「日米 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決(1st ROUND)
無料
ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決 ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決(1st ROUND) 日本のフックメーカーであるハヤブサ社の創立60周年を記念して開催された 日本とアメリカを代表するバスプロ同士がお互いのプライドを賭けて戦う対決企画。 この戦いには日本を代表するバスプロ、並木敏成、伊豫部健、青木大介の3名が チームJAPANとしてタッグを組んで参戦する。 対するホームのチームU.S.A.も現役メジャーリーグフィッシング選手フレッド・ロンバニスと 若手注目アングラー カール・ジョカムソン、バスマスタークラッシック出場経験がある マット・リードの3名が日本チームを迎え撃つ! 戦いの舞台は世界最高峰のトーナメント「バスマスターエリートシリーズ」も開催される テキサス州ダラス近郊の名門ルイスビルレイクが選ばれた。 完全アウェイで強敵に挑むチームJAPANの熱い戦いをお見逃しなく!
ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決(2nd ROUND)
無料
ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決 ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決(2nd ROUND) 日本のフックメーカーであるハヤブサ社の創立60周年を記念して開催された 日本とアメリカを代表するバスプロ同士がお互いのプライドを賭けて戦う対決企画。 この戦いには日本を代表するバスプロ、並木敏成、伊豫部健、青木大介の3名が チームJAPANとしてタッグを組んで参戦する。 対するホームのチームU.S.A.も現役メジャーリーグフィッシング選手フレッド・ロンバニスと 若手注目アングラー カール・ジョカムソン、バスマスタークラッシック出場経験がある マット・リードの3名が日本チームを迎え撃つ! 戦いの舞台は世界最高峰のトーナメント「バスマスターエリートシリーズ」も開催される テキサス州ダラス近郊の名門ルイスビルレイクが選ばれた。 完全アウェイで強敵に挑むチームJAPANの熱い戦いをお見逃しなく!
安倍総理「日米韓は重要、韓国も戦略的観点で判断」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 安倍総理「日米韓は重要、韓国も戦略的観点で判断」  GSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄の凍結について、安倍総理大臣が22日午後、記者団の質問に応じました。  安部総理大臣:「北朝鮮への対応のために日韓、日米韓の連携・協力は極めて重要。それは繰り返し申し上げてきたことであります。今回、韓国も戦略的観点から判断をしたのだろうと思います」  河野防衛大臣:「東アジアの安全保障環境が厳しいなかで日米、日韓、日米韓の連携が重要だと、これまでも重ねて申し上げてきたので、そうした状況を韓国側も戦略的に考えた決定だと考える」  茂木外務大臣:「現下最大の課題、そして根本にある問題は旧朝鮮半島出身労働者問題でありまして、韓国側に対して一日も早く国際法違反の状態を是正するよう引き続き強く求めていきたい」
トランプ大統領が中曽根氏称える「日米の礎築いた」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領が中曽根氏称える「日米の礎築いた」  アメリカのトランプ大統領は中曽根元総理大臣の死去を受けて哀悼の意を表し、「日米の協力関係の礎を築いた」と功績をたたえました。  トランプ大統領は30日、「アメリカの国民を代表してメラニアとともに、日本の国民とご遺族に最も深い哀悼の意を表します」という声明を出しました。声明はさらに、中曽根元総理の日米同盟強化の努力やアジアにおける民主化拡大の取り組みなどに言及し、「日米の地球規模でのパートナーシップの礎を築いた」と功績をたたえました。また、中曽根元総理と信頼関係を築いた故レーガン元大統領の言葉を引用し、「友人であり、賢明な同志であり、太平洋地域でアメリカの最も重要な同盟国のリーダーだった」と強調しました。
日米貿易協定を国会承認 自動車関税撤廃は先送り
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 日米貿易協定を国会承認 自動車関税撤廃は先送り  安倍政権が今国会の最重要課題と位置付ける日米貿易協定が参議院本会議で与党などの賛成多数で可決・承認されました。来年1月1日に発効する見通しです。  協定では、アメリカから輸入される牛肉や乳製品の一部など農産品にかかる関税をTPP(環太平洋経済連携協定)並みに引き下げることや日本の工業品の関税を引き下げることが決められています。アメリカが日本の自動車と関連部品にかける関税の撤廃については今後、引き続き日米間で交渉が行われる見通しです。
日韓外相 関係改善向け首脳会談調整で一致
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 日韓外相 関係改善向け首脳会談調整で一致  茂木外務大臣は韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談し、日韓関係の改善に向けて首脳会談を調整することで一致しました。  茂木大臣は、厳しい表情で康外相と向き合い、会談は予定時間を大きく超えて行われました。茂木大臣は関係悪化の発端である元徴用工を巡る問題について、韓国政府が解決策を示すよう改めて求めました。一方、康外相は韓国司法の判断を尊重するといった従来の立場を伝え、今回も進展はありませんでした。ただ、安倍総理大臣と文在寅(ムン・ジェイン)大統領の会談に向けて調整を進める方針では一致し、1年以上途絶えているトップ会談には道筋を付けました。茂木大臣はその後、アメリカのサリバン国務副長官とGSOMIA(軍事情報包括保護協定)が維持されたことを踏まえて議論し、安全保障分野において日米だけでなく日米韓の連携が重要だと確認しました。
【日米職人合戦!コンプリート技術で勝利を掴むのは?】J.J.アンブローズ vs 村山暁洋
PANCRASE 2019 【日米職人合戦!コンプリート技術で勝利を掴むのは?】J.J.アンブローズ vs 村山暁洋 2019年6月30日に東京・新木場スタジオコーストで開催された、「PANCRASE306」のハイライトシーンを厳選してお届け!
第264話 日米友好! コブタ対トウモロコシ!?
キテレツ大百科 第264話 日米友好! コブタ対トウモロコシ!? 妙子の元にホームステイにやって来たアメリカ人・ニックの存在を知ったブタゴリラは落ち着かない。彼とうまく話せるように妙子は英一に発明を依頼する。出来上がった『通詞器』を送ろうとする英一からそれを奪い、直接新潟へ向かうブタゴリラ。ところが、日本の生活を知るには八百八が一番と薦められたニックと行き違いになる。
日米コメ戦争
美味しんぼ TVスペシャル 日米コメ戦争 今回の対決テーマは「ご飯のおかず」に決定した。士郎、雄山ともに出されたご飯には、どちらも香ばしい「香り米」が使われていた。その「香り米」にからみ、雄山はコメの輸入自由化問題を取り上げ、日本米の危機を訴えて、士郎に挑戦状をたたきつける。
日韓外相会談 来月の首脳会談調整で一致
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日韓外相会談 来月の首脳会談調整で一致  日韓首脳会談の実現に向け、調整を進めることで一致しました。  茂木外務大臣は韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談し、維持することが決まった日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)について意見交換を行ったほか、北朝鮮問題などで日韓・日米韓が連携することの重要性を確認しました。一方、元徴用工を巡る問題では茂木大臣は国際法違反の状態を是正するよう改めて求めましたが、康外相は従来の主張を繰り返しました。両者は来月下旬の日中韓サミットに合わせた日韓首脳会談の実現に向け調整を始めることで一致しました。首脳会談が実現すれば約1年3カ月ぶりです。
在日米軍経費「日本も負担増を…」 トランプ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 在日米軍経費「日本も負担増を…」 トランプ大統領  トランプ大統領は在日アメリカ軍の駐留経費について、日本側に負担を増やすよう求めたと明らかにしました。  トランプ大統領:「私は安倍総理、私の友人・シンゾウにこう言ったんだ。“我々を助けてくれ。アメリカはたくさんの金を払っている。君たちは豊かな国なのに、我々は君たちの軍事費を払っている”とね」  そのうえで、「日本はたくさんのことをしてくれるだろう」と期待感を示しました。アメリカの一部メディアは駐留経費について、トランプ政権が日本政府に現在の4倍から5倍の増額を求める見込みだと報じています。トランプ大統領はNATO(北大西洋条約機構)の加盟各国などにも負担増を求めています。
ALT09 アンフィジカルレイヤー
ガーリー・エアフォース ALT09 アンフィジカルレイヤー 久しぶりの休日を明華と過ごそうとする慧。しかし、出かけようとしたところを、八代通とグリペンにむりやり厚木基地まで連れ去られてしまう。 『DARPA』のシャンケルと、米軍所有のアニマ・ライノを紹介される慧たち。シャンケルの口から語られたのは、日米のアニマを投入し、ザイに対して攻勢に出るという逆侵攻作戦の計画だった。
GSOMIA維持評価も… 日本「輸出管理の問題は別」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 GSOMIA維持評価も… 日本「輸出管理の問題は別」  日本政府は「韓国の戦略的な判断」と評価する一方で、「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)と輸出管理の問題は別」との立場を強調しています。  安倍総理大臣:「北朝鮮への対応のために日韓、また日米韓の連携・協力は極めて重要。韓国もそうした戦略的観点から判断をしたのだろう」  また、韓国がWTO(世界貿易機関)への提訴を中断したことを受けて、経済産業省は輸出管理の問題について話し合うための日韓局長級の協議を再開すると表明しました。政府は「GSOMIAの問題とは関係ない」として、協議ではあくまで適正な輸出管理を求めていくと強調しています。また、根本の課題は元徴用工問題だとして、来月下旬に予定される日中韓サミットなどの場で引き続き解決を求めていく方針です。
第147話 最強!跡部&真田
テニスの王子様 第147話 最強!跡部&真田 いよいよ日米親善ジュニア選抜大会が開幕。 日本チームは、初戦から日本中学テニス界を代表する跡部・真田のふたりをダブルスとして起用する。 いっぽうアメリカチームは、パワーが信条のビリー・キャシディと、体の柔軟性とスピードが持ち味のマイケル・リーのペアが出場。試合は跡部・真田ペアの優勢で進んでいくが…。
第136話 ジュニア選抜、集まる
テニスの王子様 第136話 ジュニア選抜、集まる 日米親善ジュニア選抜大会が開催されることが決定した。日本側のジュニア選抜メンバーは、関東地区の選手で構成されるという。そして、メンバー選抜のために、選手強化合宿が行われることになった。合宿には、関東大会優勝校の青学レギュラーはもちろん、氷帝や立海大附属など、強豪校の主力選手が集まってくるが…。
第157話 幻のファントムボール
テニスの王子様 第157話 幻のファントムボール 日米ジュニア選抜試合のシングルス1。  切原はみずからの負傷をかくすため、左殺しの切り札「ファントムボール」を封印し、試合を進める。だが、周囲からは「切原にはワザを温存する理由があるのではないか?」との疑問の声が上がりはじめた。そして次第に、ケビン・スミスが試合の主導権をにぎりはじめ、ついには追いついてしまう。ファントムボールを出さないことに疑問を持たれた切原は、負傷の悪化を覚悟しつつも、ファントムボールの封印を解くが…。
閉会目前、政府与党は逃げ切る構え 野党手詰まりか
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 閉会目前、政府与党は逃げ切る構え 野党手詰まりか  国会では政府・与党が最重要課題としていた日米貿易協定が承認されました。残る会期は6日となるなか、「桜を見る会」を巡る与野党の攻防が最終局面を迎えています。  (政治部・安間由太記者報告)  与党側は桜を見る会の説明は十分に尽くしたとして逃げ切る構えで、会期延長をしない方針です。  自民党・森山国対委員長:「総理も本会議でも2回にわたって答えておられますし、国民の皆さんのご理解も頂きつつあるのではないかと理解している」  政府・与党は懸案の貿易協定をクリアしたことで、今の国会をひとまず乗り切ったという雰囲気です。国会閉会後を見据えて、新たな経済対策や来年度の予算の編成で政権の成果を示す戦略に切り替えています。  立憲民主党・安住国対委員長:「無理やり閉じたって閉じないから、ふたをしようたって閉まらないから。大幅延長するよう申し入れをしたり具体的な行動を取りたいと思います」  一方の野党側は桜を見る会に焦点を絞って追及を続ける構えで、最後まで予算委員会の開催を求めます。ただ、重要法案もないなかで与党と交渉するカードがなく、手詰まり感が広がっているのが現状です。
第43話 合縁奇縁!キャロライン、運命の再会
絶対可憐チルドレン 第43話 合縁奇縁!キャロライン、運命の再会 チルドレンは宇宙空間での任務を想定した訓練を行っていた。国際月ステーションの建設という日米合同プロジェクトに備えてのものである。訓練後の検査室、テレビのニュースでもその話題が大きく取り扱われていた。プロジェクトの第一段階として、5日後にシャトルの打ち上げが行われるらしい。と、テレビに映し出されたシャトルの女性クルーを見た皆本がふと呟いた。「キャロライン・・・。」女性との関係を疑うチルドレンだったが、その時、バベル本部に侵入者が!その侵入者とは、先程の女性クルー、キャロラインだった!!皆本とキャロラインの関係は!?
「ロン」「ヤス」の日米関係 サミットではセンター
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「ロン」「ヤス」の日米関係 サミットではセンター  中曽根康弘元総理は国鉄の民営化などに取り組み、アメリカのレーガン大統領とは「ロン」、「ヤス」の関係。そう呼び合う姿が話題となりました。  180センチ近い身長で元祖テレビ映えする印象の中曽根元総理。レーガン大統領とロン、ヤスと呼び合うほどの親しい関係を築いた中曽根元総理。大統領夫妻を自らの山荘に招き、ちょっと不思議な4ショットが実現したのは1983年の11月です。  1983年に開かれたサミット。記念撮影では各国の首脳を押しのけ、センターでの密着ショットが実現しました。中曽根元総理大臣が生まれたのは、まだ大正の時代。東京帝国大の法学部から海軍に入り、戦後間もない1947年に初当選しました。  小さな派閥ゆえの苦悩も。角福戦争の狭間で立場を変えたことから「風見鶏」などと揶揄(やゆ)されました。その一方で、1985年の夏には戦後の総理として初めて靖国神社を公式参拝するなど自らの思いを貫きます。  中曽根総理大臣(当時):「内閣総理大臣として参拝しました」  行財政改革を推し進めたのも中曽根元総理。国鉄の分割、民営化や電電公社の民営化。今では当たり前ですが、軌道に乗せるまでの苦労は計り知れません。  政治アナリスト・伊藤惇夫氏:「総理になったらこういう政策を実現したい、こういう政権を作りたいと大学ノートに書き付けていて、総理になった時には二十数冊あったと。それだけの準備を重ねていたからこそ辣腕(らつわん)を振るった。義理人情ではなくて、本当に冷徹な適材適所を考えてやられた」  変…