理悲願の憲法改正は…  臨時国会が4日に召集されました。日米貿易協定のほか、憲法改正の議論が進むかどうかが焦点ですが、与野党はそれぞれどのような戦略で臨むのでしょうか。  (政治部・吉野真太郎記者報告)  安倍総理大臣としては悲願の憲法改正に向けて、野党側も巻き込んで具体的な議論に持ち込みたい考えです。  安倍総理大臣:「そして、いよいよ私たちは令和の時代にふさわしい憲法の在り方について議論を始めようではありませんか」  安倍総理の任期は残り2年、十分な時間があるとはいえません。早ければ来年末の国民投票を見据えて、この臨時国会と年明けの通常国会で憲法9条などの議論を煮詰めて発議に持ち込むスケジュールを想定しています。与党側としてはその前の段階として、まずは国民投票法改正案を早期に成立させたい考えです。また、先月の日米首脳会談で最終合意した貿易協定の承認も優先事項に位置付け、来年元日の発効を目指しています。安倍総理はこの後、午後2時から衆議院の本会議で所信表明演説に臨むことにしています。
「安倍総理は39歳になった」トランプ氏が謎の発言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「安倍総理は39歳になった」トランプ氏が謎の発言  日米貿易協定の署名式に立ち会ったトランプ大統領の発言。真意は謎です。  アメリカ・トランプ大統領:「良き友人の安倍総理、誕生日おめでとう。彼はきょう39歳になったんだ」  安倍総理大臣の誕生日は実際は9月21日で、先月で65歳になりました。何とも分かりにくいトランプ大統領のジョークですが、来年の大統領選に向けてアピールできる日本との貿易協定が署名にこぎつけられたため、ご機嫌だったのかもしれません。インターネット上では「10月7日が誕生日だったロシアのプーチン大統領と間違えたのではないか」と臆測が飛び交っています。
第8話 「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」
無料
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第8話 「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」 作家デビューした桐乃。読者からの反応も上々だったが、担当編集者からさらにうれしい報告をされる。彼女が書いた小説がアニメ化されることになったのだ。アニメスタッフとの最初の打ち合わせに黒猫と沙織をともなって参加する桐乃。しかし、打ち合わせは思わぬ方向に進んでしまう。
第二章
ポンコツクエスト~魔王と派遣の魔物たち~ 第二章 「招集」
第三章
ポンコツクエスト~魔王と派遣の魔物たち~ 第三章 「対立」
第四章
ポンコツクエスト~魔王と派遣の魔物たち~ 第四章 「会合」